FC2ブログ

【試合評】 2013年6月23日(日) ○楽天イーグルス5-2ソフトバンク。助っ人外国人揃い踏みの好活躍。危機を救う岩崎達郎のスーパープレー

スポンサーリンク





Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります








お知らせ~~有料メルマガの創刊を予定しています

まぐまぐの配信システムを利用して7月中旬~8月の創刊を目指しています。今のところ、祝祭日・年末年始を除く毎週月曜日の発行(月4回程度)、月額500円を考えています。内容は、時間的制約上、ブログでは書けなかった話題や、パリーグ全体を見渡した上でのイーグルスの戦況分析など。書く人が変わるわけではありませんし、増えるわけでもないので、基本的にはブログのスタイルになりますが。何度かブログ上で試みてきた選手の採点企画も、ここで復活させるかもしれません(←負担大のため熟慮中)

助っ人外国人揃い踏み

上空は澄み切った青空に白雲が浮かんでいた。Kスタの周囲を包む緑の色彩も目にまばゆい。梅雨時期であることを忘れさせてくれる、そんな爽快な野球日和で迎えたソフトバンク3連戦の最終戦は、犬鷲戦士が放つ白球が美しく映える試合になった。

2回だった。先頭の4番・AJが魅せた。追いこまれながらも、帆足の勝負球アウトコース低めのパームボールを振り抜いていく。快飛球が背走する柳田を襲う。超えた当たりはセンターオーバーのツーベース。

無死2塁で今度はマギーの出番ホークスバッテリーのインコース攻めをバット一閃。強打の放物線は、ファンが待ち受ける左翼席へ吸い込まれていく先制の14号2ランとなる。(楽2-0ソ)

中村のソロショットで1点を返された直後の3回、先頭打者は聖澤。松井のリフレッシュ休養で43試合ぶりに「定位置」に戻ってきた背番号23がリードオフの任務を務めあげていく。逆球で甘く入ってきた変化球を右前へ弾き返していく、ラインドライヴのクリーンヒット。この後、バントや進塁打で三進した聖澤は、4番・AJによる2試合連続初球打ちのセンター返しで、3点目のホームを踏んでいる。

2回3回で奪った序盤3点劇は、「活躍すべき人が活躍する」、そんな鮮やかな攻撃となった。AJとマギー、両者に打点がついたのは6/5ヤクルト戦以来、今季12試合目となっている。

危機を救う岩崎達郎のスーパープレー

お立ち台にはマギーとダックワースの両外国人が登ったものの、この試合の勝利を必死に手繰り寄せたのは、松井の代役として4/20ロッテ戦以来のショートスタメンで起用された岩崎なのだ。

このカードの初戦、五十嵐から移籍後初タイムリーを放った守備の人が、この日は本職の守備でチームの危機を救う大仕事。

3-2で1点リードした8回2死2,1塁。不安定な内容でピンチを招いてしまった青山の投球は、アウトコース高めに浮いてしまう強く弾き返していった長谷川の打撃は同点打かと思われた。

ああ、もうダメだ。打球が三遊間を襲っていく。

真っ二つで左前コースだ。同点の二走が本塁を突くのは必至という情景が目に見えていた。

諦観が私を襲う。

その瞬間だった。

ショートの岩崎が人間離れのダイビングキャッチ!

今、映像を改めて2、3回見返している。どうみたって抜けるでしょ?!という当たりである。それを測ったかのような横っ飛びだ。外野に抜けさせない面目躍如のスーパープレーがチームを救った。捕球後も即体勢を起こして走者を牽制するあたりなどは、いたって冷静である。

はっきり言おう。腰に持病を持つ松井稼頭央では、あの芸当は無理である。岩崎達郎ならではのワン・アンド・オンリーな美技となった。

ヒーローインタビューでマギーが岩崎を称えるコメントを残したのが印象的だった。できれば岩崎もお立ち台に呼んで欲しい、勝利の立役者はまぎれもなく岩崎だった。

岩崎の好守備で失点を阻止した直後の8回裏、先頭・銀次が戦端を切り開くとその後2死3,1塁のチャンス。鉄平の当たり損ねのピッチャーへのバウンドゴロを相手がイージーな守備ミス。1塁ベースカバーが誰もいないという僥倖に恵まれ1点を追加すると、その後、藤岡のワイルドピッチでさらに1点を追加した楽天は、3点リードで9回を迎えていた。

マウンド上はラズナー。1死後、2,1塁のピンチを作るものの後続を凡退させ最終回を零封。楽天が5-2で交流戦明け初勝利を杜の都で飾っている。

先発・ダックがクオリティスタートを記録し、最後は抑えのラズナーが終止符を打つ。打っては4番・ジョーンズに5番・マギーの合計4打点の活躍。助っ人揃い踏みの好活躍で、ダックワースはソフトバンク戦3連勝。ラズナーは7セーブ目をあげている。(ついでに言うと新外国人ケニー・レイ投手も観客席で応援していました)

これでチーム成績は62試合34勝28敗の貯金6。順位は3位変わらず。ゲーム差は1位・ロッテと2.5、2位・ソフトバンクと0.5としている。各種戦績は下記のとおり。

◎直近10試合=5勝5敗
◎6月月間成績=14試合7勝7敗
◎ソフトバンク戦=9試合4勝5敗
◎リーグ戦=38試合19勝19敗 (得点168、失点191)
◎デーゲーム=24試合12勝12敗
◎先制した試合=33試合23勝10敗
◎6回終了時リード試合=33試合28勝5敗
◎相手先発左投手試合=24試合13勝11敗

両軍のスターティングラインアップ

ソフトバンク=1番・中村(右)、2番・本多(二)、3番・内川(指)、4番・松田(三)、5番・長谷川(左)、6番・柳田(中)、7番・ラヘア(一)、8番・今宮(遊)、9番・山崎(捕)、先発・帆足(左投)

楽天=1番・聖澤(中)、2番・藤田(二)、3番・銀次(一)、4番・ジョーンズ(指)、5番・マギー(三)、6番・中島(左)、7番・鉄平(右)、8番・嶋(捕)、9番・岩崎(遊)、先発・ダックワース(右投)


ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

20130623DATA12.jpg
HANREI.jpg

松井稼頭央、リフレッシュ休養

松井がスタメンをはずれたのは実に43試合ぶり。腰の張りで大事を取った4/18~4/20ロッテ3連戦以来のこととなった。確かに印象的な場面での一撃はあった。11試合連続安打も記録していた。しかし、トータルでは物足りない数字である。5月は打率.230、6月も.204と振るわない。トータルでも打率.233、OPS.682だ。

連続安打の記録も6/21に途絶えたことで、このタイミングでの休養となったのだろう。残りシーズンを考えた上で適宜な休養を!と訴えてきた当ブログだが、今から思えば首脳陣もそろそろ休ませたほうがよいという思いは募っていたのかもしれない。今日にズレこんだのは、連続安打に終止符が打たれたからだと思う。もっと早く途切れていれば、その時点で休ませていたはずだ。首脳陣がベテランに配慮する一端が伺えた、そんな休養となった。

聖澤に岩崎、松井の代役を務めた選手がそれぞれ活躍し、なによりも勝利を飾ったことが大きい。これがもし負けるようなことがあったなら、松井を休ませたからだという声が少なからず上がるからだ。そんな不毛な批判をシャットアウトするためにも、今日の勝利は大きかった。

試合前の練習にも参加していなかったという話だから、今日は完全休養日となったはず。英気をたくわえた松井には次カードからの活躍を期待したい。

■楽天 ダックワース 球種別 投球詳細
20130623DATA13.jpg

いつものダックが帰ってきた

7回、打者27人、107球(1回当たり15.29、1人当たり3.96)、被安打4、被本塁打2、奪三振5、与四球2、失点2、自責点2。

5/15DeNA戦争の3回途中に左太ももを痛めて途中降板。その後、1軍登録を抹消されていた。今季のダックは昨年とは打ってかわり、持ち味の安定感が影を潜め、不確かな投球が続いていた。それだけに心配されたのだが、2軍での調整登板を挟んで復帰した今日、2本のソロショットを浴びたものの、7回2失点にまとめる好投を披露、「いつものダック」が戻ってきた。

■ダックワース 2軍 投手成績


2軍では6/4日本ハム戦、6/16DeNA戦の2試合に先発登板した。今季は持ち味のゴロで打たせて取る投球が影を潜めることも目立っていたので、下ではどうなのかな?と思ってボックススコアを確認した。6/4は獲得アウト18個中ゴロアウトは9個。6/16も21個の全アウト中、ゴロで11個を記録するなど、少なくとも記録上の限りでは、ダックワースらしいピッチングを確認することができていた。

この日の復帰登板も、21個中11個をゴロで奪っていた。全打球のゴロ率は、昨年の56.4%を超える60.0%という高いパーセンテージを記録。安打か凡打かを問わずに良い当たりかどうかを調べるWH率も.200と秀逸、芯で捉えられた当たりをほとんど許していなかった。球を動かせて打者の打ち気やバットの芯をはずし、12時から6時の鋭く変化する縦割れカーブ(が良かった!!)で緩急を作り、打者のタイミングを狂わせていくダック本来のピッチングだったかと思う。

球宴前まで先発ローテは最低でも6枚必要となってくる。田中、則本、戸村、永井の顔ぶれにダックがこのタイミングで万全の状態で戻ってきた意味は大きい。

■ソフトバンク 帆足和幸 球種別 投球詳細
20130623DATA14.jpg

好敵手・帆足に土をつけさせる

6回、打者26人、92球(1回当たり15.33、1人当たり3.54)、被安打7、被本塁打1、奪三振2、与四球1、失点3、自責点3。

(2006年以来)イーグルス戦での投手成績は10勝1敗。今季も既に老獪な投球で4/17に楽天から白星をまきあげていた帆足。あのときは両サイド、低めに丁寧に攻められ、5回4安打零封されてしまったのだった。

2夜連続の投壊に「打線も梅雨入り」と指揮官がボヤいた翌日、イーグルスに立ちはだかるのは好敵手・帆足である。はっきり言って嫌な雰囲気。それを払拭する露払いの一撃がマギーのバットから飛び出したことで、楽天が主導権を握ることに成功した。交流戦、田中と並んで最多4勝をあげ、イーグルス戦の戦いを心得ている帆足に土をつけさせた意味は大きい。

とはいえ、大きく突き離すところまではいかなかった。5回、先頭・藤田が安打出塁し、無死1塁の起点を作ったものの、3、4、5番がこぞって凡退。4/17対戦時と比べるとコントロールに苦労していた帆足だったが、そこはベテラン、楽天打線に食い下がる粘り強いパフォーマンスで、ゴロアウトの山を築いていった。

多くのファンが、この3連戦で改めて確認したはずだ。優勝争いの最大ライバルは同じ猛禽類、ホークスになるであろうことを。【終】


◎◎◎関連記事◎◎◎
【試合評】 2013年6月21日(金) ●楽天イーグルス2-13ソフトバンク。21安打。鷹の奔流に呑みこまれたTOHOKU GREENの狗鷲戦士たち
【試合評】 2013年6月22日(土) ●楽天イーグルス2-8ソフトバンク。場内騒然の雰囲気、2夜連続の投壊

《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。

《Twitterやっています》
アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、たまあに実況しながら記録などをつぶやきます。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!220人突破。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI








関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
172位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
30位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}