FC2ブログ

【記録】 楽天新人選手の2軍前半戦成績を振り返る~~森雄大、大塚尚仁、下妻貴寛、島井寛仁、柿澤貴裕

スポンサーリンク





Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




BLOGTOPMAILMAGAZINE3.jpg
なぜ今メルマガなのか?どういう内容になるのか?(創刊号は田中将大の進化をデータから探ります)クレジット決済以外の購入方法など詳しいご案内はコチラに書きました。まぐまぐでの御登録は下記からどうぞ。
http://www.mag2.com/m/0001609734.html
---------------------------------------------------------------


いよいよペナントレースも後半戦が始まる。1軍ではいよいよ明日からソフトバンクと、2軍では一足先に今日から利府で行われる巨人戦でスタートしていく。

その前に、昨年秋のドラフトで入団した新人選手の前半戦の2軍成績をここでまとめておきたい。

既に1軍で活躍している則本昴大と宮川将については、何度も1軍の試合評の中で触れてきているので、ここでは割愛とする。

森雄大、大塚尚仁、下妻貴寛、島井寛仁、柿澤貴裕の5名について、ここで、ざっくり確認してみよう。

時間が本当にないので、ポイントだけ記述していく。

ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

■楽天 森雄大 2013年 2軍 前半戦 試合別 投手成績
※4/23ロッテ戦のみ救援登板(二番手)。他は先発。


ここまで9試合に登板、うち8試合で先発し3勝4敗、防御率は5.71とかんばしくない。

一目見て気づくのは四球の多さだ。9イニング当たりの四球数を診る与四球率では5.49と多すぎである。WHIPも1.63でデッドラインを超えている。まとまった失点を重ねてしまう試合が多く、クオリティスタートを記録したゲームは1度もない。四球が多いので球数も増えてしまい、さらに100球以上投げたゲームが2試合しかないことから、スタミナがまだないという推測もできる。

■楽天 森雄大 2013年 2軍 前半戦 左右打者別 投手成績
20130723DATA2.jpg

対戦打者の左右別では左と右で明暗分かれる結果となった。左打者に対しては被OPS.519、被打率.212と抑え込みに成功しているものの、右打者には被OPS.930、被打率.292と打たれてしまっている。特に長打を浴びるケースが多く、四球も22個と多い。右打者への投球は、コントロールが甘くなったり、ばらついたりすることが多く、ストライクとボールの差がはっきりしているのかな?という印象だ。

森はここまで主に先発で起用されている。ということは、これから先も球団は先発投手として考えているはずで、そういった中で右打者を苦手としてしまうのは、致命的になってくる。なぜか?というと、現在はセもパも予告先発である。相手が左だと分かれば、敵軍は打線に右打者を多く配置してくるので、左の先発投手は右打者との対戦が自然と多くなるからだ。

7/18に秋田で行われたフレッシュオールスターに選ばれていた森は腰痛のため登板を回避したという。その腰痛の状態も心配になってくるものの、それ以前に、課題が山積だ。少なくともルーキーイヤーの今季、1軍に呼ばれることはないと思う。

◎【記録】楽天イーグルス 森雄大 2013年 2軍投手成績詳細 (シーズン終了時データ)


■楽天 大塚尚仁 2013年 2軍 前半戦 試合別 投手成績
20130723DATA3.jpg

大塚はここまで20試合、全て救援登板で起用され、1勝2敗、防御率4.30の数字を残している。

大塚と言えば、オールスターブレイク中にKスタで実施された紅白戦に登板、2回無安打1四球無失点の好投で首脳陣にアピールしたと伝えられている。報道によると、スライダーやスクリュー、7月から投げ始めたチェンジアップも織り交ぜての好投だったという。

この報道だけみると、左腕不足に悩む楽天だから、後半戦1軍でその勇姿を見ることができるのでは?という期待感が高まってくる。

私も早くその勇姿を1軍で堪能したい1人なのだが、データを眺めてみると、ちょっと待て、もう少し2軍で様子見すべきなのでは?と思えてくる。というのは、下記の左右打者別の投手成績がネックになるからだ。

■楽天 大塚尚仁 2013年 2軍 前半戦 左右打者別 投手成績
20130723DATA4.jpg

前述したとおり、大塚はここまで全試合救援投手として投げている。ということは、もし1軍に呼ばれた場合、相手打者が左打のときや、左が続く場面でマウンドに送り出されるケースが多いということを意味する。

それを踏まえた上で上の成績表を確認してみると、左打者への成績が悪いのが気がかりになってしまう。被OPSでも被打率でも右打者より左打者のときのほうが数字が悪い。四球も左打者に多く、森vs右打者のときと同様のことが言えるのではないか。つまり、左打者へのコントロールがばらついてしまい、甘く入る球や完全なボール球も多く、相手打者からすれば、狙い球を絞ることが容易い状況になっていると言えるのだ。

確かに手応えをつかみつつあるのかもしれない。しかし大塚は7月に入って左打者との対戦は僅か2打席だけなのだ。もうしばらくファームで左打者との対決に「継続した結果」を残すところを見届けたいところなのだ。

今の数字ではとても1軍に呼ぶことはできないのでは?と感じる。

■楽天 下妻貴寛 2013年 2軍 前半戦 試合別 打撃成績
20130723DATA7.jpg

ここまで74試合を消化した2軍だが、下妻のスタメンマスクは7試合。6/1故郷の山形・鶴岡で行われた西武戦で同じルーキーの森と組んで出場したのが初のスタメン出場となった。翌6/2荘銀日新スタジアムでの西武戦、ロッテ時代の2008年に最優秀中継ぎ投手にも選ばれた川崎雄介から左安を記録、これがファーム初安打となった。

トータルでは35打数4安打1打点の打率.114。フィールドに飛んだ打球のうち約3分の2が内野止まりになっており、力強さに欠ける。やっぱり、捕手ならではの苦労が山積しているのだろう、バッティングどころではないのかもしれない。

ファームで組んだことのある投手は、上園、大塚、戸村、井上、宮川、高堀、加藤貴、森、福山、武藤、斎藤、長谷川、橋本、辛島、土屋、ハウザー、菊池、金刃、レイ、美馬など、多くの投手陣の球を受けてきた。

少なくとも今年はじっくりファームで育成だろう。

■楽天 島井寛仁 2013年 2軍 前半戦 試合別 打撃成績
20130723DATA5.jpg

久米島から沖縄本島へ移動してからも1軍帯同がしばらく続いた島井。足のスペシャリストとしての期待が強い俊足選手だが、只今猛勉強中、といった表現が相応しいか。現在2軍では12盗塁6盗塁刺、盗塁成功率66.7%を記録している。

ここまで40試合に出場してきた。そのうちスタメン出場は4試合だけ。代打からの出場が1試合、守備からの出場が5試合、代走からの出場が30試合と、球団が引き続き島井を足の専門家として重点育成している点が確認できる。

成功させた12盗塁はいずれも代走で出て決めた盗塁、3/21巨人戦では2盗塁を決めているので、恐らく、二盗、三盗を立て続けに成功させたのだろう。代走で走って盗塁を成功させた島井は、そのうち8回でホームを踏んでいる。

打撃成績は14打数2安打の打率.143。足の専門家としての育成は順調のようにみえるけれども、打者としてバッターボックスになかなか立たせてもらっていない。1軍で代走要員として活躍するにせよ、最低限の打力は必要になってくるわけで、2軍で18打席しか経験していないため、今季中の1軍昇格は難しいのかな?というイメージになってくる。

■楽天 柿澤貴裕 2013年 2軍 前半戦 試合別 打撃成績
20130723DATA6.jpg

ここまで16試合に出場(うちスタメンは7試合)、35打席バッターボックスに立ち、27打数4安打の打率.148とかんばしくない。

ファーム初安打は3/22戸田でのヤクルト戦、スワローズ右のエース、館山から中前へ放っている。ファーム初本塁打は5/25ロッテ浦和球場でのマリーンズ戦、藤谷周平から右翼へソロショットを放った。ただ、そのプロ第1号を最後に、16打席ノーヒットが続いている。

高卒ルーキーで、しかも投手から外野手転向ということで、少なくとも1、2年はじっくりファームで育成だろう。投手ということなので肩には期待できそうなので、数年後には強肩を活かした右翼手として楽天の1軍戦力になってもらいたい。


◎◎◎関連記事◎◎◎
高卒新人左腕、ドラ1森雄大とドラ3大塚尚仁。2軍公式戦で明暗分かれる結果に
【記録】楽天 長谷部康平 2013年 2軍 投手成績 (試合別、左右打者別 対戦35打席の詳細)
優勝戦線への再合流が待望される牧田明久と鉄平。2軍での現在地を確認。(試合別、左右投手別の打撃成績、打球方向など)

《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。

《Twitterやっています》
アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!240人突破。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI






関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

大塚について

たしか阪神の藤浪だと思いますが、大塚について「あれほど右打者の膝を突ける投手は初めて見たってたのを覚えてます。
将来は有銘や佐藤宏より塩見みたいになるのかなと考えてます。
持っている球も右には食い込むスライダーと逃げるシンカーも、左には入ってくるシンカーと入らないスライダーにしか見えないのかなぁと

Re: 大塚について

愛敬Pさん

> たしか阪神の藤浪だと思いますが、大塚について「あれほど右打者の膝を突ける投手は初めて見たってたのを覚えてます。

へええ!藤浪が大塚に一目置いていたとは、今回のコメントで初めて知ることができました。

> 将来は有銘や佐藤宏より塩見みたいになるのかなと考えてます。
> 持っている球も右には食い込むスライダーと逃げるシンカーも、左には入ってくるシンカーと入らないスライダーにしか見えないのかなぁと

右打者のインコースを厳しく攻めることができるのは、強いアピールポイントになりますよね。なるほど、左右打者別の成績が明暗分かれたのは、そのような持ち球の問題もあるのかもしれませんね。
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
21位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}