FC2ブログ

「これが野球」。マリナーズ岩隈、R.A.ディッキーと投げ合い7回2失点も、打線の援護に恵まれず今季5敗目──2013年8月5日 ●SEA1-3TOR

スポンサーリンク





Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




BLOGTOPMAILMAGAZINE3.jpg
なぜ今メルマガなのか?どういう内容になるのか?(創刊号は田中将大の進化をデータから探ります)クレジット決済以外の購入方法など詳しいご案内はコチラに書きました。まぐまぐでの御登録は下記からどうぞ。
http://www.mag2.com/m/0001609734.html
---------------------------------------------------------------

20130806DATA2.jpg
HANREI.jpg

両軍のスターティングラインアップ

ブルージェイズ=1番・レイエス(遊)、2番・デービス(左)、3番・バティスタ(右)、4番・エンカーナシオン(指)、5番・リンド(一)、6番・ラスマス(中)、7番・イズトゥリス(二)、8番・ロウリー(三)、9番・トーリー(捕)、先発・R.A.ディッキー(右投)

マリナーズ=1番・ミラー(遊)、2番・シーガー(三)、3番・モラレス(指)、4番・モース(右)、5番・イバニエス(左)、6番・ソーンダース(中)、7番・スモーク(一)、8番・アクリー(二)、9番・キンテーロ(捕)、先発・岩隈(右投)


レーニア山の風景が美しい

シアトルでのホームゲーム、MLB.TVは地元テレビ局ROOTS SPORTS製作の映像が使われている。中継がスタートするとき、セーフコフィールド周辺の街の風景、そこから見える遠景を映し出すのだが、くっきりそびえ立つ「山」の存在が気になっていた。独立峰のようにみえ、まるで富士山のような美しい佇まいなのだ。夏なのに山頂は雪景色に覆われている。気になっていたので今日調べてみたところ、レーニア山というらしい。標高は富士山より高い4,392m。wikipediaによれば『この地に移民した日系人たちは、富士山のように高く長く裾野を引く姿がシアトルの沖合いからでも見えることから、「タコマ富士」と呼んでいた』。なるほど。

6回まで0-0。R.A.ディッキーとの投手戦

さて、のっけから話が逸れた。いつか行って見たいシアトルだが、マリナーズはビジター日程が終わり今日から地元でブルージェイズ3連戦。その初戦のマウンドに岩隈が登板した。

(実は私の家族は米国在住でシアトルやニューヨークなど方々に野球観戦に行っている。この前は岩隈の写真を送ってきて、こちら側としてはほぞをかむような思いなのだった)

対する相手先発はR.A.ディッキーという点も、見どころとなった。ナックルボーラーの投球はなかなか拝めるものではないから、そういう意味でも美味しい試合になった。

ディッキーとの投げ合いは2度目になる。前回は5/4敵地戦。岩隈は7回5安打1失点で3勝目。ディッキーは6回6安打7失点。立ち上がりソーンダースが初回先頭打者本塁打をかっ飛ばすと、4回にはアクリーが満塁ホームラン。途中から戦意喪失したトロント打線を岩隈がしっかり抑えて勝利するという内容だった。素晴らしい試合にはなったものの、相手が昨年のサイヤング賞投手という点を考えれば、一方的な試合になったため、物足りなさも感じたのだ。

2度目のマッチアップとなった今回は、両先発投手に相応しい投手戦となった。6回まで両軍のスコアボードにはゼロが並ぶ。岩隈が相手打線に許した得点圏打席は僅かに1。マリナーズはディッキー相手に得点圏打席に6人のバッターを送り込むものの、上手くタイミングをはずされてしまい、ホームが遠い。決着は7回以降。バタバタバタッとしたかたちでスコアボードが動いて、1-3でブルージェイズが初戦をモノにしている。

1回表、岩隈はいきなり1番・レイエスに安打出塁を許した。本来ならアウトコースを狙っていた速球がインコース低めに入った所を、待ってましたとばかりに弾き返されてしまう。1,2塁間を痛烈に抜けた打球は右前へ達し、無死1塁。しかし、ここでクマが早くも手元のカード「併殺打」を切っていく。2番打者にアウトコース低めの球をややバットの先でゴロを打たせて、4-6-3のゲッツーに。岩隈が獲得した今季15本目の併殺打になった。

2回表、4番・エンカーナシオンから。通算対戦成績8打数3安打1満塁弾。1年過ぎてもあの悪夢はいまだに強烈で、私の中ではアスレチックスのセスペデス同様、要警戒打者の1人になっている。しかし、この初打席ではボール先行になりながらも、上手く打ち損じを誘発させることに成功した。

低めを徹底して攻めながら3-1から一転、高めへ投じた約145キロ速球が実に効果的。低めに目付していたであろうエンカーナシオンは、バッテリー思惑どおりに球の下っ面を叩き、ファーストファウルゾーンへのポップフライを打ちあげる。続く5番打者をレフトフライに討ち取ると、6番打者もインコースを攻めて詰まらせたレフトへの飛球に。フライアウト3つで三者凡退に退けた。

僅か6球での三者凡退劇

3回表、記録が生まれた。7、8、9の下位打線を僅か5球で三者凡退に片づけたのだ。早めのカウントで打たせてゴロ2個と外野後方飛球1個。実はこの5球三者凡退劇は、6/28カブス戦の6回で見せた6球での三者凡退を塗り替え、岩隈がメジャーで記録した最少球数による三者凡退劇となっている。

4回は2死まで上々。そこから難儀した。先頭打者が放ったバックネット方向のフライファウルを女房役キンテーロがカメラマン席ぎりぎりで好捕すると、続く打者には外角低めのスライダーで誘いをかけて、空振り三振。悠々と2死まで漕ぎつけたクマだったが、ここから慎重になった。迎える打者は3番、4番、両人合わせて54本の一発を放っている中軸に対し、一発を警戒したのだろう。3番バティスタを3-1から歩かせると、4番エンカーナシオンにもフルカウントからフォアボール。ボール先行3-0から3-2まで立て直したものの、敵もさる者、ラストは低めへの投球を看破されるかたちになった。

2死から今季初の連続四球で相手に与えてしまった得点圏だ。実に不気味な予感がよぎった。しかし、バッターボックスの5番打者を僅か2球で追い込むことに成功すると、ラストは低めスプリッターで料理、アクリーが手ぐすねひいて待ちかまえるセカンド正面ゴロに討ち取っている。

この場面、2球目で2ストライクを取ることができたのが分岐点だったような気がする。

2球目の前、サインがなかなか決まらない。バッターボックスのリンドも打席をはずして自分の間合いに持ちこもうとするなど、18.44mで心理戦が繰り広げられていた。キンテーロが何かを察知する。マウンドへ行って岩隈を励ます。再び仕切り直しで岩隈が投じたのは、女房役が構えるミットそのままに投げ込まれたインコースいっぱいの約146キロ速球。リンドがバットを振りにいくも、詰まったフライファウルになる。計算どおりの展開だった。続く3球目、しっかりインコースを攻め、ラストは対角線で料理、外角低め寄りのスプリッターでゴロを打たせた。バッテリー思惑どおりの青写真をしっかり描き切ることができたのだった。

5回表、2死から8番打者に外いっぱいに投げ切った球を右打ちされたものの、後続をゴロに取り、大事なし。

6回表、実はこのイニングがカギになるのでは?と感じていた。というのも、トロント打線が1番から始まるこの試合3度目のイニングだったからだ。しかし、ここも三者凡退。低めの投球を捉えられ、ライナーアウトが2本あった点は少々懸念されたものの、3人で片づけた。

いまだ両軍点が入らずで迎えた7回表は踏ん張り所となった。先頭は4番エンカーナシオン。ボール先行2-0からファウルで粘られた末、フルカウントから1塁に歩かせてしまう。続く5番打者には進塁打を打たれ1死2塁、6番ラスマスに弾き返された1塁線への当たりにヒヤッとさせられたものの、ファーストのスモークがバックハンドで好処理し、ベースカバーの岩隈に球が渡り1塁アウトに。この間、二走は三進。初めて3塁を踏ませた場面にはなったが、後続をひっかけさせてセカンドへのイージーバウンドゴロに討ち取った。

7回以降、試合が動く

7回裏、ようやく味方打線がクマの好投に報いて1点を先制する。この回の先頭スモークが右翼席へ先制ソロショット。しかし終わってみれば、この回1点止まりだったのが、後々響いてしまったか。

スモークの一振りで1点を奪った後もマリナーズは1死3,1塁のチャンスを迎えていた。

1死後、女房役キンテーロが右前へ弾き返した安打。右前で弾んだ打球が2バウンドしたところを、相手右翼手バティスタが素手で取りにいき、取りきれずに後逸。キンテーロは悠々2塁へ。その後ワイルドピッチで三進し、さらに四球で3,1塁と、相手から貰った絶好のチャンスが到来していた。しかし、いつもは「打」で頼りになるシーガーが打ち損じ、手痛い4-6-3のゲッツーゴロ。チャンスをフイにしてしまう。

1点を先制してもらった直後の8回表、絶対に先頭打者は抑えなければならない場面である。しかし、8番ロウリーに三塁打を打たれてしまう。

センター右を超えていく当たりはワンバウンドでフェンスに到達。マリナーズ守備陣のクッション処理、中継もスムーズとはいかず、悠々三塁を陥落させられてしまった。この後1死は取ったものの、1番レイエスにアウトコース高めに入った所を中前へ同点となるタイムリーを打ち返され、試合は振り出しに。ここで岩隈は降板。出てきたメディーナがその後満塁のピンチを背負い込み、2点適時打をくらったため、岩隈の失点・自責点は2になり、一転、敗戦投手になってしまっている。

この場面、先頭打者に打たれた結果球は失投ではなかった。ストライクゾーンに甘く入った打って下さいと言わんばかりの球ではなかった。それどころか見逃せばボールというアウトコース低めをクサく突いたスライダーだったのだ。手を出してくれば儲けものという見せ球だったのだろう。しかし、これを上手いこと逆方向に運ばれてしまった。これはもう打ったロウリーをただひたすら褒めなければならないのかもしれない。

ただ1点、指摘するなら──終わった後だからこそ後出しジャンケンのように言えることなのだけれども──この日のロウリーは9回の右中間二塁打含めて全4打席、センターから逆方向への当たりを放っていた。岩隈との3打席に渡る対戦はいずれもアウトコース中心の配球だった。2打席目に外いっぱいの球を右前へしっかり弾き返されたように、3打席目の初球アウトコースの球を強振してきたように、外角に目付をしていたのかもしれない。見せ球のシンカーをインコースへ投げ込んでおけば、また違った結末が待っていたかもしれない。

ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

■試合別投手成績
20130806DATA4.jpg

5敗目もQS率は66.7%へ

打線の援護に恵まれず、これで5敗目。しかし7回2失点ということでクオリティスタートはマーク。QS率は65.2%から66.7%へと上昇している。

7/20アストロズ戦の5回から始まった連続イニング無自責点も20.1イニングで終止符を打つこととなった。本拠地セーフコ成績は5勝2敗、防御率2.48としている。

■球種別 投球詳細


7回1/3、打者28人、102球(1回当たり13.91、1人当たり3.64)、被安打4、被本塁打0、奪三振2、与四球3、失点2、自責点2。

《初球28球》
右打者12球=4Seam5、Sinker3、Slider3、Curveball1
左打者16球=4Seam5、Sinker5、Splitter1、Curveball5

《2ストライク以降24球》
右打者16球=4Seam7、Slider5、Splitter4
左打者8球=4Seam3、Sinker1、Splitter1、Curveball3

岩隈のコメント「これも野球だと感じる。しっかり投げられた。うまくボール球を見せながら試合をつくることができた。自分の投球を継続できている。ある程度、自信を持ってできている」

被本塁打防止のため、ボールを見せ、シンカー、カーブの割合を増やして対応

実は7回終了時に球数は93球を数えていた。もし8回続投なら100球を超えてくることは確実で、その意味でも8回アタマから交代なのかな?と思われた。しかし、続投。1点差を守り抜くのに信頼に足る投手が岩隈以外にはいないという判断だったのかもしれない。

先頭打者に三塁打を浴びたものの、9番打者をひっかけセカンドゴロに討ち取り1死3塁、ここでトンプソン監督代行がマウンドへ。報道によると、続投の可否を訊かれた岩隈は続投を即答したという。同点打を浴びたのはその直後のことだっただけに「これも野球だと感じる」というコメントになったという。

岩隈がどのような表情を見せてこのコメントを記者陣に残したかは分からない。しかし、字面だけで判断するなら、個人的な受け取り方ではそこに悲壮感はなく、これも野球と逆に野球を楽しんでいるような感じすら受ける。

コメントを見て、もう1つ気になる個所があった。「うまくボール球を見せながら」のくだりだ。前半戦7割越えのストライク率を連発していた岩隈だったが、後半戦は50%台後半から60%台で推移している。少しストライクの割合が減ったのは、本人弾のとおり、被本塁打対策として故意に球を散らしているからなのだろう。

ゴロ率は47.8%と5割を切ったものの、ゴロアウトは獲得アウト22個中のちょうど半分11個を記録。外野ウォーニングゾーン内へ飛ばされた当たりは1本もなく、外野後方がロウリーの3回右直と8回右中三の2本。0-0が続く中、先に失点をすることが許されない展開でしっかり被本塁打を防ぐ投球ができた点は、評価できると思う。8回は先頭打者がロウリーだった巡り合わせの悪さが・・・と言えそうだ。

前回5/4対戦時と比べると、この日はカーブを多投していたことが確認できる。108球投げた前回は4.9%だったその割合が、今回は11.8%へ上昇。速球も前回は4シームでグイグイ攻めたところを(前回57.4%、今回39.2%)、今回はシンカーの割合を多くして対応した(前回4.6%、今回21.6%)。こういった球種割合の変化に、球威で抑え込むのではなく、バットの芯をはずしたり、緩急でタイミングを狂わせたりと、相手打者に対して嫌らしい投球をしようという意図をみることができそうだ。

特にカーブは2ストライク以降の勝負球としての使用も目立った。今年上梓された新著では追い込んでからのカーブはナシと捕手陣とコミュニケーションを取ったというくだりが出てくる。しかし、今日は12球投げたカーブのうち3球が2ストライク以降だった。そして、4回レイエス捕邪飛、5回ラスマス空三振、8回トーリー二ゴと3つのアウトの獲得に成功している。今シーズンここまで、岩隈はカーブを110球投げているが、2ストライク以降に使用したのは僅か16球。そのうち2ストライク以降にカーブを3球以上用いた試合は4/7ホワイトソックス戦、7/14エンゼルス戦に次ぐ3試合目となった。しかし、これほど上々の戦果を挙げることができたのは、今日が初めてだ。

そのカーブだが、左打者に多くを投じていた。下記に今季ここまでとこの試合での左打者球種割合を円グラブにしてみた。一目瞭然だと思う。

やはり、ここまでの戦果を残すことができたのは、低め低めにカーブが決まったそのコントロールが素晴らしかったからなのだろう。

ともあれ、まさにこれが野球という試合にはなったものの、ホームランを浴びることなく好投してQSを1つ積み重ねることができた点は、喜ばしい。前回は前々回登板時から感じていたという首の張りに悩まされたが、今日はそのようなこともなかったようだ。

次戦登板も本拠地。相手は初顔合わせのブルワーズ戦だ。青木との対戦が楽しみである。

2005年以前の対戦結果は調べることができていないものの、2006年以降だと、8打数6安打1本塁打の対戦結果が残っている。2009年と2010年にいずれも4打数3安打を打たれており、NPBではどうやら青木に軍配が上がっていたようだ。はたしてMLBでの初対決では、どちらに軍配が上がるのだろうか?

■配球図
20130806DATA3.jpg

■試合前時点での2013年vs左打者球種割合


■本試合でのvs左打者球種割合
20130806DATA9.jpg

■8/5ブルージェイズ戦の球詳細
コースNo.は下記図のとおり。球速はマイル表示

20130806DATA5.jpg
20130806DATA6.jpg
20130806DATA7.jpg


◎◎◎関連記事◎◎◎
【書評】 岩隈久志 著『感情をコントロールする技術~未来を切り拓く50の視点』(ワニブックス)
マリナーズ岩隈、フェンウェイパーク初登場。初回無死満塁ピンチをしのぎ、勝利投手の権利を手にする6回途中2失点──2013年7/31●SEA4-5xBOS
ゴロ率は驚異の87.5%。マリナーズ岩隈久志、徹底した打球管理で今季10勝到達──7/26SEA8-2MIN

《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。

《Twitterやっています》
アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!240人突破。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI







関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

No title

うーん、打線の援護に恵まれなかったですね。HQSだったのに、黒星まで付いてしまうとは。でもタフロスは今季はじめてですね。負けない程度には援護があったんですね。ちなみにチープウィンはまだありません。

連続四球は、クマらしくありませんでしたが、打線がディッキーを打ちあぐねていため、ソロHRも許されないと思って慎重になったのでしょうか。援護がないと投球も苦しくなります。

7回で93球だったので、いつもなら交代ってところですよね。ブルペンが崩壊ぎみなので続投させたのでしょうか。交代してれば負けが付くことはなかったのに。

ブルージェイズは、去年13三振を喫したリベンジなのか、気合が入っていました。まるでホームゲームのようにファンが押し寄せて発奮したのでしょうか。キーマンだったローリーもがファンにエネルギーをもらったと語っています(http://www.ctpost.com/sports/article/One-poor-inning-does-in-Iwakuma-4708799.php)。

No title

どうもこんばんわ、ざくろです。
今回も詳細なデータ等お疲れ様です。

まずは予想外だったレーニア山の紹介、何とも恐れいりました(笑)
どんな山なのかと画像を検索してみたところ、富士山よりも大きいというだけあって、
確かに大きな山ですね、と同時に色合いが非常に綺麗というか、確かマリナーズのホーム
セーフコ・フィールドは海の近くに建っているという話を聞いた覚えがあるんですが、
山なので遠くにあっても天気次第では勿論見えるものの、海があって、それで山も見えて、
立地的にも非常に良い環境にあるんだなと改めて驚きました。

さて、一方試合のほうはというと、以前のレンジャーズ戦同様、ランナーを出したのが
岩隈なので仕方ないとは思いつつも、あの時と同じように、何とも歯痒い黒星のつき方、
という事でもやもやした試合になってしまいましたが、ディッキーとの投手戦という点で
見た場合は、非常に良い投げ合いとなりましたよね。
今年のディッキーは単純に成績だけを見ると残念ながら好投手という程の成績では
ないものの、それでも昨年のサイヤング投手なわけで、この試合は正にその名に
相応しいピッチングを見せられたなと思いました。
と同時に、あれだけランナーを送り込んで結局ソロの1点だけかよ…と(笑)

岩隈はというと、意図しての事なのか、或いはこの試合は単純に制球出来なかった、
というだけの事なのかは分かりませんが、久しぶりに逆球が多かったかなと思いました。
高さ的にはそこまで問題がなかったので大怪我はしなかったものの、逆球が多く、
あと個人的には、右打者への外角低めの速球系の制球力が良くなかったかな、と。
この日の球審は少しゾーンが狭かったと思うんですが、そういう事を抜きにしても、
ストライクかどうかは別にして、連続で素晴らしいコースに決まる事もあったものの、
速球系を外角低めギリギリに、というのが中々決めきれていなかったというか。
バティスタ、エンカーナシオン、という手強い打者が二人共右打者なので、
単純に岩隈が警戒したからこそ、見ていてそういう風に映っただけかもしれませんが。

4回2死、連続四球を出してリンドを迎えた場面。
キンテーロとマウンドで会話後に2球続けて速球を投じていましたが、この場面、
Jスポーツの解説には野口さんが来られていたんですが、投手の立場で考えると、
エンカーナシオンに最後は3球連続で速球を投げて、リンドにも初球が速球、
こういうピンチの状況で345番に連続して速球を投げ続けるのは投手からすると非常に
勇気のいる事なので、迷わないですむようにマウンドで会話をしたのではないか、
とコメントされていました。
確かに言われてみて気付いたんですが、結果的にエンカーナシオンの打席から、
リンドへ投げた最後の速球までは6球続けて投げていたわけなので、確かに緩急もなく、
単純な球速という点でもそこまでの速さではなかったわけなので、言われてみれば
非常に勇気のいる投球だったでしょうか。

8回表は何かと悔やまれる展開が多かったですよね。
ロウリーのツーベースかと思われた当たりを、クッション処理も中継プレーももたつき、
その結果三塁に行かれてしまったのは大きかったなと。
勿論、実際この場面がツーベースで止まっていたら必ずしも同点逆転を許さずに
すんだのか、と言えばそれはどうだったか分かりませんが、悔いの残る展開だったなと。
この日は、別に岩隈の球が悪かったわけではないと思いますが、2奪三振という数字が
示すように、仮に狙っても三振を取れそうな印象はあまり無かったので、
少なくとも無死3塁という状況になってしまった以上は少し厳しかったかな、と。
まぁ、後を受けたメディーナが暴投するわ、エンカーナシオンとの対戦の際に、
恐らくは速球のサインが出ていたであろうに変化球を投げてしまいキンテーロが
マウンドへ、結果的に速球を投げるタイミングを逸して四球を出してしまったりと、
何かもぅ嫌な予感しかしなかったのも事実ですが…(苦笑)

あとは、これは本当にどうだったか分かりませんが、8回開始時点で1点差。
そして岩隈の球数は93球、絶対とは言えないものの、仮にウェッジ監督だったら、
やはりこの場面は岩隈を交代させていたのではないかな、という気もしました。
それはそれで抑えれたかどうか分かりませんし、或いは直近の試合を見ても
残念ながらリリーフの失点が目立つケースが多いので、ブルージェイズ打線との
相性を考えて岩隈には8回もマウンドへ、或いは100球までは投げてくれ、
という展開になっていたかもしれませんが。

しかし終わってみれば3-1での敗戦だった事を考えると、3回裏に、二塁に居た
キンテーロがミラーの打った深いセンターフライで、判断ミスなのかタッチアップを
せずに二塁に留まってしまった、というのが結果的にはやはり響きましたよね。
続くシーガーがライト前へのヒットを打ってくれただけに、キンテーロが
タッチアップで三塁に行っていれば1点入って、少なくとも岩隈に負けが付く事は
無かった…とか言い出したら、8回の岩隈同様、この場面でキンテーロが
三塁に行っていれば、それはそれでディッキーもシーガーに対して違う攻め方を
していたと思うので…正にこれが野球という感じでしょうか(笑)

走塁面で今回ミスがあったとはいえ、キンテーロは比較的マウンドへよく
行ってくれているので、コミュニケーションをしっかり取れている、
という点では問題無さそうなのがイイですよね、少し安心出来たというか。

よりによって負けが付いてしまったので何とも重たい気持ちになってしまいましたが、
QSを記録出来ましたし、ホームランを打たれずに、残念ながら逆転されたとはいえ
この投手戦で先に失点しなかったりと、この辺りは非常に評価出来ますよね。
次回はようやく青木とのメジャーでの初対戦が実現するわけなので楽しみです。
個人的な事を言えば、薬物を使用していたとはいえ、それでもブラウンとの
シーズン中の勝負というのは見てみたかったので、この点に関しては少し残念ですが。

ところで前回登板の前から悩まされていたという首の張り。
どうやらこちらの記事によると今回もまだ気にはなっていたようです。
逆球が多かったとはいえ、前回登板と違って制球的にそこまで問題があるわけでは
なかっただけに、てっきり完治というか、もう問題の無い状態になったとばかり
思っていたので少し意外だったというか。
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/mlb/news/CK2013080702000160.html

Re: No title

k0418さん

コメントありがとうございます。

>うーん、打線の援護に恵まれなかったですね。HQSだったのに、黒星まで付いてしまうとは。でもタフロスは今季はじめてですね。負けない程度には援護があったんですね。ちなみにチープウィンはまだありません。

残念なかたちになりましたね。そういえばチープウィンって仰るとおりまだメジャーでないですよね。5/20CLE戦、8/4CHC戦は味方は勝利したけど、クマには白星はつかなかったもんなあ。

>連続四球は、クマらしくありませんでしたが、打線がディッキーを打ちあぐねていため、ソロHRも許されないと思って慎重になったのでしょうか。援護がないと投球も苦しくなります。

そうなのでは?と思っています。岩隈も「うまくカーブを使いながら緩急を使えたし、的を絞らせず(バットの)芯を外すピッチングができた」とコメントしていますしね。やはり、もう少し余裕を持って投げるには、序盤に先制点、欲しい所です。

>7回で93球だったので、いつもなら交代ってところですよね。ブルペンが崩壊ぎみなので続投させたのでしょうか。交代してれば負けが付くことはなかったのに。

正直、私もそう思いました(笑)

ブルージェイズは、去年13三振を喫したリベンジなのか、気合が入っていました。まるでホームゲームのようにファンが押し寄せて発奮したのでしょうか。キーマンだったローリーもがファンにエネルギーをもらったと語っています(http://www.ctpost.com/sports/article/One-poor-inning-does-in-Iwakuma-4708799.php)。

そういえばローリーは昨年7/30の対戦時、岩隈に、見三振、空三振、終了、空三振、見三振と良いところがありませんでした。今年5/4対戦時も四球、中飛、三ゴ、右飛と3タコでしたから、なんとかリベンジしようという思いはあったでしょうね。あの三塁打の結果球、NPBなら普通に見逃すはずのボールですよね。いやはや、参ったスリーベースになりました。

Re: No title

ざくろさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

左首痛の情報ありがとうございました。まだ続いていたんですね。ちょっと心配にはなるものの、首痛でDL入りしたとか1軍登録抹消されたとかいう話をたぶん聞いたことがないので、軽微なのだろうとは思っています。

> 山なので遠くにあっても天気次第では勿論見えるものの、海があって、それで山も見えて、
> 立地的にも非常に良い環境にあるんだなと改めて驚きました。

そうなんですよ。シアトルの海とその遠くに見える雪をかぶったレーニア山の風景が素晴らしいのです。そういった意味では確かに海も山もある仙台と似ていて、岩隈にとっても過ごしやすい良い街なんだろうなと思っています。

> と同時に、あれだけランナーを送り込んで結局ソロの1点だけかよ…と(笑)

これは見ていてのイメージになりますが(実際に左打者の打球が右翼方向が多かったか確認していない)、マリナーズの左打者はひっぱろうとする意識が強すぎて凡打を重ねていたようにみえました。とはいってもスモークがひっぱってソロショットですから、ひっぱることがいけないというわけではないんですが、スピードも遅く不規則に変化するナックルボールですから、手元までひきつけてセンターから逆方向に打ち返したほうが良いのでは?と思った次第です。J-Sportsの解説陣の方々はナックル対策について何か興味深いことを言っていましたでしょうか? (とは言っても解説者もナックル投手と対戦したことがないのでは?と思いますが)

> 岩隈はというと、意図しての事なのか、或いはこの試合は単純に制球出来なかった、
> というだけの事なのかは分かりませんが、久しぶりに逆球が多かったかなと思いました。

確かにキンテーロの構えたミットとは違った所の投球が目立ったかもしれませんよね。ところで、この試合というわけではないんですが、MLBの捕手はNLBの捕手ほどしっかりコース・ゾーンに構えることがない捕手も多く、記録を取る時に困ってしまうこともしばしばです。また、左打者の内角を速球で攻めるとき、捕手はあえて外角寄りに身体を寄せてから、内角に投げ込まれる速球をバックハンドで取りますよね(しかもやっかいなことに本当に外角を要求しているときも同じかたちですから、逆球なのか?狙ったコースへしっかり投げているのか?良く分からない)。NPBでは内角にしっかり要求する捕手がほとんどだと思うのですが、そういった仕草にもいまだ戸惑うことはしばしばで、困ってしまいます。ざくろさんなりの観戦のコツ、もしあったら教えていただければ、幸いです。

> あと個人的には、右打者への外角低めの速球系の制球力が良くなかったかな、と。
> この日の球審は少しゾーンが狭かったと思うんですが、そういう事を抜きにしても、
> ストライクかどうかは別にして、連続で素晴らしいコースに決まる事もあったものの、
> 速球系を外角低めギリギリに、というのが中々決めきれていなかったというか。

なるほど!そうでしたね! ざくろさんの指摘どおりで、確認してみると私の手元ではアウトコース低めに13球速球を投げているのですが、そのうち9球がボールになっています。見逃しストライクを取ることができたのは4回バティスタの初球、92マイルシンカーが外角低めのキンテーロのミットにズバッと外いっぱいに決まったこの1球だけということになっています。確かに右打者には一発のある嫌な面々がいるだけに、意識が過剰になったという点はあるのかもしれませんよね。ただ、それを考慮しても、アウトコース低めの左打者の打席方向に抜けたり、低めに逸れたりするするケースは多かったですよね。

> 4回2死、連続四球を出してリンドを迎えた場面。
> キンテーロとマウンドで会話後に2球続けて速球を投じていましたが、この場面、
> Jスポーツの解説には野口さんが来られていたんですが、投手の立場で考えると、
> エンカーナシオンに最後は3球連続で速球を投げて、リンドにも初球が速球、
> こういうピンチの状況で345番に連続して速球を投げ続けるのは投手からすると非常に
> 勇気のいる事なので、迷わないですむようにマウンドで会話をしたのではないか、
> とコメントされていました。
> 確かに言われてみて気付いたんですが、結果的にエンカーナシオンの打席から、
> リンドへ投げた最後の速球までは6球続けて投げていたわけなので、確かに緩急もなく、
> 単純な球速という点でもそこまでの速さではなかったわけなので、言われてみれば
> 非常に勇気のいる投球だったでしょうか。

なるほど。この点はさすがに野口さんならではの解説ですね。キンテーロがマウンドに行ったのはそういった投手心理を慮ってのことだったんですね。マウンドに何度も足を運ぶと、呼吸が合っていないのでは?という見方をするファンもいるかもしれませんが、キンテーロの場合は本当に良い場面で岩隈に語りかけにいっているということになりますよね。

一方、打者心理としてみれば、前の打者からストレートが何球も続いているような状況なら、そろそろ変化球だろう、次こそ変化球だろうという意識が働くでしょうから、打者も苦しい場面だったと言えるかもしれません。リンドへの2、3球、インコース攻めが素晴らしく、結果球の布石になりましたから、見事なリード、それに応えた岩隈の好投だったかと思います。

> あとは、これは本当にどうだったか分かりませんが、8回開始時点で1点差。
> そして岩隈の球数は93球、絶対とは言えないものの、仮にウェッジ監督だったら、
> やはりこの場面は岩隈を交代させていたのではないかな、という気もしました。
> それはそれで抑えれたかどうか分かりませんし、或いは直近の試合を見ても
> 残念ながらリリーフの失点が目立つケースが多いので、ブルージェイズ打線との
> 相性を考えて岩隈には8回もマウンドへ、或いは100球までは投げてくれ、
> という展開になっていたかもしれませんが。

私もウェッジ監督なら代えていただろうと思ったので、7回の投球が終わったと同時に、記録集計作業に入ったわけですが、予想が見事にハズれました(苦笑)

> よりによって負けが付いてしまったので何とも重たい気持ちになってしまいましたが、
> QSを記録出来ましたし、ホームランを打たれずに、残念ながら逆転されたとはいえ
> この投手戦で先に失点しなかったりと、この辺りは非常に評価出来ますよね。

1番してはならないのは、例えば序盤大量失点など収穫が1つも無い黒星だと思うので、そういった意味では黒星ですが、中身をみれば好内容のピッチングになりましたので、良かったかなと思います。

No title

どうもこんばんわ、ざくろです。

ナックルという球種に対するJスポーツ解説陣のコメントなんですが、
確かにshibakawaさんが書かれているように「引っ張りすぎている」という事を
コメントされていました、打てる打てないは別にして少し力みすぎではないか、と。
あとは、これは恐らくどういった選手にも言える事だと思うんですが、基本的に
ナックルは球速という点ではあまり出ないものの、当然プロの選手は速いボールを
何とか打ち返す為に練習をしているのであって、遅いボールを打つ練習というのは
していないので、単純にスピードという点でナックルは打ちにくい、と。
球自体もスピンがかからず回転していないので「捉えた」と思っても打球が全く
飛ばず外野の前に落ちる程度の打球が増えるので、打つというよりも、
強く、上手く叩くのがポイント、とコメントされていました。
今季初顔合わせとなった際の対戦では、あの時はディッキーの調子の良し悪しや、
風の有無でナックルの変化量が少なかったとか、そういう事もあってだとは思いますが
予想以上にポンポン打つ事が出来ていたので油断していましたが、やはり
ナックルというのは特殊な球種だけあって、そう簡単には打つ事が出来ませんよね。

MLBの捕手の構え方については、以前shibakawaさんもその事に触れられたエントリを
書いておられたと思いますが、本来は内角要求なのに外角に体を寄せてから内角捕球、
というケースもあるので、見ている分には要求通りなのか逆球なのか、
これが確かに映像では全く分からないのが難点ですよね。
岩隈の場合で言えば、例えば調子が良くてほぼ完璧だ、という時でも制球ミスや
逆球を投げてしまうという事は当然あると思うので、個人的には投げたボールが
どういう結果になろうと、速球系であれば、岩隈の得意な外角低めや、
仮にボールゾーンになったとしても内角低めにしっかり投げれていれば、
少なくとも岩隈自身の調子は良いのではないかな、と思っています。
試合を見ている時は「捕手の構え方は逆の事が多くて」とかは全く頭にないので
見ている分にはやはり不安になってしまうんですが(笑)

ところで岩隈の次回登板、今回は休みが一日あったので、次は日本時間で
12日の月曜だと思っていたんですが、移動日を詰めて全員前倒し、
岩隈は明後日の11日、日曜日に登板、という事になったみたいですね。
日曜でも月曜でも同じブルワーズが相手なのでそれは構わないんですが、
本来なら今月は相性の良いエンゼルス戦が予定されていたのに、移動日を
一日詰めた事で、そのエンゼルス戦がアスレチックス戦になるようなので、
なんというか…勿論アスレチックスにやり返してほしいという気持ちも
あるものの、やっぱりエンゼルス相手に投げて成績を良くしたかったな、
という気持ちも…(笑)

Re: No title

ざくろさん、

ナックルについてのJ Sportsの解説者のコメントと、逆球についての所見、観戦時の視点を丁寧に教えて頂き、ありがとうございました。今後の参考になります。

特に逆球については、元阪神のスコアラー三宅博氏が書いた新著『虎のスコアラーが教える「プロ」の野球観戦術』を読んでから、楽天の試合ではシーズン途中から、捕手のミットの構えた所とは違うところに投げ込まれた球を逆球として記録をつけるようにしています。

しかし、岩隈の場合は、MLB捕手のそういった傾向があったため、一目瞭然の記録はつけていません。気になった球だけ捕手のミットの位置をメモするようにはしていますが。

確かに、外角低め、インコース低めを丁寧に突くことができていれば、あまり捕手の構えた位置に固執するのは、本質を見失うリスクがあるなあと思うようになってきています。

ところで、次々々回登板がエンゼルス戦ではなく敵地アスレチックス戦が濃厚になってきたという情報、じぇじぇじぇ!という感想です。正直、当たりたくないなぁ・・・という印象ですよね。エンゼルス戦はさらに本拠地でのゲームですしね。
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
172位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
30位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}