FC2ブログ

【試合評】田中将大、シーズン防御率0点台に黄信号──2013年8月30日(金) ○楽天イーグルス11-6ソフトバンク

スポンサーリンク






20130830DATA2.jpg
HANREI.jpg



田中将大、夢の防御率0点台に黄信号



私が1日3回朝昼晩欠かさず見にいく愛読ブログ「野球の記録で話したい」さんの本日付エントリーは、田中将大の防御率0点台の可能性について取り上げている。

◎田中将大、ERA0点台の可能性|2013NPBペナントレース (野球の記録で話したい)

このエントリーをみると、戦前にはシーズン防御率0点台の投手が多くいたことが分かるのだ。逆に言えば、上記エントリー掲載の表で言えば、戦後は1970年に阪神・村山実が156回を投げて自責点17、防御率0.98で終えた一例だけがランクインしている。それだけに、もし達成されれば本当に希少で不世出の記録になるのだ。

今の田中なら、それさえも成し遂げるのでは?という期待感があった。

しかし、今夜の結果は7回3失点2自責点。味方が上げた序盤の大量援護もあり、田中は初回マウンドに向かった時から、悠々のピッチング。ホークス打線を5回まで僅か57球で料理してみせ、打たれた安打は僅かに2本。2塁を踏ませない内容で、相手の戦意を削いでいく。

しかし、落とし穴が待ち受けていたのは6回以降だった。

6回、相手打線が3巡目に突入するタイミングで、1番・中村、2番・今宮に連打を浴び、初のピンチを背負う。バッターボックスは3番・内川。球界を代表する好打者を辛くもお得意縦のスライダーで空振り三振に取ったものの、その直後、鷹の新4番打者・柳田悠岐に一撃を浴びるかたちになってしまった。その初球。真中に入る失投スライダーを打ち返され、レフトオーバーのタイムリーツーベース。走者2人がホームへ帰ってくる。7回にも先頭・松田に左中間を割られるツーベースを打たれると、自らのワイルドピッチ、この日2個の四球で無死3,1塁と傷口を広げ、本多併殺ゴロの間に三走にホームを踏まれ、今日は7回3失点の内容だった。

ということで、昨年からの連勝を23へと伸ばし、開幕連勝記録を19まで積み重ねるNPB記録更新の大仕事はできたものの、防御率は1.15から1.20へと悪化するかたちになっている。

これで、田中将大の防御率0点台は、限りなく赤に近い黄信号になったと言えそうだ。

残り5試合に投げそうだ。9/6日本ハム戦、9/16オリックス戦、ここまでは金曜日。中5日で9/19ソフトバンク戦に登板し、9/26西武戦、10/3ロッテ戦で最終登板を迎えると仮定する。

残り5試合それぞれ8イニングずつ、合計40イニング投げて自責点ゼロ。これでようやく212回23自責点で防御率は1点を切り0.98になる。しかし、40イニング自責点1とすると防御率は1.02になってしまう。

それでは残り5試合全て9回を投げ切って、合計45イニング自責点1ではどうだろうか? これだと四捨五入しなければ0.9954・・・になるものの、四捨五入すると1.00になってしまう。

いずれにせよ、残り5試合で自責点2点以上取られてしまうと(1.04になる)もはや0点台はないということになる。う~~~む、厳しい、、、

初回先制3点劇。2回途中、帆足完全攻略の序盤7得点



簡潔に試合を振り返っておきたい。楽天は序盤2回まで7得点。帆足を早々に引きずり降ろし、圧倒的優位に立つことに成功した。

1回は1死後から先制3点劇が幕を開けていく。藤田、銀次の短長打で3,2塁のかたちを作ると、4番・ジョーンズが2夜連続の先制打。マギーも犠飛で続くと、枡田のバットにも4試合ぶりの快音が響き、左中間フェンス直撃の当たりがタイムリーになる。エースの快記録を力強く後押しする貴重な先手3点劇になった。

2回、制球定まらない帆足は修正できず、4四球1死球で自滅。2死満塁からマギー、枡田が2者連続押し出し四球で1塁に歩くと、なおも満塁で代わったばかりの二番手・金無英から松井が2点タイムリー。4点追加、リードを7点差とした。(楽7-0ソ)

田中は初回、1番・中村にやや制球を乱し3-1からフォアボール。無死1塁でバッターボックスは2番・今宮という場面。ホークスとしては1点でも返しておきたいシチュエーションだった。今宮がバントの構えをする。

ここで初球スプリットを要求した嶋の好リードとその後の強肩がエースの立ち上がりをアシストした。バントの構えからバスターしにきた今宮のバットを、落ちる球で空振りさせると、嶋はバスターエンドランで2塁へ向かってスタートを切っていた一走・中村を刺すべく2塁好送球。完全アウトのタイミングで中村の二盗を阻止。一気に2死走者無しとする。3番・内川はファーストファウルフライ。田中はこれで4試合連続初回先頭打者の出塁を許したものの、今日も立ち上がりゼロでスタートすることに成功している。

2回以降は5回までまさに上々。2回から3回にかけて打者5人連続ゴロアウト斬り。セカンド藤田の美技がまたまた飛び出すなど、バックの堅守も光る。

おかげさまで、中継映像越しに観戦を楽しむ昭和生まれのshibakawaさんは、余裕のよっちゃんいかを肴に、缶ビールをグイグイ空けていく、素敵な金曜夜を過ごしていた。

勝った気がしない終盤失点劇



・・・のだが、田中が退いた後、8回以降の2イニングが、余計だった。8回はアタマから戻ってきた小山。しかし、ホークス勢の長打攻勢の前に沈んでしまう。内川に左翼ポール際にソロショットをぶっ放されると、柳田、松田の両名にレフトオーバーのツーベースを2本打たれ、2失点。火消しに出てきた片山もピリッとせず、明石に右中間を破られるタイムリースリーベースをくらって1失点。その後、フォアボールを出し、なおも2死3,1塁のピンチを背負うなど、依然点差はあったものの、一気に苦しさ増す8回になってしまった。(楽11-6ソ)

5点リードで9回は左打の中村から始まるる攻撃だったということもあるのだろう、金刃が登板。しかし、中村、今宮に右左と打ち分けられ無死2,1塁のピンチ。バッターボックスにクリーンアップを迎えるという場面を演出してしまう。結局は内川、柳田のミスショットにも助けられるかっこうとなり、ゼロで終止符を打ったものの、つながれていたら・・・と考えると悪寒が走ってしまう、いただけない終盤2イニングになってしまった。

ゲームセット後、ナインを出迎える星野監督の渋い表情が全てを物語っていた。

終盤の内容があまりにも悪過ぎて5点差の大勝にも関わらず、中盤までの余裕のよっちゃんイカはどこへやら、すっかりほろ酔いも醒めてしまう、勝ったんだけど負けたようなスッキリしないゲームになってしまった。

シーズンまたずして帰国、緊急手術するというラズナーが今季絶望の中、救援陣はさらにこれから一丸となって戦わなければならないという時に、リーダーのタフマン小山が率先してこのていたらくなのだから、困ったものである。

松井がNPB史上180人目の1500試合出場記録を達成。

というわけで、本エントリーも本当に気乗りがしない中で書くこととなった。下記、データだけ掲載して終わりにしたい。

これでチーム成績は、113試合66勝46敗1分の1位。貯金を再び大台の20に乗せると、マジックは1減らして25へ。ゲーム差は2位・ロッテと5.5、3位・ソフトバンクと8.5、4位・西武と10.0としている。なお各種戦績は下記のとおり。

◎直近10試合=6勝4敗
◎リーグ戦=89試合51勝37敗1分
◎後半戦=31試合19勝11敗1分
◎8月=24試合14勝10敗
◎ソフトバンク戦=18試合10勝8敗 (ヤフオクドーム5勝3敗)
◎ビジターゲーム=57試合33勝24敗
◎カードの初戦=45試合30勝15敗
◎相手先発左投手=40試合24勝16敗

両軍のスターティングラインアップ

楽天=1番・岡島(右)、2番・藤田(二)、3番・銀次(一)、4番・ジョーンズ(指)、5番・マギー(三)、6番・枡田(左)、7番・松井(遊)、8番・嶋(捕)、9番・島内(中)、先発・田中(右投)

ソフトバンク=1番・中村(右)、2番・今宮(遊)、3番・内川(左)、4番・柳田(指)、5番・長谷川(中)、6番・松田(三)、7番・明石(一)、8番・本多(二)、9番・山崎(捕)、先発・帆足(左投)


ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

BLOGTOPMAILMAGAZINE3.jpg

創刊号から楽しには今月いっぱいの読者登録がお薦めです


いよいよ当ブログの有料メルマガが8月5日(月)スタートしました。毎週月曜日発行(月4回程度、年末年始等除く)、月額499円(1通当たり約125円)。おかげさまで、私の想像以上の皆さんに御登録頂き、ありがとうございます。なぜ今メルマガなのか?クレジット決済以外の購入方法など詳しいご案内はコチラにしたためました。まぐまぐでの御登録は下記からどうぞ。
http://www.mag2.com/m/0001609734.html
下記リンクからメルマガ本文の一部をご参照いただけます。
◎8/5発行Vol.001:相手打者との対戦結果から探る、田中将大その進化の理由
◎8/12発行Vol.002:データから探る楽天・銀次覚醒3つの理由とは?
◎8/19発行Vol.003:絶好調の枡田慎太郎、好活躍確信の中にも気になる懸念材料とは?
◎8/26発行Vol.004:カウント構築から診断する主な楽天投手のスカウティングレポート
---------------------------------------------------------------

■楽天 田中将大 球種別 投球詳細
20130830DATA3.jpg

7回、打者28人、102球(1回当たり14.57、1人当たり3.64)、被安打7、被本塁打0、奪三振6、与四球2、失点3、自責点2。

《初球28球》
右打者10球=ストレート1、ツーシーム2、スライダー5、スプリット2
左打者18球=ストレート5、ツーシーム3、スライダー3、カットボール2、スプリット2、チェンジアップ1、カーブ2

《2ストライク以降28球》
右打者10球=ストレート2、ツーシーム1、スライダー4、カットボール1、スプリット2
左打者18球=ストレート11、ツーシーム2、スライダー1、スプリット4


■田中将大 23連勝の軌跡
20130830DATA5.jpg

■ソフトバンク 帆足和幸 球種別 投球詳細
20130830DATA4.jpg

1回2/3、打者15人、63球(1回当たり37.82、1人当たり4.20)、被安打5、被本塁打0、奪三振0、与四死球6(四5死1)、失点7、自責点7。



Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります





◎◎◎関連記事◎◎◎
《田中の前回登板試合》
【試合評】楽天・田中将大、226イニングを投げて防御率0点台へ突入──2013年8月23日(金) ○楽天イーグルス5-0ロッテ
《直近2試合の試合評》
【試合評】この日を忘れない──2013年8月28日(水) ○楽天イーグルス2-1オリックス
【試合評】GJのAJ。両軍の明暗を分けたボール先行2-0からの対戦結果──2013年8月29日(木) 〇楽天イーグルス4-2オリックス

《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。

《Twitterやっています》
アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!250人突破。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI




関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

同感です

本日いつものようにパリーグTVで観戦しておりました。
1,2回で「もうもらったな」という気分でしたので、あとはマーさんの出来だけが関心事というところでした。
なんか序盤が最高でだんだん雰囲気が悪くなってきたので、勝った気しないなっていうところは同感です。「えらい贅沢になってきたな俺」って感じですが。
大量援護からくる油断とか言われますが、それまでも大量リードがあったのに6回から急に変調したので、「どこか悪くしてたら嫌だな」ということが一番に浮かびました。

ところでイーグルスの今の位置、現状マーさんが一人で貯金19という異常極まりない事態なので頷けますが、則本12勝も立派として、他に楽天の投手で2ケタ勝利はなさそうに思います。

普通は優勝チームともなれば2ケタ勝利が3,4人はいるもんだがなあ、と思いますが、スタッツを見ても今の時点で2ケタ勝ってるor最終的に勝ちそうな投手が少ないなあと。

このへんって一昔前と変わってきてるところはあるんでしょうか? ご意見伺えれば幸いです。

Re: 同感です


sanさん

おはようございます。コメントありがとうございます。

> 1,2回で「もうもらったな」という気分でしたので、あとはマーさんの出来だけが関心事というところでした。
> なんか序盤が最高でだんだん雰囲気が悪くなってきたので、勝った気しないなっていうところは同感です。「えらい贅沢になってきたな俺」って感じですが。

ハハハ、確かに昨年までは、かたちはどうあれ勝ったんだから良しとしたい、私もそう思っていたかもしれません。それにしても、昨日は5点差ありましたけど、9回無死2,1塁で相手クリーンアップ、追いつかれることも半ば覚悟しましたよ。心臓に悪いです。。。

> 大量援護からくる油断とか言われますが、それまでも大量リードがあったのに6回から急に変調したので、「どこか悪くしてたら嫌だな」ということが一番に浮かびました。

今、一番怖いのはその点だけでしょうね。そういった所の意識も高い田中ですから、最後まで無事つつながく投げ抜いてくれるとは信じてはいますけども。

> ところでイーグルスの今の位置、現状マーさんが一人で貯金19という異常極まりない事態なので頷けますが、則本12勝も立派として、他に楽天の投手で2ケタ勝利はなさそうに思います。
>
> 普通は優勝チームともなれば2ケタ勝利が3,4人はいるもんだがなあ、と思いますが、スタッツを見ても今の時点で2ケタ勝ってるor最終的に勝ちそうな投手が少ないなあと。
>
> このへんって一昔前と変わってきてるところはあるんでしょうか? ご意見伺えれば幸いです。

やはり、普通なら最低でも二桁勝利3人は揃えておきたいのが王道かと思いますよ。

今季は当初ローテに入るだろうと思われた面々(塩見、釜田、辛島、美馬)が故障揃って精彩を欠いた中、もし田中が例年の田中で、則本がプロの洗礼を浴びて四苦八苦するようなことになっていたら今の位置はないですし、その意味では、田中が抜けるであろう来年こそ、二桁勝利投手を少なくとも3人以上揃えることができるかどうか?本当の意味で試されるシーズンになるのだろうとも思います。

No title

shibakawa様 お返事ありがとうございます!
質問しといて時間が空いてしまい申し訳ないです。

>その意味では、田中が抜けるであろう来年こそ、二桁勝利投手を少なくとも3人以上揃えることができるかどうか?本当の意味で試されるシーズンになるのだろうとも思います。

まさにその通りですよね。田中投手が抜ける分すべて勝ち星がなくなるとは思えませんが、やはり貯金を7,8、贅沢言うと2ケタ作る投手が必要だなと。釜田投手に期待しているのですが・・・

ところで私、致命的な説明不足をやってしまってました。
ご質問したかったのは「リーグ全体、球界全体を見て」2ケタ投手の数が減っているのではないか、ということでした。

Re: No title

sanさん

おはようございます。コメントありがとうございます。

>ご質問したかったのは「リーグ全体、球界全体を見て」2ケタ投手の数が減っているのではないか、ということでした。

なるほど。そういうことでしたか。確かに減っているようなイメージもあり、興味深い指摘でしたので、パリーグの二桁勝利投手の数を2006年までさかのぼって調べてみました。(面倒なので2006年~2008年は詳細は割愛)

確かに2010年を起点に16、14、11、そして今年は頑張って10人?という感じですから、減少傾向なのかもしれません。ただ、15人を記録した2008年の直前は、10人、8人で推移していますので、このトレンドが今後も続くのか?はこれから数年の長いスパンで見る必要もありそうです。

1つ言えるのは、2012年オフにパリーグの主力先発投手がこぞって抜けたこと(杉内、和田、ホールトン、ダルビッシュ)が大きく影響している印象も受けます。ちょうど先発投手の世代交代の端境期に当たと言えるのかもしれませんよね。

>釜田投手に期待しているのですが・・・

釜田にとっては残念なシーズンになってしまいましたね。今年はキャンプからしっくりきていなかったようなので、やはり、ルーキーイヤーに1917球投げた疲労の反動なのかもしれません。先日の2軍戦では打ちこまれた一方で150キロ超えを計測したといいますし、来年、力強く復活を遂げてもらいたいところです。(同様のことは、来年、則本にもその心配ありそうです。則本は既に300球以上、釜田より多く投げていますし・・・)


2006年=10人
2007年=8人
2008年=15人

2009年=12人
F(ダルビッシュ、武田勝)
E(田中、岩隈、永井)
H(杉内、ホールトン)
L(涌井、岸)
M(成瀬)
Bs(金子、岸田)

2010年=16人
H(和田、杉内)
L(涌井、帆足、岸)
M(成瀬、マーフィー)
F(武田勝、ダルビッシュ、ケッペル、榊原)
Bs(金子、木佐貫)
E(田中、岩隈、永井)

2011年=14人
H(ホールトン、和田、攝津)
F(ダルビッシュ、ケッペル、ウルフ、武田勝)
L(西口)
Bs(寺原、金子、西)
E(田中)
M(唐川、成瀬)

2012年=11人
F(吉川、武田勝、ウルフ)
L(牧田、岸、石井一)
H(攝津、大隣)
E(田中)
M(成瀬、グライシンガー)


No title

なるほどー、です。
ものすごく詳細なデータありがとうございました!
優勝チームにはだいたいエース、準エース、あと10勝が2人ぐらいいるようなイメージだったんですが、かなり変動しているんですね。
(涌井・岸・西口・帆足、というイメージでした)

勝ち星の総数はほぼ一定のはずなので、やはりメジャー行きで全体に先発の力が落ちた年は、中盤ぐらいに試合が動いて中継ぎ以降に勝ちがついている、ということですね。
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
25位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}