FC2ブログ

【記録】 楽天イーグルス 鉄平選手 2010年 各種打率 打順別 打席別 カウント別 塁状況別 対戦チーム別 勝敗試合別

スポンサーリンク

今回は、前回BTブログでの「対戦投手別打撃成績・対戦成績」に引き続き、鉄平選手の今季打撃成績、打率詳細について考えてみようと思います。同様のことは既に渡辺直人選手で行いました。
その前に...↓↓↓

鉄平選手の打率詳細を振り返る前に、なにとぞ、皆さんのお力をブログ村へ! 宜しくお願い致します。m(_ _)m
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

さて、まずは、今季の主な打撃成績を確認してみましょう。

いずれの数値も一流打者を証明、選球眼が向上! 三振をしない打者へと進化!

■今季の主な打撃成績 (カッコ内は昨年成績)
OPS・・・.855 (パリーグ規定打席到達者対象8位。前年.895/4位)
出塁率・・・.391 (同7位。前年.391/3位)
長打率・・・.464 (前年.504)
打率・・・.318 (同6位。前年.327/1位)
得点圏打率・・・.271 (前年.319)
BB/K・・・.930 (パリーグ規定打席到達者対象3位。前年.618/11位)
IsoD・・・.073 (同13位。前年.064/21位)
RC27・・・7.02 (同7位。前年7.43/2位)
RC・・・90.79 (同11位。前年97.95/4位)
試合数127(132)、打席数555(565)、打数481(496)、安打153(162)、二塁打29(26)、三塁打7(13)、本塁打7(12)、塁打数223(250)、得点86(84)、打点64(76)、三振57(76)、四球53(47)、死球9(9)、犠打5(8)、犠飛7(5)、盗塁13(13)、併殺打3(4)


昨年首位打者を獲得した鉄平選手ですが、2年連続打率3割に乗せたことはまだありません。何年も連続して3割を打つというのは球界でも一握りの好打者のみ。ましてやリーディングヒッターに輝いた次のシーズンです。当然相手球団の攻めも厳しくなるのが予想され、そのため、開幕前から3割なるか?を僕は注視していましたが、完全な杞憂に終わってなによりです。

今季の鉄平は素晴らしい成績を残しました。上記のように、ほとんどの数値・指標・成績が一流であることを証明しています。OPS、長打率、RC関連の数値が若干目減りしていますが、これは三塁打・本塁打の数が減少しているため、ですね。(相手の研究により、三塁打となる長打コースを塞がれているのかも?)

特筆すべきは、進化を遂げた選球眼です。今年は三振しなくなった。昨年三振76に対して今季は57に減少。2割5分も三振数を減らしました。一方、四球は47から53に増え、そのため、選球眼の良さを診るBB/K(四球÷三振)では、今季パリーグ3位の.930を記録しています(ちなみに1位は西武・栗山1.159、2位は日本ハム・田中賢1.091、4位はロッテ・井口.860という顔ぶれ)。この値、昨年.618からの大幅改善でした。

同じく選球眼を診る指標とされている、安打以外の出塁率を診るIsoD、こちらも昨年.064から.073と改善されています。

BABIP診断では、2009年から完全に新たなステージに突入したのを再確認できます!

■年度別BABIP
20101016DATA6.jpg

楽天にきてからの鉄平の合計5年間をBABIPで診てみたいと思います。BABIPはその選手の実力が運にどれだけ左右されているか?を診る指標(本塁打以外の打球が安打になる確率)、大ざっぱに言えば、平均BABIPより上なら運も味方につけていた、下なら運にも見放されてしまった、ということが言えます。

上記表のとおり、鉄平の平均BABIPは.332。これを基準にすると、出来すぎのシーズンは、移籍初年度の2006年、2009年、2010年。特にここ2年はBABIPも上出来、OPSも上出来となっており、鉄平は昨年から完全に(選手のレベルにおける)新たなステージに突入しているのが再確認できますよね。

しかししかし...BABIP診断では、運も味方につけていたといえる2010年、いまひとつ物足りなさを感じるのも本音なのです...(それは下記で)

次に月度別を。

夏場以降、覚醒──冴えをみせた打棒。OPS.799から.980へ

■2010年月度別打撃成績
◎前半戦(3/20~7/21):OPS.799、打率.304、出塁率.363 (339打数103安打40打点 42三振 33四死 19二塁打4三塁打6本塁打)
◎後半戦(7/27~9/18):OPS.980、打率.352、出塁率.451 (142打数50安打24打点 15三振 29四死 10二塁打3三塁打3本塁打)
--------------
◎3月:OPS.782、打率.310、出塁率.333 (29打数9安打5打点 3三振 1四死 4二塁打)
◎4月:OPS.731、打率.299、出塁率.370 (97打数29安打7打点 17三振 11四死 4二塁打1三塁打)
◎5月:OPS.785、打率.289、出塁率.351 (83打数24安打13打点 8三振 9四死 4二塁打1三塁打2本塁打)
◎6月:OPS.767、打率.295、出塁率.356 (78打数23安打6打点 10三振 8四死 2二塁打2三塁打1本塁打)
◎7月:OPS.920、打率.324、出塁率.385 (71打数23安打10打点 8三振 7四死 6二塁打3本塁打)
◎8月:OPS.947、打率.321、出塁率.434 (78打数25安打13打点 8三振 18四死 5二塁打2三塁打2本塁打)
◎9月:OPS1.163、打率.444、出塁率.519 (45打数20安打10打点 3三振 8四死 4二塁打1三塁打1本塁打)


相手チームの研究が進み、執拗な攻めもあったのでしょう、前半戦、特に4月に調子を落とし、いまいち波に乗れなかった打撃ですが、後半戦になると、上手く波を捉え、ビッグウェーブを華麗に乗りこなしたかのような、そんな印象の好成績を残してくれました。後半戦打率.352、OPSは目を見張る.980!

夏場に打撃フォームをマイナーチェンジしました。ボールに対して、よりバットが自然と出やすくするため、また、左手でバットをより強く押し込んでいくため、左脇を空けてバットを構えるフォームに修正してきました。一方、今季は予想を遥かに越える酷暑。大半の投手が多かれ少なかれ調子を落とす結果となりました。鉄平の頑張りが投手陣の不調を上手く利用したかたちとなり、相乗効果でこの好成績に繋がったのでは?と推測できます。

特に8月。三振8個に対して四死球が18個。9月も同様の傾向で三振3個に対して四死が8個と上回っています。前半戦9.02打席に1度三振していたのが、後半戦では11.73打席に1度という数値。より三振しなくなった、さらに四死球出塁が増えました。

そのため、選球眼を診るBB/Kでパリーグ3位の好記録を残すことになったわけですが、実を言うと、僕のイメージでは、今季の鉄平は三振を多くしている、そんな印象だったのです。

というのも、4月をみてください。11四死に対し三振は17個。4月は6.74打席で1回三振していた計算になるのです。僕の中でこの印象があまりにも強烈すぎて、後半戦は好成績にもかかわらず、その記憶を修正できずに今に至ってしまったという具合なのです。

それでは、何故4月は17個の三振を喫するほど悪かったのか? 次の打順別打撃成績の項で詳細にみていきたいと思います。

2番起用がリズムを狂わせた... 3番でOPS.913も2番だと.503の最低値...

■打順別打撃成績
20101016DATA7.jpg

開幕月間となった3月、鉄平は全試合で3番スタメンに据わり、29打数9安打5打点の打率.310と好スタートを切ることに成功します。しかし、1,2番が不調でした。聖澤1番で売り出したものの結果が出ず1番は日替わり起用になり、主に2番に据わった渡辺直も打率.231の打撃不振。1,2番が機能しないため打線が繋がらず得点力が上がらない、という悪循環に陥っていました。

そのため、ブラウン監督は4月に入り打線の組み替えを決意。後に2番好打者説で嶋を据えたように、2番に好調の鉄平を起用、3番には打率.333とさらに好調だった高須を据えました。先頭打者の出塁を鉄平でチャンスを広げ、必殺仕事人に走者を返してもらう、そんな青写真だったのでしょう。また、鉄平が併殺打の少ない打者である利点も、ブラウン監督の鉄平2番起用案を大きく後押ししたかもしれません。
(余談ですが、1番鉄平、2番渡辺直、3番高須・・・という打順も見てみたかったと思います。この場合の1番はイチロー型の1番打者です。)

ところが、この2番起用が結果として鉄平の打撃の調子を狂わせてしまった、そう言えます。

上記のように、2番での成績はOPS.503、出塁率.250、打率.203といずれも最低値を記録。この打順で5個の四死球に対し大幅に上回る19個もの三振を喫しています。もっと丁寧にみるなら、4月5月の2番成績は、68打数14安打、2二塁打1三塁打、16三振5四球、打率.206でした。

従来型の2番打者としての役割は、走者1塁2塁の時、走者を進塁させることが最低限の仕事になります。その意味で言えば、塁状況が1塁、2塁、2,1塁の場面で2番打者鉄平に回ってきたケースは今季19回ありました。そのうち走者を進めることになったのは73.7%にあたる14回(安打7、四球1、犠打2、進塁打4(凡打7のうち4本の進塁打))でした。2番打者としての仕事はきっちりこなしていた姿が浮かび上がってきます。

ただ、ブラウン野球で2番に求めるのは従来型の2番像ではなかったはず。3番鉄平のスタイルで2番をこなしてほしいといったところだったと思いますが、その意思伝達をうまく取れていなかったのも、2番に据わったとたんに打撃の調子を落としていった要因の1つといえます。

やはり、鉄平は3番が最もしっくりきますね!

好打者の条件を見事にクリア! 試合展開に流されず、己の打撃を貫く今季の鉄平。

■試合別・試合展開別打撃成績
20101016DATA5.jpg

渡辺直人の打率が勝ち試合で.319・負け試合だと.223であるのと比較すると、鉄平は試合の勝敗に関係なく成績を残しているのが確認できます。リード時、0-0/同点時、ビハインド時の成績も特に悪い所は無く、どんな状況でもヒットを打てているといえます。あえて指摘するとすれば、ビハインドの展開だと四球より三振が多くなる、そのくらいでしょうか。

勝っている時でも負けている時でも自分の打撃スタイルで結果を残す。球界トップクラスの好打者の条件だと思うのですが、鉄平はそれを見事クリアしている、といえます。

1打席目の悪成績が得点圏打率・打点などに響く結果に...

■打席別打撃成績
20101016DATA8.jpg

打席順の成績をみていきます。好成績は2打席目、4打席目以降、悪成績は1打席目と3打席目。

特に1打席目の悪さは懸念されるところです。この点が、今季の鉄平に対して僕が個人的にいまひとつ物足りなさを感じる最大の原因ですね。

鉄平は今季主に3番(次に2番)に据わる機会が多かったため、1打席目もその大半を初回に迎えています。そのため、1打席目=1回の打席とほぼ断言することができます。

特に先発投手にとっての初回は、立ち上がりが不安定なことが多く、相手投手にとっては鬼門、攻撃側から言えば攻略できるか?否か?の最初の試金石となるイニングといえます。先制点の攻防と意味でも非常に重要なイニングになります。ここで打点が僅か7しか記録できていないのが痛いですね

以前、9/10終了時データで「無死1塁からのバント作戦は有効か?否か?」をとりあげたことがありました。

その時の調査結果だと、強攻策の得点確率42.3%・期待値0.846点に対し、バント作戦の得点確率36.2%、期待値0.681。2番打者が強攻作戦の場合の得点確率50.0%・期待値1.090点、2番打者がバント作戦の場合の得点確率24.2%・期待値0.485点。

(他にもいろんな状況を検証しましたが)今季に限っていえば、バント作戦より強攻策のほうが得点が入る確率が高かったという結果になりました。

この時、初回、先頭打者(聖澤)が出塁して2番打者がバントして1死2塁の得点圏、3番の鉄平が凡退するケースが多いのでは?と推論を述べましたが、この1打席目のかんばしくない打撃成績をみると、さもありなん、と改めて思います。

この時のデータを加工してもう少し詳しくみてみると、初回バント作戦、1死2塁の得点圏で3番鉄平にまわってきた回数は14打席。その結果は13打数1安打1四球の打率.071と散々な結果になっています。

ちなみに、3番時の得点圏打率を調べてみると、、、打率.269、出塁率.381、OPS.766、104打数28安打40打点 8三振 10二塁打 1三塁打 7犠飛 1犠打 18球、となっています。

3番に据わった時の今季OPSは9割越えを記録するも、得点圏ではOPS9割の額面が絵餅になっていた、といえます。ここに物足りなさを感じてしまうのです。

好相性=日本ハム戦、悪相性=ソフトバンク戦

■対戦チーム別打撃成績
20101016DATA9.jpg

日本ハム戦で相性が良いのは、武田勝、ダルビッシュ、ケッペル相手に好成績だったのが大きいでしょうね。

武田勝(F)・・・打率.400、出塁率.438 (15打数6安打1打点1三振1四球2二塁打)
ダルビッシュ(F)・・・打率.286、出塁率.444 (14打数4安打3三振3四球1死球)
ケッペル(F)・・・打率.375、出塁率.375 (8打数3安打2打点1本塁打)


悪相性はホークス戦。打率.244、三振も最多の15個。まぁ、ホークスはチーム奪三振率が8.67とセパ12球団1位ですから、仕方がないと言えば仕方がないですか。不調だった4月に喫した17個の三振のうち、7個がホークス戦だったのも大きいですね。

((参照))「鉄平vs全投手別2010年対戦成績・打撃成績」

以前はパワプロに「対左投手2」のマイナス特殊能力がついてましたが、それも昔の話です!

■左右投手別打撃成績
20101016DATA4.jpg

2009年にリーディングヒッターを獲ることができた要因の1つとして、対左投手打率が2008年.202だったのが2009年.314と改善したのが大きかったのです。今季も投手の左右を苦にしない成績を残している点が2年連続打率3割等の好成績を残せた原因といえます。

優れたチャンスメーカーだったが...

■塁状況別打撃成績
20101016DATA3.jpg

この成績をみると、走者無し、1塁の状況において鉄平の実力が最大限発揮されるといえそうです。一方で、得点圏で分母の大きい1,2塁、2塁は打率が低下、3塁、満塁時は好成績なものの、結果として全体の得点圏打率を大きく下げてしまっています。つまり、今季の鉄平はポイントゲッターよりチャンスメーカーだったといえますね。(昨年と今年の得点を比較してもほぼ同値のため、チャンスメーカーとしての役割は昨年同様の活躍だったといえます)

来季は秀逸なポイントゲッターでもあり優れたチャンスメーカーでもある。その役目を3番で担ってほしいですね。

(松井稼頭夫がもし入団したら、3番ではないかもしれませんが)

追い込まれても、へっちゃらです!

■カウント別打撃成績


唯一2ストライク0ボールのカントの時が打率.147と悪いですが、他はどのカウント状況でも好結果~まずまずの結果を残していますね。一般にはストライクカウントが増えるにつれて打率は急降下するのですが、鉄平に限っていえば、そんなことはなく、穴が無いと言えます。

鉄平の年度別のカウント別打撃成績を持ち合わせていないため確かなことは言えませんが、鉄平の2009年の2ストライク以降の打率は.251(239打数60安打22打点、24四死、4本塁打)、2010年も打率.260、ここに2009年から本格的に花開いた鉄平のバットコントロールの良さが表れているような気がします。

((参照))楽天イーグルス選手2009年2ストライク後の打率

長くなりました。とりあえず、この記事はここまで。既に調べはついてますので、近いうち、鉄平のゾーン別コース別打率を掲載したいと思います。

最後までお付き合いいただき、有難うございました。

------------------------------------------------

ベースボールタイムズウィークリー紙のオンラインサイト、ベースボールタイムズオンライン「アウトサイドレポート~スタンドとTVから見たプロ野球~」更新しました。
鉄平選手の2010年全投手別対戦成績・打撃成績をBTブログのほうにアップしました。
下記URLからどうぞ。
http://www.baseball-times.jp/blogs/shibakawa/101014
---------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございます。只今ブログ村のランキングに参加中!このポチッが更新の最大の励みになります。何卒よろしくお願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングにも参加しました。こちらも宜しくお願い致します( _ _)人
人気ブログランキングへ





SEO対策:鉄平
SEO対策:楽天イーグルス
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
32位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}