FC2ブログ

【試合評】里崎智也の思惑に釣られた藤田一也の犠牲フライ──2013年9月10日(火) ●楽天イーグルス2-9千葉ロッテ

スポンサーリンク






20130910DATA4.jpg
HANREI.jpg



あってはならないアクシデントが起きてしまった



2回裏のことだった。楽天の先発はレイ。1回に井口の犠飛で1点を失ったレイは2回、先頭打者サブローに2-0からの第3球を狙われバックスクリーンへ運ばれるソロショットを被弾。2点を失っていた。想定外のアクシデントはその直後に発生した。

次打者・鈴木による痛烈なピッチャー返しのライナーが、投げ終わった直後で体勢が整っていないレイの右目下頬付近に直撃。映像をみると、レイの右頬が赤く腫れ上がっているように見えた。恐らく内出血をしたのかもしれない。(丁寧に書いておくと、鈴木が悪いわけではなく、不運としかいいようがない)

痛がるレイの下に、すぐさま駆けつけたのはマギーだった。その後、通訳、トレーナーも慌てて飛び出していきレイに駆け寄って様子を見守る。佐藤義則コーチも心配そうにベンチを出て、主将・松井も駆けつけた後、担架が用意された。レイは白衣の医者が付き添う中、担架で運ばれて退場する緊急事態になってしまった。

その後の中継を聞く限りでは、米国時代の友人だというブラゼルも駆け付けた中、医務室で応急手当を受けた際、意識ははっきりしていて会話も問題なくできる、視力にもどうやら異常はなさそうという話だったけれども、当たった部分が顔面なだけに、大変心配な出来事になってしまった。報道によると19時すぎ救急車で千葉市内の病院に向かい、検査の結果、右頬骨骨折だと言う。

レイといえば、8/21Kスタ日本ハム戦での好投が思い出される。このときも先発・美馬がピッチャー返しのライナーを喉元付近に受け負傷降板していた。今回、自らその立場にまわってしまった・・・というのは、何の因果だろうか・・・

二番手・福山、光り輝く3イニング零封の好投



レイの負傷降板を受けて、急遽、二番手としてマウンドに向かったのは、9/1ソフトバンク戦以来となる福山だった。肩を作る準備もままならず、ぶっつけ本番だったはずだ。難しい場面で登板した直後、追い込んだ細谷に2ランショットを打たれてしまったのは、これはまあ仕方がないという失点(楽0-4ロ)。翌3回からが福山自身の投球で、以降5回まで3イニングを零封する輝く好投をみせてくれた。今季のイーグルスはロッテ戦で4点ビハインドからの逆転勝利が3試合もあり、その意味で言えば失点を4点までに止めておけば何かが起きるかもしれなかったからだ。

ところで、中継で清水久嗣アナが、私が知らなかった情報をもたらしてくれた。昨年、福山がプロ2年目でDeNAから戦力外通告を受けた背景には、野手転向の話があったのだという。その打診を断って自由契約になったという話だった。へええ~と思い、愛用でボロボロの、何度も目を通したはずの『2013プロ野球オール写真選手名鑑』をひっくり返すと、「俊足強肩を生かすために野手転向との報道もあったが」との記述。1度投手失格の烙印を押された24歳右腕が、今日、味方の勝つ可能性を残す好投をみせてくれたのだった。

里崎の思惑にハマッた藤田の犠牲フライ



楽天の反撃は3回表だった。この回の先頭打者は今季唐川から5打数4安打の嶋。相性を活かした打撃は三遊間を破る左前安打で出塁に成功。後続の島内もしぶといショート内野安打で出塁。無死2,1塁とする。序盤、高めにうわずるケースも多く、本来の制球を発揮できていなかった唐川に対し、絶好の得点機を迎えていた。ここでバッターボックスは岡島。しっかりバントを決めて、走者を3塁に送り込む。岡島のバントは今季7度目。そのうち6度が無死2,1塁でのバントとなっている。

1死3,2塁で藤田。0-2から高めの球をレフトに運んだ当たりが犠牲フライ。楽天が1点を返し、なおも2死2塁だったが、銀次はファーストゴロに倒れてしまった。

試合の明暗を分けたのは、実はこのイニングだったかと思う。1死3,2塁で、藤田、銀次がヒットを打たなければならなかったのだ。ここまでの唐川は不安定な内容だっただけに、ここで畳みかけることができれば、その後の試合展開も変わったはずだ。

もっと言えば、藤田が0-2からの高めを犠牲フライにしてしまったのが、拙かった。もちろん点を返したという点で言えば、最低限の仕事だったかもしれない。だが、アウトを1個与えてしまったことで、唐川を楽にさせたと言うこともできるのだ。

実は0-2からの第3球、あの球は高め失投ではなかった。高めを要求する里崎の配球どおりに投げ込まれた球だった。恐らく里崎も、この場面は犠飛と引き換えにしてもアウトを1個確実に取ることが先決という判断だったのだろう。最低限犠飛を打っておきたい藤田の心理を見透かしたかのような高め要求だった。それに誘われてしまった藤田という見方もできるのだ。

3回の好機で1点しか取れなかった楽天は、その後、8回までイニング先頭打者を悉く打ち取られてしまう。5回は1死から、7回には2死から走者をスコアリングポジションに送り込んだものの、岡島、藤田、島内が凡退して2点目入らず。

そうこうするうちに7回だった。回またぎ登板の小山が先頭・鈴木に安打出塁を許すと、里崎にすっぽ抜けの死球。2,1塁で本日本塁打含む2安打だった細谷に3-2からフォアボール。満塁となって角中にセンター前タイムリーを浴びた後、根元には2-0からの第3球、高めに甘く入った速球を右翼席へ運ばれてしまう満塁弾...

この回5点を失い、勝負あり。

9回にAJが一矢報いるバックスクリーン22号をカルロス・ロサから放ったのが精いっぱいというありさまで、2位ロッテとの直接対決3連戦の初戦、9/19まで続く10連戦の初戦、黒星スタートとなっている。

■上位チーム 8月~9月ゲーム差推移グラフ
9/10終了時。縦軸がゲーム差、横軸が8月9月の日付


これでチーム成績は121試合70勝49敗2分の1位。貯金は21。マジックは18変わらず。

レイの負傷降板ということで痛い敗戦なのだが、一方で、私はこの3連戦、例え3連敗してもOKだと思っている。というのは、ゲーム差がまだ5.0あるからだ。かりにスイープされても3.0。直後、お得意様がKスタにやってくることを考えても、敵地ロッテ戦はイーグルスが無理をする場面ではない。無理をしなければならないのは後がないロッテのほうであって、決してイーグルスではないからだ。

ゲーム差は2位・ロッテと5.0、3位・ソフイトバンクと8.0となっている。なお各種戦績は下記のとおりとなっている。

明日、私、朝が早いので、本エントリーはここまで。下記にデータのみ掲載する。

直近10試合=6勝3敗1分
リーグ戦=97試合55勝40敗2分
後半戦=39試合23勝14敗2分
9月=7試合4勝2敗1分
ロッテ戦=20試合12勝8敗 (QVC2勝7敗)
カードの初戦=48試合32勝16敗
ビジターゲーム=60試合33勝27敗
ナイトゲーム=85試合49勝34敗2分

両軍のスターティングラインアップ

楽天=1番・岡島(右)、2番・藤田(二)、3番・銀次(一)、4番・ジョーンズ(指)、5番・マギー(三)、6番・枡田(左)、7番・松井(遊)、8番・嶋(捕)、9番・島内(中)、先発・レイ(右投)

ロッテ=1番・角中(右)、2番・根元(二)、3番・井口(一)、4番・ブラゼル(指)、5番・サブロー(左)、6番・鈴木(遊)、7番・荻野貴(中)、8番・里崎(捕)、9番・細谷(三)、先発・唐川(右投)

ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

BLOGTOPMAILMAGAZINE3.jpg
8月に創刊した当ブログの有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。御好評頂いております。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか?
 毎週月曜日発行。月額499円です。購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は下記エントリーに記しました。1人でも多くの皆さんの読者登録、お待ちしております。
◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧

---------------------------------------------------------------

■2013年パリーグ首位打者争い4選手の打率推移
※2013年9/10終了時
2013年パリーグ首位打者争い4選手の打率推移


■楽天 福山博之 球種別 投球詳細
20130910DATA5.jpg

4回、打者14人、60球(1回当たり15.00、1人当たり4.29)、被安打3、被本塁打1、奪三振2、与四死球0、失点1、自責点1。

《初球14球》
右打者8球=ストレート5、スライダー1、カーブ2
左打者6球=ストレート2、チェンジアップ2、カーブ2

《2ストライク以降21球》
右打者13球=ストレート5、スライダー4、チェンジアップ3、カーブ1
左打者8球=ストレート5、チェンジアップ3


■ロッテ 唐川侑己 球種別 投球詳細
20130910DATA6.jpg

7回、打者27人、110球(1回当たり15.71、1人当たり4.07)、被安打6、被本塁打0、奪三振2、与四死球0、失点1、自責点1。



Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります





◎◎◎関連記事◎◎◎
《レイの前回登板試合》
【試合評】“伝説”を作るのは今だ。マギー3ランで楽天29度目の逆転勝利──2013年9月3日(火) ○楽天イーグルス4-3西武ライオンズ
《直近2試合の試合評》
【試合評】拙い配球と悪天候に足を取られた辛島航7回途中5失点。ほろ苦の2勝目──2013年9月7日(土) ○楽天イーグルス7-5日本ハム
【試合評】雨中のKスタを燃えるように熱くした男がいた。その名は則本昴大──2013年9月8日(日) ○楽天イーグルス3-1日本ハム

《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。

《Twitterやっています》
アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!250人突破。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI






関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
172位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
30位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}