FC2ブログ

【記録】 ホットゾーンを調査せよ!~~楽天イーグルス 島内宏明 2013年 ゾーン・コース打率 (8/4データ)

スポンサーリンク





Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




BLOGTOPMAILMAGAZINE3.jpg
なぜ今メルマガなのか?どういう内容になるのか?(創刊号は田中将大の進化をデータから探ります)クレジット決済以外の購入方法など詳しいご案内はコチラに書きました。まぐまぐでの御登録は下記からどうぞ。
http://www.mag2.com/m/0001609734.html
---------------------------------------------------------------


こんばんは。@eagleshibakawaです。

月曜日は翌週月曜発行のメルマガ原稿作成に充てるため、ブログは基本、お休みモード。軽い感じのエントリーをアップすることもあるかもしれません。

翌週月曜8/12発行予定の第2号は、銀次をクローズアップする予定で記録やデータのチェックなど原稿の下準備に取り掛かっています。

さてと。

今日はここまで確認していなかった島内宏明のゾーン・コース打率をざっくり確認してみましょう。

ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


2年目の今季も本当に良くやっていると思います。ルーキーイヤーから開幕スタメンに抜擢された当時は、指揮官と同じ明大卒であることから、学閥優遇か?と一部で揶揄する声もありましたが、今やそんな的外れなことを言うファンはいないでしょう。ここまで順調に成長していると思います。

所々に「あちゃ~・・・」というミスは散見されるものの、場数の少なさから生じるものと思いたいところ。牧田が戦線離脱した後、鉄平との右翼レギュラー争いを制し、現在は外野の一角をガッチリ掴んだところは、さすがです。

パンチ力がありますし、それなりの率も残せる。俊足です。こういった打者が打線の下位で任されているのは、相手投手からしてみれば、気が抜けませんよね。

さて、確認してみましょう。

■楽天・島内宏明 2013年ゾーン・コース打率 (8/4終了時)
打率.278、194打数54安打、32三振、6本塁打
20130805DATA4.jpg

ストライクゾーンの真中(.481)を中心に真中高め(.429)、外角高め(.300)が主な安打製造源になっています。

これらのホットゾーンでは対戦投手の左右問わず、好戦果を挙げることができているのも特徴的です。(vs右投手.396、vs左投手.462)

上記図の青線で囲ったゾーン、インコースの打率は42打数12安打の.286と悪くない数字。相手投手の内角攻めへの対応も、それなりにできているのでは?と思います。

ただ、こちらは対戦投手の左右で明暗分かれているかたちになっています。(vs右投手33打数11安打の.333、vs左投手9打数1安打の.111)

一方、苦手コースはストライクゾーン外角中段、外角低めを中心としたアウトコースです。上記図の赤線で囲った個所になります。

ここの合計ゾーン打率は65打数10安打の.154と低迷しました。どうやらゴロ打ちが多くなっており、それが率の低迷につながっているようです。

今シーズンの島内の全打球に占めるゴロの割合、ゴロ率は50.3%(犠打除く)。半分がゴロで半分がフライまたはライナーという打球内訳になっていました。

ところが、アウトコースではこの値が62.3%まで上昇していますから、アウトコースでは自らが望むバッティングができていないと言えるでしょう。

ということで、島内のゾーン打率をざっくり確認してみました。

◎◎◎関連記事◎◎◎
〔総括〕犬鷲通信簿2012──島内宏明。80点。パリーグ新人野手で打率、OPSともにトップ!
【記録】楽天イーグルス 島内宏明 2013年 オープン戦 打撃成績(左右投手別含む)、打球方向
【記録】楽天イーグルス 島内宏明 2013年 2軍 打撃成績 (試合日程別、左右投手別、打球方向) ※4/23現在データ

《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。

《Twitterやっています》
アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!240人突破。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI




関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

shibakawaさん、こんばんは。




私も去年まで島内選手の事をネタキャラロマン枠だと思っていました。

代走要員なのに走塁ミスばかりしていた姿が印象的です。




今年はまだまだ粗さはあるものの打撃・守備ともに成長を感じさせてくれる活躍をしていますよね。

彼が9番打者とか、相手投手からしてみたら嫌でしょうね。

鉄平選手、牧田選手、聖澤選手抜きでも普通に勝てる外野陣は頼もしいの一言ですが、まだ下に榎本選手など若手外野手が控えている事を考えると、これからどうなってしまうのだろう…なんて贅沢な事を考えています。

Re: タイトルなし

トラ猫さん

おはようございます。昨夜は残念な敗戦になってしまいました。

> 今年はまだまだ粗さはあるものの打撃・守備ともに成長を感じさせてくれる活躍をしていますよね。
> 彼が9番打者とか、相手投手からしてみたら嫌でしょうね。

そんな中、島内選手が最後にひと泡吹かせるタイムリーを放ってくれましたよね。ああいった場面でしっかり打つことができるところに成長の跡をみる思いがします。今年は同じ少年野球チームに入っていた釜田が故障で活躍できていませんから、釜田の思いもバットに乗せているのかもしれません。

> 鉄平選手、牧田選手、聖澤選手抜きでも普通に勝てる外野陣は頼もしいの一言ですが、まだ下に榎本選手など若手外野手が控えている事を考えると、これからどうなってしまうのだろう…なんて贅沢な事を考えています。

そうですね。榎本もファームで好成績をあげていますから、下からの突き上げもあり、競争は激しいと言えそうです。やっぱり、李大浩のヒットを二塁打にしてしまうあたりは本職の聖澤のほうが守備が上かな?と思いますし、牧田も昨日が立秋でしたからこれから本領発揮してくれるはず。外野のレギュラーは良い意味で混沌としてきましたね。

これは私の個人的な意見なのですが…

shibakawaさん、こんにちは。




昨日は相手が天敵だっただけに勝てればラッキー☆くらいに考えていましたが、一矢報いた事に意味があると私は思います。

釜田投手は未来ある投手なので、万全な状態で戻って来てもらいたいです。

現状だと島内選手は聖澤選手には守備面では劣りますが、毎年恒例となっている聖澤選手の夏バテ・去年の契約更改時の対応などを考えると聖澤選手はオフにトレードの可能性もあるのでは?なんて事も考えています。

だから粗さがありながらも結果を出している島内選手を使いながら育てているのかなと。




過去を振り返ると渡辺直・内村両名が主力クラスであってもトレードされたように聖澤選手にも可能性はあると思っています。

イーグルスは毎年10人以上入れ代わる傾向が強いので、今オフなら他に星野投手・中島選手・山本選手・加藤大投手・橋本投手・ハウザー投手・河田選手・高須選手・永井投手・鉄平選手辺りの去就が気になっています。




ただ永井投手は実績もありますし、どのチームも投手は欲しいはずなので残留の可能性も考えています。

チームが変われば裏ローテくらいならまだ張れると思いますが、鉄平選手は…正直、島内選手に取って代わられた存在なので厳しいかなと。




あと聖澤選手なら費用対効果を考えると守備・走塁面で多少劣っても、伸びしろを考えたら中日の平田選手辺りが気になるところではあります。

右打ちの外野手は左打ちが多いイーグルス外野陣にとって貴重な存在ですし、年齢や年俸を考えてもコーチ次第でまだまだ化ける可能性はあると思っています。

イーグルスには右打者を育てるエキスパートが居るので、余計に可能性を感じています。

Re: これは私の個人的な意見なのですが…


トラ猫さん

コメントありがとうございます。

> 現状だと島内選手は聖澤選手には守備面では劣りますが、毎年恒例となっている聖澤選手の夏バテ・去年の契約更改時の対応などを考えると聖澤選手はオフにトレードの可能性もあるのでは?なんて事も考えています。

そうですね。トラ猫さんが仰るように、渡辺や内村といった主力組を出した過去もあるだけに、聖澤のトレードも可能性として、ないとは言い切れないと私も感じています。

ただ、将来的にはどうなるか全く分からないものの、少なくとも今オフはないと思っています。

現在は夏バテや腰痛でスタメンを外れていますし、ここ毎年夏バテが続いていますから、これは聖澤が今後解決するべき課題の1つでしょう。ただ、年間トータルでみると、レギュラーを取った2010年の135試合を皮切りに、144全試合出場、138試合、そして今季は93試合中89試合に出場しているんですよね。過酷な気象条件にも時としてさらされる屋外球場を本拠地にする球団で、守備負担が大きいとされるセンターラインの一翼をしっかり担っているのですから、これだけの試合数出場しているのですから、十分な貢献だと思っています。

これは良く書いているのですが、夏バテ対策は一方でチームとしてのコンディション管理の失敗とも言えます。例年夏バテを起こすのだから、チームとしてはそういったリスクを考慮して、前半戦の時期から適宜リフレッシュ休養を設けるなど対策を打つべきでしょう。しかし、そういったことをしてこなかったのは、無為無策と言われても仕方のないことかと思います。

打撃でも特に極端な投高打低の2シーズン、選手価値をイーグルスの中で上昇させた数少ない好例となりましたし、ここ3シーズンの貢献、今季ここまでの活躍を考えれば、僅か数試合の休場で、オフに放出ということはまずありえません。

外野手の中で年間通してレギュラーを張った経験を持つのは鉄平と聖澤の2人だけですし、そういった経験や、外野手の中でセンターの守備を高いレベルで任せることができるのは、聖澤と鉄平の2人だけであること。盗塁含めた走塁面では傑出したものを持っているのは、言うまでもありません。

ということで、聖澤がコンディションさえ戻れば、島内や榎本、(岡島)といった後輩外野手と聖澤の差はまだまだあると思っていますし、あって当然だとも思います。ただ、ここ数年と比べて、主力陣と控え組のその差が縮まっているのは確かでしょうし、島内について言えば、聖澤にはない長打力を持ち合わせているところが、とても魅力的だと思っています。

> あと聖澤選手なら費用対効果を考えると守備・走塁面で多少劣っても、伸びしろを考えたら中日の平田選手辺りが気になるところではあります。

右打ちの若手外野手ということになると、島井、育成の神保、内野手登録の定岡、観野と戦力的に薄いので、平田選手のような即戦力は魅力的ですが、ここ数年、しっかり1軍で起用されていますから、まず中日側が出さないだろうと。

shibakawaさん、丁寧なご意見ありがとうございます。

日々、楽しい時間をご提供頂き感謝します。




本音を言うとどうしても去年の契約更改時の事が頭から離れないのです。

イーグルスの査定はかなり理にかなっているものだと聞きますし、毎年毎年ほとんどの選手がすんなりやりとりをこなします。

ただ、そこでの態度が進退に関わるのでは…と一喜一憂してしまうのです。




もちろん、聖澤選手はタイトルホルダーでありイーグルスの守備の要(センターライン)である事は揺るぎませんがイーグルスの合理的な考え方、シビアさなどを考えると可能性はなきにしもあらずなのかなと。





平田選手は来てくれたら嬉しいと言う個人的な意見もありますが、こちらは岩崎選手を獲得できたので、なきにしもあらずと前向きな事を考えています。

中日ブランドは何故か逸材が多いですし。

Re: タイトルなし

トラ猫さん

>本音を言うとどうしても去年の契約更改時の事が頭から離れないのです。
>イーグルスの査定はかなり理にかなっているものだと聞きますし、
>毎年毎年ほとんどの選手がすんなりやりとりをこなします。
>ただ、そこでの態度が進退に関わるのでは…と一喜一憂してしまうのです。

この件に関しては聖澤選手とごく近しい関係者から事情を聞いたことがあります。
一昨年のオフ、契約更改のテーブルで、球団幹部から「来年同じ成績を残せば1億円だ」
というニュアンスの発言があったとのことです。
聖澤の中では同じ成績を残した上に盗塁王を取ったのだから1億円だろうという考えは
あったはず。ところが、球団の提示額は予想とは裏腹に低いものだった...
というわけで越年したのだろうと思っています。
球団側は打率が.288から.270に下がってしまった点を見て、同程度ではないと判断したのでしょうね。

shibakawaさんと多少ニュアンスが違うものの私の知る話もshibakawaさんと相違ないと思っています。

やはりタイトルホルダーにもなり、守備の要として働いた自信から一流の証である大台にこだわった聖澤選手サイドとshibakawaさんが指摘される要素や夏バテなどの要素をクリアできていない球団サイドに開きがあったのでしょうね。




ただ、そういう軋轢がいずれ何らかの変化をもたらさないとも限らないので色々考えてしまうのです。

shibakawaさん、毎回私の話にお付き合い頂きありがとうございます。
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
173位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
28位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}