FC2ブログ

【試合評】 2013年6月21日(金) ●楽天イーグルス2-13ソフトバンク。21安打。鷹の奔流に呑みこまれたTOHOKU GREENの狗鷲戦士たち

スポンサーリンク





Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります








夏至の一戦、むやみに長かった4時間18分

リーグ戦再開、TOHOKU GREENを身にまとった楽天ナインはホークスと激突。その3連戦の初戦を郡山の地で戦った。

夏至だった。1年で最も昼が長い1日の夜は、今季2度目に長い4時間18分。楽天にとって、あまりにも冗長すぎる、無意味な一戦になった。

12本の二桁安打を放ったイーグルスは僅かに2得点。対するホークスは交流戦を制した勢いそのままに21本。3番・内川が4安打2打点、19試合連続安打中の4番・松田が2安打、交流戦MVPに輝いた5番・長谷川は3安打2打点、下位では今宮に4安打を打たれサイクルヒットの挑戦権を付与するなど、鷹打線の快音が止まらない。

楽天は2回2点を失ったのを皮切りに4回以降は毎回失点。出てきた投手全員に安打を打たれ失点を記録するという投壊。終わってみれば2-13の大敗となってしまった。

唯一の救いは、勝負のゆくえが決まった後も、数多くの郡山のお客さんが試合を見届けたということ、あとはカラスコが場内を沸かせたことぐらいだろうか(ガクッ!)。

■郡山開成山球場での楽天戦


21安打を浴びた楽天投手陣。1試合に許した被安打数で言えば、闘将が「よう、みんな給料もらっとるな」とボヤいた4/28西武戦(●E1-15L)の19本を上まわり、今季最多を更新した。

開幕戦以来の顔合わせとなった則本vs攝津だが、則本は4敗目。対する攝津は7勝目。昨年の4/21鹿児島での白星以降、イーグルス戦6連勝としている。

■ソフトバンク・攝津正の楽天戦6連勝


これでチーム成績は60試合33勝27敗の貯金6。ソフトバンクが2位浮上で楽天は3位に転落。なお、各種戦績は下記のとおりで推移した。

◎直近10試合=5勝5敗
◎6月月間成績=12試合6勝6敗
◎ソフトバンク戦=7試合3勝4敗
◎ホームゲーム=30試合17勝13敗
◎ナイトゲーム=37試合22勝15敗
◎先制された試合=28試合11勝17敗
◎リーグ戦=36試合18勝18敗
◎カードの初戦=26試合18勝8敗

両軍のスターティングラインアップ

ソフトバンク=1番・中村(一)、2番・本多(二)、3番・内川(左)、4番・松田(三)、5番・長谷川(右)、6番・柳田(中)、7番・ラヘア(指)、8番・今宮(遊)、9番・細川(捕)、先発・攝津(右投)

楽天=1番・松井(遊)、2番・銀次(一)、3番・聖澤(中)、4番・ジョーンズ(指)、5番・マギー(三)、6番・島内(右)、7番・小斉(左)、8番・嶋(捕)、9番・藤田(二)、先発・則本(右投)


ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

20130621DATA2.jpg
HANREI.jpg

■楽天 則本昴大 球種別 投球詳細
20130621DATA3.jpg

則本、プロ最短の5回降板

5回、打者27人、105球(1回当たり21.00、1人当たり3.89)、被安打9、被本塁打0、奪三振4、与四死球3(四2死1)、失点4、自責点4。

5回降板はプロ最短となった。毎回走者の出塁を許し、2回以降はいずれもスコアリングポジションに走者を置いての苦しいピッチング。特に2、4、5回とイニング先頭打者に出塁された回は全て失点に結びついていただけに、いただけない。

楽天は前日の練習をKスタで行ったこともあり、則本にとって郡山のマウンドはぶっつけ本番だったと言う。「黒土は久しぶりですし、足元が掘れるから苦手です」という則本は、地方球場独特のマウンドにアジャストできなかったと言えそうだ。

しかしだ。ホークス以外なら、それでもゲームメイクをしたに違いない。相手が交流戦の頂点を駆けあがり勢いに乗っていたソフトバンクだった点が、則本にとっての不運となった。

決して簡単ではない球を上手く打たれてしまう。詰まらせた飛球が外野に落ちる。内野の間を僅かに抜けていく。

ソフトバンク猛攻の合図となった2回先頭打者・長谷川の右中間ウォーニングゾーンを襲った三塁打がそれを象徴している。

2-2から外角低めチェンジアップをひろいにいったような打撃で、打球を外野奥深くまで飛ばされるという巧打だった。結果球は失投ではない。そればかりか直前の2球、インサイドの厳しい所を攻め、いずれも窮屈なファウルを打たせるなど「布石」も上々に見えたのだが、アウトコース低めの変化球に上手く食らいつかれてしまうかたちになったのだ。則本の投球が・・・というより、交流戦打率.418を記録した長谷川の調子の良さに、してやられたというのが、客観的な見方になってくる。

続く柳田に打たれた先制打はクリーンヒットではない。インハイで詰まらせた当たりも、ふわっとしたひきゅうが右前に落ちる、そういう当たりだった。バットが振れているからこそのフライヒットと言えそうで、確かに嶋の構えはインコース低めだったものの、ここもどちらかと言えば、ホークスの調子の良さを象徴するシーンとなった。

惜しむらくは先頭打者を死球で出塁させて3点目を失った4回と、3点差の中で味方が1点を返した直後の5回すぐさま取り返されてしまった点だろうか。その2点はもったいなかったなと思う。

4敗目となったが、私はどちらかといえば楽観視している。開幕戦以来ここまでローテを守っている則本。疲れも顕在化し始める時期でここからが正念場になる。その点は心配にはなるものの、状態が良ければ、これまでどおりの快投を見せてくれるはずだ。

この敗戦は慣れない地方球場と、相手が悪かった、そういった側面が強いのだと思っている。

■ソフトバンク 攝津正 球種別 投球詳細
20130621DATA4.jpg

制球難の摂津を打ち崩せず・・・

6回、打者26人、112球(1回当たり18.67、1人当たり4.31)、被安打7、被本塁打0、奪三振0、与四球3、失点1、自責点0。

「攝津は崩せたよ。12安打も放って、たったの2点じゃどうしようもない」

指揮官の嘆き節に、私も同感である。この日の攝津は決して本調子とは言えなかった。

立ち上がりの1回が攝津の苦しさを物語っていた。

コントロールに定評のある攝津が、制球ばらつくシーンが多々見受けられた。18球中、捕手の構えた位置にいかない球は半分の9球と多かったのだ。1番・松井の打撃はセンターウォーニングゾーンまで飛ばす長打性の快飛球。ここは柳田のジャンピングキャッチに阻まれたものの、続く2番・銀次も痛烈なライナー。ここも本多の横っ飛びに阻まれてしまう。

その後、聖澤、AJに2者連続四球。聖澤の二盗と細川2塁悪送球もあいまって2死3,1塁で打席はマギー。ボール先行1-0から真中高めに変化球が甘く入ってきた2球目を狙っていった。しかし、マギー自身も首をかしげた打ち損じのショートポップフライで無得点。

しかし、終わってみれば、攝津から奪った得点は僅かに1点。それも奪ったというより、相手の守備ミスから頂戴したという色彩が強い1点だった。3点を追う4回2死3,1塁、藤田の打席時、一走・嶋の二盗を刺すべく細川の2塁スローイングが悪送球。ベースカバーの今宮も入るのが遅れたため、取ることができない。この間に三走がホームを踏んだ、この1点止まりだった。

AJ、16打数ノーヒット

やはり、分岐点になったのは松井、銀次の連打などで作った3回1死満塁のチャンスだ。バッターボックスは4番・ジョーンズ。2-0とボール先行になりながらも、バットを振らずに追いこまれ、2-2から外の球を強引にひっぱりにいき、ひっかけたようなゴロが6-4-3の併殺網にかかってしまう。ゲッツーで一気にチャンスが潰えた、そんな拙いシーンになった。

2-0からの3球目、外角変化球を見逃したAJはボールと判断。球審に確認するそぶりをみせていた。これがその後の伏線になったのかもしれない。この試合の球審は栄村。彼独特のストライクゾーンは外角にあったのかもしれない。2-2と追い込まれてからの結果球は同様コースに投げ込まれた球だった。栄村だから見逃すことはできない、そんなプレッシャーもAJに強引な打撃をさせた一因だったかもしれない。

この打席の他にも、9点を追う7回1死3,1塁で5-4-3のサード併殺打。もはやAJのホームランしか救いはないという9回2死1塁の追い詰められた場面では、千賀のフォークにあっさり空振り三振。調子の悪さが心配される、そんな1日になった。

これでジョーンズのヒットは6/9巨人戦の4回、内海から左中間二塁打を放った後、実に23打席、16打数ノーヒットとなっている。

ここへきてファンのみならず、現場、解説者の中でも、球をよくよく選んでバットを振っていくAJの現在のスタイルについて、疑問符を投げかけるシーンが増えてきている。

星野監督も、もっと積極的に振っていっても良いのになあとこぼしていたという話だし、先日、楽天戦を解説したノムさんも初球を振っていかないAJのスタイルに苦言を呈していた。この日の解説者・駒田徳広氏も、1度もバットを振らずに結果球を打ちにいくことの怖さを打者心理から説いていた。

しかし、バットを振らずにじっくり選球されるそのスタイルが、相手バッテリーに畏怖を与えているという側面もある。バットをブンブン振りまわしてはいないからこその52四球、.404の出塁率とも言える。今のスタイルを変えてしまうと、今までの結果が崩れかねない危うさをも持つだけに、難しい判断になってくる。

■AJの16打数ノーヒット履歴
※太字の四球は1度もバットを振らずに出塁した四球


お粗末なミスが多すぎた

ホークス打線の勢いを象徴するかのような好運な当たりも目立つ試合だったが、一方で楽天の守備の乱れも目につく、そんなゲームになった。

1点先制された直後の2回1死3,1塁、打者はバント巧者の細川だった。当然、スクイズの可能性はありえたシーンで、楽天内野陣の守備体系はどうだったか? あまりにも無防備すぎたのではないだろうか?

3点ビハインドの6回無死1塁、本多のバントが1塁線に舞い上がる小飛球になった。懸命にダイビングキャッチしグラブに収めたハウザーは、飛び出した一走を刺すべく上体を起こして1塁送球。しかしこれが逸れてしまい外野に抜けてしまう。走者は2進。送りバント失敗に終わったはずの場面が、結局、成功させてしまうシーンで、その後、内川にしぶとく適時打を打たれてしまった。

この場面、確かにハウザーの送球も拙かったのだろう。しかし、それ以上に、解説・駒田氏は右翼・島内の緩慢守備を指摘していた。1塁のバックアップに入っていなかったというのだ。もし入っていれば2進は防げたと駒田氏。抜けてから慌ててバックアップに向かうようなそぶりをみせていたというのだ。

その他にも嶋のパスボールが結果的にその後の失点に結びついたり、ファースト正面の当たりを銀次が後逸するなどのシーンもあった。

年に1度だけの開催となる郡山で、こんなお粗末なプレーは、いただけない。

島内の快進撃、止まる...

1塁のバックアップに入らなかった島内は、7回にもライト左のヒットを回り込んで処理したときにお手玉、エラーが記録されている。打席でも犠牲フライはあったものの、ヒットは無し。

ここまでアピールが続いていた島内だが、この試合は攻守ともに良いところを見せれなかったと言えそうだ。鉄平があのような状況の中、牧田が帰ってくるまで、とにかくこの人には奮起してもらわないといけないだけに、寂しい1日になってしまった。

【終】

◎◎◎関連記事◎◎◎
《前回のソフトバンク3連戦の試合評》
【試合評】 2013年4月16日(火) ●楽天イーグルス5-6ソフトバンク。今季初の延長戦は悔しい1点差負け。決め球と守備の精度を欠いた田中。青山セーブ失敗
【試合評】 2013年4月17日(水) ●楽天イーグルス1-5ソフトバンク。6回裏、AJの守備妨害判定は誤審ではない。帆足の老獪な投球術に翻弄されたイヌワシの右打者たち
【試合評】 2013年4月18日(木) ○楽天イーグルス9-2ソフトバンク。ビジター遠征前の連敗ストップ大勝劇。話題の新人・東浜巨を打ち砕く序盤あっぱれの集中砲火

《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。

《Twitterやっています》
アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、たまあに実況しながら記録などをつぶやきます。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!220人突破。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI




関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

則本の調子

おっしゃるとおり、則本の調子は悪くなかったように思います。
特にストレートが走っていた。逆にそれを狙われていたのかな?
ソフバンの打線が好調なのか。日曜のマー君は計算できるけど、
戸村には頑張ってもらいたいですね。
優勝争いに絡んでくる相手だから負け越して欲しくはないです。

Re: 則本の調子

ざっぷすさん

うむむむむ・・・負け越してしまいましたね。戸村がなんとか踏ん張っている間に、打線に奮起してもらいたかったですね。

マー君は次カードですか。則本と分けるかたちに再編してきましたね。今日はダックですが、3連敗だけは阻止しなければなりません。仰るように最大の好敵手といえますから。

> おっしゃるとおり、則本の調子は悪くなかったように思います。
> 特にストレートが走っていた。逆にそれを狙われていたのかな?
> ソフバンの打線が好調なのか。日曜のマー君は計算できるけど、
> 戸村には頑張ってもらいたいですね。
> 優勝争いに絡んでくる相手だから負け越して欲しくはないです。
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
21位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}