FC2ブログ

マリナーズ岩隈久志、メジャー2年目2013年を締め括る有終の美101球──2013年9/25○SEA6-KC

スポンサーリンク





HANREI.jpg

【東北楽天初優勝記念アンケート】あなたが選ぶ楽天イーグルス歴代ベストナイン



悲願のリーグ制覇から1夜明けて、いまだ大感動に浸っている@eagleshibakawaです。みなさん、このタイミングで歴代ベストナインを考えてみませんか? 1人でも多くの皆さんの投票をお待ちしております。

現在12名の御応募を頂いています。

関東在住20代男性X3名、近畿在住10代男性、東北在住20代男性X2名、東北在住30代男性、甲信越在住30代男性、北海道在住20代男性、近畿在住40代男性、関東在住10代男性、関東在住30代男性の12名様です。

アンケートフォームなど詳しい御案内は下記URLをご確認下さい。読者プレゼントあり。
http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-1858.html

日本時間2013年9月26日は最高の1日に



古巣・楽天が初優勝の歓喜に沸く数時間ほど前、かつて杜の都でエースを張った岩隈久志が、シアトルのファンの前で、2013年有終の美を飾るパフォーマンスをみせていた。

8回101球無失点。得点圏で打者と対戦したのは2回、5回、8回、それぞれ1打席ずつの合計3打席だけ。打線の援護にも恵まれ、3塁を踏ませない好内容で14勝目、メジャー通算22勝目を手中にした。

相手はアリーグ中地区のロイヤルズだった。同リーグのライバルチームで岩隈がまだ対戦したことのない唯一の相手がロイヤルズだった。

初顔合わせの相手に、立ち上がりから上々のクマ。代名詞のゴロアウト投球が冴えをみせた。相手監督が「我々は彼に手錠を掛けられ、何もできなかった」と脱帽のコメントを発表するほど、ロイヤルズの打者に仕事をさせなかった。

1回表、上位打線相手に三者凡退投球。2番打者には8球費やすなど少々苦労したものの、3人に打たせた打球はいずれもゴロだった。それも味方守備陣を悩ませる難しいゴロは1本もないイージーなもの。好打者の3番・ホズマーの当たりは1塁線へのボテボテで、打球を処理したスモークが走ってくるホズマーを手ぐすねひいて待ち構えてタッチするというシーンになった。

2回は2死から高め速球を弾き返され、右中間破られる二塁打で初のピンチ到来。これには伏線があった。先頭打者の打席でのこと。低めの素晴らしい投球で追い込んだ岩隈は、一転、90マイル速球を投げ込んでいく。高めを要求したズニーノのミットめがけて投げ込まれた投球に、低めに意識を奪われていた相手打者は、バッテリー思惑どおりの振り遅れての空振り三振。今季のクマを象徴する高低を使った配球で、イニング先頭打者をアウトに取っていた。しかし、2死からの二塁打は中途半端に高く入ってしまったのが、いけなかったか、痛打を許していた。ただ、その後は落ち着いていたもので、心配御無用。後続打者に外角際どい球で誘い、上手くバットを合わせられたものの、あまり勢いのないライナー性の飛球は、前進してくるセンター・アクリーの正面に飛び、なんなくグラブに収まっている。

3回も1安打を許したが2死からで大事なし。初めてイニング先頭打者の出塁を許したのは4回のことだった。この回の先頭は第1打席でボテボテのファーストゴロに仕留めた3番ホズマー。しぶとい打撃で三遊間を破られたものの、後続5番打者を僅か2球で追い込んだ岩隈は、ラスト、ズニーノのサインに1度首を振ってインコースへ91マイルの速球を投げ込んでいく。打球はバッテリー思惑どおりのゲッツーコース、6-4-3と打球が渡ってのショート併殺ゴロとなっている。

続く5回にも得点圏に進出されたが、ゲッツーでピンチを切り抜けている。怪我から戻ってきたミラーの好守が光った。1死後、右翼線二塁打を許して1死2塁、8番打者の初球打ちはショートオーバーの外野クリーンヒットコース。この打球をミラーがジャンプ一番の好守備をみせた。飛び出した2塁走者は完全に帰塁することができず、この試合2度目の併殺劇となっている。

岩隈がピンチを切り抜けると、その直後5回裏の味方攻撃のことだった。マリナーズが女房役ズニーノの4号ソロショットでまずは先手を取ると、その後、ミラー=フランクリンの二遊間コンビが1長打1四球でチャンスを作り、相手投手の牽制エラーもあって1死3,2塁、最後は後半戦精彩を欠いたシーガーが32本目のダブルを右翼へ弾き返し、走者2人がホームに帰る適時打に。マリナーズはこの回一気に3点を奪った。(SEA3-0KC)

援護点を貰った直後6回表の岩隈は、危なげなし。9番から始まるロイヤルズの攻撃を相手に全く仕事をさせない僅か8球の三者凡退でゼロに抑えると、相手中軸を迎えた翌7回表も三者凡退。特に4番・バトラーとの対決ではこの日最速94マイル(約151.3キロ)を計測。気力充実の投球が表れたシーンになった(その後の結果は空三振)。今季、岩隈が94マイル以上のファストボールを投げ込んだのはこれで8球目を記録している。

岩隈が7回表までしっかりスコアボードにゼロを並べると、7回裏、マリナーズが1点を追加。二塁打のアクリーを塁上に置いた無死2塁で、ミラーが1塁線へプッシュバント気味のバントヒットを成功させていく。ミラーの全力疾走が、打球を処理した相手投手の1塁悪送球を誘発させたのか、相手に守備ミスが発生し、アクリーが一気にホームインした。(SEA4-0KC)

8回は2死から四球出塁を許した後、二盗でピンチを抱えたものの、9番打者をアウトコース低めの素晴らしいスライダーで空振り三振。

9回はファーブッシュがゼロに抑えて、マリナーズが6-0で快勝、岩隈は101球で2013年有終の美を飾っている。

両軍のスターティングラインアップ

ロイヤルズ=1番・ゴードン(左)、2番・ボニファシオ(二)、3番・ホズマー(一)、4番・バトラー(指)、5番・ペレス(捕)、6番・マクスウェル(右)、7番・ムスタカス(三)、8番・ダイソン(中)、9番・エスコバル(遊)、先発・サンタナ(右投)

マリナーズ=1番・ミラー(遊)、2番・フランクリン(二)、3番・シーガー(三)、4番・モラレス(指)、5番・イバニエス(左)、6番・スモーク(一)、7番・ソーンダース(右)、8番・ズニーノ(捕)、9番・アクリー(中)、先発・岩隈(右投)

ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

BLOGTOPMAILMAGAZINE3.jpg
8月に創刊した当ブログの有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。御好評頂いております。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか?
 毎週月曜日発行。月額499円です。購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は下記エントリーに記しました。1人でも多くの皆さんの読者登録、お待ちしております。
◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧
---------------------------------------------------------------

■岩隈久志 2013年 試合別 投手成績
岩隈久志2013年試合別投手成績

地元シアトルで7/25以来の白星



今季ラスト登板をほぼ完璧投球で有終の美を飾ったこと、いやはや、本当に素晴らしい。しかし、岩隈にしてみれば、そのこと以上に7/25以来地元シアトルで白星投球ができていなかったこと(この間4試合あり2QSだった)のほうが、気がかりだったかもしれない。少なからず心にひっかかっていたはずで、最終登板を今季屈指の好投でシアトにで勝利を運ぶピッチングをすることができた点こそ、納得のいく有終の美だったのでは?と思う。

これで14勝6敗だ。クオリティスタートは23個。QS率69.7%で終えている。防御率は2.66で現在アリーグ3位。2.64で共に1位タイとなっているアスレチックスのコローンとタイガースのサンチェスのラスト登板の内容次第では、アリーグ最優秀防御率のタイトルの可能性が残されている。

ここへきて3試合、23イニング連続無失点の好投は本当に凄かった。しかも1度もローテをはずれることなく2年目を投げ切ったのは、本当に凄いことである。2年目を迎えるにあたって、最も懸念された材料は1年間通して働くことができる体力の有無だったからだ。途中、被本塁打が増えてしんどい季節もあったものの、良く踏ん張ったと思う。

ところで、この3試合、どこが凄かったのか?少し調べてみた。

全体のゴロ率と、低めゾーンを打たせた打球のゴロ率の差異を確認してみたい。

■ゴロ率 (ここでは犠打も含む)
シーズン全体=50.5% (637打球、ゴロ322)
ここ3試合=60.7% (61打球、ゴロ37)

■結果球が低めゾーンのゴロ率
シーズン全体=59.8% (281打球、ゴロ168)
ここ3試合=71.9% (32打球、ゴロ23)

ここ3試合の対戦相手がカージナルス、タイガース、ロイヤルズと初顔合わせや対戦回数が少なかったことも、岩隈の投球を楽にさせた要素はあるのだろう。しかし、それを考慮しても、低めの投球でゴロを多く打たせたラスト3試合のピッチングは、我々ファンを改めて瞠目させるには、十分の好投だった。いや、ほんとに、ブラボーだ。

■岩隈久志 球種別 投球詳細
20130927DATA3.jpg

8回、打者27人、101球(1回当たり12.63、1人当たり3.74)、被安打4、被本塁打0、奪三振9、与四球1、失点0、自責点0。

《初球27球》
右打者12球=4Seam4、Sinker5、Slider2、Curveball1
左打者15球=4Seam3、Sinker7、Slider2、Curveball3

《2ストライク以降29球》
右打者17球=4Seam3、Sinker1、Slider7(三振3)、Splitter6(三振2凡打ゴロ1)
左打者12球=4Seam3、Sinker3、Slider2、Splitter4(三振1)

岩隈の談話「全部が良かった。最後の登板でもあったので、いい集中力で自分の投球ができた。しっかりと(最後を)締めていきたいなという思いもあった」

ロイヤルズのネッド・ヨスト監督「我々は彼に手錠を掛けられ、何もできなかった」

女房役のズニーノ「1年の仕上げのような投球だった。彼はどんどん逞しくなっている。先発するたびによくなっていくんだ」

右打者との対戦は12打数1安打7三振



上記表のストライク寄与ファウル数の多さが際立っている。その数16本。4シーム、シンカーといった速球とスライダーで数多くのファウルを打たせてカウントを稼ぐことができていた。

さらに、下記配球図のとおり、右打者を圧倒した。右打者へ投じた球の58.0%が低めゾーンに到達。数多くの三振を同ゾーンで獲得することができていた。

2年目の投球の総括や細かな分析などは来年春まで、おいおいやっていきたいと思う。とりあえず、本エントリーはここまで。

■配球図
20130927DATA4.jpg

■9/25ロイヤルズ戦の101球詳細
コースNo.は下記図のとおり。球速はマイル表示

20130927DATA5.jpg
20130927DATA6.jpg
20130927DATA7.jpg


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




◎◎◎関連記事◎◎◎
【書評】 岩隈久志 著『感情をコントロールする技術~未来を切り拓く50の視点』(ワニブックス)
【記録】対戦打者の打席結果で診るマリナーズ岩隈久志のメジャー2年間〔円グラフ表示〕
マリナーズ岩隈久志、バーランダーとの対決を制し、今季指折りの好投で13勝目──2013年9/18○SEA8-0DET

《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。

《Twitterやっています》
アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!260人突破。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI









関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

今年は岩隈も、楽天も、ファンも、最高のシーズンを送れましたね!

僕は楽天のファンになってまだ2年もたちませんが、ここまで楽天のことを詳しく知ることが出来たのはshibakawaさんのおかげだと思っています。
毎試合記事をあげるのは大変だと思います!体調に気をつけて、プレーオフも来年も記事楽しみにしています。

No title

どうもこんばんわ、ざくろです。
今回も詳細なデータ等お疲れ様です。
と同時に、まだ楽天の試合は残っていますが、岩隈の試合のエントリに関しては
今回で終了という事で、まずは一年間ご苦労様でした。

この日は色々大変でした、仕事を終えて帰宅して、急いで録画した岩隈の試合を見て、
幸い相手先発サンタナが四球こそ出しても非常にテンポ良く投げてくれたおかげで
試合時間は2時間半を切るという非常に早い試合。
見終わった後はネットで色々と岩隈の記事を検索しつつ楽天の試合を見て、優勝後は
各局をハシゴしてと、嬉しい悲鳴ではあるもののなんとも忙しい一日でした(笑)

shibakawaさんが書かれているのを見て初めて気付いたんですが、そういえばまだ
ロイヤルズとだけアリーグでは対戦が無かったんですよね、完全に失念していました。
去年先発での初対戦がオリオールズだったけど今年は対戦無しか、というのは
把握していたのに、何故かロイヤルズ戦が初めて、というのは完全に忘れていました。
そして、やはりこれもshibakawaさんが書かれていますが、ロイヤルズとは初対戦、
という事がイイほうへ作用したという部分はあるでしょうか。
同じく初対戦のカージナルスにはスプリッターの曲がりが早すぎて残念ながら
上手く機能していませんでしたが、このロイヤルズ戦ではしっかり投げれていたので、
データや映像で岩隈のスプリッターをどれだけ研究していようと、やはり実際に
打席で経験すると、特に岩隈のスプリッターに関しては相当打ちにくいと思うので、
この辺りは初対戦という事が結構有利に働いたんじゃないかなーと。

しかしズニーノも試合後にコメントしていましたが、ホント集大成のような、
非常に安定した内容でしたよね、全ての項目が85~90点ぐらいの…勿論失投も
あったものの、全てが高いレベルで安定していたなと。
見ている最中は、やっぱり少しでも防御率を良くしてシーズンを終えてもらいたい、
という気持ちがあったので、どれだけ安定していようとランナーが出ると、
見ている分には不安だったものの、一年間ローテーションを守りきって、
それで最終登板でこれ程のパフォーマンスを発揮出来るというのが凄いなと。
しかも現地シアトルは15度だったそうなので、よくその寒さの中で(笑)

2回、先頭バトラーを空振り三振に仕留めた高めの釣り球。
この場面を見ていて気になったのがズニーノの体勢でした。
イメージで言えば、釣り球を要求する際にショパック、キンテーロ、ブランコ、
この三人は日本のように中腰に構えるのに対して、ズニーノは腕だけ上げて
ミットを構えてるので、全然どうでもいい事なんですが、このやり方だと
腕や肩が痛くならないのかな、などとどうでもいい心配をしてしまいました(笑)

他に釣り球で気になったのは、ムスタカスには高め釣り球のはずが高さとしては
真ん中辺りに投げてしまい弾き返されましたが、コレ以降、追い込んでも釣り球を
投げる場面が無かったので、これが少し気になりました。
単純にズニーノが制球ミスを心配してサインを出さなかったのか、或いは、
この日はスプリッターが面白いように決まっていたので、別に釣り球を投げずに
スプリッターで構わないだろう、と判断しての事なのか。
結果的にはスプリッターが上手く決まっていたので何も問題は無いんですが。

5回、ダイソンのショートライナー併殺、これはラッキーでしたよね。
打たれた瞬間は打球の高さ的にも間違いなく失点したと思ったんですが、
上手くミラーがジャンプして捕球してくれて、しかもランナーも戻れず併殺。
調べてみたところ、ミラーは身長188cm、トリンフェルは身長180cm。
もしミラーがまだ試合に出れないような状態であればトリンフェルがショートを
守っていたと思うんですが、ミラーがジャンプしてギリギリ捕球出来た、
という高さだった事を考えると、これはもうミラーさまさまというか。
余談ながら、意外な事にライアンも188cmあるようです。
…というか、ミラーもライアンも、そんなに背が高かったのか、と(笑)

そしてその裏にズニーノが待望の先制ソロ。
ズニーノは前回組んだカージナルス戦もそうですが、これで岩隈の試合では
2試合連続で先制ソロを打ってくれて、シーズン終盤に来ていよいよ女房役の
真価を発揮しだしたというか、打撃面で頼りになる存在になりつつある、
というのは非常に頼もしい限りですよね。

個人記録の面で言えば、この試合は9奪三振。
どうせならあと一つ三振を奪って二桁奪三振を達成したかったかなーと。
あとは、今季の投球回が219.2回だったので、もうここまできたらなんとか
あと1死を取って220回に乗せたかったなと(笑)

勝敗数に関しては、こればかりは援護次第なので仕方ないですが、
最終的に14勝という数字まで積み上げる事が出来たのは、ホント凄い事だなと。
今年のマリナーズはホームランこそ増えても得点自体は去年と然程変わらず、
岩隈自身の援護率も去年とほとんど変わっていないですし、調べてみたら
ヘルナンデスですらデビューの2005年を除いて、今年も含めて8年間で
15勝以上したのは2009年の19勝の年だけなので、そういった事を考えると、
ホントよく岩隈はマリナーズで14勝も出来たなーと。
残念ながらダルビッシュや松坂のように報道してもらえる事は無いものの、
2.66という非常に素晴らしい防御率も含めて、今年岩隈が残した成績は
日本人の先発投手として歴代屈指の成績だと思うので、ホント凄かったなーと。

個人的には21勝した2008年よりも内容は良かったと思いました。
日本とメジャーではそもそも打者のレベルが違ううえに、基本的に中4日の
ローテーション、長距離移動等による疲労、そういった事を考えると、
そもそも成績がどうの以前にメジャーのほうが根本的に大変ですが、
とにかく今年は凄い投球を続けていたなと思いました。
勿論、欲を言えば少しでも見栄えが良くなるようにもっと勝ち星が増えれば
良かったですけど、個人的には圧巻の一年でした。
来年は最初からショパックもライアンも居ないうえに、当然今年のこの
圧倒的な成績で更に他球団からの研究が進むでしょうし、何より今年一年の
疲労で来年どこまでのパフォーマンスを発揮出来るかは分かりませんが、
来年もなんとか頑張ってもらいたいです。
あと、他力本願ですが、出来れば防御率1位になる為に、マリナーズは
なんとか明日コローンを打ってくれれば!(笑)
まぁ、さすがにコローン、サンチェス、二人共打たれるという事は中々
無いとは思いますが、マリナーズ打線は岩隈の為にもなんとか!(笑)
まさかのコローン撃破!とかになっても、そうなるとお約束でサンチェスが
堂々の完封、とかになるのが世の常ではありますけど(笑)

今回も非常に長々と申し訳ないです。
最後に一つだけ書くとすれば、相手先発サンタナ、成績的にも投球スタイルも
岩隈と似たようなタイプでしたけど、今年2度投げ合ったホランド同様、
これだけ投げて、これだけ抑えて、結果的にこの日は岩隈に投げ負けて、
この成績で二桁勝利出来ずに二桁負けた、というのは可哀想でした…(苦笑)

Re: タイトルなし

アーカイブスさん

こんにちは。コメントありがとうございます。多忙中でレスが遅れていまして、すみません。

> 今年は岩隈も、楽天も、ファンも、最高のシーズンを送れましたね!

素晴らしい1年になりましたね。これまで応援してきたことが全て報われた思いがします。ここまできたのですから、CSをしっかりクリアして、日本シリーズでその結果はどうあれ正々堂々とパリーグの代表として(恐らく)巨人に戦いを挑んでほしいと願っています。

> 僕は楽天のファンになってまだ2年もたちませんが、ここまで楽天のことを詳しく知ることが出来たのはshibakawaさんのおかげだと思っています。
> 毎試合記事をあげるのは大変だと思います!体調に気をつけて、プレーオフも来年も記事楽しみにしています。

ありがとうございます。そう言っていただけると励みになります。オフシーズンも定期的に更新していく予定ですので、お時間あるときにでも御訪問いただけたらと思います。よろしくお願いします。

Re: No title

ざくろさん、コメントありがとうございます。

返信が随分と遅延していまして、大変すみません。多忙でなかなか時間を設けることができずに、他の方から頂いているコメントの返信も滞っているような心苦しい状況です。

> と同時に、まだ楽天の試合は残っていますが、岩隈の試合のエントリに関しては
> 今回で終了という事で、まずは一年間ご苦労様でした。

始まる前は長丁場になるなあ・・・と腹を括ったわけですが、愛用PCが入院した以外は感想を綴ることがどうにかでき、ホッとしています。これから半年岩隈の投球を見ることができなくなると思うと、寂しくなりますね。

ざくろさんも当ブログにおつきあいいただき、有難うございました&お疲れ様でした。頂いたコメントの数々には色々と発見させられることが多かったです。私が把握できていない情報、異なった視点から試合を詳細に見ていらっしゃる御意見は、私の至らない死角を補う意味で、大変貴重な御意見になりました。

これからは岩隈の2年目を総括するエントリーをいくつかあげていく予定でいます。時間ができますので、天敵セスペデスの弱点でも探ってみようとも思っています。よろしければ、おつきあいください。
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
205位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
35位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}