FC2ブログ

【試合評】 2013年4月5日(金) ○楽天イーグルス17-5千葉ロッテ。則本昴大プロ初勝利、Kスタ1号の牧田3ラン、AJ来日初アーチ、Eウィング1号を叩き入れた嶋の3ランなど17得点の大勝劇

スポンサーリンク





---------------------------------------------------------------
【新刊の読書感想文を書きました】

◎『プロ野球を統計学と客観分析で考えるセイバーメトリクス・リポート2』の読書感想文はコチラをクリック

◎『プロ野球もうひとつの攻防』の読書感想文はコチラをクリック
---------------------------------------------------------
20130405DATA4.jpg
20130405DATA3.jpg

■ハイライト映像


両軍のスターティングラインアップ

楽天=1番・聖澤(中)、2番・藤田(二)、3番・枡田(左)、4番・ジョーンズ(指)、5番・牧田(右)、6番・マギー(三)、7番・松井(遊)、8番・嶋(捕)、9番・銀次(一)、先発・則本(右投)

ロッテ=1番・根元(遊)、2番・清田(右)、3番・角中(左)、4番・ホワイトセル(指)、5番・井口(二)、6番・今江(三)、7番・細谷(一)、8番・金澤(捕)、9番・岡田(中)、先発・大谷(右投)



江戸の敵を長崎で討つ

「江戸の敵を長崎で討つ」ようなゲームになった。前日オリックス打線に15安打10四球13失点と投壊に追い込まれた楽天が、今夜は仙台まで遠征にやってきたロッテ投手陣を18安打17得点で散々打ちのめしていく爆発っぷり。

打線は序盤から試合の流れをグッと引き寄せる攻撃をみせ、新人右腕・則本のプロ初勝利を力強く援護していく。

初回はいきなりの4点先制劇となった。聖澤が1番打者として今季初の安打出塁に成功すると、藤田、枡田の連打で先制のホームを踏んで、まずは1得点。AJ凡退後、好調の牧田が左翼席へ打球を運んで、この一撃が3ラン! 相手先発・大谷のインコース高めの速球をバット一閃、打球はそのままスタンド中段まで放物線を描く「今季Kスタ第1号」となった。(楽4-0ロ)

3回表、ロッテの上位打線による3本の長短打で2点を返されたが、直後の裏、松井のタイムリーなどで、すぐさま2点を取りかえしていく。(楽6-2ロ)

嶋のEウィング第一号にAJ来日初アーチ

すると、5回2死3,2塁のチャンスでバッターボックスは嶋。素晴らしい右打ちのライナーが右翼線深くを僅かに切れる惜しいファウルを打った直後のできごとだった。二番手・中郷の内角球を狙い澄ましたかのように左翼席へ運んだ嶋1号ソロは、今季Kスタに新設されたEウィングに飛び込んでいく3ラン! まるで2011年4/12ロッテとの開幕戦でみせた底力3ランを彷彿とさせる一撃となった。

怒涛の猛攻は止まらない。

6回、7回にもそれぞれ1点ずつあげたイーグルスは、8回、四番手・伊藤を攻め一挙6得点。相手の2四球に5本の長短打の集中砲火で、楽天のスコアボードに灯った得点合計は17点。2005年9/2オリックス戦で上げた18得点にあと1点と迫る圧勝となった。

満塁で不調の聖澤が放ったサード強襲の走者一掃ツーベースや、その直後に藤田の右翼フェンス直撃のタイムリー二塁打なども印象深いが、やはりなんといっても、AJに待望の来日1号2ランが飛び出したのは大きい。伊藤の初球、真中高めに入った146キロ速球だった。打った瞬間、左中間席中段まで軽々飛ばしていく強烈な2ランで、場内は興奮のるつぼに。

マルチ安打は聖澤、ジョーンズ、マギー、松井。猛打賞は藤田、嶋。3打点は聖澤、ジョーンズ、牧田、嶋と、ここに書ききれないほどの大戦果を挙げたイヌワシ打線、結局、前日の鬱憤を晴らす17-5のワンサイドゲームで、ロッテ3連戦の初戦をモノにしている。


ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


HANREI.jpg


牧田、開幕以来6試合連続安打に5試合連続長打

初回、牧田のバットからホームランが放たれる前、松本匡史氏が牧田の状態に対して、興味深い解説をしていたので御紹介したい。投げ込まれた球によって状況に応じて打ち分けることができているというのだ。このことは試合前に流された羽村亜美さんのインタビューでも本人が同様のことを口にしていた。

「まず去年と違うところは下半身の強化によって、構えが下に下がる、どっしりしたというかね。まずね。彼の場合、上半身が非常に強かったんですよ。(今まで)ほとんど上半身を鍛えていたんですよ。だから、逆に下半身がバランス悪かったんですよ。(オフに)下を鍛えることによってバランスがしっかりしたものになってね。田代コーチと熱心に色々なことをやっているんですよ。片手でバットを振ったりとか、右手で振ったりとか、右手の肘ですね。肘の使い方の練習、それが良い感じになっていると本人は言ってました。去年と違うところはボールをしっかり見きわめて、そのボールに対して打ち分けているんですよ。思い切って振る球とそれから右方向に狙っていく球とかね。その辺がだいぶ変わってきたなと思いますね」

開幕以来6試合連続安打も凄いことだが、それ以上に今まで楽天に足りなかった長打が、この人のバットから5試合連続で飛び出している点はもっと特筆すべきことなのだ。現在、4、5、6の並びはセパ12球団でも怖さNo.1かもしれない。


■牧田明久 2013年 試合別 打撃成績


AJのフォア・ザ・チーム・スピリット

以前ノムさんが口を酸っぱくして「中心なき組織は機能せず」と説いていたけれど、開幕してここまで、そのことをひしひしと強く再認識しているファンは多いのではないだろうか。ジョーンズとマギーが加入し、打線にしっかりとした幹ができあったことで枝葉も活気づいている。

この人の魅力は、今夜みせた打力ばかりではない。フォア・ザ・チームに徹する意識こそ魅力なのだと思う。開幕戦では1塁走者として4-6-3のゲッツー崩しを狙う2塁スライディングを披露してみせたのは記憶に新しいところだが、今夜再び、そのことを再確認できる激走を我々ファンは目撃することができた。

2点を返された直後の3回のことだった。1死2,1塁で二走がジョーンズ。打席はマギー。甘めの変化球を弾き返した当たりはセカンド左を中前へ抜けようかというヒットコース。これを井口が横っ飛びで取りにいくも、打球がグラブに当たり、外野へ転々としてしまう。この間隙を突いて2塁からAJが走りに走る激走をみせ、5点目のホームイン! その後、5回の三遊間深くに打ち返したショートゴロも1塁全力疾走をみせるなど、決して打つだけではない高い意識を垣間見せてくれている。

松井、ローボールヒッターの面目躍如となる2本のライナーヒット

昨日の試合評で、松井の低め打ちがゴロになってばかりで打球が上がっていかないことを嘆いたばかりだったが、その懸念が天に通じたのだろうか、今日みせた2本のヒットはいずれも矢のようなラインドライヴで外野へ運んだ当たりになった。そうだ!これが見たかったのだよ!!という当たりを披露してくれた。ようやく松井にも春がくる?!のかもしれない。

嶋、幻のセーフティスクイズ

直後に3ランが飛び出したため、忘れかけているファンもいるのかもしれないが、嶋がセーフティスクイズをみせた。4点リードの5回2死3,2塁、1-1からの第3球だった。中郷が投球した直後、バントの構えをし狙いにいったものの後方へ飛んでいくフライファウルに。

通常スクイズは無死または1死の状況で行われる作戦だ。2死ではありえないのだが、セーフティスクイズである。これはベンチサインだったのだろうか?それとも嶋のアイデアだったのだろうか? というのも、嶋は4/2オリックス戦で4点リードの5回2死3塁でもセーフティスクイズの構えをみせる場面があった。

昨年までなら考えられなかった作戦だが、今季の楽天はこのような攻撃が選択肢の1つとして確実に存在するのも、両外国人加入の好影響だろう。打線全体が落ち着いて攻撃に取りかかれている、そんな印象を抱くのだ。

初回、安打出塁した聖澤が動かなかったのも、積極的な判断の上で「動かない」という選択を採択したのかもしれない。昨年までは手持ちのカードには「動く」という選択肢しかなかった。ところが、今季は主軸がしっかりしているだけに「動かない」という選択肢も増えた、こういう見方もできるのかもしれない。(ファンとしては走ってほしいところではあります)


■則本昴大 球種別 投球詳細
20130405DATA5.jpg

則本、球団史上最速の新人プロ初勝利

6回、打者24人、107球(1回当たり17.83、1人当たり4.46)、被安打4、奪三振4、与四死球3(四球2死球1)、失点2、自責点2。

今季は各チーム、新人が開幕ローテに名を連ねているケースがかなり多い。巨人の菅野、阪神は藤浪、DeNAは井納、ヤクルトは小川、ソフトバンクは山中、そして楽天は開幕投手を務めた則本である。

その則本がプロ初勝利を飾っている。新人一番乗りはヤクルトの小川に譲ったものの、小川に続く2人目だ。本人の談話にあったように、3回までは苦しいピッチングだった。3回までは主に速球にばらつきがあり、3ボール以上のカウントになるケースが15人中5人と多く、早い段階で打者を追い込むことができなかった。

金澤、清田、井口には追い込んでからファウルで立て続けに粘られるなどして、3回終了時の球数は67球。かさんでしまう結果になる。

しかし、佐藤コーチの「思いきっていけ!」というアドバイスから、腹をくくって投げることができたという4回以上は6回まで3イニング連続三者凡退と完璧。テンポの良い快投をみせてくれた。

楽天の新人投手の初勝利記録としては、田中将大の初勝利(2007年4/18ソフトバンク戦)より12日速い最速の達成記録となったはずだ。


■大谷智久 球種別 投球詳細
20130405DATA6.jpg

大谷、牧田との通算対戦成績の好相性を活かせず

2回1/3、打者16人、65球、被安打7、被本塁打1、与四球1、失点6、自責点5。

初回、1番・聖澤から始まった3連打を先取点を奪って見せた楽天打線だが、大谷攻略の決め手は直後に飛び出した牧田の3ランだろう。ここまで牧田と大谷の通算対戦成績は8打数ノーヒット2三振と大谷に軍配が上がっていただけに、大谷サイドからしてみれば、悔やまれる1球になったのかもしれない。



Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります





◎◎◎関連記事◎◎◎
高卒新人左腕、ドラ1森雄大とドラ3大塚尚仁。2軍公式戦で明暗分かれる結果に (2013.4.5)
【試合評】 2013年4月4日(木) ●楽天イーグルス2-13オリックス。相思相愛だった投打の関係はどこへいった?! 15安打13失点。投壊を起こしたイヌワシ投手陣 (2013.4.4)
【試合評】 2013年4月2日(火) 楽天イーグルス8-2オリックス。投打の蜜月関係でホーム開幕戦を制し3連勝 (2013.4.3)

---------------------------------------------------------
当ブログのfacebookページを作成しました。180人達成!!
http://www.facebook.com/eagleshibakawa
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関 係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源 です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

ブログパーツ
レンタルCGI



関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

No title

AJのフォア・ザ・チーム精神は凄いですね
昨日のKOされた釜田にも真っ先にタオルを渡し慰めてました
今日もピリっとしなかった青山に試合後なにやら笑顔で話していました

これがAJの所属チームの過去成績なのですが、本当に強いチームに在籍していました。
96優勝 97優勝 98優勝
99優勝 00優勝 01優勝
02優勝 03優勝 04優勝
05優勝 06三位 07三位
08優勝 09二位 10二位
11優勝 12優勝

やはりチームとしての勝ち方を知っているのでしょうね。

Re: No title

skywさん

改めてこうして眺めてみると、圧巻ですね。
9年目にしてようやく巡り合えた真の優勝請負人かもしれませんね。

> AJのフォア・ザ・チーム精神は凄いですね
> 昨日のKOされた釜田にも真っ先にタオルを渡し慰めてました
> 今日もピリっとしなかった青山に試合後なにやら笑顔で話していました
>
> これがAJの所属チームの過去成績なのですが、本当に強いチームに在籍していました。
> 96優勝 97優勝 98優勝
> 99優勝 00優勝 01優勝
> 02優勝 03優勝 04優勝
> 05優勝 06三位 07三位
> 08優勝 09二位 10二位
> 11優勝 12優勝
>
> やはりチームとしての勝ち方を知っているのでしょうね。

ピタゴラスイッチ

いつも楽しく読ませていただいております。
NHKのピタゴラスイッチにイーグルス選手が出ているのをご存知でしょうか?
アルゴリズム体操をしています。田中・松井・聖沢、草野さんもやってます。
私の1歳半の息子も凝視しています。
すでにご存知でしたら、失礼しました。

Re: ピタゴラスイッチ


鉄腕ゴーレムさん

情報ありがとうございます。そんなところにまで犬鷲戦士たちが出演しているとは、把握しておりませんでした。機会があれば1度見てみたいと思っています。

> いつも楽しく読ませていただいております。
> NHKのピタゴラスイッチにイーグルス選手が出ているのをご存知でしょうか?
> アルゴリズム体操をしています。田中・松井・聖沢、草野さんもやってます。
> 私の1歳半の息子も凝視しています。
> すでにご存知でしたら、失礼しました。
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
25位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}