FC2ブログ

マリナーズ岩隈久志、レンジャーズ強打線を相手に8回2失点の好投。超ストライク先行の投球が冴えをみせる!!──5/26○SEA4x-3TEX

スポンサーリンク







8連敗は止まったか?!

マリナーズは5/17インディアンス戦で延長10回サヨナラ負けを喫して以来、実に8連敗の窮地に立たされていた。本拠地セーフコフィールドに西地区1位のレンジャーズを迎えた3ゲームシリーズでも1、2戦を落とす。2戦目の昨日はエースのヘルナンデスが5回11安打5失点と打ち込まれ、2-5で痛い敗戦となっていた。

今季のマリナーズが、どうにか勝率5割ラインにくらいついていられたのは、ヘルナンデスと岩隈の所で連敗をストップさせ、大型連敗を作らなかったことが大きい。ところが、この8連敗中、キングは2度負け、岩隈は負けこそつかなかったもののインディアンス相手に6回5失点と精彩を欠き、連敗を加速させてしまっていた。

あれよあれよという間に、今や20勝29敗の借金9なのだ。勝率.408はアリーグ全体を見渡してもブルージェイズと並んでワースト2位タイの成績である(ワーストはアストロズの.286)。イチローを放出し若手に機会を与え、オフにはフェンスを手前へ出す改修工事にも着手したマリナーズだったが、このままいけば今年もプレーオフの5文字(?)からは早々に縁遠い存在になってしまいかねないのだ。

レンジャース3連戦の最終戦。チームの連敗をなんとしても8で止めるべく、岩隈が先発のマウンドに登っている。

両軍のスターティングラインアップ

レンジャーズ=1番・プロファー(遊)、2番・マーフィー(左)、3番・バークマン(指)、4番・ベルトレー(三)、5番・クルーズ(右)、6番・モアランド(一)、7番・ソト(捕)、8番・マーティン(中)、9番・ガルシア(二)、先発・テペッシュ(右投)

マリナーズ=1番・チャベス(右)、2番・シーガー(三)、3番・イバニエス(左)、4番・モラレス(一)、5番・モース(指)、6番・ソーンダース(中)、7番・アクリー(二)、8番・スクレ(捕)、9番・ライアン(遊)、先発・岩隈(右投)


ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


■試合別 投手成績
20130527DATA2.jpg

延長13回裏、ベイのサヨナラ打でマリナーズ連敗をストップ

時計の針は日本時間9時20分を指し示していた。

同時間の早朝5時10分から始まった長い長い試合に、ようやく終止符が打たれていた。

3-3の同点で迎えた延長13回裏2死3塁、代打で途中出場したジェイソン・ベイが左前へサヨナラの流し打ちヒット!

3塁から悠々走者がビクトリーのホームを踏み、マリナーズの連敗は8でストップ。約4時間10分の攻防の最後には、シアトルのファンを湧かせる歓喜のドラマが用意されていた。

8回まで投げた先発・岩隈には白星こそつかなかった。しかし、大型連敗を止めるサヨナラ勝利に寄与する十分の働きができたことに、まずは素直に喜びたい。

立ち上がりの1回、2回に1点ずつ、合計2点を失った。しかし3回以降は修正。見事に立ち直りをみせてゲームを作った点が、6回の同点劇、そしてジェイソン・ベイのサヨナラ打につながったと言えるのだ。

1回は1番プロファーにいきなり右翼へ被弾。2-2からの外を狙ったスライダーが、ストライクゾーンの真中へ、しかも棒球のような状態で入っていく失投となり、バット一閃でスタンドまで悠々持っていかれてしまう。この一撃は岩隈がメジャーに来てから通算3本目に当たる初回先頭打者本塁打となっていた。(SEA0-1TEX)

2回は短長打の連打で無死3,2塁のピンチ。7番・ソトを外いっぱいの(あのぅ・・・一応断りますけどダジャレじゃないよ)4シームで見逃し三振に討ち取ったものの、1死後、8番打者にセンターへ犠牲フライを打たれ、1失点。(SEA0-2TEX)

しかしだ。ピンチにカンカーン!とタイムリーヒットを簡単に打たれることなく、しっかりアウトと引き換えにしているところが、無死3,2塁のピンチを最少失点で切り抜けたコツと言え、ここで崩れることがなかったのが、この試合のポイントの1つと言える。

味方打線は相手先発テペッシュの前にタイミングが合わず3回までパーフェクト投球を許す苦しい内容だった。こりゃ、ダメかなと思われたが、打順が2回り目にに入った4回以降、4回2死2,1塁、5回2死2,1塁と2死から得点圏に進出、テペッシュを苦しめていく。

立ち直りをみせた岩隈は味方の反撃を待ちながら、3回以降は零封投球が続いていた。そんな状況で迎えた2点を追う6回の攻撃、先頭のシーガーが二塁打でチャンスを作ると、1死後、4番・モラレスのバットが火を噴く。打った瞬間、目の覚めるような強烈な一撃は、右翼席へ吸い込まれていく2ランショット。試合は振り出しに戻る。(SEA2-2TEX)

8回まで投げた岩隈は3回以降、走者の出塁を許したのは4回と7回の2イニングのみという好内容。他4イニングは三者凡退で、ヒットを打たれた回でも好運と相手拙攻でピンチを切り抜けてみせている。

4回は1死後、クルーズにセンターオーバーのフェンス直撃の長打を浴びた。中堅手ソーンダースがクッションボールの処理に少しもたついている。これを見た打者走者が2塁を蹴って一気に3塁を狙う。もたついたボールはその後が素晴らしかった。中継のライアンを経由して3塁へ好返球がやってきて、打者走者タッチアウト。この場面、味方守備のちょっとした綻びが結果オーライになる、岩隈にとって恵まれた僥倖となった。

7回は先頭ベルトレーにレフト左を襲う二塁打を許し、無死2塁。しかし、この後、相手に走塁ミスが出ている。バッターボックスのクルーズのバットを2-2から低めの投球で空振り三振に切ってとると、このとき二走ベルトレーが二三間に大きく飛び出しており、捕手スクレが冷静な判断で追いこみ、二三塁間に挟んでタッチアウト。得点圏のピンチを一気に摘み取ることに成功している。

7回を88球で終えた岩隈は8回も続投。7番ソトから始まるレンジャーズ下位打線を僅か8球で三者凡退させ、96球で本日のお仕事終了。2-2の同点で迎えた9回アタマから救援陣にバトンを託している。

試合はその後、延長戦に突入。11回両軍が1点ずつ取り合って(イバニエスの同点ソロも大きかった)、3-3で迎えた延長13回裏、同点2ランを放った4番モラレスの二塁打がその後のサヨナラ劇をお膳立てした。


■球種別 投球詳細


初めて組んだ新人捕手とのバッテリーで今季最高のストライク率

8回、打者27人、96球(1回当たり12.00、1人当たり3.56)、被安打5、被本塁打1、奪三振8、与四死球0、失点2、自責点2。

4シームのPFX平均値8.7 (前回9.6)

《奪三振の内訳》
見逃し1(4Seam1)、空振り7(4Seam5、Slider1、Splitter1)

《初球の入り27球》
4Seam12、Sinker8、Slider3、Curveball4

《2ストライク以降の34球》
4Seam13、Sinker3、Slider6、Splitter11、Curveball1


これでクオリティスタート率は80.0%から81.8%に上昇している。

実は数日前の23日、マリナーズは捕手モンテロを打撃不振などを理由に3Aへ降格させる人事を発表。代わりにタコマから打撃で結果を残していた若手捕手(とはいってもモンテロより2歳年上なのだが)スクレをメジャー初昇格させていた。

この日、岩隈がバッテリーを組んだのはメジャー2試合目の出場となったそのスクレだった。岩隈とスクレの初の共同作業はどうなのかな?ぎこちなさが出るのかな?と心配な面持ちで観戦に入ったものの、終わってみれば心配ご無用といえそうだ。

1、2回の2失点をぎこちなさが出たと表現することもできるかもしれない。しかし、トータルでみれば、験に乏しい新人捕手に代わったことで振りまわされることなく、クマはクマのピッチングを貫いたと言えそうだ。また、スクレも岩隈の意向やこの日の状態を汲んだ組み立てをしていたかな?と、好印象を持っている。

ということは、ストライク率の高さが証明している。

全体のストライク率は77.1%。今季最高の数字を叩き出していた。もちろん、ストライクが多ければ多いほど良いというものではないのだが、今季の岩隈は少なくともここまで70%を越えてきた試合は、いずれも好投をみせている。


71.7%=4/28エンジェルス戦、勝敗つかずも6回3安打1失点、自責無しの好投
71.6%=5/10アスレチックス戦、7回4安打2失点で勝利投手
70.0%=4/18タイガース戦、6回3安打無失点で勝利投手



初球ストライク率も66.7%と高値を示したが、特に白眉だったのは3球目2ストライク率である。

当ブログを定期的に閲覧してくださっている読者は、当ブログが初球のストライクよりも3球目をより重視していることは、分かって頂けているかと思うのだ。「マネーボール」にも、こんなくだりが出てくる。

たとえば、第1球がストライクだと、バッターの打率は約7分5厘下がる。ボールだと逆に同程度アップする。しかしなにより注目に値するのが3球めだ。

「1-2になるか2-1になるかで、結果の予想が大きく変わります。ワンストライク・ツーボールなら、メジャーリーグの平均的打者がオールスター級の打者に変身する。ツーストライク・ワンボールなら、貧打者に成り下がるんです。世間では初球のストライクが肝心だ、と言いますね。でもじつは初球なんて、3球のうちの1球にすぎません」(同書227頁より)


この試合、岩隈は打者3球目のカウント構築に大戦果を収めていた。最下記の96球詳細表の打者球数3球目をご覧頂きたい。19人中2ストライク以上は実に16人。3球目で2-1のボール先行になったケースは僅か3人のみという、ストライク先行の投球が光った。

甘い球がほとんどなく両サイドや低めに完璧に投げることができた、というわけでもない。それなりに甘い球はあったものの、多くの打者が捉えることができず、逆に岩隈にファウルでストライクカウントを稼がせていた。

やはり、ストライクゾーンの両サイドのみならず、高低と、途中から緩急を組みこんだリードの妙。それに、狙い球を絞らせず打者のタイミングやバットの芯を上手く外した岩隈のストライク先行の投球術が、打者にプレッシャーを与えているのだろう。

球種で言えば、4シームが素晴らしかった。

平均球速144.1キロ。これはここ最近の数試合では最速のスピードになる。球の伸びを示すというPFXでは8.7と平凡な数字になったものの、前述の投球術や球種のコンビネーション等もあって、レンジャーズ打線はクマの4シームに全く対応できていなかったと言えるのだ。

追い込むまでは見逃しストライクやファウルを打たせ、カウントを稼ぐ軸球として機能。追い込んでからも勝負球として威力を発揮、空振り三振5個、見逃し三振1個の合計6個のストライクアウトに、フライアウトが3本(うち内野2本)と上々だった。

特に1回3番バークマンを高め釣り球で三振に討ち取った場面など、クマとスクレの事前コミュニケーションが問題なかったことを伺わせるシーンとなった。

一方、いまひとつだったかな?と感じるのが勝負球のスプリッターだ。

岩隈のスプリッターは空振りを奪うことと同時にゴロを量産させるのも重要な役割を担っている。その意味で言えば3本のイージーゴロを生み出していたのだったが、空振りはこの日投げた18球のスプリッターうち、実に15球目、6回2死バークマンの空振り三振の結果球まで待たなければならなかった。

特に2回3回にはホームベースのかなり手前でワンバウンドする、岩隈にしてみればかなり珍しい投球が2度目撃されている。スプリッターを思うように操るには時間を要したが、終盤どうにか修正できたと言えそうだ。

というわけでスプリッターで奪った三振は僅か1個止まりだったものの、4シームで記録することが多く、トータルでは8個。これも(4シームの走りが良くなった今季は、しばしばあるのだが)珍しい傾向と言えるかもしれない。

前回登板5/20インディアンス戦は先発転向後、自己ワーストとも言える苦しいピッチングだっただけに、強力打線を誇るレンジャーズを迎えたこの試合、どうなるかな?と試金石のマウンドだったかと思う。

そんな中、見事に高いレベルでクオリティスタートを達成してみせたのは、さすがだなと唸らされるのだ。

これで岩隈は11試合を投げ終えた。自身の勝敗こそ5勝1敗だが、チームは9勝2敗。例え自身に白星がつかないときでも、岩隈の投球が味方勝利に大きく貢献していることを如実に示す数字と言えそうだ。

次回は中4日なら敵地ツインズ戦だろうか。ターゲットフィールドとはマウンドとの相性で少し苦しんだ記憶があるが、そこは岩隈だ。問題ない好投をみせてくれるだろうと信じている。【終】


■配球図
20130527DATA3.jpg


■5/26レンジャーズ戦の96球詳細
20130527DATA4.jpg
20130527DATA5.jpg
20130527DATA6.jpg


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




◎◎◎関連記事◎◎◎
【書評】 岩隈久志 著『感情をコントロールする技術~未来を切り拓く50の視点』(ワニブックス)
マリナーズ岩隈5勝目。ピンストライプをダマらせる敵地ヤンキースタジアムでの好投劇──5/15○SEA12-2NYY
マリナーズ岩隈久志が投じた「最もタフな101球」。自責点5はメジャー自己最多──5/20●SEA8-10XCLE

《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。

《Twitterやっています》
アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、たまあに実況しながら記録などをつぶやきます。


《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!210人突破。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa


ブログパーツ
レンタルCGI








関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

球種について

岩隈の速球は4シームとシンカーと表示されていますが、2シームは投げないのでしょうか?2シームがシンカーなのでしょうか?岩隈の4シームはまっすぐに見えるのですが、少し動いているのでしょうか?

Re: 球種について


ふらぼん

> 岩隈の速球は4シームとシンカーと表示されていますが、2シームは投げないのでしょうか?2シームがシンカーなのでしょうか?岩隈の4シームはまっすぐに見えるのですが、少し動いているのでしょうか?

コメント有難うございました。御指摘のとおり、2シームがシンカー表示になっています。メジャーでは日本で言うシュートをシンカーと呼ぶことが多いようです。岩隈の新著『感情をコントロールする技術』でも「ツーシームは、僕が投げるとシュート系の変化をするので」と書かれており、そのため、シンカー表示になっているのでしょう。

前後しますが、当ブログの球種・球速等の記録は全てMLB公式のGamedayが提供するデータを集計しています。MLB公式では、岩隈の2シームは全てシンカーとして表示されています。

4シームはまっすぐになります。が、しばしば中継映像を見ていると、動いているように見える時もあります。それが中継映像の角度のマウンドでそう見えるだけなのか?それとも本当に動いているのか?は咄嗟のことなので微妙なところになりますが、MLB公式では4シーム表示でも動いているように感じるときは、私も体験しています。

No title

お返事ありがとうございました。

No title

どうもこんばんわ、ざくろです。
今回も詳細なデータ等お疲れ様です。

この試合、やはり一番の心配は公式戦で初めて組む事になったスクレとの相性でしたが、
終わってみれば意外というか、特に何も問題なさそうだった事にまずは安心しました。
モンテロも捕球が難しいとコメントしていたスプリッター、これに関しても時折
捕球しそこねてはいたものの、後ろに逸らしたりという事はありませんでしたし、
あまりにもサインが合わずテンポが悪くなる、といった事も無かったので一安心でした。

初回プロファーに打たれてしまった先頭打者弾。
キンスラーがDL入りした事で、代わりにこのプロファーがレンジャーズ期待の若手、
まだ2年目ながら今季の新人王候補として注目されているという事でメジャーへと
昇格してきたわけですが、キンスラーが不在だったのに代わりの選手に被弾を…(笑)
さすがに予想していない展開だったので驚きましたが、逆に言えば注目されている
選手なだけはあって、まだ20才らしいのに凄いスイングとパワーでしたよね。
スクレは外に構えていたので完全に失投ではあったものの、まだ試合数もそう多くなく、
キンスラーの代わりに上がってきたわけなので、キンスラーが戻ってくるまでに
何とか結果を残さないといけない立場なのに、しっかり失投をフルスイングして
いきなりの得点、今更ながら、やっぱりメジャーは凄いなと思わされました。
ただ配球的に言えば、失投ではあったものの、2球続けてスライダーを投げて、
球速的な緩急もそこまであるわけではなく、失投になったとはいえコース的にも
内角の厳しいコースから真ん中に近いコースになったわけなので、ある意味これは
失投よりも、配球的なミスもあったと考えるべきでしょうか。
2球続けた事で軌道を完璧に見切られてしまっていたとでもいうか。

4回、クルーズの放ったフェンス直撃のツーベース、ソーンダースが二度も転びそうに
なった事でクルーズは三塁へと走りましたが、その後のソーンダースの送球、
そして中継に入ったライアンの送球がこれまた凄かったですよね。
やはり安心感のある守備を見せてくれるというか、結果的に転倒しそうになった
ソーンダースも、あれはあれでファインプレーだったというか(笑)
しかしライアン、この試合はこの中継プレーも見事でしたけど、この日は打撃でも
ライト前に上手く打ったり、セーフティバントで出塁したりと、まさかと言うと
失礼ですけど、打撃面でも活躍して頼りになる存在でしたよね。
バットのほうでも、今後これだけ打ってくれれば正に言う事無しですが…(笑)

一方のソーンダースは、この試合のみならず、最近ちょっと打撃面であまり
良い結果が出ていないのが心配ですよね。
岩隈の試合だけで言えば、DL入りから復帰以降の、最初のブルージェイズ戦では
打ちまくってくれていたものの、今回の試合も、前回のインディアンス戦も、
残念ながらあまり攻撃面では結果が出ていないだけに少し心配なところです。

この試合、他の面で言えばレンジャーズ側が捕手にソトを起用していた、
というのは結果的に助かる選択だったでしょうか。
前回のレンジャース戦を見る限り、ピアジンスキーは岩隈に対してタイミングが
合っているような感じでしたし、仮に2回表の、無死23塁でソトを見逃し三振に
仕留めた場面、仮にあそこがピアジンスキーだったら結果は悪いほうに
転がっていたかもしれないので、ソトを起用してくれたのはラッキーだったかなと。

前回同様スプリッターがあまり優れた結果を出していなかったものの、
この試合では岩隈が試合後に「スプリッターの落ちがあまり良くなかった」と
コメントしていましたし、仮に精度が良くなくても、当然相手打者は既に岩隈の
特徴を把握してるでしょうから、スプリッターを警戒するあまり、この試合で
見せたように急に速球が来てバットを出すも空振り三振、という結果に終わる事も
あると思うので、ホント仮にスプリッターの調子が良くなくても、
それはそれで試合を作れているわけなので、この辺りはさすがですよね。
PFXはそれほど優れた数値ではなかったようですが、shibakawaさんも
書かれているように、配球等の組み合わせで実際に空振りを奪っているので、
さすがだなと思わされました、映像的には十分球も走っているように見えましたし。

勝ち星がつかなかったのは残念でしたが、連敗を止める原動力になれましたし、
初めて組んだスクレとの相性も悪くはなかったりと、チーム的に見れば
非常に収穫のあった試合だなと思いました。
しかし毎試合思う事ですが、モラレスは非常に頼りになりますよね。
シーズン成績も優秀ですけど、岩隈の試合ではとにかく打ちまくってるなーと。
岩隈の勝敗に直結するイニングまでの間ではあるものの、毎試合打者の成績も
確認してるんですが、岩隈の試合…この試合だと8回裏までですが、
そういう風に岩隈の勝敗に関わるイニングまでの間の成績で言えば、
なんとモラレスはこの試合終了時点でジャスト5割の打率を残していました。
四死球を除くと岩隈の試合では36打席だったんですが、18安打、更に3本と、
正にバルガスをトレードに出してまで獲得した意味もあるというか。

次回はターゲット・フィールドというのが少し心配ですよね。
岩隈も既に一度経験しているので何かしら対策は練っていると思いますが、
最多四死球を記録してしまった球場だけに、何とか次回は持ち前の制球力を
見せつけてもらいたいところです、あと出来ればそろそろ6勝目も(笑)

あ、あと余談ながら前回のコメントの際に書いたカーブの件。
体が一塁方向に流れていると書いたと思うんですが、自分でも気になったので
この試合後、録画した映像を再確認したところ、本当に申し訳ないです、
体が流れていたのは岩隈ではなくインディアンス側の投手でした…(苦笑)
個人的にもあの試合は見ていて平常心を失っていたようで…(苦笑)
何とも紛らわしい事を書いてしまい申し訳なかったです。

Re: No title



ざくろさん、コメント有難うございます。

> この試合、やはり一番の心配は公式戦で初めて組む事になったスクレとの相性でしたが、
> 終わってみれば意外というか、特に何も問題なさそうだった事にまずは安心しました。

正捕手がドカっと座るようなNPBと違って、MLBでは捕手複数人制が多いですし、年が変われば顔ぶれがガラッと変わることも多いですし、捕手が誰であるか?によってその度毎にパフォーマンスがブレるようだと困りますから、スクレとの初の共同作業が無難に終わった点は、朗報になりました。これも郷に入れば郷に従えという岩隈ならではのスタンスが活きているようにも思います。

岩隈がスクレについてコメントしていたのを見つけました。「彼は良い投球だって声をかけてくれたし、ファストボールを増やそうとか、変化球は低めにとか言ってくれた」とのこと。2ストライク以降に速球を多く用いたのは、岩隈とスクレが共通の認識を持っていたからこそ、と言えそうですね。
http://canitalkaboutmlb.livedoor.biz/archives/67881647.html

> 初回プロファーに打たれてしまった先頭打者弾。
> キンスラーがDL入りした事で、代わりにこのプロファーがレンジャーズ期待の若手、
> まだ2年目ながら今季の新人王候補として注目されているという事でメジャーへと
> 昇格してきたわけですが、キンスラーが不在だったのに代わりの選手に被弾を…(笑)
> さすがに予想していない展開だったので驚きましたが、逆に言えば注目されている
> 選手なだけはあって、まだ20才らしいのに凄いスイングとパワーでしたよね。

この人もオランダ領キュラソー出身なんですよね。アンドリュー・ジョーンズと同じようなデビューをしていて、興味深く映りました。5ツールプレイヤーとして騒がれた同島出身の先輩アンドリューがワールドシリーズでの史上最年少本塁打を打ったのに対し、プロファーは昨年9/2インディアンス戦で球団記録となる最年少本塁打を放ってデビュー。「Slugger」誌では5ツールに選球眼、リーダーシップ、精神力を加えた8ツールプレイヤーだと評しています。

> 2球続けた事で軌道を完璧に見切られてしまっていたとでもいうか。

なるほど。プロスペクト中のプロスペクトですから、十分にありえる話でしょうね。プロファーの談話が気になりましたので、少し探してみましたが見当たらず。見つけることができたのは、この一発、メジャーで史上5人目に若い最年少初回先頭打者本塁打になったようです。ただ、上にいる4人は、いずれも1940年代~1950年代の記録。1959年以降ではプロファーの記録がトップになっています。

この後、2打席対戦し、左飛、遊ゴに討ち取っていますが、スライダーは投げていませんね(笑) やはり、あのスイングを見たら、無難に他の球で、ということなのかも。早くも次戦での対決が楽しみになってきました!

> 4回、クルーズの放ったフェンス直撃のツーベース、ソーンダースが二度も転びそうに
> なった事でクルーズは三塁へと走りましたが、その後のソーンダースの送球、
> そして中継に入ったライアンの送球がこれまた凄かったですよね。
> やはり安心感のある守備を見せてくれるというか、結果的に転倒しそうになった
> ソーンダースも、あれはあれでファインプレーだったというか(笑)

そうそう(笑) クッション処理にはもたついたものの、その後の送球は素晴らしかった! 結果オーライとはいえ、1死2塁か1死3塁になろうかという場面を2死走者なしにできたあの補殺は、岩隈を救いましたよね。あれ以上点差を広げられるわけにはいきませんでしたもの。

> しかしライアン、この試合はこの中継プレーも見事でしたけど、この日は打撃でも
> ライト前に上手く打ったり、セーフティバントで出塁したりと、まさかと言うと
> 失礼ですけど、打撃面でも活躍して頼りになる存在でしたよね。
> バットのほうでも、今後これだけ打ってくれれば正に言う事無しですが…(笑)

あの右前安打は見事なヒットでした。2-2と追い込まれてからのヒットでしたし、結果球はアウトコース低めの難しい球のようにみえましたが、うまくくらいついて逆方向へ運んだ素晴らしいヒットで、良いものがみれたなあという気分に。

そう言えば、現在店頭に並んでいる「Slugger」7月号(ハーパーとトラウトが表紙)の5ツールプレイヤー特集で、逆に1ツールだけでサバイバルする代表選手として、ライアンの記事が載っていて興味深かったです(41頁から)。「時には三塁手がいなければプレーするのが楽しいのに」というライアンのコメントも紹介されていました(笑)

> 一方のソーンダースは、この試合のみならず、最近ちょっと打撃面であまり
> 良い結果が出ていないのが心配ですよね。
> 岩隈の試合だけで言えば、DL入りから復帰以降の、最初のブルージェイズ戦では
> 打ちまくってくれていたものの、今回の試合も、前回のインディアンス戦も、
> 残念ながらあまり攻撃面では結果が出ていないだけに少し心配なところです。

WBCではカナダ代表として好活躍をみせていただけに、なおさら今季は打撃での期待が高まっていたかと思うのですが、ソーンダースもWBC疲れなのかもしれませんね。三振の多さが目立ちますが、この人は元々三振は多いスタイルですし、早めの復調を願いたいところです。

> この試合、他の面で言えばレンジャーズ側が捕手にソトを起用していた、
> というのは結果的に助かる選択だったでしょうか。
> 前回のレンジャース戦を見る限り、ピアジンスキーは岩隈に対してタイミングが
> 合っているような感じでしたし、仮に2回表の、無死23塁でソトを見逃し三振に
> 仕留めた場面、仮にあそこがピアジンスキーだったら結果は悪いほうに
> 転がっていたかもしれないので、ソトを起用してくれたのはラッキーだったかなと。

この点は気が付きませんでしたが、なるほど仰るとおりだと合点しました。大きな分岐点になったかもしれないポイントの1つですね。前回はスプリッターを上手く拾われ中前安打、もう1本は凡打でしたがフェンスぎりぎりまで打たれた大飛球だったのを覚えています。この試合でも途中から代打で出てきて11回表に勝ち越しタイムリーを放っていましたし、もしビアジンスキーがスタメンマスクだったら・・・と考えると、また違った結末があったのかもしれません。

> 特徴を把握してるでしょうから、スプリッターを警戒するあまり、この試合で
> 見せたように急に速球が来てバットを出すも空振り三振、という結果に終わる事も
> あると思うので、ホント仮にスプリッターの調子が良くなくても、
> それはそれで試合を作れているわけなので、この辺りはさすがですよね。
> PFXはそれほど優れた数値ではなかったようですが、shibakawaさんも
> 書かれているように、配球等の組み合わせで実際に空振りを奪っているので、
> さすがだなと思わされました、映像的には十分球も走っているように見えましたし。

この辺りの、打者と投手の騙し合い、駆け引きの妙は見ていて本当に面白いところです。1年目があって2年目がある、2年目の楽しさというか。4シーム自体の球速・球威は昨年と比べれば格段に上がっていると思うのですが、もし今年がメジャー1年目だったら、恐らく高めの4シームはもっと打たれているような感じ、受けるんです。やっぱり、昨年、低めスプリッターのインパクトを打者に強烈に植え付けた伏線があってこそ、より4シームが活きているということなんでしょうね。

> しかし毎試合思う事ですが、モラレスは非常に頼りになりますよね。
> シーズン成績も優秀ですけど、岩隈の試合ではとにかく打ちまくってるなーと。
> 岩隈の勝敗に直結するイニングまでの間ではあるものの、毎試合打者の成績も
> 確認してるんですが、岩隈の試合…この試合だと8回裏までですが、
> そういう風に岩隈の勝敗に関わるイニングまでの間の成績で言えば、
> なんとモラレスはこの試合終了時点でジャスト5割の打率を残していました。
> 四死球を除くと岩隈の試合では36打席だったんですが、18安打、更に3本と、
> 正にバルガスをトレードに出してまで獲得した意味もあるというか。

驚!!!5割ですか! なんとも頼もしい。私もモラレスは良く打つなあとは感じていました。打率.294ですが絶対に岩隈登板試合では3割以上打っているとは確信していたのですが、遥かその上を越えていく5割ですか。今季まだ打者の成績は手つかずになっているので、大変驚きました。(他にはイバニエスやシーガーも良く打っているのでは?と感じています)

それでは、モラレスに次回ツインズ戦でも大いに期待しましょう! 昨年モラレスのツインズ戦打率.333だったそうですから。
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
205位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
35位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}