FC2ブログ

【試合評】 2013年5月29日(水) ○楽天イーグルス2-0阪神。綱渡り名人、戸村健次の6回零封劇。交流戦首位で貯金は今季最多5

スポンサーリンク






2勝目の戸村、綱渡り名人の投球劇

今季初登板となった前回5/20ヤクルト戦では無死四球で8回1失点の好投。指揮官も花マル100点満点と採点するなど快投げをみせた戸村だったが、今日は一転、ヒヤヒヤ、ハラハラ、キリキリ、モンモンしっぱなしの投球となった。

ヨーイドン!で待っていたのは満塁ピンチ。荒海に漕ぎ出すようなタフな船出となってしまう。

1番・西岡に粘られての四球を与えると、その後、鳥谷にはストレートの四球。1死2,1塁で4番・マートンこそ右飛に討ち取ったが、続く5番・新井貴にもフルカウントから四球。2死満塁の窮地に立たされた戸村は、新井良をサードへのボテボテゴロに討ち取って難を切り抜けている。

2回にも四球から得点圏に走者を背負いながらもゼロに抑えた戸村は3回、唯一の三者凡退劇をみせる。しかし、3人で終えたとはいえ、大和には二直を、鳥谷には左中間深くを襲う快飛球(聖澤の好守でフライアウトに)と、良い当たりを連発されており、気の抜けない序盤と言えた。

最大のピンチは4回。

1死球2四球で塁上満員御礼の1死満塁とした戸村が、要所を締めた。目指すべきゴロを打たせる投球が実現。投手の打順に当たったという巡り合わせの良さにも助けられ、相手先発・榎田をファーストゴロに、西岡をセカンド正面のゴロに討ち取り、危機脱出。

5回は1死後、1四球2安打でこの試合3度目の満塁ピンチ。

しかし、ここも持ち味のゴロアウト投球で、新井良を5-4-3の併殺網で一網打尽にした。実はこのとき、初回満塁のピンチでサードゴロに討ち取ったスライダーを初球に投げ込み、新井良に狙撃された戸村。3塁線へ強い当たりを弾き返されたものの僅かに切れていく、冷や汗もののファウル劇となっていた。この試合は好運をも味方につけていたと言えそうで、その直後の2球目、今度は速球でゲッツーに取ることに成功した。

再三土俵際まで追い詰められたものの、必死に俵に足をかけ、踏ん張り、ホームを渡さない。苦しい戸村を救うべく、一刻も早い援護点が必要だったが、楽天打線は5回までスコアボードにゼロを重ねてしまう。

初回は3人で凡退した楽天打線は、2回以降走者の出塁に成功していく。2回は先頭AJが歩いたが、後続がAJをスコアリングポジションに進めることもできずに凡退。4回1死後、再びAJがお散歩で出塁も、マギーが相手思惑どおりの併殺打。

両軍決め手を欠き、スコア0-0の重苦しい雰囲気のまま進んだ6回表だった。

遂にイーグルスが先手を取ることに成功した。

2死後からの先制劇だった。聖澤のセンター返しでつかんだ足がかりで、AJが今度は死球。2,1塁とすると、2打席凡退していたマギーが横っ飛びサードの先を痛烈に破っていく左前安打で、聖澤が先制のホームイン。(楽1-0阪)

9回は途中出場の森山が持ち味の足を活かした攻撃で内野安打出塁、二盗成功させると、嶋が今季27打点目のタイムリー。点差を2点リードとした。(楽2-0阪)

楽天は7回から青山、小山、片山、ラズナーの必死のブルペンリレー。精彩を欠いていた青山が7回1イニングを3人で片づけると、8回は小山が先頭打者に安打出塁されるものの、新井貴に併殺打を打たせ一気に2アウト。その後、二塁打でピンチを招いたが片山が火消しに成功。9回はラズナーがゼロで締めくくり、楽天が5/19ヤクルト戦以来、今季2度目の零封勝利を飾っている。

阪神は新井兄弟による凡退劇、特に2本の併殺打が痛かったか。

甲子園での阪神戦4連勝

これでチーム成績は47試合26勝21敗。貯金5は今季最多。順位は2位まま。ゲーム差は1位・ロッテと3.0変わらず。3位・西武とゲーム差なし、4位・ソフトバンクと2.0、5位・オリックスと3.5、6位・日本ハムと6.5となっている。

交流戦成績はちょうど折り返し地点の12試合を消化し、8勝4敗で単独1位につけている。

なお、各種成績は下記のとおり。

◎交流戦での阪神戦通算成績=38試合17勝21敗
◎直近10試合=6勝4敗
◎5月月間成績=22試合15勝7敗
◎ビジターゲーム戦績=26試合14勝12敗
◎ナイトゲーム戦績=28試合18勝10敗
◎先制したゲーム=23試合16勝7敗
◎2点差以内試合=17試合11勝6敗
◎相手先発左投手試合=17試合8勝9敗


両軍のスターティングラインアップ

楽天=1番・松井(遊)、2番・藤田(二)、3番・聖澤(中)、4番・ジョーンズ(指)、5番・マギー(三)、6番・中島(左)、7番・嶋(捕)、8番・鉄平(右)、9番・戸村(右投)

阪神=1番・西岡(二)、2番・大和(中)、3番・鳥谷(遊)、4番・マートン(左)、5番・新井貴(一)、6番・新井良(三)、7番・柴田(右)、8番・藤井彰(捕)、9番・榎田(左投)



■楽天イーグルスの阪神戦 交流戦全試合記録
20130529DATA5.jpg

ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

20130529DATA4.jpg
HANREI.jpg
【訂正】上記図、小山が抜け落ちていました。青山の後、8回アタマから小山です。


交流戦単独首位の楽天の、実は危うい先発台所事情

昨日の逆転劇といい、今日の敗色濃厚の雰囲気満載だった展開をまさかの零封勝利といい、今季の楽天は例年と明らかに違う。ツキをも味方につけて貯金5はクライマックスに進んだ2009年9/17以来の快挙となった。

しかしだ。初優勝へ向けて湧き起こる胸熱な感情の一方、きわめて冷静なもう1人の自分もいる。

楽天は交流戦に入って、明らかに救われている。

枚数が足りない先発ローテ陣でも、交流戦の飛び石日程のおかげと、盤石のエース・田中を擁する強みを活かし、苦しい台所事情が大事になっていないのだ。

田中、則本がツインエンジンとして先発陣を良く牽引。これが大きい。エンジンが田中だけではなく則本の奮闘、これが本当に大きい。そこに指揮官が2夜連続で100点満点をつけた永井、戸村の最高投球があった。しかし、次登板の両人を見れば分かるように、今後まだどうなるか分からない雲行きの2人である。もちろん、今後も活躍してくれるだろうが、田中、則本と比べると一段落ちるという印象になってしまう。不調のダックは戦線離脱、美馬も利府に旅立ったと言う危うい状況で、いきなり8連戦から始まるリーグ戦に戻ったときが、前半戦の本当の意味での踏ん張り所と言えそうなのだ。

そのためにも、ここまで良い位置につけている交流戦は目覚ましい戦果で終えなければならない。5/31から始まる後半戦でも有利に試合運びをしていきたい。

田中&則本の双頭は強みと言える。12試合中ホームゲームが8試合残されている「地の利」も大きい。ここまでパリーグ他球団もそれなりの戦いをしており、なかなか差が広がっていかない状況が続く中、なんとか一歩二歩と差をつけたいのが本音になってくる。

楽天が交流戦初優勝を飾ったとしても、他球団との差があまり開かないようでは、その効力も薄くなってしまうし、先発を6枚揃えなければならないリーグ戦再開のことを考えると、貯金は1個でも多ければ多いほど良いと言えるのだ。


■楽天 戸村健次 球種別 投球詳細
20130529DATA6.jpg

戸村の逆球、全投球の約3分の1

6回、27人、103球(1回当たり17.17、1人当たり3.81)、被安打3、奪三振3、与四死球8(四7死1)、失点0、自責点0。

《初球の入り(27球)》
ストレート17、スライダー3、カットボール5、フォーク2

《2ストライク以降(25球)》
ストレート12、スライダー7、カットボール5、フォーク1

《塁状況別のストレート平均球速》
走者無し=143.7キロ、走者有り=141.4キロ

《全投球に占める逆球割合》
103球中29球、28.2%


いつ失点するか?!今でしょ!!という危うい序盤の連続を、よくしのいだなと思う。自作自演のピンチだったが、味方守備の好守もあり、失点を許さなかった。

ところで、投手の記録を1球ごと管理している当ブログだが、この試合から本格導入を試みたものがある。逆球だ。Gマークで記録することにした。まだ手探り状況だけれども、三宅博氏の新著『虎のスコアラーが教える「プロ」の野球観戦術』に触発され、GYAKUDAMAのGを取り、逆球にはGでメモるようにしている。

恐らく狭義の意味での逆球は捕手がアウトコースにミットを構えているのにインコースへすっぽ抜けた、こういう球を言うのだろう。ただ、当ブログでは例えば捕手がアウトコース低めに要求しているのに、アウトコース高めに浮いた投球も逆球扱いにしている。

今日の戸村は103球投げて、約3割の29球が逆球だった。制球がバラついたため、右打者のインコースを積極的に攻めることもままならず、カウント構築も苦しくなる場面が大変目立った。

ただ、3度あった満塁危機で、自身の持ち味であり、理想と掲げるゴロで打たせる投球ができた。この点は大きな収穫と言えそうで、こういったところに成長の軌跡を垣間見る。



■阪神 榎田大樹 球種別 投球詳細
20130529DATA7.jpg

イニング先頭打者出塁を活かせなかった楽天打線

8回、打者31人、112球(1回当たり、1人当たり)、被安打6、奪三振7、与四死球3(2四1死)、失点1、自責点1。

《初球の入り(31球)》
ストレート14、シュート5、スライダ-6、カットボール4、チェンジアップ2

《2ストライク以降(25球)》
ストレート8、シュート2、スライダー5、カットボール6、チェンジアップ4

四苦八苦の戸村を楽にさせるためにも、もっと早い援護が必要だったイヌワシ打線だが、榎田の前にイニング先頭打者の出塁に成功したのが2回と7回の2度だけだったのが、苦しい攻撃になった一因だ。

2回、7回はいずれも無死1塁の走者を得点圏に進めることができずに終わった。AJ四球出塁の2回はマギー、中島が立て続けに外野にフライを打ちげてしまい、鉄平も凡退。嶋が右打ちで出塁した7回は鉄平がバント失敗、代打・高須は併殺打に終わった。

【終】


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




◎◎◎関連記事◎◎◎
《戸村の前回登板試合》
【試合評】 2013年5月20日(月) ○楽天イーグルス3-1ヤクルト。戸村健次、プロ4年目にして最高の8回1失点
《直近2試合の試合評》
【試合評】 2013年5月26日(日) ●楽天イーグルス4-6広島。永井を諦めたベンチ判断は支持できるものの、出てきた金刃の背任投球・・・
【試合評】 2013年5月28日(火) ○楽天イーグルス7-4阪神。9回表、クリムゾンレッドの逆襲劇

《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。

《Twitterやっています》
アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、たまあに実況しながら記録などをつぶやきます。


《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!210人突破。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa


ブログパーツ
レンタルCGI








関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

交流戦首位

shibakawaさん、こんにちは。
ついに交流戦首位に立ちましたね。交流戦優勝の目標が伊達ではなかったところを見せてくれています。

それにしても台所事情はほんとに綱渡りですね。
ファームの先発投手を見ても高堀や福山が先発していたりして、人材不足なのか人数自体も不足してるんじゃないかと思ってしまいます。

美馬、釜田、辛島、塩見、ダックワース、、、、交流戦明けの頃には何人か戻ってこれるでしょうか。今のままでは苦しいですね。。

お久しぶりです。 そぼろです。

今の楽天のローテーションは、四人(田中・永井・則本・戸村)美馬の穴埋めは上園が上がるだろうと予想していますが、先発の役者不足が深刻だと思わざるえませんね。塩見・辛島が今だに登板なし、釜田は元気に投げてはいるもののパッとしない。美馬やダックワースもまだ投げてないようですね。今の楽天は外国人枠を使いきってる状態ですが、先発の外国人を補強してもいいんじゃないかなと思います。ジョーンズやマギー、ラズナーまでは故障でもない限り外れる事は考えにくいですが、ハウザーは今シーズン不安定さが目に付きますし、ダックワースの尻を叩く意味でも

有言実行

本当に阪神の貯金を8にしちゃいました。
(カントクの算段では1つ目は楽に、2つ目はとれれば儲け物・・
みたいだったと想像しましたが胃に10個穴があいちゃいましたね。
センロックで治してください。)

縁起をかついでマー君のように、交流戦もリーグ戦もV、
をぶちあげてもらえないかなぁ・・・。
いや、ツンデレ監督ではムリですね。

Re: 交流戦首位


へてきちさん、おはようございます。

> ついに交流戦首位に立ちましたね。交流戦優勝の目標が伊達ではなかったところを見せてくれています。

例年苦しむ交流戦ですから、今年こそは良い結果で終えてほしいと強く期待していますよ。

> それにしても台所事情はほんとに綱渡りですね。
> ファームの先発投手を見ても高堀や福山が先発していたりして、人材不足なのか人数自体も不足してるんじゃないかと思ってしまいます。

「人数自体も不足」なのでは?と私も考えています。一時期ハウザーも先発していましたし(ハウザーの先発はひょっとして上でもあるかもしれないとは思いますが)。

> 美馬、釜田、辛島、塩見、ダックワース、、、、交流戦明けの頃には何人か戻ってこれるでしょうか。今のままでは苦しいですね。

怪我ではない美馬、釜田、ダックあたりに早く調子を取り戻してほしいところです。塩見は復帰時期未定だとか。そんな報道を目にした記憶があります。辛島は5/2日刊スポーツ「【楽天】辛島は順調な回復ぶり」によると「1軍復帰は球宴後となる見込みだが」とのこと。

ということですので、塩見、辛島は当てにできませんし、前半戦の正念場は交流戦明けから球宴前に当たるリーグ戦と言えるのでは?と思っています。

Re: お久しぶりです。 そぼろです。

そぼろさん。

コメント有難うございます。こちらこそ御無沙汰してます。

> 今の楽天のローテーションは、四人(田中・永井・則本・戸村)美馬の穴埋めは上園が上がるだろうと予想していますが、先発の役者不足が深刻だと思わざるえませんね。

記録を見る限りでは、上園は下でなかなか良い投球をしているようで、この点は朗報と言えそうですね。被打率を確認してみたら.216(111-24)でした。

(戸村が頑張っていますが)「AKB闘将5」とは一体なんだったのか・・・という事態になっていますよね。塩見と辛島は前半戦は恐らく難しいのかなあとみています。

>今の楽天は外国人枠を使いきってる状態ですが、先発の外国人を補強してもいいんじゃないかなと思います。ジョーンズやマギー、ラズナーまでは故障でもない限り外れる事は考えにくいですが、ハウザーは今シーズン不安定さが目に付きますし、ダックワースの尻を叩く意味でも

オフに大枚叩きましたから、どれだけ資金的に余裕が残されているか?はあるものの、外国人補強はもちろん探っていってほしいですよね。リーグ最多失点、リーグワースト防御率をなんとかして改善していかなければならない。5月に入り4月と比べれば防御率も良くなっている感も抱きますが、これは交流戦の飛び石日程によるおかげとも言えますので、まだ予断を許すことはできませんし。

Re: 有言実行

ざっぷすさん

> 本当に阪神の貯金を8にしちゃいました。
> (カントクの算段では1つ目は楽に、2つ目はとれれば儲け物・・
> みたいだったと想像しましたが胃に10個穴があいちゃいましたね。
> センロックで治してください。)

まさかね、有言実行になるとは。2戦目は戸村がヒヤヒヤものの投球でしたし、まさか勝てるとは思っていませんでした。

よく6回まで投げさせたなと思いましたよ。
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
205位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
35位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}