FC2ブログ

【試合評】 2013年7月16日(火) 楽天イーグルス4-1オリックス 田中将大、明暗分かれた夢の結末。連続イニング無失点の打席結果詳細

スポンサーリンク





Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




blogtopmailmagazine2.jpg
なぜ今メルマガなのか?どういう内容になるのか?クレジット決済以外の購入方法など詳しいご案内はコチラに書きました。まぐまぐでの御登録は下記からどうぞ。
http://www.mag2.com/m/0001609734.html
---------------------------------------------------------------





両軍のスターティングラインアップ

楽天=1番・聖澤(中)、2番・藤田(二)、3番・銀次(一)、4番・ジョーンズ(指)、5番・マギー(三)、
6番・枡田(左)、7番・松井(遊)、8番・嶋(捕)、9番・島内(右)、先発・田中(右投)

オリックス=1番・坂口(左)、2番・安達(二)、3番・糸井(右)、4番・李大浩(一)、5番・バルディリス(三)、6番・T-岡田(指)、7番・山本(遊)、8番・伊藤(捕)、9番・駿太(中)、先発・ディクソン(右投)


松井が7試合ぶりにスタメン復帰。

田中将大、明暗分かれた夢の結末

今夜、田中将大は夢を乗せて京セラドームのマウンドに立っていた。

1つめの夢は、6/9巨人戦から続いている連続イニング無失点記録。前の登板で40としたその数字をどこまで伸ばせるのか?

2つめの夢は、開幕以来負けなしの快進撃が続く連勝記録。現在12まで伸ばした白星は、どこまで積み重ねることができるのか?

序盤1、2回、立て続けにスコアリングポジションに走者を背負ったものの、これまでと同じく泰然自若の佇まいで要所を締めた。

1回は1番・坂口に上手くバット合わせられ中前安打。送って1死2塁でクリーンアップを迎えたが、3番・糸井、4番・李大浩を連続アウトに討ち取った。糸井にはインコース147キロ速球で詰まらせてのセカンド小飛球。糸井も内角球を狙っていたのだろうが、田中の球威に完全に軍配が上がるシーンとなった。李大浩には変化球で追い込むと、ラストはアウトコース低めの縦スライダーで空振り三振に取る。

2回は1死後、精彩を欠くT-岡田に低めスプリッターを体勢崩されながら中前へ運ばれてしまう。進塁打で2死2塁、バッターボックスは伊藤。今季打撃の調子が良いオリ版・嶋基宏に、スプリッターを3球続けて振らせ、空振り三振。

しかし、3回だった。遂に夢の終わりがやってきた。先頭・駿太の当たりは低めスプリッターを打たせた1塁線へのゴロ。運悪くも、この打球が1塁ベースに直撃。イレギュラーバウンドして右翼へと抜けていき、駿太は悠々の2塁へ。

その後、送って1死3塁、2番・安達の初球打ちが、連続イニング無失点記録にピリオドを打つタイムリーとなった。

インコースを狙った投球だった。嶋が構えたミットの位置より高め、インハイに入った151キロのツーシームを振り抜かれてしまった。打球は詰まったものの、前進守備を敷いていたセカンド・藤田の頭上を悠々越えていき、中前へと着弾。オリックスに先制を許してしまう。(楽0-1オ)

記録というものは、えてしてこんなアンラッキーなできごとを皮切りに終わってしまうものなのだと改めて確認するシーンとなった。というのはダルビッシュも藤川も自らのワイルドピッチで自らの記録に幕を引いていた。田中の場合は暴投ではないけれども、綺麗に痛打されてピンチを招いたり、点を失ったという訳ではない点が共通していると言える。

オリックス先発ディクソンの球を動かしてくるスタイルに微妙にバットの芯をはずされ4回まで無得点だった打線は、5回2点を取って逆転に成功、翌6回にも1点を追加し、リードを2点に広げていた。(楽3-1オ)

1死後、前夜決勝弾の枡田が中前へ快音を響かせると、松井の放ったバウンドゴロがセカンド内野安打に。嶋は3-1から1塁に歩き、1死満塁のチャンスでバッターボックスに島内を迎えていた。

島内は前の打席で安打出塁すると、1死1塁、聖澤の打席時にディクソンの牽制球に刺され、憤死を遂げていた。走塁ミスをバットで取りかえしたいという思いは当然あったはず。追い込まれてから4度ファウルで粘るなどディクソンに9球投げさせ、ラストは1,2塁間を破る右前安打。このタイムリーで走者2人が帰って、楽天は逆転に成功する。

翌6回は4本の安打を集めて、戦列復帰した松井の適時打で1点を追加した。

勝ち越してもらった田中は、その直後の5回裏、翌6回裏、2イニング三者凡退の圧倒劇をみせている。6回は3番・糸井から始まる中軸との対決だったものの、セカンドゴロ、空振り三振、空振り三振で凡退させると、7回は正面のライナーを好捕する自らの好守備でゲッツーでピンチの摘み取った。

8回、回またぎの比嘉を2安打1四球で攻めると、1死満塁から島内。この日3打点目のレフト犠牲フライで、ダメ押しの1得点がイーグルスに追加された。(楽4-1オ)

田中は9回のマウンドにも登板、クリーンアップを退けると、105球の完投勝利。1つめの夢はダルビッシュや藤川に届くことなく破れたものの、2つめの夢物語はまだ続行中。開幕以来の連勝を遂に13へと伸ばしている。

これでチーム成績は81試合47勝34敗の1位。貯金は球団最多タイの13に並んだ。ゲーム差は2位・ロッテと3.0、3位・西武と4.0、4位・日本ハムと6.5、5位・ソフトバンクと7.0、6位・オリックスと8.5としている。

◎直近10試合=7勝3敗
◎リーグ戦=57試合32勝25敗
◎交流戦明け=22試合14勝8敗
◎7月成績=13試合9勝4敗

◎オリックス戦=12試合10勝2敗
◎ビジターゲーム=41試合24勝17敗
◎ナイトゲーム=51試合30勝21敗
◎相手外国人先発試合=11試合6勝5敗

ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

20130716DATA4.jpg
HANREI.jpg

■田中将大 42回1/3連続無失点記録の詳細
20130716DATA5.jpg

ダルビッシュが2011年に記録した46回2/3、藤川球児が2006年に作った47回2/3越えはならなかったものの、42回1/3(野球規則では42回となるらしい)の夢物語は、本当に素晴らしい季節となった。この間の記録内容については何度か触れてきたが、ここで改めて振り返ってみよう。

上記に表を用意した。やはり、特筆すべきは無死満塁をゼロで切り抜けた6/16Kスタでの阪神戦2回の場面だろう。また、先頭打者にツーベースを打たれて無死2塁のピンチが2度あったが、そこをも切り抜けたのは本当に凄いとしか言いようがない。

三者凡退イニングは46回2/3のうち実に19イニングを数えている。この間、得点圏でバッターボックスに打者を迎えたのは38打席。三振、四死球、犠打を除いて、相手打者に打たせた打球は27本。うち、外野に飛んだ打球は凡打2本安打2本の僅か4本だけだった。

一般にヒットの多くが外野打球から生まれていることを考えれば、ピンチの場面でこそ、田中は相手打者のバットをコントロールし、外野ではなく内野止まりの打球を打たせていたと言える。そう、打者がバットをコントロールしていたのではなく、18.44m先の田中がバットを操っていたと言えるのだ。

■16連勝以上の投手
20130717DATA7.jpg

もう1つの夢、開幕連勝記録はこれからも続いていく。開幕からの連勝ということでいえば15連勝の間柴と斉藤がトップになってくるものの、シーズンをまたいだ連勝記録で言えば、どうなっているのか?というと、上記表になった。

20連勝が最多記録となる。51~52年の松田と並んで1957年に稲尾が記録している。神の子・田中将大は、神様・稲尾様にどれだけ近づくことができるのだろう?

合わせて開幕13連勝の歩みを下記表にまとめてみた。

■開幕12連勝以上の投手


■田中将大 開幕13連勝の記録
20130716DATA6.jpg

■楽天 田中将大 球種別 投球詳細
20130716DATA2.jpg

9回、打者32人、105球(1回当たり11.67、1人当たり3.28)、被安打5、被本塁打0、奪三振8、与四球1、失点1、自責点1。

《初球32球》
右打者18=ストレート7、ツーシーム4、スライダー3、スプリット3、カーブ1
左打者14=ストレート6、ツーシーム1、スライダー6、チェンジアップ1

《2ストライク以降30球》
右打者18球=ストレート6、スライダー2、スプリット9、カーブ1
左打者12球=ストレート7、スライダー2、スプリット3

例えば昨年の夏、勝ちに恵まれなかった時の田中や、WBCで打ちこまれた時の田中の姿は、もう完全にどこにもない。あのときはカウントを取る球が大変甘かったが、今日はえぐいほど両サイドのストライクゾーンいっぱいに球が決まっていた。コントロールが抜群だった。

例えば7回T-岡田との対戦だ。外、内、外と3球連続でいっぱいのコースを攻めて、ラストは見逃し三振。生気を失っているかつてのタイトルホルダーに微塵も隙を与えない投げっぷりだった。

最終9回裏のラストバッター、バルディリスにはこの日の最速152キロを始め150キロを連発。WBCの影響で開幕直後はスタミナが懸念されたものの、今夜はまだまだ余力は十分だと誇示するかのような、圧投劇となった。

■オリックス ディクソン 球種別 投球詳細
20130716DATA3.jpg

5回2/3、打者25人、101球(1回当たり17.83、1人当たり4.04)、被安打9、被本塁打0、奪三振2、与四球1、失点3、自責点3。

AJキラーになりつつある比嘉

2点リードの7回2死、二番手・森本が銀次にフォアボールを与えて、2死1塁で打席にAJを迎えた場面。オリックス・森脇監督は投手交代。球審に比嘉の名を告げていた。

AJは独特の腕の振りでサイドハンドから繰り出される右腕の球に、全くタイミングが合わない。7/6以来のマルチ安打を既に放っていたものの、初球アウトコースの速球でストライクを取られると、2球、3球目とアウトコース低めのカーブ、スライダーにその巨体を泳がせてしまい、空振り三振に倒れてしまった。

これでジョーンズと比嘉の対戦成績は、下記のとおり、6打数ノーヒット4三振である。比嘉はAJに合計21球を投げているが、そのうち8球で空振りを奪っている。今日のように全くタイミングが合わないのだ。オリックスは楽天のお得意様ではあるものの、後半戦にまだ試合を残している。残りのカード、比嘉がAJキラーとして楽天を苦しめるかもしれない。

4/23=空三振 (1-2から)
4/25=空三振 (2-2から)
5/6=空三振 (1-2から)
6/28=二ゴ (0-2から)
9/29=三ゴ (0-1から)
7/16=空三振 (0-2から)

◎◎◎関連記事◎◎◎
《田中の前回登板試合》
【試合評】 2013年7月10日(火) ○楽天イーグルス5-0日本ハム 田中将大の完封シャットアウトで、2位との差2.5へ
《直近2試合の試合評》
試合評】 2013年7月14日(日) ●楽天イーグルス2-5西武。岸が投じる高め速球で、フライばかり打たされていたイヌワシ打線
【試合評】 2013年7月15日(月・祝) ○楽天イーグルス1-0オリックス 勝利を知る指揮官の妙手が生んだ、枡田慎太郎決勝ソロ。長谷部康平、強気の内角攻め

《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。

《Twitterやっています》
アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!240人突破。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI




関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

No title

稲生和久 ×

稲尾和久 ○

が正しいです。


田中がどこまで続けられるか。
肩、肘、膝、腰など関節の故障だけが怖いですね。

あとは残りの先発陣が田中の投球を学んで、試合を作ることができる投手になればチームとしては最高なんですが…。(特に戸村などは。)

Re: No title

ゴールドクラブさん

> 稲生和久 ×
>
> 稲尾和久 ○
>
> が正しいです。

書いているときもなんだかしっくりこなかったんですよね。間違っていましたね。

> 田中がどこまで続けられるか。
> 肩、肘、膝、腰など関節の故障だけが怖いですね。

故障がなければ、20勝の大台も十分に射程範囲内かと思われます。岩隈が記録した21勝を塗り替えてほしい!
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
25位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}