FC2ブログ

マリナーズの岩隈久志、好敵手セスペデスに被弾許すも、7回1失点今季初勝利!!──4月2日 ○SEA7-1OAK

スポンサーリンク





---------------------------------------------------------------
【新刊の読書感想文を書きました】

◎『プロ野球を統計学と客観分析で考えるセイバーメトリクス・リポート2』の読書感想文はコチラをクリック

◎『プロ野球もうひとつの攻防』の読書感想文はコチラをクリック
---------------------------------------------------------

20130403DATA2.jpg


手に汗握る1日に

日本時間の4月3日(現地4月2日)は、日本の野球ファンにとって「手に汗握る1日」になった。

岩隈が今季初先発のマウンドに登る一足先に、今季からアリーグ西地区に加わったヒューストンアストロズの本拠地ミニッツメイドパークでは、レンジャーズ対アストロズの試合が始まっていた。

レンジャーズの先発は今季初登板のダルビッシュ。

スコアは1-0。中盤までレンジャーズの1点リードという僅差のゲーム展開も、中身を確認するとダルビッシュの独擅場。

安打や四死球、失策など1人の打者の出塁も許さない投球が続く。

8回1死走者なし、5番・アンキールを135キロスライダーで空振り三振に切ってとると、この奪三振が14個目。

メジャー先発初勝利を上げた岩隈が、昨年7/30ブルージェイズ戦で成し遂げた13個を上まわる奪三振ショーとなった。

9回のマウンドに登った時点で、私の中では100%確信していた。私だけでなく多くのファンがそう感じていたはずだ。

ところがだ。26人目の打者を打ち取って2死、あとアウト1つというところで暗転。まさかの9番打者に中前安打を許して、ここで降板する。

う~~~ん、大変もったいない!という気持ちにさせられたものの、すぐさま、これだから野球って面白いという感情も湧き上がってくる。

そういえば、昨年5/30巨人対楽天戦、巨人・杉内の完全試合を阻んだのも9回2死からの27人目の打者・中島のフォアボールだった。他には最近ではノーヒットノーランがかかっていた広島・マエケンがヤクルト打線に9回土壇場で捕まり、逆に逆転負けを喫するというドラマもあった。

もちろん、今季のダルビッシュは相当やってくれるのでは?という期待感はさらに強まる結果になった。

そのダルと岩隈がこのまま中4日でローテがまわるとしたら、ざくろさんに教えて頂いたのだけれど、4/12(日本時間4/13)シアトルでのマリナーズ対レンジャーズ戦で大舞台が早くも用意されることになる。メジャー日本人先発投手通算9度目の投げ合いの実現が濃厚と言えそうだ。


◎お薦めエントリー>>ダルビッシュ、26のアウトと1つの被安打、しびれる!|2013MLBペントレース (野球の記録で話したい)

◎関連エントリー>>〔記録〕岩隈久志vsダルビッシュ有。NPBで7度、メジャーで1度実現している通算対戦成績を御紹介



他には、安楽、安楽、雨、安楽(雨はなかったけど)で信じられない球数を投げ甲子園を湧かしてきた安楽擁する済美が遂に決勝戦で力突き、浦和学院に1-17で大敗したというニュースもあった。


20130403DATA3.jpg
HANREI.jpg

今季初勝利

さて、岩隈である。


両軍のスターティングラインアップは下記のとおり。


マリナーズ=1番・ソーンダース(中)、2番・シーガー(三)、3番・モラレス(指)、4番・モース(右)、5番・イバニエス(左)、6番・スモーク(一)、7番・モンテロ(捕)、8番・アクリー(二)、9番・ライアン(遊)、先発・岩隈(右投)

アスレチックス=1番・クリスプ(中)、2番・ジェイソ(捕)、3番・レディック(右)、4番・セスペデス(右)、5番・ラウリー(遊)、6番・モス(一)、7番・ドーナルソン(三)、8番・スミス(指)、9番・ソガード(二)、先発・パーカー(右投)



因縁の天敵セスペデスに先制ソロ弾、浴びる...

先手はアスレチックスが取った。2回だ。先頭打者として打席に入った4番・セスペデスに、カウント2-1から投げ込んだアウトコースのスライダーを被弾した。「コースもまずまず、高さもそんなに悪くないですけどね」。NHK BSの解説者・小早川毅彦氏もそのようにコメントする、失投とはいえないスライダー。それをもののみごとなバット一閃で、バックスクリーンへ運ばれてしまう。(SEA0-1OAK) (追記:あ、でも、今、見返したら甘いかもしれない)

4回の第2打席では高めの速球を2度空振りさせて三振を奪い、一矢を報いるかたちになったが、今日もセスペデスは強烈な印象を我々ファンに植え付けたと言えそうだ。ここで通算の対戦成績をざっと確認してみたい。


◎第2回WBC2009年・・・2打数1安打、1四球、1三塁打
◎2012年・・・4打数2安打1打点、1二塁打、1本塁打
◎今日・・・2打数1安打1打点、1三振、1本塁打
◎通算・・・8打数4安打2打点、1三振、1四球、1二塁打、1三塁打、2本塁打


打率.500もさることながら、4本のヒット全てが長打になっている点から考えても、セスペデスは怖い存在だ。

そう言えば、先日の夜、NHK BSで放送されていたメジャー開幕特番。その中でSHEILAが今年の注目選手として名前を上げていたのがセスペデスだった。なんでも今年お母さんがアメリカにやってくることになり、一緒に住むのだそう。お母さんも若い時にソフトボールをやっていてキューバ五輪代表選手だったとかで、セスペデスの第2の打撃コーチなんだとかで、今季はやるのでは?という見立てだった。

なにはともあれ、この両者の対決のゆくえ、ますます因縁を帯びていきそうで、今後も要チェックだ。

岩隈を救った4番・モースの逆転3ラン

1点を先制されたマリナーズだったが、3回、4番の一振りで逆転に成功している。相手から貰った2四球で好機を得ていたマリナーズ打線は、2死2,1塁から、昨年までナショナルズでプレーし3年半ぶりに古巣復帰となった4番・モースが右翼席へ打球を運ぶ3ラン。終わってみれば、この一撃が試合を決める逆転決勝弾となった。

相手先発パーカーは昨年規定投球回以上でリーグ最少の被本塁打を記録する、最もホームランを打たれにくい投手で、昨年本拠地オードットコーコロシアムで浴びた一発はゼロだっただけに、貴重な3ランとなった。モースには初回先頭クリスプの長打コースの飛球をファインプレーするなど、攻守にわたって助けられるかたちになった。

岩隈はその後4回、5回、6回を三者凡退に退けると、打線は5回以降コンスタントに得点を積み重ねて、結局7-1で快勝。開幕カードのアスレチックス戦を2戦2勝としている。


■岩隈久志 球種別 投球詳細


投球内容は安定さを欠いたものの、7回1失点のQS

6回、打者20人、88球(1回当たり14.67、1人当たり4.40)、被安打2、被本塁打1(セスペデス)、奪三振7(全て空振り)、与四死球0、失点1、自責点1。

この数字だけを見れば、上々の投球だったのでは?という印象になる。打たれたヒットは僅かに2本だし、奪三振もそれなりの数を取ることができた。四死球がゼロという点は高ポイントだ。ホームランを浴びたときセスペデスに一周された以外は、走者の2塁進出を許さない投球は、見事だった。

しかし、中身を細かくみていくと、精彩を欠く内容だったとも判断できるのだ。

安打凡打に関わらず全打球に占めるゴロの割合を診るゴロ率は38.5%。ゴロが少なく外野フライが多かった。それも外野に飛ばされた5本のフライはいずれも外野奥深くを襲うものだった。

1回先頭打者クリスプに快打された右中間への飛球はウォーニングゾーン手前まで飛ばされる大飛球に。この当たりは右翼手モースが背走、球際をジャンプしながらグラブに収めて見せる好守に救われたが、その後も大飛球が続く。

3回にもクリスプにセンター後方へ大飛飛を打たれると、2回モス左飛、4回ラウリー中飛、6回ソガード中飛はフェンスぎりぎり、ウォーニングゾーン内への飛球。ラウリーに高めに抜け気味に入ったシンカーをバット一閃された直後の岩隈のヤバい・・・という表情が苦しさを物語っていた。

カウントの分岐点といえる3球目の状況を診てみよう。3球目2ストライク率は五割を割り込む47.4%。2-1とボール先行になる場面も目立っていたことが数字上でも確認できる。今季の初球、2球、捕手モンテロが外角に構えているにも関わらず内角への逆球になったり、フルカウントまでもつれた対戦も4打席あったり・・・と、コントロールも不安定な状況と言えた。

しかし、結果的に崩れることなく、味方守備の力を借りながらゲームメイクしてみせた点は、メジャーに来てからのタフネスさを物語る好例になったのでは?とも感じている。

コントロールという点では次回に課題を残すかたちにはなったものの、球種別では特に4シームが走っていた。好敵手セスペデスから2球連続4シームで空振りを奪ったり、ジェイソにはど真中といってよい4シームでストライクアウトに討ち取るなど、制球にやや苦しんだ半面、球威はあった。6回ソガードに左中間に飛球を飛ばされたが、フェンス手前で失速したのも、岩隈の球威が勝ったからという見方もできそうだ。

ともあれ、まずは幸先良く投打噛み合っての1勝だ。

今季はオープン戦で良く打った打線に久々に期待ができそうな気配が漂っている。援護点にも恵まれる場面も増えてくるかもしれない。最低ノルマの10勝はもちろんだが、そこからどれくらい上積みできるか、今季も岩隈の投球を追いかけ、一喜一憂楽しむ日々がやってきた。


■岩隈久志 4/2アスレチックス戦 88球の詳細
黄緑色の網掛け=ファウル、紫色の網掛け=ファウル
20130403DATA4.jpg
20130403DATA5.jpg



Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運 営のモチベー ションになります






◎◎◎関連記事◎◎◎
マリナーズの岩隈久志、3Aのゲームで先発登板。7回途中2失点 (2013.3.24)
3月26日「すぽると!」で放送された、マリナーズ岩隈久志インタビュー全文の文字おこし (2013.3.27)
マリナーズ岩隈、オープン戦最終登板。初顔合わせのカブス相手に試合を壊さない4回5安打3失点 (2013.3.29)

---------------------------------------------------------
当ブログのfacebookページを作成しました。180人達成!!
http://www.facebook.com/eagleshibakawa
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球 、楽天と関 係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更 新の活力源 です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブロ グランキングへblogram投票ボタン

ブログパー ツ
レンタルCGI





関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

No title

どうもこんばんわ、ざくろです。
今回も詳細なデータ等お疲れ様です。

いやー、まずは去年何かと苦汁をなめさせられたアスレチックスを、遂に抑えて、
しかも勝ち投手にもなれた、という事で何とも言えず充実した一日でした(笑)
とはいえ、勝ったからいいようなものの、セスペデスはもうどうしましょうか…(笑)
今日のホームラン、打たれた瞬間確かにヤバイとは思いましたがまさか入るとは…。
まぁ、コース的に言えば去年エンカーナシオンに打たれた強烈な一発はもっと外角に
投げていたのに放り込まれたので、外角だから大丈夫と油断してはいけないんですが。

まずは初回、先頭クリスプの打球にはいきなりヒヤリとさせられましたよね。
新加入のモースが上手くキャッチしてくれたので事無きを得ましたが、
その後も今日は、正直決して制球がイイとは言えずアバウトでしたし、フェンスの
ギリギリまで飛ばされた大飛球も多かっただけに、少し見ていて怖かったなと。
ただ、不思議とアバウトだったにも関わらず、何故か見ていて大丈夫ではないか、
という妙な安心感もありました、フルカウントになっても四球は出さないだろう、と。
前回の、オープン戦ラストで発生した血豆による降板。
この血豆が少なからず制球に影響していたのかな、という気はしましたが…。

と思って見ていたら、4回裏ラウリーの打ったセンターフライ。
打たれた瞬間岩隈も固まっていましたし、見ているほうとしても「うわ!」と
思いましたが、結果的にはギリギリだろうとフライはフライでアウト。
今思い出したんですが、確かこのラウリーが中島とショートのポジション争いを
していた選手だったと思うので、中島がスタメンで出てくれていればこんな
ドキドキさせられる事も無かったのに、などと失礼な事を考えてしまいました(笑)

個人的に期待していたジェイソとの対戦は、意外とあっさりしていたというか、
ゴロ、ゴロ、ど真ん中の速球で空振りと、敵に回してもある意味頼もしいというか、
ヒゲを剃っていたので最初誰だか分からなかったというか(笑)

ただ、やはりこのアスレチックスとの対戦においては、とにかくセスペデスですよね。
2度目の打席での対戦、岩隈にしては珍しく力で抑えにかかったな、という内容で
空振りを奪っていましたが、長打しか打たれていないだけに、今後もランナーが
居る場面では絶対に回したくない相手ですよね。
ランナー無しで、尚且つマリナーズが2点以上勝っていれば、こちらとしても
純粋に勝負を楽しんで見る事が出来るんですが、何か2008年の松田を彷彿とさせる
相性の悪さを感じるというか、正にどこに投げても打たれる気配がするというか。

他には、今日は去年までに比べてカーブが比較的有効に使えていたな、と思いました。
上手い具合に決まっていましたし、アクセントとしても良い使い方で、
去年だと真ん中や高めにいく事が多かったと思うんですが、今日はしっかり低めへと
決まっていたので、今後も投球の幅を広げるのに使えるだろうなーと。
シンカーに関しても、今日は全体的にボールが高かったのでアレですが、イイ感じに
曲がっていましたし、球威も感じられたので、今後しっかり低めへと制球出来れば、
特に左打者の内角から食い込ませる事の出来るイイ球種になるのではないかなと。

何はともあれ、遂にアスレチックスを抑えての勝利、見ていても嬉しかったです。
それにリリーフでの1勝を含んでいるとはいえ、今回の勝利でメジャー通算10勝目。
どうやら次回はクリス・セールとの投げ合いになりそうなので、中々勝ち投手は
難しいかもしれませんが、なんとか頑張ってもらいたいところです。

余談ですが、この試合はJスポーツの中継で見ていまして、そちらの中継映像だと、
6回を投げ終えて降板した岩隈に選手達がねぎらいに行った際、ヘルナンデスが
何故かニヤニヤしながらお辞儀をしている映像が映されていました(笑)
誰がお辞儀なんて教えたんでしょうか(笑)

Re: No title


ざくろさん、コメント有難うございます。

> いやー、まずは去年何かと苦汁をなめさせられたアスレチックスを、遂に抑えて、
> しかも勝ち投手にもなれた、という事で何とも言えず充実した一日でした(笑)

ここでバタバタっと言ってしまったら、幸先が思いやられるところでした。まずは結果が出たことに「ホッ」としている心境です。

> とはいえ、勝ったからいいようなものの、セスペデスはもうどうしましょうか…(笑)
> 今日のホームラン、打たれた瞬間確かにヤバイとは思いましたがまさか入るとは…。
> まぁ、コース的に言えば去年エンカーナシオンに打たれた強烈な一発はもっと外角に
> 投げていたのに放り込まれたので、外角だから大丈夫と油断してはいけないんですが。

中堅121.9mのバックスクリーンにぶち込まれるとは、試合前には想像できませんでした。この対戦成績、本人達は自覚しているのでしょうかね。打ったほうより打たれた側のほうが記憶が残るといいますから、クマはきっと認識しているとは思うのですが。ざくろさんが仰るように、セスペデスの前には走者は出したいなぁ。例えば、僅差の勝負所で走者2塁というようなときは、歩かせるという選択肢も出てくるのかもしれません。

ところで、昨年の対戦成績と合わせて少し調べてみたのですが、昨年のホームランも真中低めのスライダーを打たれています。昨年は4打席対戦して合計9球、この試合は2打席で合計8球。トータル17球で、スプリッターを1球も投げていませんでした。もちろん6打席中、追いこむことができたのはこの試合のまっすぐで空振り三振を取った1打席だけでしたから、スプリッターを使う場面そのものが少なかったとは言えるのですが、配球を変えていく必要性もあるかもしれませんね。セスペデスのデータ、さかのぼって追い掛けてみようかしら?とも考え中です。

> まずは初回、先頭クリスプの打球にはいきなりヒヤリとさせられましたよね。
> 新加入のモースが上手くキャッチしてくれたので事無きを得ましたが、
> その後も今日は、正直決して制球がイイとは言えずアバウトでしたし、フェンスの
> ギリギリまで飛ばされた大飛球も多かっただけに、少し見ていて怖かったなと。
> ただ、不思議とアバウトだったにも関わらず、何故か見ていて大丈夫ではないか、
> という妙な安心感もありました、フルカウントになっても四球は出さないだろう、と。
> 前回の、オープン戦ラストで発生した血豆による降板。
> この血豆が少なからず制球に影響していたのかな、という気はしましたが…。

アリゾナでのオープン戦の何試合かでゴロが少なく外野フライが多い。四球が少なく速球は4シームよりシンカーを用いる割合が多く、打たせて取るピッチングでしたよね。これが2年目のモデルチェンジなのかな?とも、少し想像してみたりしています。今まではゴロが多い=好調と判断できましたが、今年からはそうは一概には言えなくなるのかなあ?とも。今後のピッチングを見守っていかなければ、結論はでないところではありますが。

> 個人的に期待していたジェイソとの対戦は、意外とあっさりしていたというか、
> ゴロ、ゴロ、ど真ん中の速球で空振りと、敵に回してもある意味頼もしいというか、
> ヒゲを剃っていたので最初誰だか分からなかったというか(笑)

ヒゲのくだり、笑ってしまいました。どうやらこの試合でのジェイソは外見はアスレチックスのユニも、いまだ中身はマリナーズのユニをまとっていたようですね(笑)

> 他には、今日は去年までに比べてカーブが比較的有効に使えていたな、と思いました。
> 上手い具合に決まっていましたし、アクセントとしても良い使い方で、
> 去年だと真ん中や高めにいく事が多かったと思うんですが、今日はしっかり低めへと
> 決まっていたので、今後も投球の幅を広げるのに使えるだろうなーと。
> シンカーに関しても、今日は全体的にボールが高かったのでアレですが、イイ感じに
> 曲がっていましたし、球威も感じられたので、今後しっかり低めへと制球出来れば、
> 特に左打者の内角から食い込ませる事の出来るイイ球種になるのではないかなと。

なるほどですね。シンカーとカーブが今年のカギになってくるのかもしれませんよね。あのカーブがこの試合のように安定的に使えれば、投球の幅、出てきますよね。昨シーズン終盤、抜群の好成績をあげていますから、他球団からのマークも厳しくなるのは必至でしょうし、何かを変えていく必要はあるのでしょうし。見守っていきたいと思います。

> 何はともあれ、遂にアスレチックスを抑えての勝利、見ていても嬉しかったです。
> それにリリーフでの1勝を含んでいるとはいえ、今回の勝利でメジャー通算10勝目。

そうでした(汗) 御指摘いただくまで、完全に失念しておりました...

> 余談ですが、この試合はJスポーツの中継で見ていまして、そちらの中継映像だと、
> 6回を投げ終えて降板した岩隈に選手達がねぎらいに行った際、ヘルナンデスが
> 何故かニヤニヤしながらお辞儀をしている映像が映されていました(笑)
> 誰がお辞儀なんて教えたんでしょうか(笑)

以前、お辞儀パフォーマンス、ざくろさんに教えて頂いた記憶があります。メジャーで流行っているのでしょうか? (教えたのはムネリンかな?)
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
172位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
30位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}