FC2ブログ

【試合評】燃えるような暑さに覆われた日本列島。Kスタも被本塁打5本と辛島、宮川が良く燃えました...── 2013年8月10日(土) ●楽天イーグルス3-8ソフトバンク

スポンサーリンク





Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




BLOGTOPMAILMAGAZINE3.jpg
---------------------------------------------------------------
メールマガジン読者、絶賛募集中!!
---------------------------------------------------------------

いよいよ当ブログの有料メルマガが8月5日(月)スタートしました


毎週月曜日発行(月4回程度、年末年始等除く)、月額499円(1通当たり約125円)。
おかげさまで、私の想像以上の皆さんに御登録頂き、ありがとうございます。なぜ今メルマガなのか?クレジット決済以外の購入方法など詳しいご案内はコチラにしたためました。まぐまぐでの御登録は下記からどうぞ。
http://www.mag2.com/m/0001609734.html
下記リンクからメルマガ本文の一部をご参照いただけます。
◎8/5発行Vol.001:相手打者との対戦結果から探る、田中将大その進化の理由
---------------------------------------------------------------

20130810DATA5.jpg



Kスタで両軍6本塁打、5被本塁打って初?



日本列島は燃えるような暑さに覆われた本日、仙台でも今年初の猛暑日を記録していた。気温は午前中の段階で35度を突破。仙台管区気象台の発表によると12時40分時点で35.3度を記録したという。うだるような暑さは夕方になっても下がることはなかった。19時現在で30.7度。厳しい1日となった。

夢舞台から1夜明けたKスタも一転、燃えるような厳しい試合展開を余儀なくされていた。

今季7度目のチケット完売。連夜の2万1千人の聴衆が詰めかけたKスタの夜空に、ドカン!ドカン!と豪砲が轟く。前夜自力V消滅の屈辱を味わったホークス打線が鬱憤を晴らすかのように、楽天先発・辛島、二番手・宮川から合計5本のホームランをかましたのだった。

1回表、2番・今宮、3番・内川が立ち上がりの辛島を捉えた。両者とも100キロ台半ばのカーブを打って出た。今宮が中前に運んで出塁すると、内川は辛島の縦割れを完璧にすくいあげ、左中間席までもっていく先制2ラン。(楽0-2ソ)

楽天はその裏、1点を返していく。1番・岡島がストレートのフォアボールで1塁に歩いたのを足がかりに、藤田の安打でつなぎ、その後1死3,1塁、AJの当たりはサード正面。5-4-3のゲッツーコースのゴロだったものの、松田がファンブル。打球を大きくファウルゾーンへ弾き、この間に岡島が三塁から生還した。(楽1-2ソ)

すぐさま1点を取りかえしてもらった辛島は、2回3回は走者を出しながらも零封。味方打線も走者の出塁に成功したが、いずれも2死からの出塁でチャンスを広げることができない。

そうこうして1-2のままで迎えた4回表、辛島が再び捕まってしまう。失投チェンジアップを先頭の松田にバット一閃された。打球は楽天応援団が陣取る左翼席へ。タイムリーエラーを取りかえすソロ・ショットとなった。(楽1-3ソ)

その後、1安打1四球で2死2,1塁のピンチ、バッターボックスに右の細川を招いたところで、星野監督が早々に動いた。辛島を諦め、二番手で宮川を投入。8/4日本ハム戦でプロ初勝利を飾った新人右腕に試合の立て直しを託したのだった。

しかし、今夜は宮川も誤算だった。出てきてすぐさま悪夢が口を空けて待っていた。細川に対して、制球が定まらない中、2-0からの第3球が命取りになった。外角を狙った速球がシュート回転してインコース低めに流れたところをすくいあげの一撃。伏兵が放った打球は、左翼席Eウィングを超えて前列にライナーで飛び込んでいく3ランとなった。(楽1-6ソ)

翌5回にも宮川は2発をくらってしまう。今度は中軸の餌食になった。4番・松田は左中間席へ、5番・長谷川には左翼Eウィングへ、2者連続ホームランで2点を失った。今夜の宮川は3被弾と散々。前回登板から一転、プロの洗礼を浴びるかたちとなった。(楽1-8ソ)

7点の大量リードを許した楽天は、枡田が孤高の戦いを挑んだのみ。5回裏2死満塁から攝津から左前タイムリーを放つと、8回には4号ソロを左翼Eウィングに突き刺していく。しかし、反撃もここまで。結局、3-8で敗れ去っている。

ホークス打線は内村、長谷川、細川が3安打猛打賞。松田が2安打と中軸が仕事をした。楽天は藤田、枡田、島内が2安打。他の打者はヒットなしに終わっている。銀次は4タコで打率を.345に下げ、長谷川は3安打で.339へと上げている。

これでチーム成績は96試合57勝38敗の1位。貯金は再び19に逆戻りし、ゲーム差は2位・ロッテと6.5、3位・西武と7.5、4位・ソフトバンクと8.5としている。

2位、3位がそれぞれ星を取りこぼしたため、ゲーム差は変わらず。そういう意味では、楽天にとっては恵まれた敗戦とも言えそうだ。大量点差がついたこともあり、藤田=松井の二遊間を途中から休ませることもでき、三好を早い段階で起用し、打席に立たせることもできた。収穫もあった1敗と前向きにとらえていきたい。

なお、各種戦績は下記のとおり。

◎直近10試合=7勝2敗1分
◎リーグ戦=72試合42勝29敗1分
◎後半戦=14試合10勝3敗1分
◎8月=7試合5勝2敗
◎ソフトバンク戦=16試合8勝8敗 (Kスタ3勝4敗)
◎Kスタ=45試合27勝18敗
◎ナイトゲーム=64試合38勝25敗1分
◎先制された試合=48試合21勝26敗1分

両軍のスターティングラインアップ

ソフトバンク=1番・中村(左)、2番・今宮(遊)、3番・内川(指)、4番・松田(三)、5番・長谷川(中)、6番・江川(左)、7番・李杜軒(二)、8番・ラヘア(一)、9番・細川(捕)、先発・攝津(右投)

楽天=1番・岡島(右)、2番・藤田(左)、3番・銀次(一)、4番・ジョーンズ(指)、5番・マギー(三)、6番・枡田(左)、7番・松井(遊)、8番・小山桂(捕)、9番・島内(中)、先発・辛島(左投)


ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

20130810DATA6.jpg
HANREI.jpg

150キロ越えを逆方向に運んだ枡田慎太郎4号ソロ



一矢報いた枡田の4号ソロが凄かった。6点を追う8回裏1死走者なし、相手投手は千賀だった。外角152キロ速球を三塁側にファウルした直後の第2球を捉えてみせた。今度も外の速球だった。球速は153キロ。球威負けすることなく、しっかり捉えた打球は枡田のバットを離れるやいなや加速度を増し、左翼線Eウィングへ飛び込んでいくホームランとなった。

この一撃で思い出したのは7/15敵地オリックス戦、0-0出迎えた9回に佐藤達也から放った決勝ソロである。この時もアウトコースの速球をファウル、空振りした直後、アウトハイの148キロ速球を右中間席へ運んでみせた。この時同様、今夜の一撃も恐らく狙っていたのではないだろうか。そんな気がしてならない逆方向へと運んだ素晴らしい1本だった。

逆方向と言えば、枡田は今季この1本を入れて11本の長打を放っている。4本のホームランに7本の二塁打だ。そのうち左翼~左中間を記録した当たりはホームラン2本を含む7本。逆方向への長打が多いのも枡田の特徴の1つなのだ。そういえば、昨年も多かった。昨年は14二塁打、3三塁打、5本塁打の22本の長打を放ったが、左翼~左中間への長打はホームラン1本含む13本を記録していた。

ところで、これで今季の楽天のホームラン数は69本を数えるに至っている。その中で、150キロ越えの速球を打ち返したホームランは何本あったのだろう? 確認してみた。下記の3本となっている。枡田のポテンシャルの高さを改めて確認できるのでは?と思う。

■150キロ越え速球のホームラン履歴
◎4/16Kスタでのソフトバンク戦、10回2死走者なし、ジョーンズの左中本。ファルケンボーグの156キロ速球
◎5/6Kスタでのオリックス戦、8回2死満塁、松井の左中本。佐藤の150キロ速球
◎8/10Kスタでのソフトバンク戦、8回1死走者なし、枡田の左本。千賀の153キロ速球

32球を引き受けた1番・岡島豪郎の粘り

この試合、攝津の112球を始め、楽天打線はソフトバンク投手陣に合計172球を投げさせることに成功していた。1イニング当たりの球数は15球以内が目安とされている中で、今夜のホークス投手陣は19.11を記録。明らかに球数過多であり、特に攝津は5回を投げ終えての112球だから、楽天打線がよく球をみきわめて投げさせたと言えそうだ。

うだるような暑さだったから1球でも多く投げさせていきたいところだった。攝津のコントロールがいつもより精彩を欠いていたように見えたのも、恐らく暑さの影響もあったはずだ。これからの夏場、打者には相手に1球でも多く投げさせ、消耗させていこうというそういった姿勢が必要となってくる。

そんな中、今夜は特に岡島の粘りが目立っていた。

4打数ノーヒット3三振1四球。今日は快音が聞かれなかった岡島だが、合計32球を投げさせたのだった。これはホークス投手陣が投げた172球の19.1%に当たる多さなのだ。この日、楽天打線は追い込まれてから17本のファウルを打って粘ってみせたが、そのうち8本が実に岡島の手によるものである。

結果こそ出なかったものの、その過程でみせたアプローチは大変集中しており、自分がなすべき仕事が何であるのか?をよく理解したバッティングだったかと思うのだ。羽村亜美さんが届けてくれたリポートにも、出塁率を念頭に打席に入っていることを明かしてくれた岡島。本当に良い働きをしていると思う。

■楽天 辛島航 球種別 投球詳細
20130810DATA7.jpg

3回2/3、打者17人、66球(1回当たり18.00、1人当たり3.88)、被安打6、被本塁打2、奪三振4、与四球1、失点5、自責点5。

《初球17球》
右打者11球=ストレート2、シュート2、スライダー4、カーブ3
左打者6球=ストレート3、シュート2、スライダー1

《2ストライク以降13球》
右打者9球=ストレート3、シュート1、スライダー1、チェンジアップ4
左打者4球=ストレート1、スライダー2、カーブ1

7/31秋田での西武戦以来、中10日で今季2度目の登板となった。バッテリーを組むのは小山桂。小山桂は今季初スタメン。小山桂─辛島のバッテリーは2軍戦でも記録がなく、今季初となっていた。

ローテどおりならホークスに相性の良いダックワースのはずだった。しかし、辛島と持ってきたのは、相手が攝津だから容易には勝てないという判断もあったのだろう。攝津にダックをぶつけてもし負けた場合、カード負け越しの可能性も高まってしまう。だったら、攝津を避けて3戦目にダックをぶつけて田中と共に手堅く2勝しようという考えなのだ。

さておき、辛島は球が高かった。高めから中段を記録した球は全66球の60.6%に当たる40球を記録。ここのゾーンでの対戦被打率は12打数5安打、2三振、1二塁打、2本塁打の.417と散々だった。

制球に関していえば立ち上がりばらついたものの翌2回からはまとまってきているようにみえた。攝津のコントロールのほうに意識がいっていたため、そうみえただけなのかもしれないのだけれど、リードするのが嶋だったら、もう少し好投できたのでは?と思うのだ。

球種ではスライダーが効力を発揮していたものの、ホームランを浴びたチェンジアップがいまひとつ、ボール球が多かった速球の制度も精彩を欠いた。

■ソフトバンク 攝津正 球種別 投球詳細
20130810DATA8.jpg

5回、打者25人、112球(1回当たり22.40、1人当たり4.48)、被安打4、被本塁打0、奪三振5、与四球6、失点2、自責点2。

攝津、楽天戦の連勝記録を8へ伸ばす



これで攝津の楽天戦通算投手成績は、24試合(先発12、救援12)、9勝2敗9ホールド、防御率1.81としている。先発転向後の楽天戦での連勝記録はこれで8へと伸ばした。

攝津の代名詞であるシンカーのコントロールが、この日はいまひとつだった印象を抱く。好調のときの攝津は、このシンカーが低め低めに良くコントロールされる。しかし、今夜34球投じたうちの15球は「高め~中段」の甘い球だった。しかし、楽天打線はこの甘い15球を仕留めることができずに終わってしまった。


■ソフトバンク 攝津正 楽天戦 通算投手成績


※2013年8/10終了時
〔2009年〕


〔2010年〕
20130810DATA2.jpg

〔2011年〕
20130810DATA3.jpg

〔2012年〕
20130810DATA4.jpg

〔2013年〕


◎◎◎関連記事◎◎◎
《辛島の今季初登板試合》
【試合評】 同点2ランのマギー。大好物は右投手が投げる真中・内角スライダーです!!──2013年7月31日(水) △楽天イーグルス2-2西武
《攝津との前回対戦試合》
【試合評】 2013年7月5日(金) ●楽天イーグルス1-6ソフトバンク 壊投した則本昴大と長谷部康平の快投。攝津はイーグルス戦7連勝
《直近の試合評》
【試合評】今夜Kスタは32年ぶりの夢舞台に。田中将大、開幕16連勝のNPB新記録樹立──2013年8月10日(金)○楽天イーグルス5-0ソフトバンク

《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。

《Twitterやっています》
アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!240人突破。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI






関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

shibakawaさん、おはようございます。




私も昨日の試合は最初から捨て試合のように思えました。

天敵である摂津投手に対してスタメンが嶋選手ではなく、小山選手だった事やshibakawaさんのご指摘通り先発がダックワース投手じゃなかった事が理由です。




ただ、私もベストメンバーで臨んでも勝てるかわからない相手に全力を尽くすより、力を温存し今日の試合をダックワース投手で確実に獲り2勝1敗でホークス戦を終える事の方が重要だと考えます。

嶋選手の状態がどの程度なのかはわかりませんが、今は貯金を作る戦いではなく、貯金を減らさない戦いができるのが首位の強みだと思っています。




他のチームは3連戦3連勝が必要でも、イーグルスは2勝1敗もしくは連敗さえしなければ負け越しても良いくらいの気持ちなのかなと。

黒星、白星、黒星、白星勝率5割ペースならプラスマイナスゼロですからゲーム差を考えるとshibakawaさんのお考え通りで良いのかと。




田中・則本のツインエンジンが機能しているうちは大きな連敗は考えにくいので、勝てる試合は確実に勝ち難しい試合は勝てればラッキーくらいに思っています。

昨日の試合の収穫はshibakawaさんの仰る通り枡田選手が気を吐いた事と、岡島選手の粘りなどでホークスにピッチャーの枚数を使わせた事だと思います。

イーグルスは宮川投手にはタフな試合になりましたが、そのお陰でリリーフ陣を休ませる事ができた事が良かったと思います。

この差が今日の試合にどう影響するか楽しみです。




それにしても枡田選手の逆方向へのホームランは凄いですね。

もう一皮むければ年間20本くらい余裕で打てそうです。

私は銀次選手が首位打者、枡田選手が打点王なんて夢を抱いています。

昨日の負け

管理人さま
毎日楽しく読ませて戴いています。

昨日は負けてしまいましたが、ハナから捨てゲームというよりは、細川の3ランで勝ちを追うのを辞めた感じが見えましたね。
一発でしか点を取られてない大差負け。後腐れなく今日に臨めるのではと感じてます。

気持ち切り替えて、今日はアヒルさんに頑張って貰いましょう。

Re: タイトルなし


トラ猫さん

>ただ、私もベストメンバーで臨んでも勝てるかわからない相手に全力を尽くすより、力を温存し今日の試合をダックワース投手で確実に獲り2勝1敗でホークス戦を終える事の方が重要だと考えます。嶋選手の状態がどの程度なのかはわかりませんが、今は貯金を作る戦いではなく、貯金を減らさない戦いができるのが首位の強みだと思っています。

楽天の選手達は優勝争いをした経験を持っていませんので、逸る気持ちを上手くコントロールしていくのが、勝利を知る指揮官の手綱さばきになっていくのでしょうね。恐らく嶋も出ようと思えば出ることができたはずです。責任感が強いですからね。そこを待て待てと休ませたのは、大きかったと思います。残り48試合ですが、ここからが星野監督のマネージメント能力が問われる、腕の見せ所となる48試合だと思っています。

> イーグルスは宮川投手にはタフな試合になりましたが、そのお陰でリリーフ陣を休ませる事ができた事が良かったと思います。

楽天は25日まで事実上の屋外球場(西武ドームも過酷な環境ですから屋外とも言える)での試合が続きますから、宮川がカーンと細川に3ランを浴びて最後まで投げたことで、リリーフ陣はブルペンで肩を作る必要もなかったでしょうし、今後を見据えた意味でも大きかったと私も考えています。

> 私は銀次選手が首位打者、枡田選手が打点王なんて夢を抱いています。

近い将来、中軸を打って欲しいですよね。単年契約で来日しMLBの未練もあるだろうAJ、マギーも来年にはいない可能性だって考えられますし。

Re: 昨日の負け

もぐたんさん

おはようございます。お初ですね。御訪問ありがとうございます。

> 昨日は負けてしまいましたが、ハナから捨てゲームというよりは、細川の3ランで勝ちを追うのを辞めた感じが見えましたね。
> 一発でしか点を取られてない大差負け。後腐れなく今日に臨めるのではと感じてます。

そうでしたね。見方によっては宮川が出てきてヨーイドン!で打たれたおかげで、主力やブルペン陣を早々に休ませることができましたし、今後へプラスに働いた敗戦と言えそうです。辛島に登板の機会を与えたり、嶋を休ませて小山桂に今季初のスタメンマスクをかぶらせたり、今後へ向けて色々と「実験」できたのは良かったかな?と思います。

やっぱり、優勝争いをする中で1番怖いのは逸る気持ちであり、不安や焦りであり酷使ですからね。

休養も重要な仕事だと思いますし、星野さんの若手を思いやる気持ち、常勝軍団に居たA・Jがチームに居る事が1番の強みだと思っています。

彼の経験やマギー選手と共にチームを鼓舞する姿勢は本当に素晴らしいと思いますし、イーグルスに来てくれた事に感謝の念すら抱いています。





来年、田中投手とMJ砲が抜ける可能性もあるんですよね。

そうなると銀次選手はサード、枡田選手がファーストで外野は岡島選手・聖澤選手・島内選手の布陣になり、DHに右の長距離砲を入れる感じですかね。

現状のヤンキース内野陣を見る限り、マギー選手の居場所が普通にあるのでどうなるかはわかりませんが球団の長が変わってから今まで以上に勝ちに行く姿勢が見られるので、また良い助っ人を連れてきてくれると思いますし、メジャーにマギー選手やA・Jが帰ったとしても快く送り出せる自分でありたいです。

本当は来年も居てもらいたい気持ちに溢れていますが、その時は涙を飲みます。
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
205位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
35位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}