FC2ブログ

【試合評】 2013年4月11日(木) ●楽天イーグルス1-4日本ハム。動いた栗山監督と動かなかった星野監督。両軍ベンチの明暗分かれた継投判断

スポンサーリンク





---------------------------------------------------------------
【新刊の読書感想文を書きました】
◎『プロ野球なんでもランキング』の読書感想文はコチラをクリック
◎『プロ野球を統計学と客観分析で考えるセイバーメトリクス・リポート2』の読書感想文はコチラをクリック
◎『プロ野球もうひとつの攻防』の読書感想文はコチラをクリック
---------------------------------------------------------



連敗と同一カード負け越しは今季初

両軍のスタメン

楽天=1番・松井(遊)、2番・藤田(二)、3番・枡田(左)、4番・ジョーンズ(指)、5番・牧田(右)、6番・マギー(三)、7番・銀次(一)、8番・嶋(捕)、9番・聖澤(中)、先発・美馬(右投)

日本ハム=1番・陽(中)、2番・杉谷(右)、3番・小谷野(三)、4番・中田(左)、5番・アブレイユ(指)、6番・稲葉(一)、7番・大引(遊)、8番・鶴岡(捕)、9番・西川(二)、先発・木佐貫(右投)



試合はスコア1-1で迎えた8回裏2死2,1塁、美馬がアブレイユに失投スライダーを左翼席へ運ばれ、これが決勝3ラン。2回にマギーが木佐貫から来日1号となる左翼席ソロショットを叩き入れたが、終わってみれば空砲に。楽天が今季初の同一カード負け越しを喫している。チーム成績は11試合6勝5敗、ビジター戦績6試合3勝3敗となった。


「美馬、痛恨の3ラン」「美馬、一球に泣く」

明朝のスポーツ各紙の見出しが目に浮かぶようだ。その記事を読んだ読者も「もったいなかったよね。そうなんだよ。美馬の課題は終盤云々」という感想に落ち着くはずだ。

しかし、今夜の敗因は本当に美馬にあるのだろうか?

もちろん、あの打席、アブレイユを上手く攻めていたにも関わらず、全てを水泡に帰す失投を投じた責任は、美馬にある。初球から3球連続で内角の厳しいコースを徹底的に攻めてカウントは2-1。第4球以降を外角で勝負するため、アブレイユにインコースを意識させる布石だった。

ところが、その第4球だ。全てを水に帰すかのような失投スライダーが外角高めならまだしも、真中高めに入ってしまう。前の打席スライダーで討ち取られていたアブレイユは、甘いスライダーをさばいてやろうと狙っていたという。バット一閃。打った瞬間の当たりだった。

ただ、美馬ばかりが敗因の原因ではないように思うのだ。

動かずに美馬に続投させた星野監督・佐藤コーチの判断は本当に正しかったのか?

私には「否」に思えてならない。この責任、美馬に5割の責任があるとすれば、同等の5割は首脳陣の継投判断だ。

下記図を御参照頂きたい。美馬のスライダーの配球図になる。1~3回、4~6回、7回以降の3つにまとめた。



20130411DATA19.jpg


ご覧頂いたように、7回以降、美馬のスライダーが、高低別では高めに、コース別では真中に多く記録されているのが一目瞭然である。

象徴するのは8回の先頭打者・陽の場面だ。嶋のミットは低めを要求していた。しかし3球全て高めに入ってしまう。陽にはその高めに抜けたスライダーを打ち返され、飛球は左中間ウォーニングゾーン、フェンス手前を襲う快飛球に。結果は中飛となったがヒヤッとさせられる当たりになった。その後も杉谷、小谷野と鋭い当たりを外野に飛ばされた美馬は、明らかにスタミナ切れで、球威・制球とも落ちていた。

継投のタイミングは色々考えることができるが、2死1塁で打席に中田を迎えた場面、または中田を敬遠気味の四球で歩かせ、アブレイユを迎えた場面で、投手交代すべきだっただろう。球威が落ち、制球が甘くなっていた美馬を、一発のある打者に立ち向かわせるにはリスクが大きすぎるシチュエーションといえた。しかも舞台は花火会場の東京ドームなのだ。活きの良い中継ぎピッチャーをつぎ込んでいくべきだった。

好投しているようにみえた先発をほど良い所で代えず、過度に引っ張り過ぎ、手痛い目に遭う。昨年来、何度見てきた光景か。

もちろん、多くのファンは表面的な事象しか目に入らないもの。早めに代えて打たれたら継投に出た首脳陣に批判が集中するだろうし、先発に任せて打たれた時はその責めは一手に打たれた投手が背負うことになる。続投させた首脳陣の判断が問題にされることは少なく、打たれた投手を隠れ蓑にし、やり過ごすことができる。

今回、変化球が高めに浮きだし、外野に芯で捉えた当たりを連発しても「代えない」ことを判断をした首脳陣は、試合の責任を投げ出したと見られても仕方がないものではないか。

代えないというよりも継投下手で、救援陣の重要性をしっかりと認識していないのだ。

投手分業制が進む現在、楽天だけが蚊帳の外という異常事態になっている。このことは先日のエントリーで指摘した。

少なくとも2009年以降、救援陣の分担量が年々右肩下がりなのだ。逆を言えば、2009年以降、年々、先発の仕事量は増え続けているのだ。こんなチームは少なくともパリーグでは楽天だけである。この傾向は、読者の方からも御指摘頂いたが、星野監督はもとより、2009年から投手陣を預かる佐藤コーチの意向が大きいのだろう。佐藤コーチは先発陣を整備することに関しては定評があるが、同じように中継ぎ陣を整備することに関しては、どうやら苦手なようだ。その意識は「先発>中継ぎ」という思想から来ているように思えてならないのだ。

◎3時間半ルール撤廃・延長12回制に戻る今季、最も重要となる救援投手力、楽天の現状は?!

今季は3時間半ルールが撤廃され、延長12回制に戻っている。ここ2シーズン以上に、救援陣の力と、首脳陣の継投判断の巧拙が試合に大きな影響を与えるのでは?と考えている。

継投に関しては後手後手にまわることが多い星野楽天、はっきり言って上手くはない。その背景には戦力層が薄い救援陣と指摘されることがよくあるのだが、上記で紹介したエントリーのように、昨年は言われるほど悪くはなかった。

結局のところ、駒を活かすも殺すも、首脳陣の運用次第なのだ。


ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

20130411DATA15.jpg
HANREI.jpg

前夜に続く中田、陽の好守備ショー

前夜、陽、中田の2度のバックホーム好返球でランナー憤死の憂き目に遭っていたイヌワシ打線だったが、今夜も餌食になってしまった。

まずは1回2死1塁でジョーンズ。初球打ちの飛球はフェンス直撃の当たりになるものの、2塁を狙ったジョーンズが憤死。陽が今夜も2塁へ抜群の送球をみせてAJを刺した。

すると、今度は中田がみせる。2回だ。マギーの左中間を完璧に割る二塁打を処理した中田が2塁へストライク送球。高めに逸れたおかげでマギーはセーフになったものの、低めに決まっていたらクロスプレーでアウトの可能性もあった、そんなシーンとなった。中田、悔しそうな表情。

3回、聖澤の左翼フェンスぎりぎりの飛球をジャンプ一番で捕球してみせた中田だったが、三塁塁審・石山が誤審、安打判定で三塁打となる。その直後、松井のライナー性の左飛でタッチアップを狙った俊足の聖澤を、これまた見事な本塁ストライク返球と、鶴岡の盤石のブロックでクロスプレータッチアウトをみせている。

よく「投打がかみ合う」という表現が使われるが、この試合に関していえば、日本ハム側から表現すれば「投打に守備もガッチリかみあった」と言えそうだ。


■美馬学 球種別 投球詳細
20130411DATA16.jpg

美馬、右打者のインコースを果敢に攻め、要所を併殺打で切り抜ける!!

7回2/3、打者32人、110球(1回当たり14.36、1人当たり3.44)、被安打9、被本塁打1、奪三振2、与四球2、失点4、自責点4。

毎回走者を背負う苦しい状況になったが、この状況が美馬の投球にほど良い集中力と緊張感をもたらしたと思う。また、走者を出したとは言っても、イニングの先頭打者は討ち取っていたことも大事に至らずに済んだ要因の1つになる。

1回は守備の名手・牧田のまさかの打球判断ミスから起きた後逸で、中田のシングルヒットをタイムリーツーベースにされてしまい先制点を失った。足をひっぱられるかたちで立ち上がった美馬だったが、2回以降も粘り強く打者に立ち向かっていった。

要所で見せた右打者の内角攻めが功を奏した。2回、4回は内角を攻め、バッテリー思惑どおりの併殺打でピンチの芽を摘み取ることに成功。併殺打を打たせることができる持ち味を存分に発揮し、ゲームメイクをしていく。5、6、7回と3イニング連続でスコアリングポジションに進出されたが、要所を締めた。

球種別データでは昨年17.9%を占めたカーブが、この日8.2%と低かった。調子の悪い球種という判断がバッテリー間にあったのかもしれない。

結果はご覧のとおり。終盤に打たれるケースが多いという課題が改めて浮き彫りになったものの、一方で前述で指摘したように、首脳陣が運用を誤らなければ、安定したピッチングで試合を作ることができる貴重な右腕だ。


■木佐貫洋 球種別 投球詳細
20130411DATA17.jpg

動いて成功を収めた栗山監督と、動かないで失敗を引き当てた星野監督

5回2/3、打者23人、85球(1回当たり15.00、1人当たり3.70)、被安打6、被本塁打1、奪三振3、与四死球2(四1死1)、失点1、自責点1。

木佐貫といえば、昨年の楽天戦では4試合に登板。完封勝利、完投勝利を各1試合ずつ許し、2勝1敗。防御率1.32、被打率.202の数字を残していた。最も思い出されるのが、4/8の試合。ゴロを打たされ、僅か95球で完封勝利を許してしまったゲームを良く覚えている。

だが、今季初対戦の木佐貫からは、昨年の嫌らしさはあまり感じなかった。

追い込まれると落差の大きいフォークがある。楽天打線は追い込まれる前に打ちにいき、9打数4安打の戦果を上げたものの、前述の好守備などの影響で得点ならず。

5回マギーの来日1号で同点に追いつくと、勝ち越しの好機は6回にやってきた。先頭・松井がピッチャー返しで出塁に成功すると、2死2塁からAJ敬遠、牧田がヒット・バイ・ピッチ。2死満塁で前の打席ホームランのマギー。

ここで栗山監督が動く。火消しで登場した二番手、ルーキーの鍵谷を相手にフルカウントから高め速球を捉えていくものの、センター陽の守備範囲。今夜猛打賞のマギーだったが、ここでも1本欲しかった!というのは贅沢な注文だろうか。

動いて成功を収めた栗山監督と、動かないで失敗を引き当てた星野監督。両軍ベンチの継投判断も明暗分かれる3回戦になった。



Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります





◎◎◎関連記事◎◎◎
《美馬の前回登板試合》
【試合評】 2013年3月31日(日) ○楽天イーグルス9-1ソフトバンク。福岡の地で春爛漫、快音満開となった楽天打線。今季初二桁安打の圧勝劇
《最近2試合の試合評》
【試合評】 2013年4月9日(火) ○楽天イーグルス9-1日本ハム。田中将大、東京ドームで初の無失点投球。嶋先制3ラン、銀次2本塁打など首位奪還の爆勝ゲーム
【試合評】 2013年4月10日(水) ●楽天イーグルス0-6日本ハム。釜田速球走らず5回5失点で今季初の無得点試合。記録がストップしたマギーと更新中のAJ
《本日1本目のブログエントリー》
【比較】3年目星野楽天、開幕10試合6勝4敗。打撃成績、投手成績を1年目、2年目の同時期と比べてみる!!

---------------------------------------------------------
当ブログのfacebookページを作成しました。180人達成!!
http://www.facebook.com/eagleshibakawa
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関 係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源 です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

ブログパーツ
レンタルCGI







関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

おはようございます。そぼろです

美馬選手の続投の是非, 私は継投に入るべきだったと思います。開幕では則本選手の続投には賛成してはいたものの、あれから10試合経過し選手の良し悪しはある程度把握していたはずですし, 開幕には片山選手が居ませんでした。個人的に美馬選手には完投するイメージがない(良いか悪いかは別としてそういう選手だと思っている)ので引っ張るべきではなかったかな、と思っています。

こんにちは

shibakawaさん、こんにちは。

まさに仰るとおりだと思います。
昨日は8回頭から小山、遅くても中田を歩かせたところで
小山にスイッチで良かったですね。
あまりにも先発を引っ張りすぎですね。

結果論じゃなく、素人目にも美馬はもう一杯一杯に
見えました。小山、青山の出番が結局無くなって
宝の持ち腐れです。

星野監督は選手集めや、選手のやる気を引き出すのには
長けてますが、采配に関してはノムさんに遠くおよばない
感じです。

 結果論で首脳陣が叩かれてるようにも見える。

 個人的には、美馬に対する期待があっての事だと思いますよ。あの場面を乗り越えられるようになって欲しいと願ってのものかと。
 (次世代エースっぽいのは則本や不振だけど釜田と言った感じですが)美馬も他に劣らない二番手になる事を期待されてる投手でしょうし。

 美馬だけじゃなく首脳陣も昨日の敗因なのは分かります。確かにこれまでを見てもヨシコーチは継投下手です。
 ですがあれは育成も込みの采配で、少なくとも「責任を投げ出した」だの言われなきゃいけない事では無いと思います。
 まだ勝ちだけが必要なシーズン終盤では無いんですよ?

Re: おはようございます。そぼろです

そぼろさん

こんにちは。コメントありがとうございます。

>個人的に美馬選手には完投するイメージがない(良いか悪いかは別としてそういう選手だと思っている)ので引っ張るべきではなかったかな、と思っています。

そうなんです。そういうイメージのピッチャーではないんですよね。首脳陣も気づいているはずだとは思うのですが、なぜいまだにひっぱってみるのか?理解に苦しみます。今年27歳で右肘に不安を抱えている美馬は、スタミナという点だけでいえば、例えば高卒2年目の釜田や大卒新人の則本と比べれば、伸びしろは少ないでしょうし。

話は変わりますが、以前、そぼろさんが指摘していた片山を急遽ブルペンからはずし先発調整させた件、心配されていたとおりの状況になりましたよね。私も現場の「先発ローテに左が欲しい」という考えは理解できるものの、いないのなら無理して左を作る必要はなく、右ばかりでもいいじゃない?と思っていましたので。

チーム事情に振りまわされ、維持していた調子の良さをそがれるかたちになった気の毒な片山ですが、なんとか頑張ってほしいところです。

Re: こんにちは

へてきちさん

> 昨日は8回頭から小山、遅くても中田を歩かせたところで
> 小山にスイッチで良かったですね。
> あまりにも先発を引っ張りすぎですね。

理想を言えば、8回頭から継投に出る「勇気ある決断」をして欲しかったところです。そのような野球をそろそろ観たい気持ちがあるんですよね。継投できなかったのは、6連戦の3戦目で中継ぎをむやみに使いたくないという考えも影響しているのでしょうか。

> 星野監督は選手集めや、選手のやる気を引き出すのには
> 長けてますが、采配に関してはノムさんに遠くおよばない
> 感じです。

乏しい戦力をなんとかやりくりして勝利を積み重ねたノムさんと、オフシーズンに充実の戦力を補強やトレードなどで揃えてシーズンに臨む星野監督。タイプの違いによるものなのかもしれませんが。いやはや、残念な試合になってしまいました。

コメントありがとうございました。

Re:  結果論で首脳陣が叩かれてるようにも見える。

クーケッツさん

コメントありがとうございます。

>  個人的には、美馬に対する期待があっての事だと思いますよ。あの場面を乗り越えられるようになって欲しいと願ってのものかと。
>  (次世代エースっぽいのは則本や不振だけど釜田と言った感じですが)美馬も他に劣らない二番手になる事を期待されてる投手でしょうし。

その期待のかけ方が、どうもあらぬ方向に向かっているようで... 期待や努力って、その人の適性を見誤って方向性を間違うと、意味をなさないんですよね...

>  美馬だけじゃなく首脳陣も昨日の敗因なのは分かります。確かにこれまでを見てもヨシコーチは継投下手です。
>  ですがあれは育成も込みの采配で、少なくとも「責任を投げ出した」だの言われなきゃいけない事では無いと思います。


育成を視野に入れた采配は必要でしょう。昨年で言えば、守備に難のあった銀次や枡田を我慢強く使い続けた采配はしっかり評価していますし、若手にとっては必要な起用法になると思っています。

しかし、美馬は今年27歳なんですよね。今年20歳の釜田や23歳の則本と比べたときに、スタミナという点だけで言えば、伸びしろはあまり期待できないと考えるのが妥当のように思います。 そもそも現代野球において、常に完投できるスタミナや技術を備えているのは、楽天で言えば田中のような一握りの1流投手だけでしょうし。それに美馬は右肘を故障してもいますしね。もっとも、外から見ることができない美馬のポテンシャルを首脳陣は見ているのかもしれませんが。

>  まだ勝ちだけが必要なシーズン終盤では無いんですよ

今年だけのことではなく昨年来からのことですからねえ。昨年美馬は8勝10敗でしたが、途中まで好投するものの中盤以降に失点して敗戦してしまったケースは、7/4ロッテ戦争、7/11オリックス戦、9/4日本ハム戦、9/27西武戦、少なくとも4試合あっただけにね。
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
25位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}