FC2ブログ

【試合評】 2013年7月15日(月・祝) ○楽天イーグルス1-0オリックス 勝利を知る指揮官の妙手が生んだ、枡田慎太郎決勝ソロ。長谷部康平、強気の内角攻め

スポンサーリンク





Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります








9勝2敗。お得意様まわりは大切です

この試合の勝利で、前半戦の首位折り返しが決定している。昨年は初の勝率5割での折り返し、今年は首位だ。星野監督就任以降、1年目こそ3.11等もあり悩んだものの、2年目、今年と確実に成長をみせている。

イーグルスがこの位置にいることができる「源泉」を、対戦カードの視点で考えてみると、2つの点が挙げられる。1つは優勝こそ逃したものの例年苦手としてきた交流戦を好成績で終えることができたこと、そしてもう1つはオリックスをお得意様にすることができていることが大きい。

しかしだ。意に反して11回戦は大変タフなゲームになった。スコアボードが固まってしまい、ビクとも動かないのだ。

オリックス森脇監督は、このカードの2戦目、ローテどおりならエースの金子千尋登板の予定を1日ずらしてあえて3戦目に配置。田中将大と投げ合う2戦目にディクソンを前倒しでぶつけてくる采配を採った。1戦目は昨年イーグルスから2勝の井川を投入。2戦目は落としたとしても、井川の1戦目と、金子の3戦目でしっかり取って勝ち越しを狙うという意図である。最下位とはいえ、借金は僅か2。オリックスも必死だ。

そんな森脇監督の術中に、イーグルスは自ら墓穴を掘るかたちでハマりかけていた。

序盤は拙攻の連続・・・

井川の前に1回から走者を出塁させ、幾度もスコアリングポジションに進めてきた。井川の4四死球も絡めるなど、2回から5回までは4イニング連続先頭打者出塁に成功。にも関わらず得点を奪うことができない。結局、6回99球無失点の投球を許してしまう。

ブレーキ役になった4番AJと2本の併殺、送りバント失敗が痛かった。

1回は1死後、死四球で貰ったチャンス2,1塁でAJ。しかし初球を打つ気なしで見逃し、2球目も悠々見送って追い込まれると、1-2からの第4球、外の変化球をひっかけて6-4-3の併殺打に倒れてしまう。

2回は先頭マギーが1塁に歩いて無死1塁。しかし、井川対策としてスタメン起用された中島が高めボール球を強引打ちにいき、6-4-3の併殺網。

3回も先頭・嶋が制球ばらつく井川からフォアボールを頂戴した。だが、無死1塁で岩崎の送りバントがキャッチャーへのファウルフライに。その後2死から藤田、銀次の連打で2死満塁にしたものの、AJが左翼へ打ち上げて、得点が入らない。

4回はマギーが先頭打者としてツーベースを放って戦端を切り開いた。ここまで据え膳食わぬ状況に業を煮やした星野監督は、送りバントで手堅くいく作戦を採用。1死3塁で島内、嶋のバットに期待するシーンだったが、ロッティーノのファインプレーに阻まれたこともあり、両者凡退に倒れてしまった。

5回は先頭・岩崎がショート内野安打で出塁。その後2死3,1塁、得点圏で三度AJの打席がまわる。しかし、アウトハイの速球にバットがまわり、空振り三振。ホームが遠い。

中盤までのイーグルスはこんな感じの拙攻をみせていた。

一方、楽天の先発・長谷部も試合を作っていた。打線の不甲斐なさにめげることなく、6回無失点と好投する。7回以降は両軍継投作戦。岸田の前に2イニング零封されると、楽天も小山を送り出し2回無失点。

試合は0-0のまま9回を迎えていた。その表、重苦しいゲームを動かしたのは、7回裏の守備から途中出場していた枡田慎太郎だった。

相手は佐藤達也。初球148キロ高め速球をバックネット方向にフライファウル、2球149キロのアウトハイ速球を空振り、0-2と追い込まれた中での第3球、148キロ外角高め速球を芯に当てていく。

打球は伸びていき右中間スタンドに飛び込んでいく2号ソロショット。マウンド上の佐藤は驚いたような表情。打った枡田本人も「入ると思わなかったのでびっくりしました」と語る一撃が、この試合の決勝点になった。佐藤のストレートもスピンが良く効いてきたからこそ飛んでいったのだろう。それに左打者のアウトハイは、飛んでいくコースの1つでもあるのだ。

勝利を知る星野監督ならではの妙手が生んだ決勝弾

7回守備から途中出場となった時、驚いたファンもいるかもしれない。

井川がマウンドを降り、二番手・岸田は右投手。そのため、左投手対策の中島を代えていく采配は想定内だ。だが、森山投入では?と思ったファンは多いだろう。0-0で迎えた終盤、守りのミスは許されない。森山なのかな?と思われた場面だったが、ここで指揮官は枡田を送り出した。

報道をみると、闘将はこういう展開をも想定していたのだろう。「代打は慣れたやつじゃないと集中できない」という判断から、枡田を守備から使ったというのだ。へええ!なるほど!と思わず唸ってしまう、勝利を知る指揮官ならではの采配となった。

白をも黒として見てしまうのは、寂しい

ところで、話は少々脱線するが、アンチ星野監督の楽天ファンは、今シーズン、心中複雑、気まずい思いを味わっているはずだ。全ての評価軸が「アンチ星野」という所からスタートしてしまっているので、白も黒と見えてしまう。「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」とばかりに、普通にみれば真っ当なことを言っている指揮官の発言も、あるいは当たった采配も、評価できずにいる。本当は白として認めたい自分の存在に気付きつつも、アンチ星野の旗を掲げてしまったばかりに、降ろせないでいる。

もちろん、星野監督は聖人君主ではないので、誤った采配・運用をすることはあるだろう。そのときは黒を黒として見ればいい。しかし、白をも黒と見てしまうこういった応援の仕方は、賢いとは言えないし、特に優勝を目指している今シーズンは、味気ないものになってしまう。

話が逸れた。

これでチーム成績は80試合46勝34敗の貯金12。順位は1位。ゲーム差は2位、3位が共に敗れたため広がっており、2位・ロッテとは3.0、3位・西武とは3.5、4位・日本ハム、5位・ソフトバンクとは6.0、6位・オリックスとは7.5としている。なお、前述したとおり、球団初の首位折り返しが決定している。

各種戦績は下記のとおり。

◎直近10試合=6勝4敗
◎リーグ戦=56試合31勝25敗
◎交流戦明け=21試合13勝8敗
◎7月成績=12試合8勝4敗

◎オリックス戦=11試合9勝2敗
◎カード初戦=33試合22勝11敗
◎ビジターゲーム=40試合23勝17敗
◎ナイトゲーム=50試合29勝21敗
◎相手先発左投手=19試合12勝7敗

両軍のスターティングラインアップ

楽天=1番・聖澤(中)、2番・藤田(二)、3番・銀次(一)、4番・ジョーンズ(指)、5番・マギー(三)、6番・中島(左)、7番・島内(右)、8番・嶋(捕)、9番・岩崎(遊)、先発・長谷部(左投)

オリックス=1番・ロッティーノ(左)、2番・坂口(中)、3番・糸井(右)、4番・李大浩(一)、5番・高橋信(指)、6番・バルディリス(三)、7番・山本(遊)、8番・伊藤(捕)、9番・安達(二)、先発・井川(左投)


ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

blogtopmailmagazine2.jpg
当ブログもいよいよ有料メルマガをスタートさせる運びとなりました。創刊日は8月5日(月)。今のところ、毎週月曜日、月4回程度、月額499円(1通当たり約125円)を予定しています。おかげさまで、徐々に御登録頂いているようで、ありがとうございます。なぜ今メルマガなのか?どういう内容になるのか?クレジット決済以外の購入方法など詳しいご案内はコチラにしたためました。まぐまぐでの御登録は下記からどうぞ。
http://www.mag2.com/m/0001609734.html
---------------------------------------------------------------

20130715DATA9.jpg
HANREI.jpg

■楽天 長谷部康平 球種別 投球詳細
20130715DATA10.jpg

6回、打者23人、90球(1回当たり15.00、1人当たり3.91)、被安打3、被本塁打0、奪三振6、与四死球3(四2死1)、失点0、自責点0。

《初球23球》
右打者17球=ストレート9、スライダー4、チェンジアップ4
左打者6球=ストレート4、スライダー2

《2ストライク以降24球》
右打者15球=ストレート6、スライダー1、チェンジアップ8
左打者9球=ストレート6、スライダー3

右打者のインコースを積極果敢に攻めた長谷部康平の勇気

長谷部のコメント「気持ちで負けないように一生懸命に投げました。ピンチが多かったですが、何とか0で抑えられたので結果としては良かったです」

2011年10/9ロッテ戦以来2年8カ月ぶりの白星こそならなかったものの、今季初先発の大役を見事こなしてみせた。今季、長谷部は2軍でも先発の実績がない。投げた最多球数は則本がプロ最短KOとなった7/5ソフトバンク戦、二番手として投げた52球だった。怪我明けでもある。無理をさせることはできない。どこまでスタミナが持つのか?といった点が大変気になったものの、6回90球を投げ終えて、相手打線を散発3安打に封じる好パフォーマンスをみせてくれた。

やはり、5、6回は疲労にみまわれていたと言えそうだ。下記はストレートの平均球速。5~6回は2キロほどスピードが低下していた。

1~2回=137.9キロ
3~4回=138.2キロ
5~6回=136.5キロ

それでも6回は、糸井を中飛、李大浩を低めチェンジアップで空振り三振、高橋信をスライダーでサードゴロ。相手のクリーンアップを三者凡退してみせた。

イニング先頭打者出塁を許したのは3回と5回。

先頭をデッドボールで出してしまった3回は藤田の機転にも助けられた。安達のバスターエンドランの当たりはセカンド手前へのハーフライナー。この打球をあえてダイレクトキャッチせず、手前で落としてから処理し、併殺を完成させてみせるプレーは長谷部に勇気を与えたはずだ。

5回、先頭・山本をファボールで出し、バントで送られて1死2塁、ここで安達をチェンジアップで一邪飛に、その後2死2,1塁で坂口をライトへのイージーフライに抑えている。オリックスサイドから言えば、ここでの安達の打席アプローチは褒められたものではないだろう。ストレートで4球押して2-2となった後の第5球、当然、変化球で誘ってタイミングをはずしてくることが容易に想像できた場面だ。それをあっさりストレート待ちで打ちにいき、チェンジアップに体勢が前のめりになっての一邪飛。オリックスファンは思わず天を仰いだ場面の1つだったのではないか。

長谷部好投の要因は、安定したコントロール。それに支えられた右打者へのインコースの攻めの投球だろう。下記配球図が示すように、右打者に投じたストレート36球のうち、61.1%に当たる22球をインコースへ集めていた。

■長谷部康平 配球図


■オリックス 井川慶 球種別 投球詳細
20130715DATA11.jpg

6回、打者25人、99球(1回当たり16.50、1人当たり3.96)、被安打5、被本塁打0、奪三振3、与四死球4(四3死1)、失点0、自責点0。

暴れ球がイヌワシ打線を悩ませた

捕手が構えたミットの位置にほぼ投げ切ることができたか? この点で長谷部と井川と比べれば長谷部が約3分の2を嶋のミットにほぼ投げることができたのに対し、井川のそれは2分の1になってしまう。序盤から逆球が多く見受けられるなど、暴れ馬だった。

それがかえって奏功したという側面はありそうだ。見逃しストライク率をみていただきたい。井川のそれは長谷部の21.1%を上まわる24.2%。高めに大きく抜けてくる球もあったので、コースを絞ることが難しく、そのため、ストライクを見逃すケースが多かったのかもしれない。

◎◎◎関連記事◎◎◎
【記録】楽天 長谷部康平 2013年 2軍 投手成績 (試合別、左右打者別 対戦35打席の詳細)
【試合評】 2013年7月13日(土) ○楽天イーグルス3-1西武。勝利を運ぶ小山伸一郎、回またぎ4奪三振の力投
【試合評】 2013年7月14日(日) ●楽天イーグルス2-5西武。岸が投じる高め速球で、フライばかり打たされていたイヌワシ打線

《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。

《Twitterやっています》
アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!240人突破。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI







関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

星野監督

こんにちは。仕事昼休みなので。

星野監督は選手の使い方(褒めかた)うまいなぁ、と思いますね。試合後のコメント聞いているとそう感じます。岩崎、則本、昨日の桝田。AJ の尻をひっぱたいていたり、今は上手くチームまとめているなと思います。

GW に久しぶりに仙台帰って則本、ダックの勝ち試合見れて(6日は泣く泣く名古屋ににもどり…。)、もう今年は優勝だー!って思っていたら首位ですもんね。絶対優勝して欲しい!牧田やAKB なんとか5も揃い踏みで黄金時代を星野監督にお願いしたいです。

追、AJ、マギー、いち早く来年の契約を。
Kスタ5万人位の天然芝の球場になりませんかねえ。セーフコフィールドみたいな。
もう少し交通の弁が良いところなら平日ナイターもは入ると思いますけどね。




Re: 星野監督

しんしんさん

コメントありがとうございます。亀レスになっておりまして・・・すみません。

> 追、AJ、マギー、いち早く来年の契約を。

ここが1番の悩みどころですね~。彼らの好活躍はもちろん万々歳なのだけれど、活躍すれば活躍するほど1年でMLBに戻っていくのでは?という不安感もアタマをもたげてきていて・・・まあ、今、来年のことを心配しても笑われそうではありますが。

中日がルナと早々に来季以降の契約を結びましたよね。ただ、AJ、マギーはルナと比べると年俸も高く、特にマギーはまだ若いですしMLBでのプレーの選択肢は捨てていないだろうと思われ、交渉も難航するのでは?と心配になってしまいます。が、この両人の楽天入りをまとめたと言われるデリック・ホワイト氏の尽力に再度期待したいところです。

> Kスタ5万人位の天然芝の球場になりませんかねえ。セーフコフィールドみたいな。
> もう少し交通の弁が良いところなら平日ナイターもは入ると思いますけどね。

都市公園法のけんぺい率の問題があるようですね。現在のKスタは、けんぺい率の制限いっぱいということで、これ以上、規模をヨコに広げることは現実的ではないようです。例えば3階席、4階席とタテに広げることはできそうですが、それでも限りはあるでしょうし・・・ 新たな立地での新球場建設という運動もあるようですが、広がりはみせていないとか。
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
205位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
35位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}