FC2ブログ

ゴロ率は驚異の87.5%。マリナーズ岩隈久志、徹底した打球管理で今季10勝到達──7/26SEA8-2MIN

スポンサーリンク





Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




BLOGTOPMAILMAGAZINE3.jpg
なぜ今メルマガなのか?どういう内容になるのか?(創刊号は田中将大の進化をデータから探ります)クレジット決済以外の購入方法など詳しいご案内はコチラに書きました。まぐまぐでの御登録は下記からどうぞ。
http://www.mag2.com/m/0001609734.html
---------------------------------------------------------------

20130726DATA7.jpg
HANREI.jpg

お得意様ツインズ戦で今季10勝到達

いやはや、びっくりなのだが、オールスターを挟んでマリナーズは8連勝していた。(楽天戦、パリーグを追い掛けるのに手いっぱいで、ここのところマリナーズの動静を疎かにしていた)

エンゼルスに3タテをくらわしオールスターブレイクに突入したシアトルは、球宴明けの敵地アストロズ3連戦でもスイープ、インディアンズ戦でも勝ち越しを決め、連勝街道は遂に8へ。5月に喫した8連敗をここへきて取りかえす戦いぶりをみせ、遂にはエンゼルスを抜いてアリーグ西地区3位に浮上した。

しかし、ここへきて心配な知らせが舞い込む。指揮を採るウェッジ監督が軽度の脳卒中という診断を受け、チームを離れて自宅療養に入ったというのだ。指揮官の療養が発表された当日、連勝記録もストップ。1-10でインディアンズに大敗を喫していた。

岩隈久志の後半戦2登板目は、その翌日に当たる現地7/25の登板だった。本拠地にツインズを迎えての4ゲームシリーズの初戦である。

立ち上がりの1回は、明暗分けるかたちでスタートした。

1回表、2死後、岩隈は2本の内野安打でピンチを背負った。チームが今抱えている課題点、不安を残す内野守備が露呈するかたちとなった。3番・モアノーの当たりはサード前方へのボテボテ。まわりこんで処理したシーガーが一拍置いてから1塁送球。これがアダになったか間一髪でセーフになる。4番・ドーミットの当たりは強烈ながらもゴロ。セカンド正面へ。しかし、フランクリンがグラブに当てて弾いてしまった(後に記録は内野安打から失策に変更された)。一方、裏のマリナーズの攻撃は相手好守に阻まれた。ミラー、フランクリンの1、2番コンビが1,2塁間にヒット性の当たりを弾き返したものの、相手の堅い守備に遭い、凡退に倒れた。

2回表、岩隈にしては珍しくデッドボールを与える。内角を厳しく攻めた結果だった。その後は2者をゴロで討ち取る。

すると、その裏、マリナーズ打線が猛爆発。オールスター明け、ツインズのチームOPSは.607。これはアリーグ14位に沈む数字である。一方、マリナーズのそれは.700で同6位を記録していた。終わってみれば、この差が如実に出た試合になった。

先頭シーガーが低めを完璧にすくいあげ、右中間フェンス直撃弾。返球をかいくぐり一気に2塁まで進出すると、スモークの当たりは1,2塁間を突破。その後1死3,1塁で女房役ズニーノも続く。左前に弾き返し1点を先制。なおも快音は止まらない。アクリーが右前へ、ミラーがセンターオーバーのタイムリーを放ってさらに2点をあげると、仕上げはフランクリン。右中間席へ打球を叩き入れる3ラン。マリナーズはこの回打者10人の猛攻、7本の長短打を集めて6点を奪うことに成功する。(SEA6-0MIN)



大量の援護点を貰った岩隈の最大ピンチは、直後に訪れていた。3回裏、先頭打者の1番ドージャーに甘い球を左前へ弾き返されると、その後、シーガーのエラーに、横っ飛びシーガーのグラブの先を抜けた左前安打で1死満塁のピンチを招いてしまう。余談だが、バットでは素晴らしい貢献をみせるシーガーは、ここ最近、守備が安定しない。この後6回にもエラーを記録するなど「らしくない」光景が多い。

満塁でバッターボックスに5番打者を迎えた場面。岩隈の投球にスイッチが入る。その2球目、この日の最速94マイル(約151キロ)をマーク。2-2と追い込んだ後、見逃し三振を奪ったアウトコースいっぱいに決まった速球も93マイルを計測した。続く6番打者にも93マイル、94マイルの連投を続けるなど、岩隈の気迫が伝わってくる、岩隈にしては珍しいパワーピッチングを披露。最後はセカンドゴロ。危機を切り抜けた。

4回から5回にかけては4者連続空振り三振劇。4回、自らの暴投で1死2塁の得点圏を抱えると、9番、1番とアウトコースに素晴らしく制球された4シームで空振り三振。2番から始まった5回はスプリッター、4シームでドクターK。この日は速球が走っていた。

5回表、女房役がズニーノからブランコに変わった。ファウルチップが左手に当たったというのだ。4回表のラストバッター、1番ドージャーを外の4シームでファウルチップの空振り三振に取った時に痛めたのだろうか。久しぶりのブランコとのバッテリーとなったものの、前述のように2者連続三振に内野ゴロと三者凡退。ブランコに変わった5回以降、打者8人と対戦したが、許したヒットはゼロ。6回裏には味方打線がさらに2点を追加したことによって、リードは8点に広がり、岩隈は6回102球無失点で仕事を終えている。

マリナーズは9回にペレスが打ちこまれ2点を失ったものの、そのまま大量リードで押し切り、8-2で勝利。岩隈は今季10勝目到達の白星を手にしている。

両軍のスターティングラインアップ

ツインズ=1番・ドージャー(二)、2番・ハーマン(捕)、3番・モアノー(一)、4番・ドーミット(右)、5番・プルーフ(三)、6番・トーマス(左)、7番・コラベロ(指)、8番・ヒックス(中)、9番・フリリモン(遊)、先発・コレイア(右投)

マリナーズ=1番・ミラー(遊)、2番・フランクリン(二)、3番・イバニエス(左)、4番・モラレス(指)、5番・シーガー(三)、6番・スモーク(一)、7番・ソーンダース(右)、8番・ズニーノ(捕)、9番・アクリー(中)、先発・岩隈(右投)


ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

■試合別 投手成績
20130726DATA2.jpg

■球種別 投球詳細


6回、打者27人、102球(1回当たり17.00、1人当たり3.78)、被安打4、被本塁打0、奪三振9、与四死球2(四1、死1)、失点0、自責点0。

《初球27球》
右打者9球=4Seam5、Slider2、Splitter2
左打者18球=4Seam5、Sinker9、Splitter3、Curveball1

《2ストライク以降33球》
右打者10球=4Seam6、Slider2、Splitter2
左打者23球=4Seam14、Sinker1、Slider1、Splitter7

速球上々、ツインズ戦26イニング連続無自責点

6/5ホワイトソックス戦以来、久しぶりの無失点投球となった。クオリティスタートもこれで3戦連続。QS率も68.2%へ上昇している。

終わってみれば、相性の良さがそのまま出た試合になった。ツインズ戦は昨年8/17、8/28に先発して2勝を上げており、今年は5/31に敵地登板。8回途中無失点で勝利を上げていた。これでツインズ戦は4戦4勝。いずれの試合でも自責点をいまだ許しておらず、26イニング連続無自責点としている。

ツインズ側もやられっぱなしという苦手意識はあったのだろう。1回、1番・ドージャーがいきなりのバントヒットを狙うなど揺さぶりをかけてきた。しかし、クマは落ち着いて処理、大事なしにする。先頭打者を出塁させる回が目立ったが、球宴明けチーム打率.218と迫力にかけるツインズ打線、さらにマウアー不在ということもあり、3回表1死満塁のピンチを除けば、ピンチらしいピンチはなかったと言えそうだ。

力んだ速球が逆球となったり、右打者のアウトコースを狙ったスライダーがインコースへ抜けて入るなど、コマンドに苦労する場面が見られたものの、4シーム、シンカーといった速球に久々に高いレベルでの球威があったように感じる。

追い込んでからも変化球勝負にいかず、4シーム、シンカーといった速球で押す場面が多く見受けられた。2ストライク以降の33球中、速球は21球を占めたが、これが効果を発揮。11打数1安打、1四球、1死球、7三振と打者を圧倒した。

岩隈のコメント「(10勝は)すごくうれしい。通過点になりますけれど、一つ一つの積み重ねで10勝まできたのは良かった。今日は相手が真っすぐにタイミングが合っていなかった。要所ではコースに投げられていたので、余分なヒットも出さずに抑えたのかなと思う」

いつも以上に横変化する4シームが相手打線を苦しめた

7/29追記:シュート回転するボールがいつもより多かったのでは?という意見があった。確かに4シームも横変化するものが多かったような印象を受ける。

MLB Gamedayで公開されている投球の横変化を示すというBRKという指標で確認してみると、前回アストロズ戦での4シームの平均値が5.56だったのが、この試合では6.87へ上昇していた。腕を振って投げていたためスピードが出たものの、弊害としてシュート回転、横変化していたのか? あるいは故意に狙って投げていたのか?定かではないものの、確かに数字上でも横変化していたことが裏付けられている。

ゴロ率、驚異の87.5%

ところで、連続イニング無失点記録を続けていた古巣のエース、田中将大は、得点圏に走者を背負うと、相手打者のバットを18.44m先から完璧にコントロールし、内野止まりの凡打を多く打たせ、ヒットの確率が高まる外野打球を飛ばせなかった。

この試合の岩隈も同様で、相手打者に打たせた全16本の打球中、許した外野飛球は1回2番ハーマンに左翼ウォーニングゾーン付近まで飛ばされた左飛、この1本だけだった。フライは他にショートポップフライが1本あって、残り14本は全てゴロ。外野安打になった3本も地を這っており、打球管理に完璧に成功していた。

それにしてもせっかくゴロを打たせたのに、味方守備が3失策だ。自らのワイルドピッチも2個を記録した。普通ならそこから崩れても、なんらおかしくない場面、相性に助けられたという側面はあったにせよ、岩隈はよくしのいだと思う。

■配球図
20130726DATA3.jpg

■7/25ツインズ戦の球詳細
【訂正】3番打者はマウアーとなっていますが間違い、正しくはモアノーでした。
コースNo.は下記図のとおり。球速はマイル表示

20130726DATA4.jpg
20130726DATA5.jpg
20130726DATA6.jpg


◎◎◎関連記事◎◎◎
【書評】 岩隈久志 著『感情をコントロールする技術~未来を切り拓く50の視点』(ワニブックス)
味方打線が1安打で4得点の逆転劇。マリナーズ岩隈久志、アストロズ戦で今季9勝目──7/20SEA4-2HOU
味方打線が1安打で4得点の逆転劇。マリナーズ岩隈久志、アストロズ戦で今季9勝目──7/20SEA4-2HOU

《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。

《Twitterやっています》
アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!240人突破。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI




関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

No title

どうもこんばんわ、ざくろです。
今回も詳細なデータ等お疲れ様です。

エンゼルス同様相性の良いツインズ戦、序盤で大量援護をもらえた事もあり、この試合は
楽な気持ちで見れ…るはずだったのが、何かもうスモーク以外の内野手全員の疲労が
爆発したのかと思うぐらいエラーや記録には残らないミスの連発で、結果的に相性の
良いツインズのおかげで無失点には抑えれたものの、見ていて疲れました…(笑)

ただ、無失点だからこそ言える事としては、最近は残念ながらベンチスタートという
ケースが増えてしまっているものの、今まで何度も失点を防いでくれたライアンを始め、
「それをアウトに出来るのか」という守備で今まで助けてもらっていただけに、
たまにはこの試合のように野手がミスをするも岩隈がランナーを返さずにカバーする、
という試合があるというのもイイでしょうか。
相性の良いツインズ戦だっただけに、恐らくエラーやミスが無ければ確実に7回、
状況によっては8回を投げきるという事も出来たと思うので、防御率を良くする、
という点で考えれば何かと勿体無い試合ではありましたが、あれだけのエラーやミスが
出ても動じる事なく切り抜ける辺りがさすが岩隈というか、当時の楽天で色々と
鍛えられたおかげとでもいうか(笑)

しかしこの試合、初回にいきなり先頭のドージャーがセーフティバントを
仕掛けてきたのは、shibakawaさんも書かれていますが、ツインズ自体が岩隈に対して
相性が悪いからこその作戦だったと思うんですが、これは「やるな」という
感じでしたよね、結果的には失敗に終わったものの作戦としては非常に良かったなーと。
仮に成功していれば、やはり岩隈ズニーノ共にこの試合は以降も何かと警戒したり、
注意を払いつつの投球になったと思うので、このセーフティバントをしっかりと
アウトにする事が出来た、というのは意外と試合展開として大きかった気がします。

この試合で凄いと思ったのは、やはり3回表の1死満塁の場面でしょうか。
この日の岩隈は、左打者の足元付近への完全な制球ミスのボールを投げて暴投を
二つも記録してしまったり、多少制球面で苦労していたなという印象はあったんですが、
連続して4失点以上していた時のように失投を連発したり、という事は無かったものの、
前述のように微妙に制球で苦労していた場面があったのに、この1死満塁の場面では、
岩隈にしては珍しく力で押さえ込む150キロの連発、という投球でしたけど、
この場面、力を入れた投球だったにも関わらず制球ミスがなかった、
というのが凄かったなと思いました。
6点の余裕がありましたし、何より相性の良いツインズ、仮に失点するとしても
1点ぐらいですむだろう、と思って見ていたんですが、まさか抑えるとは…。

この試合最大の特徴はやはり速球だったでしょうか。
映像で見る限りだと、どう見ても球速表示以上にキれと伸びがあったと思うんですが、
岩隈のコメントによると相手打線はストレートにタイミングが合っていなかった、
との事ですが、これだけ速球が走りまくっていたら、そりゃ合わないよなと(笑)
岩隈と言えばゴロを打たせるのがスタイルではあるものの、この日は残念ながら
内野のミスが多かったとはいえ、そういうのは抜きに、やはりこの試合のように、
速球で空振りを奪いまくるピッチング、というのは見ていて爽快感がありますよね。
三振を取るとなると最低でも3球、更に岩隈の場合は配球を工夫した結果の三振、
というケースが多いので、そうなると4球5球と、多少球数が増えてしまうのが
難点ですが、たまにはこんな風に三振を奪いまくるピッチングもイイなと思いました。

何にせよこの試合、味方のエラーやミスこそあったものの、やはり相性の良い
ツインズという事もあり比較的楽な気持ちで見る事が出来ましたよね。
特に序盤に大量援護があっただけに、久しぶりにゆっくり見れたというか。
今回はJスポーツのほうの紹介でも特にコレといったものは無かったんですが、
試合中にズニーノの岩隈に対するコメントが紹介されていました。
岩隈の場合コントロールが良いのである意味当然かもしれませんが、
ズニーノは「クマはリードしていて楽しい」とコメントしていたそうです。
ここ3試合程はようやく相性も良くなってきた感じがしますし、ズニーノ自身の
キャッチングも見違える程レベルアップしているので、ズニーノからこういった
コメントが聞けるようになったというのも嬉しい限りですよね。
…と思った矢先、なんとこの試合で痛めた箇所がどうやら骨折していたらしく、
現時点での見立てだと約6週間は戦線離脱を余儀なくされるそうで…(苦笑)
やっと相性も良くなってきたというのに…。
代わりというと言葉が悪いですが、フィリーズを解雇?されたばかりの
キンテーロというベテラン捕手を獲得したそうなので、このキンテーロなのか、
或いはブランコなのか、次にどちらと組むかは分かりませんが、
もしキンテーロと組む場合は…まぁズニーノと違ってキャリアのある捕手の
ようなので、その辺りの心配はあまりしなくてもいいでしょうか。
ただ、せっかくズニーノとも良くなってきていただけに悔やまれる骨折です。

あ、あと前回のコメントで頂いていたコメントの件なんですが、
さすがにノートPCで書いています(笑)
仕事の休憩中にスマートフォンでコメントを書いて、それをノートに送信して
続きをノートで、という事が多いですけども、さすがにノートです(笑)

Re: No title

ざくろさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

> エラーや記録には残らないミスの連発で、結果的に相性の良いツインズのおかげで無失点には抑えれたものの、見ていて疲れました…(笑)

気持ちがジェットコースターのような乱高下を繰り返したタフな試合になっちゃいましたね。

> たまにはこの試合のように野手がミスをするも岩隈がランナーを返さずにカバーする、
> という試合があるというのもイイでしょうか。

中日スポーツによると、“それでも、背番号18は顔色ひとつ変えず「こういう試合もある。いつも野手に助けてもらっている」とサラリ“とのこと。感情をコントロールする技術をいかんなく発揮した、そんな典型的な試合になりましたね(笑)

正直、あれだけエラーされてよく無失点でしのいだなと思います。ただ、打つほうではガッツリ援護点を稼いでくれたので、あれはあれで「実戦形式の良い守備練習」になったのでは?とも、終わってみれば、思うこともできます(笑)

> この試合で凄いと思ったのは、やはり3回表の1死満塁の場面でしょうか。
> 連続して4失点以上していた時のように失投を連発したり、という事は無かったものの、
> 前述のように微妙に制球で苦労していた場面があったのに、この1死満塁の場面では、
> 岩隈にしては珍しく力で押さえ込む150キロの連発、という投球でしたけど、
> この場面、力を入れた投球だったにも関わらず制球ミスがなかった、
> というのが凄かったなと思いました。

この回、岩隈にしては珍しく、先頭のドージャーの時からボール先行でしたから、手に汗握るシーンになったのですが、1死満塁、プルーフを見逃し三振に切って取った93マイルの4シームとか、本当に素晴らしい制球でしたよね。プルーフが球審に不服そうに何やら言っていましたから、恐らくベース盤をぎりぎりかするような球だったのでは?と思います。

それに、無死1塁でハーマンの空振り三振こそスプリッターを使いましたが、スコアリングポジションに進出された後は、ほとんど速球という強気の組み立ては、珍しいものをみた思いです。やっぱり、相性というのもあるんでしょうが、2年目も半ばを過ぎたことで、岩隈にこのような投球をさせる余裕も生まれたのかな? そういう段階に来たのかな?とも思いました。

> この試合最大の特徴はやはり速球だったでしょうか。
> 映像で見る限りだと、どう見ても球速表示以上にキれと伸びがあったと思うんですが、
> 岩隈のコメントによると相手打線はストレートにタイミングが合っていなかった、
> との事ですが、これだけ速球が走りまくっていたら、そりゃ合わないよなと(笑)

某所で指摘を頂いたのですが、この試合の4シームはツーシームのような横変化、シュート回転するケースが多かったようです。Gamedayで公開されている、横変化を示すというBRKでも前回アストロズ戦より高い値が出ていました。そのため、ツインズはいつも以上にタイミングが合わなかったのかな?とも思います。

> 試合中にズニーノの岩隈に対するコメントが紹介されていました。
> 岩隈の場合コントロールが良いのである意味当然かもしれませんが、
> ズニーノは「クマはリードしていて楽しい」とコメントしていたそうです。

おお!そうですか(笑)捕手にとっても、私にとっても配球等を考える上でも「生きた教科書」といえそうです(笑)

> ここ3試合程はようやく相性も良くなってきた感じがしますし、ズニーノ自身の
> キャッチングも見違える程レベルアップしているので、ズニーノからこういった
> コメントが聞けるようになったというのも嬉しい限りですよね。
> …と思った矢先、なんとこの試合で痛めた箇所がどうやら骨折していたらしく、
> 現時点での見立てだと約6週間は戦線離脱を余儀なくされるそうで…(苦笑)
> やっと相性も良くなってきたというのに…。
> 代わりというと言葉が悪いですが、フィリーズを解雇?されたばかりの
> キンテーロというベテラン捕手を獲得したそうなので、このキンテーロなのか、
> 或いはブランコなのか、次にどちらと組むかは分かりませんが、
> もしキンテーロと組む場合は…まぁズニーノと違ってキャリアのある捕手の
> ようなので、その辺りの心配はあまりしなくてもいいでしょうか。
> ただ、せっかくズニーノとも良くなってきていただけに悔やまれる骨折です。

まさにガクガクッっという負傷劇ですよね。それにしても、また捕手を獲得したんですか。今年でいったい何人目なのやら・・・ マリナーズの捕手難は相当深刻を極めていますね。岩隈にしても、またしても試練になりそうですが、上手くコミュニケーションを取って、乗り切ってもらいたいです。色んな捕手と組むことは、その後の投手人生を考えれば、プラスですしね。


非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
32位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}