FC2ブログ

【試合評】 2013年5月9日(木) ○楽天イーグルス6-2日本ハム。理解できる中田四球アブレイユ勝負。吉川を追い詰めた2回無死満塁での4得点劇

スポンサーリンク








被打率.316

今夜、先発・美馬がファイターズ打線に許した被打率である。正直、良くなかった。

立ち上がりの1回2死2,1塁だ。アブレイユに左中間へ先制二塁打を打たれたときは、さすがにさらなる失点を覚悟した。しかし、ここは美馬が踏ん張る。ホフパワーを変化球攻めで追い込んだ後、弱点のインハイ釣り球でバットに空を切らせ、空振り三振。

直後、打線がすぐさま反撃を開始したのが、この試合のカギになった。解説・岩本勉氏いわく「キャンプ中のシートバッティングのようですね」というイヌワシ打線の見事な反攻が繰り広げられた。

AJとマギー。両外国人の槍働きが光ったのは、2回表の同点劇である。

先頭打者はAJ。AJが出塁した無死1塁の得点期待値は1.471、得点確率は58.8%。AJ以外では0.750、37.5%だから、AJの先頭打者出塁が持つ意味は大きい。今夜も2-2からの5球目、吉川が投じた外から入る際どい変化球をみきわめ、その後フルカウントから1塁に歩いてみせた。

直後、マギーのバットから3試合連続の打点が生まれている。甘いスライダーを芯で捉えた一撃はショートオーバー。鋭い打球が左中間で弾み、そのまま球足速くフェンスまで転がっていく。良いスタートを切っていたAJが走りに走った! バックホームが来るものの、一足先に同点のホームを踏むことに成功。これで試合を振り出しに戻したのが大きかった。(楽1-1日)

翌3回、今度は一気に4得点だ。

先頭・嶋がピッチャー返しで出塁。鉄平の送りバントが捕手・鶴岡の2塁送球フィルダースチョイスを誘うと、松井も右方向へ運んでいく。無死満塁、絶好のチャンスに藤田、聖澤の連続タイムリー、AJのセンター犠牲フライで一気に4点を奪い、本調子ではない美馬を楽にさせた。

痛烈な当たりをみせたのは藤田だ。セカンド左を鋭く射抜いた当たりはそのまま左中間深くを襲う2点適時二塁打となった。初球の逆球をとらえてみせたのは聖澤。吉川がアウトコースを狙った投球が真中近辺に入ったところを、逃さなかった。(聖澤はこれで9試合連続安打。AJは追いこまれてから2球、高め速球を差し込まれ気味のファウルにされたものの、3度目の正直で捉えてみせ、センター奥深くへ飛球を運んでみせた。

3回までに5点をとった打線は、その後も吉川を苦しめた。6回はマギー、中島の2安打で1死3,1塁のチャンス。しかし、ここはバットでも2本の二塁打を放ってみせた「二刀流」大谷翔平の好プレーに阻まれてしまう。

バッターボックスは嶋。外角高めの、見逃せば完全なボール球。それを犠飛狙いで強引に右打ちにいった。飛球はライト・大谷の正面を突く。三走・マギーは本塁タッチアップ。大谷が内野へ素早い返球。中継を経由してのバックホームは、本塁クロスプレーとなった。マギーが鶴岡に激しいタックルを見舞うも、ボールをこぼさなかった鶴岡の好守にも遭い、本塁憤死。(ちなみに昨今MLBではあのような本塁体当たりの走塁は禁止にしようという動きがあるらしい)

8回、途中出場した森山の適時打で1点を追加すると、投手陣は6回以降1イニングずつ斎藤、小山、ラズナー、青山とつないでいく。何度かピンチは作ったものの、日本ハム打線の反撃を6回以降1点に止めて、見事5-2で勝利した。

楽天は今季初の5連勝。チーム成績を33試合17勝16敗とし、4/18以来の貯金1。直近10試合6勝4敗、5月月間成績6勝2敗、日本ハム戦4勝4敗、ビジター戦績8勝8敗、相手先発左投手試合4勝7敗としている。ゲーム差は1位・ロッテと3.5、2位・西武と3.0、4位・ソフトバンクと2.0、6位・オリックスと4.0となった。

下記のとおり、5月に入って、波が激しいチームが多い中、楽天はロッテに続く2位の好成績を示している。ここまではみごとな5月攻勢をみせているイーグルス。願わくばこの流れを維持したまま、交流戦に臨みたいところ。


■パリーグ各球団5月成績
20130509DATA6.jpg


両軍のスターティングラインアップ

楽天=1番・松井(遊)、2番・藤田(二)、3番・聖澤(中)、4番・ジョーンズ(指)、5番・マギー(一)、6番・高須(三)、7番・中島(左)、8番・嶋(捕)、9番・鉄平(右)、先発・美馬(右投)

日本ハム=1番・陽(中)、2番・鶴岡(捕)、3番・小谷野(三)、4番・中田(左)、5番・アブレイユ(指)、6番・ホフパワー(一)、7番・大谷(右)、8番・大引(遊)、9番・西川(二)、先発・吉川(左投)


ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

20130509DATA2.jpg
HANREI.jpg

短絡的な批判は避けたい、2度あった中田フォアボール、アブレイユ勝負の場面

1回2死1塁、中田をアウトコースのクサい攻めで歩かせて、2死2,1塁からアブレイユに先制二塁打を打たれた美馬。2打席目となる4点リードの3回も2死3塁で中田をクサい攻めで歩かせ、アブレイユ勝負を選択していた。

1回から中田と堂々と勝負しにいかず、手を出してくれたら儲けものみたいな、一見「逃げ」にみえてしまう投球に終始した美馬。その姿勢を、闘志がないと批判する向きもあるのかもしれない。

だが、冷静に状況を判断せずに、短絡的に批判するのは、お門違いだ。

私はこの作戦を理解したい。

まず、相手投手が昨年MVP投手の吉川だったこと。両外国人が加わった今季のイヌワシ打線とはいえ、早々簡単に点を取らせてはもらえそうもない左腕である。当然、ロースコアで1点を巡る攻防が予想されった。そんな中、最も避けなければならないのは、先制失点のリスクなのだ。

相手打者との相性や現在の調子も念頭にあったはず。先発転向後の美馬と中田の通算対戦成績は18打数9安打3本塁打の.500。今季は追い込まれてから逆方向への軽打で出塁するケースも目立ち、嫌らしい打撃をみせている。一方、アブレイユは昨夜田中から一発を放ったものの他3打席はいずれも三振。5月に入ってから25打数4安打の.160とバットは湿りがち。打撃に穴があるのはアブレイユのほうだろう。

相手打線に及ぼす波及効果も考慮しなければならない。打たれた場合、どちらが嫌か。4番の中田が打ったら日本ハム打線全体を調子づかせてしまうことにもなりかねない。

今季2連敗という美馬の日本ハム戦成績も脳裏にあったかもしれない。

そのため、楽天バッテリーは2人で1つのアウトを取ること決断し、アブレイユとの勝負を選択したのだろう。

ただ、アブレイユの初球、内角を要求するのはどうだったか? 

嶋のミットどおりに投げ切れず真中に入ってしまった美馬の失投が最大原因だが、ここは無難にアウトコースから入ったほうが良かったかもしれない。一方、初球インサイドを要求した理由も推測できる。アブレイユは内角に弱く、外角に強い打者。勝負球を外角で勝負するには、その前に内角を攻め、踏みこませないようにしないといけなかった。そのための布石球だったのだが、真中へ入ってしまった。

4イニングをブルペンリレーでつなぐ

実は今日のような継投をずっと心待ちにしていたのだった。楽天は少なくとも2009年以降、救援陣の仕事量が年々目減りし、逆に先発陣は右肩上がりの仕事量となっているパリーグで唯一のいびつな球団だった。投手分業制の今、先発陣に過度な負担をしいているチームとも言えるのだ。その結果の1つが、辛島、塩見の故障離脱、精彩を欠く2年目の釜田といったところになる。

5-1と4点リードで迎えた6回裏、継投策に入った。先発を5回でひっこめ、6回アタマから継投に入ったのは今季初のことになる。6回は斎藤、7回は小山、8回はラズナー、9回は青山。指揮官の新・勝利の方程式が初めてお披露目されたかたちとなった。

6回に登板した斎藤が中田、大谷に2本の二塁打をくらって1点を失ったものの、6回以降4人のリレーで1失点に止めた点は合格点と言えそうだ。その斎藤もストレートの最速は148キロを計測、球は走っていた。ばらつく球もあったものの、コースいっぱいに決まる素晴らしいストレートもあり、暖気運転であと1、2試合も放れば、久しぶりのプロ野球にも慣れ、マウンド上での力みも取れていくのでは?と期待している。


■楽天 美馬学 球種別 投球詳細
20130509DATA3.jpg

打線に救われた美馬、要所を併殺打でしのぐなど5回1失点の粘投

5回、打者21人、58球(1回当たり11.60、1人当たり2.76)、被安打6、奪三振1、与四球2、失点1、自責点1。

降板後の美馬のコメント「1失点でなんとかしのいで耐えたという感じです。初回に失点してしまいましたが、すぐに取り返してもらえて楽になりました。打ってもらって守備でも助けてもらって、本当に感謝です」

もし打線がすぐさま追いつけず、吉川の前にゼロを並べ続けていたら、どうなっていただろう? 5回6安打2四球1失点という結果以上にもっと悪い数字が並んでいた可能性は否定できなかった。

美馬のコメントにもあるように、即同点、間髪入れずにまとまった勝ち越し点という打線の援護が美馬を随分と楽にさせた。

イニング先頭打者の出塁を許した3回、5回は、その後、持ち味であるゴロで打たせる投球で後続を併殺網にかけてみせ、要所を押さえる粘りの投球をみせた。この2本のゲッツーも、大きかった。

ストライク率は60.3%といまひとつ。制球を乱す場面もあった美馬だったが、正直、前回5/9日本ハム戦5回9失点の後遺症が感じられた。

美馬の日本ハム戦の先発投手成績を調べてみた。これで通算3勝4敗、防御率4.67となっている。

■美馬学 日本ハム戦 年度別 登板日別 先発投手成績


■日本ハム 吉川光夫 球種別 投球詳細
20130509DATA4.jpg

イヌワシ打線、これで対・吉川対戦打率は.320へ

6回、打者26人、84球(1回当たり14.00、1人当たり3.23)、被安打9、奪三振2、与四球1、失点5、自責点5。

左肘に故障を抱えている吉川は復調へ向けて階段を登っている途上にあった。その吉川を助けてしまうのか?それとも本調子に待ったをかけるのか?、残りシーズンを考えても、ひと泡吹かせておきたい試合だったが、打線は良く点を取ってくれたという印象だ。

大きかったのは、マギーと藤田、中島の二塁打だ。マギー斗藤田は同点打に勝ち越し決勝打という意味合いがあったが、それ以外にも、外野の間を割るツーベースという点で大きな意味を持っていた。

というのも、試合前データで今季イヌワシ打線は吉川から53打数15安打のヒットを記録したものの、いずれもシングルヒット止まりだったわけだ。そんな中、この3人がバットの芯をくう会心の一撃で左中間、右中間、左翼線を破ってみせた。

左キラーで先発起用された中島はみごとその期待に応える2安打をマーク。これで吉川相手に今季5打数4安打。持ち味を出す好活躍が光っている。【終】


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




◎◎◎関連記事◎◎◎
《美馬の前回登板試合》
【試合評】 2013年5月3日(金) ●楽天イーグルス1-13日本ハム。五月晴れKスタ上空の青空キャンバスに、自由自在、絵筆を走らせた日本ハム打線。3番・聖澤ってどうよ?!
《直近2試合の試合評》
【試合評】 2013年5月6日(月・祝) ○楽天イーグルス10-3オリックス。GWホーム最終戦、白星は斎藤隆の手に。ジョーンズ&マギー砲に松井の球団17本目の満塁弾
【試合評】 2013年5月8日(水) ○楽天イーグルス5-2日本ハム。木佐貫の勝負球を上手く拾ってみせた鉄平、聖澤の巧打。田中ハーラートップ5勝、チームは勝率五割復帰

《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。

《Twitterやっています》
アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、たまあに実況しながら記録などをつぶやきます。


《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!210人突破。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa


ブログパーツ
レンタルCGI






関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
173位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
28位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}