FC2ブログ

マリナーズ岩隈、2本の被弾に遭いながらも8回3失点。2試合連続クオリティスタート──4/7●SEA3-4xCWS

スポンサーリンク





---------------------------------------------------------------
【新刊の読書感想文を書きました】
◎『プロ野球なんでもランキング』の読書感想文はコチラをクリック
◎『プロ野球を統計学と客観分析で考えるセイバーメトリクス・リポート2』の読書感想文はコチラをクリック
◎『プロ野球もうひとつの攻防』の読書感想文はコチラをクリック
---------------------------------------------------------
20130408DATA7.jpg
HANREI.jpg


マリナーズは現在、開幕14連戦の真っ最中を戦っている

4/7(日本時間4/8)の昼におこなわれたシカゴ・ホワイトソックス戦は前半のビジター6連戦の最終戦となった。翌8日からは本拠地セーフコフィールドに舞台を移し、後半7連戦がスタートする。

その前半最終戦の先発マウンドに上がったのが岩隈だ。今季2試合目。このカード、1、2戦ともに1点差試合となっていて両軍1勝1敗で迎えていた。

両軍のスターティングラインアップは下記のとおり。セカンドでオリオールズから移籍してきたアンディーノが先発出場。オープン戦打撃好調だったアクリーがまさかの不振。そのためはずされたのだろう。相手先発はクリス・セール。昨年ジャスティン・バーランダーと並ぶ17勝を挙げた若き左腕だ。


マリナーズ=1番・グティエレス(中)、2番・ベイ(左)、3番・モラレス(指)、4番・モース(右)、5番・モンテロ(捕)、6番・スモーク(一)、7番・シーガー(三)、8番・アンディーノ(二)、9番・ライアン(遊)、先発・岩隈(右投)

ホワイトソックス=1番・デアザ(中)、2番・ラミレス(遊)、3番・リオス(右)、4番・ダン(一)、5番・コナーコ(指)、6番・ビシエド(左)、7番・ギラスピー(三)、8番・フラワーズ(捕)、9番・ベッカム(二)、先発・セール(右投)



試合は両軍立ち上がりの1回に本塁打で2点ずつ取り合うかたちでスタートした。その後、中盤まで岩隈、セールの投手戦が続き、スコアボードにゼロが並んでいく。特に岩隈は2回以降6回まで5イニング連続三者凡退に抑えた。1回ダンに2ランを浴びた後から打者16人を連続アウトにした。

中盤、両軍は再びソロホームラン攻勢で1点ずつ分け合っている。結局、3-3の同点で延長戦に突入し、決着がついたのは10回裏だった。ホワイトソックスの6番打者・ビシエドのバットからサヨナラ弾となる2号ソロが生まれ、3-4Xでマリナーズが敗れている。この試合、両軍合計7得点は全てホームランによる得点という珍しいゲームになった。

ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村




■試合日程別 投手成績



8回、打者27人、89球(1回当たり11.12、1人当たり3.30)、被安打4、被本塁打2、奪三振3、与四死球0、失点3、自責点3。

勝敗つかずという結果で2勝目はならなかったものの、先発投手のゲームメイク力を測るクオリティスタートでは2試合連続達成。まずはQSクリアという結果に対しては、朗報だ。シーズンに入ってしまえば、第一に求められるのは内容や過程ではなく結果だ。その点で言えば、点の取られ方に拙さはあったものの、8回3失点は合格点といえる結果になる。このことは率直に喜びたい。

一方で、私は岩隈の投球に戸惑いを隠せない。


はたして好調なのか?
好調ではないのか?
このスタイルが2年目の岩隈が目指していく「かたち」なのか?
そうではないのか?



正直に打ち明ければ、いまだ見きわめがつかず、判断保留状態だ。

今日もコントロールで言えば、コースいっぱいにビシッと決まる「針の穴を通すような球」は少なかった。少々コースはアバウトになっても、ストライクゾーン内の中段から低めにかけて球を集め、思い切って腕を振っていくピッチングだった。

オープン戦で19イニング投げて与四球が僅かに2個だったこと等と合わせて考えると、1年目と比較したときに今年の岩隈は「よりストライクゾーンの中で勝負」することを選択しているのかもしれない。

バットに球が当たりフィールドに飛んで結果が出た全24本の打球のうち、従来のバロメーターであるゴロは7本に止まった。ゴロ率にして29.2%は、今までの判断から言えば「らしくない」。いまひとつなのかな?という判断に落ち着くところなのだ。

フライまたはライナーになった17本のうち、外野に記録されたのが12本と大変多かった。1回ラミレスに打たれた二塁打も左翼線沿い奥深くを襲う当たりとなったし、3回ベッカム、デアザの当たりも後方を襲う中直、左飛になった。きわめつけは8回ベッカムに打たれた左飛。打たれた瞬間いってしまったかな・・・という当たりだったが、かろうじてフェンスギリギリで失速、レフトのグラブに収まった。

しかし、外野に運ばれるケースは多かったものの、完璧に捉えられた当たりは実はそれほど多くはなく、微妙に芯やタイミングをはずして打たせた当たりが多かったかと思う。後方を襲う飛球の中にも、明らかに勢いがなく、外野手が余裕を持って落下点に入ったイージーフライもあった。微妙に芯をはずしていくという点は岩隈が目指している所だろうし、評価できる部分はあるのだろうと考えている。

そのようにアタマでは理解しつつも、やっぱり、2本のホームランと、心臓に悪すぎるホームラン性の外野フライ1本、ゴロが少ないことなどを合わせると、落ち着いて観戦できない。8回無死1塁でピッチャー前ゴロ、1-6-3の併殺網にかけた所こそ岩隈なのだというイメージになる。

試合展開で言えば、味方打線が得点した直後、翌イニングに同じ点数分だけおつきあいするかっちで失点してしまった点は、もったいなかった。

初回に打たれた2本の長打はいずれもストライクを取りにいく、あるいは打ち損じを狙う変化量の小さいスプリッターだった。ダンは岩隈から2本目のホームランを打った。岩隈が同一打者に2本以上ホームランを許した例は、レンジャーズのキンズラー、アスレチックスのセスペデスに続き、ダンが3人目。

3-2からソロホームランで同点に追いつかれたリオスには、もう少し丁寧にいってほしかったかなと思う。開幕以来5試合連続安打で打率.389と当たっている相手だったからだ。(ちなみに、リオスは今回のWBCのプエルトリコ代表。日本との準決勝戦の7回に2ランを打っている因縁の相手でもある)


■球種別 投球詳細



球種データから確認してみよう。

まず、昨年と今年の明らかな違いは、速球の中に占める4シームの割合が減り、シンカーの割合が上昇している点だ。動く速球で打者の打ち損じを誘発を狙う意識が昨年以上に今年は強いのだ。

一方、初登板の時と比べるとスプリッターの割合が減った。(25.0%→12.4%) かわりにスライダーが増えている。(13.6%→23.6%) 増えたスライダーの出来も良かったみるべきで、スライダーで打たせた7打球は、いずれも良い当たりを許さなかった。

岩隈ファンの方に教えて頂いた情報。以前、岩隈のマイナー登板をツイートしていた女性記者氏が、試合前にカール・ウィリス投手コーチと交わした会話をTwitterで紹介している。下記参照。どうやら岩隈は指にまだ問題を抱えているようで、特にスプリッターを投げる時に影響があるという話なのだ。恐らく3/29オープン戦最終登板で早期降板の原因になった指の豆のことだろう。

この試合、スプリッターの球種割合が少なかったのは、初回に長打を2本打たれたということもあるが、このことも影響していたのだ。(初回1番デアザにスプリッターを4球続けたのは、実戦でどれくらい使えるか確認したかった部分もあるのかもしれない)






カーブの割合。昨年から4%ほど増えている。昨年は6.2%だったが、今年は初登板が10.2%、この試合が10.1%。この試合も低めに決まっていた。初回に二塁打を打たれているラミレスの第2打席、このブレーキングボールを上手く用いて攻め、最後はショート正面のハーフライナーに討ち取っている。


最後に味方打線について少し触れて終わりにしたい。

3番・モラレス、4番・モースのクリーンアップ勢の活躍が光る試合になった。モラレスは3安打、モースは初回の先制2ラン。これが早くも5号だという(驚)。

4回、7回が惜しかった!

4回は先頭・モラレスがセンターフェンスぎりぎりのツーベースで出塁、無死2塁のかたちを作ったが、4番モース以下が凡退した。

7回は先頭打者スモークがレフト左を破りワンバウンドでフェンス到達する当たりを放ち、一気に2塁を狙ったが、相手左翼手ビシエドのクッション処理、送球が素晴らしく2塁であえなく刺されてしまう。ちなみにビシエドは昨年左翼手補殺でアリーグ2位を記録する肩の持ち主である。

さて、次回登板はこのまま中4日でいくなら、現地時間4/12の19:10プレイボールの地元シアトルでのレンジャーズ戦だ。(日本時間4/13の11:10から) 恐らくダルビッシュとのメジャーでの2度目の対決、メジャー日本人先発投手9度目の投げ合いで、もっといえば4/12は岩隈32歳の誕生日に当たる。今から楽しみなのだ!

◎関連エントリー>>〔記録〕岩隈久志vsダルビッシュ有。NPBで7度、メジャーで1度実現している通算対戦成績を御紹介

※追記:今日初めて知ったことなのだが、MLB.TVがyahooウォレットでも決済ができるという。かなり食指が動かされている状況で、近いうちMLB.TVに契約するかもしれない。


■前回3/29アスレチックス戦の球種割合



■本日4/7ホワイトソックス戦の球種割合
20130408DATA9.jpg


■配球図
20130408DATA3.jpg


■4/7ホワイトソックス戦、89球の詳細
20130408DATA4.jpg
20130408DATA5.jpg
20130408DATA6.jpg



Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります





◎◎◎関連記事◎◎◎
3月26日「すぽると!」で放送された、マリナーズ岩隈久志インタビュー全文の文字おこし
マリナーズ岩隈、オープン戦最終登板。初顔合わせのカブス相手に試合を壊さない4回5安打3失点
マリナーズの岩隈久志、好敵手セスペデスに被弾許すも、7回1失点今季初勝利!!──4月2日 ○SEA7-1OAK

---------------------------------------------------------
当ブログのfacebookページを作成しました。180人達成!!
http://www.facebook.com/eagleshibakawa
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関 係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源 です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

ブログパーツ
レンタルCGI




関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

No title

どうもこんばんわ、ざくろです。
今回も詳細なデータ等お疲れ様です。

今日の試合は、個人的にはもうとにかく勿体無かった、という印象を受けました。
日本と違ってパワーのある打者ばかりが揃っているメジャーの世界なので、
ホームランを打たれるのは仕方がないものの、先制、勝ち越しと、二度も優位に
立てたのに、二度とも追いつかれたというのが、なんとも勿体無かったなと。
勿論、この辺りはファンの視点で見た際にも、去年と違って今年はチーム内の
立場としても2番手、ファンとしてもそういった非常にレベルの高いモノを
求めているからこそ思う事だとは思うんですが、それでも勿体無かったなーと。
試合を視聴後試合に行ったんですが、何か今日は一日中悔しかったです…(笑)

とはいえ、二回共追いつかれてしまったのは確かにアレですが、
やはり2番手として求められるのは安定感とイニングイーターとしての仕事だと
思うので、そういう意味では8回を投げた、というのは非常に評価出来ますよね。
14連戦の最中という事もありますが、昨年まで在籍していたバルガスが正に
イニングイーターとしても優れていただけに、その役目を岩隈がしっかりと
こなせている、というのは良かったです。

それで肝心の岩隈の内容ですが、shibakawaさんも書かれているように、
正直調子の良し悪しという点で言えば、結果的には前回も今回も十分だとは
思いつつも、岩隈らしさという点で考えれば芳しくないですよね。
というよりも、ホント調子がイイのか悪いのか全く分からないというか。
制球的には前回よりは今回のほうが良かったと思うんですが、ゴロが
あまりにも少なく、フライが多いというのは「うーん…」という感じですよね。
ただ、これもshibakawaさんが書かれていますが、フライが多い割りには余裕のある
フライとでもいうか、完全に打ちとったフライが多いので、そういう意味では
狙い通りに仕留めているのかな、という気も。
フェンス手前まで綺麗に飛んでいくフライは見ていて怖いのでアレですが…(笑)

ただ、どうやら以前の豆がまだ影響しているらしいとの事なので、そう考えると、
或いはスプリッターだけでなく他の球種にも微妙に影響を及ぼしている可能性も
あると思うので、仮にそうだとしたら、まだ本調子ではないからこそゴロを
打たせるだけの域に達しておらず、アウトには出来るが微妙な制球が伴わないので
フライになってしまっている、という可能性もあるんでしょうか。
逆に言えば、スプリッターの精度にまだまだ問題があるにも関わらず、前回も
今回もこれだけ上手くアウトを取って試合を作っているわけなので、
そう考えると去年以上に今年の岩隈は相当レベルアップしたのでは、という気も。

他に今日の試合で気になった事としては、8回裏ホワイトソックスの攻撃。
先頭打者が出塁して、恐らく日本だとまず間違いなく犠打であろう場面。
ホワイトソックス側の作戦がどういうものだったのかは分かりませんが、
結果的には犠打や何らかのサインを出したわけではなく、捕手フラワーズに
打たせるも結果は投ゴロ併殺で無事に2アウトを獲得。
結果論かもしれませんが、日本だと犠打で、犠打が成功すると1死2塁という
状況になっていたわけなので、去年も思った事ですが、ある意味では、
こういう時はメジャーのほうが楽なのかもしれないなと思いました。
日本以上にパワーのある打者が揃っているので一長一短ではあるものの、
岩隈のようなタイプの投手からすると、ホントある意味ではメジャーのほうが、
ホームラン以外で失点する可能性は低くなるのではないかなーと。

あと、今後ホワイトソックスとの対戦がある時は、ベッカムに要注意でしょうか。
最後のどう見てもスタンドインしたのでは、という打球もそうでしたが、
6回先頭打者で回ってきた時は10球も投げさせられたので、岩隈に対して
タイミングが合うのではないかなという印象を受けました。
結果的には残念ながら岩隈が二度追いつかれた事と、3点目以降マリナーズ側が
得点をあげれなかったので関係無いかもしれませんが、あの場面でベッカムに
10球も粘られなければ、或いは9回のマウンドにも上がれたかもしれないので、
次に対戦がある時は要注意かなと。

さて、次回登板はようやくセーフコフィールドで投げれるわけですが、
改修されて狭くなったという本拠地、どの程度狭くなったのかがまず見たいです。
あとはダルビッシュとの投げ合い、これは楽しみですよね。
今日の登板でダルビッシュが右手薬指を痛めた?という事だそうですけど、
次回登板に影響が無い事を願いたいです。

Re: No title

ざくろさん、おはようございます。

なかなか時間がなく、頂いたコメントに返事ができておりません...すみません。

> ただ、どうやら以前の豆がまだ影響しているらしいとの事なので、そう考えると、
> 或いはスプリッターだけでなく他の球種にも微妙に影響を及ぼしている可能性も
> あると思うので、仮にそうだとしたら、まだ本調子ではないからこそゴロを
> 打たせるだけの域に達しておらず、アウトには出来るが微妙な制球が伴わないので
> フライになってしまっている、という可能性もあるんでしょうか。
> 逆に言えば、スプリッターの精度にまだまだ問題があるにも関わらず、前回も
> 今回もこれだけ上手くアウトを取って試合を作っているわけなので、
> そう考えると去年以上に今年の岩隈は相当レベルアップしたのでは、という気も。

仰るように、マメの影響で自身のピッチングができていない中でも、ゲームを作ることができている点を前向きに見ていくべきなのかもしれませんよね。逆のことを言えば、回復してくる今後はもっと期待ができるとも言えそうですし。

> 他に今日の試合で気になった事としては、8回裏ホワイトソックスの攻撃。
> 先頭打者が出塁して、恐らく日本だとまず間違いなく犠打であろう場面。
> ホワイトソックス側の作戦がどういうものだったのかは分かりませんが、
> 結果的には犠打や何らかのサインを出したわけではなく、捕手フラワーズに
> 打たせるも結果は投ゴロ併殺で無事に2アウトを獲得。
> 結果論かもしれませんが、日本だと犠打で、犠打が成功すると1死2塁という
> 状況になっていたわけなので、去年も思った事ですが、ある意味では、
> こういう時はメジャーのほうが楽なのかもしれないなと思いました。
> 日本以上にパワーのある打者が揃っているので一長一短ではあるものの、
> 岩隈のようなタイプの投手からすると、ホントある意味ではメジャーのほうが、
> ホームラン以外で失点する可能性は低くなるのではないかなーと。

同感です。駆け引きもなく、初球のシンカーを簡単に打ちにきて、思惑どおりの併殺網にかかるんですから、飛んで火に入る夏の虫状態で(笑) でも、あのようなゴロでの併殺打は、やっぱり岩隈らしく、今季も多くを目撃できればと思っています。
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
172位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
30位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}