FC2ブログ

【試合評】 2013年6月26日(水) ●楽天イーグルス0-1西武ライオンズ。あと一歩の粘りが不足したイヌワシ打線。マギーを手玉に取った西武バッテリーの配球術

スポンサーリンク


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります








有料メルマガの創刊日、8月5日に決定

まぐまぐの申請が通り、有料メルマガの創刊日が決定しました。まだ1カ月先ですが8/5の月曜日が創刊号の配信日になります。

今のところ、祝祭日・年末年始を除く毎週月曜日の発行(月4回程度)、月額500円を考えています。

内容は、時間的制約上、ブログでは書けなかった話題や、パリーグ全体を見渡した上でのイーグルスの戦況分析など。何度かブログ上で試みてきた選手の採点企画も、ここで復活させるかもしれません(←負担大のため熟慮中)

書く人が変わるわけではありませんし、増えるわけでもありません。基本的にはブログのスタイルになります。有料ですが、クオリティが数段アップするわけではありません。あらかじめ御了承ください。詳細は後日追ってお知らせいたします。

猛爆22安打から一転、お寒い2安打へ

「大勝した次の試合は貧打になる」

良く耳にする俗説である。

これは正確に言えば正しくない。決まって貧打になるってことはありえない。正しく言えば、貧打になることも、翌日も変わらず点を取ることもあるのだ。

過去3年間の楽天戦を昨夜調べてみた。大勝を仮に6点以上リードして勝利した試合と設定すると、次試合(23試合あった)の得点は平均3.22になった。過去3年の1試合平均得点が3.41だから、下まわることは確かな数字だが、極端に落ち込むという数字でもない。確かに2点以下に終わった試合は半数近くと多いものの、5点以上取ったゲームも7試合を占めていた。

安打数で言えば、二桁安打を記録した翌戦の安打数はどうだったか? 今季ここまで22試合の二桁安打を記録していた。その22試合のうち翌戦も二桁安打を打ったのが7試合、球団記録22安打も二桁安打の翌日に誕生していた。9安打、8安打、7安打、6安打が3試合、5安打が2試合、2安打が今夜の1試合という内訳になっていた。

正確に言えば、決して俗説の通り貧打になるとも言えないのだ。

しかし、今夜はそのとおりの貧打戦になってしまった。

僅かに2安打。4回1死、AJの三遊間を割った左前安打と、6回1死、藤田が右翼線へ弾き返した二塁打、この2本だったのだ。昨夜派手に撃ち続けたため、イヌワシ打線は既に弾薬切れをきたしていたようだ。

先発・永井は良く投げた。ライオンズ打線を7回まで散発3安打に封じ込める好内容。スコアリングポジションに走者を背負った1回、4回、7回はいずれも要所を締め、スコアボードにゼロを並べていく。しかし、その努力は報われることなく終わった。

打線がその好投に報いることができず、ズルズルときてしまった8回、雌雄を決する一撃が放たれてしまう。

8回裏2死、バッターボックスは西武のキャプテン、栗山。初球、106キロ縦割れカーブ見せた後、1-0からの第2球だった。永井が投じた137キロ速球を振り抜いた当たりは、センター方向へ一直線へ伸びていき、バックスクリーン左へと飛び込んでいく飛距離130mの決勝弾。

直前の表の回、西武・野上は8回2安打無失点で渡辺監督と握手、先発の役目を終えていた。4/24ロッテ戦以来、好投すれども白星に見放されていた右腕に勝ちをつけるべく、栗山いわく「一振りしかない! 一発放りこんだろうと思ってました」。バックスクリーンへの放物線は狙って打ったソロショットだったのだ。

永井は呆然。3敗目。まさに一球に泣く一夜になってしまったが、責めることはできないだろう。それどころか、海千山千のライオンズ相手に安定した投球を披露、今後も先発ローテの一角としてますます期待できる、そんなピッチングだったと言えるのではないだろうか。

援護に恵まれず気の毒な一夜になってしまったが、勝つ日もあれば負ける日もやってくる、ということで、明日のベテラン左腕、川井の投球に期待したい。

これでチーム成績は64試合35勝29敗の貯金6。順位は2位変わらず。ゲーム差は1位・ロッテと2.0、3位・ソフトバンクと0.5、4位・西武と1.5、5位・日本ハム、6位・オリックスと4.0としている。各種戦績は下記のとおり。

◎直近10試合=5勝5敗
◎6月月間成績=16試合8勝8敗
◎西武戦=8試合3勝5敗
◎ビジター戦=32試合17勝15敗
◎ナイトゲーム=40試合23勝17敗
◎リーグ戦=40試合20勝20敗
◎交流戦明け=5試合2勝3敗

両軍のスターティングラインアップ

楽天=1番・聖澤(中)、2番・藤田(二)、3番・銀次(一)、4番・ジョーンズ(指)、5番・マギー(三)、6番・島内(左)、7番・鉄平(右)、8番・嶋(捕)、9番・岩崎(遊)、先発・永井(右投)

西武=1番・秋山(中)、2番・鬼崎(二)、3番・栗山(左)、4番・浅村(一)、5番・ヘルマン(三)、6番・大崎(左)、7番・カーター(左)、8番・炭谷(右)、9番・永江(右)、先発・野上(右投)


ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

20130626DATA5.jpg
HANREI.jpg

聖澤、4/17以来の1試合2盗塁

2安打に抑えられてしまった楽天だが、そんな中でも松井に代わって6/23ソフトバンク戦から1番の“定位置”に戻った聖澤が、久々に足でチャンスを演出することに成功している。

まずは1回。際どい球をしっかり見定めて四球出塁を勝ち取ると、2死後に二盗を悠々成功させている。しかし、AJが野口のキレのあるスライダーに空振り三振。先取点が奪えない。(無死1塁で2番・藤田、3番・銀次が進塁させることができなかった点も痛かった)

3回には2死から再び四球出塁した聖澤は今度は間髪入れずに2塁を狙った。炭谷の悪送球も誘って球が外野に抜けている間に一気に三進、2死3塁のチャンスを形作ってバッターボックスは藤田。外角低めの投球に体勢崩されつつもバットの先でピッチャー返し。しぶとい打球が中前に抜けていくか?と思われたが、ショート・永江の堅い守備に阻まれてしまう。

足で作ったチャンスを活かすことができず残念なシーンだったものの、久々の韋駄天っぷりを目撃することができた。聖澤の1試合2盗塁は今季4/17ソフトバンク戦以来2度目。これで盗塁数を14に伸ばし、日本ハムの西川と並んで盗塁ランキング3位タイまで浮上となった。(ちなみに2位は西武・ヘルマンの17。トップは日本ハム・陽岱鋼の25)

マギーを手玉に取った西武バッテリーの配球術

最大のチャンスは4回だったかもしれない。1死後、4番・ジョーンズがひっぱって三遊間を破る左前安打で出塁、1死1塁で5番・マギーを打席に迎えたシーンだった。

AJとマギーが両者揃って連続出塁すれば、かなり胸熱な状況になる!ということは、6/4エントリー「得点期待値2.000!! ジョーンズ、マギー、二者連続出塁・連続安打記録を調べてみた」で確認したとおりである。

ここでマギーがどのようなアプローチをみせるのか? 対する西武バッテリーはどのように攻めていくのか?大変興味深いシーンとなった。

初球ストライク、どのように取っていくのかな?と思われたが、アウトコースの136キロストレートでポンッ!と取ってみせた。決して外いっぱいの球だったわけではなかったが、マギーは見逃した。この1球が分岐点となった気がするのだ。

前回エントリー「【記録】楽天の得点源、5番・サード、ケーシー・マギーの見逃しゾーンとは?」で確認したように、マギーは右投手が投げるストライクゾーン外角中段・外角低めの速球を見逃すことが多く(見逃しストライク率54.3%)、このコースに投げ込まれた速球をいまだ1本もヒットにしていないのだ。

西武バッテリーがそのことを把握していたかどうかは分からないものの、その後も外角攻めを貫き、追い込んでから外角球を打たせてマギーを左飛に討ち取っている

このシーンで、実況・矢野吉彦アナと解説・片平晋作氏の会話が興味深かったので引用してみた。

片平氏「度胸ありますねえ。初球、マギーに対しドーンといきましたね」

矢野アナ「これはある意味その、マギーが日本流のピッチャーの組み立て方にわりと対応してきているバッターだから、逆を突いたということですかね」

片平氏「そうですね。そのとおりですね。マギー選手も学習していますんでね」

矢野アナ「まず自分に一球目まともにストレートこないだろうと」

片平氏「そうですね。手の内を逆手に取りましたね」


確かにここまでマギーへの初球259球中、変化球は55.2%の143球と多くなっていた。両人のやりとりに見られるように、マギーはこのことを分かっていて、アウトコースの初球速球を見逃すケースが多いのかもしれない。


■楽天 永井怜 球種別 投球詳細
20130626DATA6.jpg

永井、高め速球で西武打線を牛耳る

8回、打者32人、127球(1回当たり15.88、1人当たり3.97)、被安打5、被本塁打1、奪三振7、与四球2、失点1、自責点1。

《初球32球》ストレート18、スライダー6、フォーク3、カーブ5
《2ストライク以降43球》ストレート25、シュート1、スライダー4、フォーク10、カーブ3

このまま好投を続けて勝利投手になっていたなら、今日の勝因は栗山を抑えることに成功したのが大きい、と書くつもりだったのだが、最終打席でセンターバックスクリーンへ決勝ソロを運ばれてしまった。

特に今日はストレートに威力があった。それも高めのストレートだ。高めのストレートでの打席結果は10打数1安打3三振。西武打線を圧倒した。1回鬼崎にインハイに浮いた速球を右中間二塁打されたが、当たりは快打ではなかった。ふわっとした飛球が右中間へ飛んだのだ。詰まり気味の飛球で、威力はあったと見て良い。

出塁率が4割を超えてくる好打者・栗山も例外に漏れず、永井は高め速球に討ち取ることに成功していた。1回1死2塁の第1打席では低めフォークで追い込んでみせた直後のインハイ速球。振り遅れの空振り三振に退けてみせた。3打席目もインハイ速球で詰まらせ、センター前方へのイージーフライに討ち取っている。

悔やまれるのはホームランをくらった速球だ。真中気味に入ってしまう甘い球だった。もしこれが高めに投げ込まれいたなら、どうだっただろう? 二度あることは三度あるということわざのとおり凡退させることができていたかもしれない。そういう意味でも、大変もったいない1球になってしまった。

■永井怜 西武戦 通算投手成績
※2013年6/26終了時


■西武 野上亮磨 球種別 投球詳細
20130626DATA7.jpg

結果論ですが、もっと粘ることはできなかったのか?!

8回、打者28人、136球(1回当たり17.00、1人当たり4.86)、被安打2、被本塁打0、奪三振4、与四球2、失点0、自責点0。

結果論になってしまいますが、好投する野上に対し、イヌワシ打線はあと少し粘ることができていたら・・・と思わざるを得ない試合になった。

というのは、野上は7回を投げ終えて124球だったのだ。ここまでの自己最多は129球。もしイヌワシ打線があと少し粘ることができ、130球以上で7回を終えていたら、8回のマウンドに野上は登っていただろうか? 好投する先発をひっぱりたがる渡辺監督のことだ。続投判断だったかもしれない。では、140球以上で7回を終えたらどうだっただろう? 次回登板へ向けてさすがに無理強いすることはできないという判断が働き、8回は救援陣を投入したかもしれない。

抑えサファテを8回アタマから登板させることは考えにくいので、間に救援陣を挟む継投になったはずだ。もしそうなったら、イーグルスのチャンスと言えた。というのは、試合前時点で西武の救援防御率は4.25。御多分に漏れず、今季も救援陣が頭痛の種になっているのだ。前日の試合のように先発を引きずり下ろした後に、違ったシナリオが開けていた可能性はあったのだ。

3回までは野上を球数過多に追いこむことに成功したイヌワシ打線である。結局は一邪飛に倒れたものの岩崎が追いこまれてから8球連続ファウルを打つなど13球投げさせる粘りのアプローチをみせると、続く聖澤も9球投げさせてのフルカウント四球。この回だけで実に29球投げさせ、3回終了時で70球を投げさせることに成功していただけに、あともう少しの粘りがあれば・・・と思わずにはいられない。【終】

◎◎◎関連記事◎◎◎
【試合評】 2013年6月25日(火) ○楽天イーグルス11-0西武。相性の悪さを乗り越え、田中将大23イニング連続無失点、開幕10連勝。22安打の球団新記録樹立

《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。

《Twitterやっています》
アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!230人突破。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI




関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
25位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}