FC2ブログ

【試合評】好走塁光ったロッテ最終戦と記録集計で最も重要なこととは?──2013年10月3日(木) ●楽天イーグルス6-7千葉ロッテ

スポンサーリンク





※訂正:敗戦投手とセーブ投手の名前が逆になってしまっています。御指摘いただいた方、ありがとうございました。

20131003DATA2.jpg
HANREI.jpg



【絶賛募集中】【東北楽天初優勝記念アンケート】あなたが選ぶ楽天イーグルス歴代ベストナイン ※※読者プレゼント企画※※



球団創設9シーズン目にして念願のリーグ制覇を成し遂げた楽天イーグルス。みなさん、このタイミングで歴代ベストナインを考えてみませんか? 1人でも多くの皆さんの投票をお待ちしております。

10月4日7時現在、33名の御応募を頂いています。応募下さった皆さん、ありがとうございます

北海道在住20代男性
東北在住10代男性
東北在住20代男性・・・3名
東北在住30代男性
東北在住40代男性・・・2名
関東在住10代男性・・・2名
関東在住20代男性・・・6名
関東在住30代男性・・・3名
関東在住40代男性・・・3名
甲信越在住30代男性・・・2名
東海在住10代男性
近畿在住10代男性
近畿在住30代男性
近畿在住40代男性
近畿在住50代女性
四国在住10代男性
九州在住20代男性
沖縄在住20代男性
海外在住10代男性

の33名様です。女性ファンの応募もお待ちしております。読者プレゼントもあります。アンケートフォームなど詳しい御案内は下記URLをご確認下さい。

※応募いただいたアンケートに不備があるものが幾つかあります。先発・救援・抑えの3ポジションを答えていないもの。左翼・中堅・右翼を外野手として一括して答えているものが見受けられます。せっかく頂いたアンケートですが、内容によっては、判別つかずに集計結果から外さざるをえなくなります。お心当たりの方は、再度、応募していただければと思います。

http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-1858.html


只今、久々にブログ村2位転落中・・・
皆さんの1票で1位返り咲きをよろしくお願いします

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

2週間ぶりのホームゲーム



楽天は9/19ソフトバンク戦を最後に長期のロード日程に出ていた。各地を転戦し10試合。その間、西武ドームでリーグ制覇。優勝の歓喜に湧いた後も帰仙できず、ようやく約2週間ぶりに仙台に帰ってのホームゲームが、ロッテ最終戦だった。

優勝を掴み取った犬鷲戦士たちを一目見ようとこの日Kスタに集まった観客は実に22,254人。試合後にはペナントや優勝旗などが加藤コミッショナーから授与される優勝セレモニーも取り行われ、できれば勝利でその喜びを分かち合いたかったところだったが、試合結果はシーソーゲームの激戦の末、7-8で敗れている。

星野監督のスピーチの全文文字おこし、速報でfacebookページにあげました。facebookやってらっしゃる方、ぜひ当ページに「いいね!」をお願いします。現在270人いいね!です。 m(_ _)m

1点リードで迎えた8回表、回またぎの三番手・加藤大が先頭打者・鈴木にセンター返しを許した後、2四球で1死満塁。この日2安打の根元に左翼後方へ同点犠飛を運ばれると、さらに今江には勝ち越し打を浴び、2失点。1点を追う9回裏、2死から代走・森山が盗塁でスコアリングポジションに進んだものの、ラストバッター西田が右飛に倒れて、ゲームセット。今季のロッテ戦を14勝10敗(Kスタ10勝2敗)で終えている。これでチーム成績は139試合80勝56敗3分の貯金24となった。なお、同日、西武がソフトバンクに競り勝ったため、ライオンズが3位浮上、ソフトバンクが4位に転落している。

速球が走っておらず、ボール先行が目立ち、どうしても逃げの投球にみえてしまう加藤大は拙かったものの、中身のあるゲームだったかと思う。これで直近10試合を4勝5敗1分としている楽天だが、この敗戦は他の4敗と比べると、断然違う。燃え尽き症候群に襲われた優勝後の1引分含む2敗と比べると、この日の試合は魂が宿っており、今季を象徴するような中身の濃いゲームだった。ここしばらく不安定な投球を続けていた小山が圧巻の三者連続三振劇。ファンの心配を払拭するような好投をみせてくれたのも、収穫となった。

(下記続く)

両軍のスターティングラインアップ

ロッテ=1番・清田(右)、2番・根元(二)、3番・井口(一)、4番・今江(三)、5番・サブロー(左)、6番・G.G.佐藤(指)、7番・鈴木(遊)、8番・伊志嶺(中)、9番・金澤(捕)、先発・大谷(右投)

楽天=1番・岡島(右)、2番・藤田(二)、3番・銀次(一)、4番・ジョーンズ(指)、5番・マギー(三)、6番・枡田(左)、7番・松井(遊)、8番・嶋(捕)、9番・聖澤(中)、先発・ハウザー(左投)

BLOGTOPMAILMAGAZINE3.jpg
8月に創刊した当ブログの有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。御好評頂いております。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行。月額499円です。購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は下記エントリーに記しました。1人でも多くの皆さんの読者登録、お待ちしております。
◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧
---------------------------------------------------------------

積極走塁、光る



フルラインアップで臨んだイーグルスはプレーオフを見据えて、途中から阿部、西田、岩崎、伊志嶺ら若手・控え主体に切り替えていた。その中でも阿部が同点打を含む2安打、西田がつなぎの中前ヒット、伊志嶺が勝ち越しを決めたセンター犠牲フライ等と好活躍をみせてくれたのだった。

このように若手の活躍が光るゲームにもなったが、特筆すべきは今季を象徴するような積極走塁の数々だ。

まずは1回裏1死1塁、銀次の中前安打で一走・岡島が魅せた好走塁だ。羽村亜美さんの取材に対し、走塁に対して挑戦という意識でやっていきたいと抱負を語っていたという杉良太郎ばりのイケメン若武者が、一気に3塁を陥れていく。センターの右へ打ち返した当たりではなかった。3塁を狙うのが難しいであろうと思われた正面の当たりで3塁を陥れてみせたのだった。その後、センター・伊志嶺からの内野返球が気のないものとなり、カットマンがこぼしてしまう。このこぼれた球を捕手・金澤が処理しにいき、本塁が一瞬ガラ空きになったのを、岡島が果敢に狙っていく。残念ながらここはタッチアウトになったものの、抜け目ないイーグルスの好走塁を相手にたっぷりと思い知らすことができた走塁になった。

続く好走塁は4点を追う2回裏無死2,1塁でのこと。松井の当たりは痛烈なピッチャー返しとなり、センターへ抜けていく。二走・マギーは悠々ホームイン。バックホームは間に合わないと判断したセンター・伊志嶺は3塁送球を狙ったものの、一走・枡田が一足先に3塁へ滑り込んでいく。この3塁送球間に打者走者・松井も一気に2塁を狙う。3塁から2塁へボールが転送されたものの、2塁もセーフ。この後、2塁に進んだ松井は、捕逸で三進。嶋の適時打で見事にチーム3点目のホーム帰還を果たしている。

極めつけは、同点で迎えた7回裏1死満塁、伊志嶺のセンター犠牲フライだった。センターほぼ正面の飛球。途中出場の岡田はバックホーム送球を試みる。この間に二走・枡田が3塁タッチアップ成功。バックホームを本塁前方で金澤がカット、3塁へ送球がやってきたものの完全セーフ。この隙を狙って一走・西田も2塁タッチアップ成功。ベンチの星野監督、思わず笑いが止まらずに口元を手で覆い隠すような仕草をみせていたのが印象的なシーンとなった。

今季、盗塁数こそ少ないイーグルスだが、機動力野球は何も盗塁だけではない。このような積極的に次の塁を狙っていく好走塁、大変多かった。1年前を思い出してもらいたい。島内の相次ぐ走塁ミス、ファウルゾーンが広いという球場特性を把握していなかった中島の走塁ミス、西武ドームではまさかのトリプルプレーも許していた。フライまたはライナーで走者戻れずのゲッツーや三振ゲッツーも多かった。昨年秋季練習に入る前、星野監督は「この球場では来季も一発をあてにできない。今年は走塁ミスが多かった」とし、走塁を重点課題に上げていた。それを克服、練習の成果が結実したのが、今季のイーグルスだったと言えるのだ。

◎参照エントリー>>〔記録/比較〕星野楽天3年目へ向けての課題。走塁ミス。昨年と比べてどのくらい多かったのか?(2012.10.19)

課題を残す記録集計



犬鷲戦士たちの素晴らしい走塁を目にするたび、悔やまれることが1つある。こと走塁面に関しては、当ブログの記録集計は不完全極まりないのだった。例えば1死3,1塁で打者が外野単打を放った場合、次打者がバッターボックスに入った時点で塁状況が2,1塁なのか?なおも3,1塁が続いているのか?といったようなデータをすぐにひっぱり出すことができない記録集計システムになってしまっている。そのような不備があるため、今季の好走塁一覧を作成しようにもできない状況になっている。この点は来季へ向けて改善の余地があるところと痛感している。

同様に、投手の面でも課題を残している。現在、当ブログは投手の1球管理を5x5の25マスの配球図を用いているのだが、次第に不満を持つようになってきた。例えばストライクゾーンの外角。下記図の赤掛けで示したコースになる。しかし、一口にストライクゾーンの外角といっても、真中よりの甘い外角、普通の外角、コースいっぱいに決まった外角と大きくわけて3つに分けることができる。しかし、現在の25マス配球図管理だと、全てがいっしょくたにされてしまい、投手の正確な制球力を確認することができないでいる。

■現在当ブログが記録集計に用いている配球図


今年上梓された三宅博・著『虎のスコアラーが教える「プロ」の野球観戦術』によれば、ノムさんが阪神の監督に就任して以来、阪神では9x9の81マスの配球図が用いられるようになったというくだりが出てくる。

理想は81マス配球図管理だ。できればやってみたい。しかし、現実を考えれば、さすがに素人の私が144試合を81マス配球図で記録集計・管理(するだけならできるかもしれないが、さらにブログ更新となるとさすがに無理)するのは無理の話になってくる。

ただ、現在は上記のように1マスで管理しているストライクゾーンの内外角を、コースいっぱいか?そうではないか?の二マスに分けて管理することならできそうだと感じている。

記録集計で一番重要なのは、無理なく続けていけることができるか?この1点である。

1試合限りなら細かく記録を取っていくことは可能だろう。しかし、144試合続けていくことを考えると、無理なく続けることができる体制が重要になる。記録集計の対象をあまりにも細かくしすぎて、負担がかかり、144試合の途中で挫折してしまうのが最もいけないパターンになる。無理なく簡単に、かつ、重要な所はしっかり抑えていく。当ブログも来年は5年目に突入する。さらに飛躍していくにはブレイクスルーが必要であり、その点からも、記録集計の改善を現在、考えているところなのだ。



■楽天 ハウザー 球種別 投球詳細
20131003DATA3.jpg

5回、打者25人、96球(1回当たり19.20、1人当たり3.84)、被安打8、被本塁打1、奪三振2、与四死球(四3死1)、失点5、自責点5。

■ロッテ 西野勇士 球種別 投球詳細
20131003DATA4.jpg

5回、打者25人、99球(1回当たり19.80、1人当たり3.96)、被安打10、被本塁打0、奪三振5、与四球3、失点4、自責点2。



Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




◎◎◎関連記事◎◎◎
《直近2試合の試合評》
【試合評】魂を探しています。東北楽天32イニング連続無得点──2013年9月30日(月) △楽天イーグルス0-0オリックス
【試合評】32回連続無得点の打線に「魂」を運ぶ粘投・田中将大開幕23連勝──2012年10月1日(火) ○楽天イーグルス11-2日本ハム

《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。

《Twitterやっています》
アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!260人突破。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI




関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

凱仙試合

shibakawaさん、こんにちは。

いつもこちらのリンクから仙台の地元紙・河北新報HP(KoLnet)のイーグルス情報「羽ばたけイーグルス」も見るんですけど昨日の試合の見出しが・・・


「我らが王者『凱仙』ファン祝福 楽天V後 初本拠地試合」

http://www.kahoku.co.jp/spe/spe165/20131004_02.htm

がいせんじあいは 凱旋試合 そして 凱仙試合


凱仙の仙は 仙台の「仙」?

優勝監督・仙さん(これからは星野さんをこう呼ばせてくださいね)への親しみとリスペクトをこめた「仙」?


どちらともとれますが、愉快で楽しいユーモラスなネーミングですね。


「数々の勇気と感動をありがとう!」あらためて「優勝おめでとうイーグルス!」と、お伝えしたいです。

Re: 凱仙試合

やっさんさん、こんにちは。
コメント有難うございました。

> 「我らが王者『凱仙』ファン祝福 楽天V後 初本拠地試合」
>
> http://www.kahoku.co.jp/spe/spe165/20131004_02.htm

新聞は本当に見出しをつけるのが上手いですよね。仰るとおり、仙台と監督の名前をかけているのですよね。ブログもタイトルがキモですので、私もこのような上手いタイトルをつけることができればなあと、しばしば思います。
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
21位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}