FC2ブログ

【試合評】 昨夜の開幕戦についての補足。7回則本続投判断は是か非か?!

スポンサーリンク





応募2名...

現在、4名になりました

開幕戦、楽天のスタメン選手に採点、寸評をつけてみよう!という読者参加型企画。こちらの予想以上に不評、分かりづらいのか、現在の応募2名となっております....(ガクッ!)

日曜日まで受け付けしていますので、みなさん、是非、お気軽にご参加下さい。

詳細は下記エントリーをご確認下さい。


◎【読者参加型企画】3/29(金)楽天vsソフトバンク開幕戦、楽天選手への採点&寸評企画を実施します


昨夜の開幕戦について補足。


指揮官の決意表明が表れた開幕スタメン


楽天のスタメン=1番・聖澤(中)、2番・藤田(二)、3番・枡田(左)、4番・ジョーンズ(指)、5番・銀次(一)、6番・マギー(三)、7番・松井(遊)、8番・嶋(捕)、9番・牧田(右)、先発・則本(右投)

ジョーンズ、マギーの新外国人を始め、昨年花開いた銀次、枡田。主将の松井と、不動のセンター・聖澤、正捕手・嶋、指揮官が就任早々にその能力を高く評価した牧田。こうしてみると、このラインアップを軸に今季は初の優勝を目指していくんだ!という闘将の強い決意が見て取れそうだ。

この中に、寂しいことに、完全復活を目指す鉄平の名前がない。これで2年連続開幕スタメン落ちとなった。もちろん攝津との通算対戦成績が19打数2安打(昨年は10打数0安打)と分が悪いのも、選ばなかった動機の1つに違いないが、それ以上に、優勝を狙う野手の主役8人には入らない、構想外であることが伺える。2年前、1年前と比べても、鉄平の置かれた状況がさらに厳しいものになっていることが確認できる、そんな開幕スタメンとなった。


◎関連エントリー>>打率3割の完全復活はあるか?! 犬鷲ファン61人が予想する、楽天・鉄平の今季成績予想


ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


則本を7回続投させた采配は是か非か?!


6回を終えた時点で球数は90球。申し分ない球数になった。7回もう1イニングいかせて8回から継投、指揮官はそういう腹づもりだったのかもしれない。ところが、この判断がアダとなってしまった。

個人的にはこの続投判断は、どうだったのかな?と腑に落ちない所がある。

これが則本以外の先発投手で、通常のペナントレースの1コマなら、球数91球からの7回続投は理解できるところもある。しかし、則本は新人。舞台は開幕戦なのだ。通常の90球ではなかったはずだ。

立ち上がりから速球が140キロ台後半を計測し、序盤から飛ばしていることが容易に見てとれた。4万人近い大観衆に囲まれて投げたそのマウンドは、独特の緊張感もあっただろう。疲労度という点でいえば、精神的にも肉体的にも通常より多かったはずなのだ。則本はオープン戦でも3/10ヤクルト戦の93球が最多だった。好投していたとはいえ、この難局で、プロ最多の球数という「未知の領域」に進んでいく必要性は、はたしてどのくらいあったであろうか?

7回のアタマから救援陣にバトンを託すべきだったのではないか。1死2,1塁となった所で慌てて出てきた感のある(もちろん肩は作っていたはずだが)星野が長谷川に四球を与えてしまったのも、その後、高堀が本多にまさかの満塁弾を浴びてしまったのも、継投を1死2,1塁という得点圏に走者の置いた状況でおこなったことが背景にあると考えている。これがアタマから代えていれば、おのずと結果は違った風景を描き出していたに違いないのだ。

今季、3時間半ルールが撤廃され、延長12回制が復活した。例年以上に救援陣の頑張りが求められるシーズンに、星野監督は昨年同様、先発をまたしてもひっぱろうというのか?という気持ちにも、少し、させられた。

楽天の救援陣は(当ブログが調べた)2009年を起点に年々担当する投球回が減少傾向にあるのだ。投手の分業制の必要性が認識され確立している現在で、先発の分担量が年々増えているこんなチーム、少なくともパリーグでは楽天だけ。これで延長12回制を戦っていけるのだろうか。

◎関連エントリー>>3時間半ルール撤廃・延長12回制に戻る今季、最も重要となる救援投手力、楽天の現状は?!


ハウザーと星野の起用方法


左の先発が怪我でいなくなったことで、急遽、片山が先発調整に入り、左の中継ぎはハウザーと星野で開幕を迎えた。オープン戦の出来やここまでの実績を考えたら、甲乙つけがたい両人である。ハウザーは昨年対左打者被打率.160という成績が素晴らしいし、星野は昨年戦力外になったとはいえ、経験という点でいれば他の追随は許さないものを持っている。

星野監督はこの両者をどのように起用していくのか?注目していきたいと思っている。

昨日は7回1死2,1塁、左の長谷川を迎えたところで星野を投入した。この場面はハウザーで良かったのでは?と思うのだ。星野はストライクになるにせよボールになるにせよ、左打者の外角に球を集めていくスタイルだ。これは当然、嶋のリードが外角中心ということもあるのだが、とにかく制球難で大きくはずれてもアウトコースにはずれるタイプなのだ。

打者心理から言えば、アウトコースに目つけをしジャッジを下せばよいということになって、少々楽になってくる。

一方、ハウザーは嶋が外角中心にミットを構えても、しばしば球が暴れて内角に入ることがある。それも打者のインコース高め、けっこう嫌らしい所に抜けていくことがある。

打者心理としては抜け球だなと分かってはいても、勢いのある球を身体の近くをしばしば通ることになれば、おいそれと外角に踏み込んでいくわけにはいかなくなり、狙い球やコースも絞りきれなくなってしまう。

そういう訳で、コントロールよりも、球の暴れっぷりやキレで勝負するハウザーのほうが、あの場面、最適だったかもしれない。


攝津が良すぎた・・・


前のエントリーにも書いたが、初球ストライク率は82.6%とストライク先行。楽天打線を僅か2球で0-2と追い込むことも多かった。分岐点となる3球目をみてみると、下記表のとおりになる。


■攝津vs楽天打者の3球目



対戦打者23人中、3球目で2ストライクまたは討ち取られてしまっている打者は実に14人を数えていた。厳しいコースにポン、ポンと投げ込まれて容易に追いこまれてしまうケースも目立ち、ボール先行の場面がなかった。

攝津が投じた94球中、(フルカウントを除く)ボール先行カウントからのピッチング(下記図網掛け部分)は僅かに7球。

昨年来、攝津の投球の分析をしてきたが、このようなボール先行カウントからは、看板球のシンカーを投げてくることはほとんどない、という傾向が出ている。昨夜も7球中、シンカーを投じたのは1球だけだった。ボール先行では球種を絞ることができるため、こういった場面が攝津攻略へのカギの1つになってくるのかな?と考えていたが、そもそも、そういう場面がほとんどなかったと言える。


■攝津のカウント別球種割合
〔右打者〕
20130330DATA2.jpg

〔左打者〕
20130330DATA3.jpg



Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります





◎◎◎関連記事◎◎◎
【試合評】 2013年3月29日(金) ●楽天イーグルス1-7ソフトバンク。好投・則本、伏兵に泣く。開幕戦のチーム安打数4本は球団史上最少本数に

---------------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------------
【新刊の読書感想文を書きました】

◎『プロ野球を統計学と客観分析で考えるセイバーメトリクス・リポート2』の読書感想文はコチラをクリック

◎『プロ野球もうひとつの攻防』の読書感想文はコチラをクリック
---------------------------------------------------------
当ブログのfacebookページを作成しました。180人達成!!
http://www.facebook.com/eagleshibakawa
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

ブログパーツ
レンタルCGI







関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

初めまして。昨日の試合あまりにもモヤモヤするので書かせていただきます。

則本の続投に関してはしょうがないかなと思っています。楽天は中継ぎに不安を抱えているチームですし、先発を出来る限り引っ張るのはチーム事情による所が大きいと思います。
私が気になった点は片山選手の運用に関してですね。 しがなきさんが過去のエントリーでおっしゃていたように、辛島選手が離脱した事で先発左腕が全くいないと状況になってしまい片山選手を二軍で先発調整させてるみたいですが、あまりにも見通しが甘いように感じました。ラズナーが怪我で離脱、斎藤隆も開幕間に合わずの状況でop戦を好調だったはずの片山を開幕で外した首脳陣の考えがよく分かりません

Re: 初めまして。昨日の試合あまりにもモヤモヤするので書かせていただきます。


そぼろさん

こんにちは。御訪問ありがとうございます。

> 則本の続投に関してはしょうがないかなと思っています。楽天は中継ぎに不安を抱えているチームですし、先発を出来る限り引っ張るのはチーム事情による所が大きいと思います。

おっしゃるとおり、首脳陣の判断は「他球団と比べた時に中継ぎ戦力が劣る」ということなのでしょうね。2戦目の星野監督のコメントに「やはり、先発が7回までもってくれれば」というくだりが出てきたのが、象徴しているように思います。

昨年のイニング別失点をみると、パリーグで6回の最多失点が81を記録した楽天なんですよね。先発に疲労の色が見え始めるイニングですが、ひっぱりすぎるあまり失点、または、先発がピンチを作って継投に出るも失点、というケースが多いのかな?と思います。今季はこのあたりの投手陣の運用の改善も、カギになるのかな?と考えています。

> 私が気になった点は片山選手の運用に関してですね。 しがなきさんが過去のエントリーでおっしゃていたように、辛島選手が離脱した事で先発左腕が全くいないと状況になってしまい片山選手を二軍で先発調整させてるみたいですが、あまりにも見通しが甘いように感じました。ラズナーが怪我で離脱、斎藤隆も開幕間に合わずの状況でop戦を好調だったはずの片山を開幕で外した首脳陣の考えがよく分かりません

片山投手といえば、ここまでをみるに先発適性よりも救援適性のほうがあるのでは?という結果が出ていますので、この判断がどうなりますか? 開幕ローテに左がいなくなるのは避けたいという考えも理解できるところではありますが、慌てて先発にまわす窮余の策の結果はどうなるか? 注目していきたいと思っています。

No title

端から見ても中継ぎが弱いのは明白なので、先発は引っ張らざるを得ないでしょうね。
また、先発の分担量が年々増えているのは、就任時に先発全員が完投できるチームにしたいとおっしゃっていた佐藤義則コーチの方針によるところも大きいでしょう。
星野監督は則本をリリーフで使いたかったようですが、佐藤コーチは先発に推していましたし。

Re: No title

京太郎さん

なるほど。やはり、2009年から投手陣を預かる佐藤コーチの意向が強いということですか。

則本の場合、あのような快投を見せられると、まずは先発で使いたくなる気持ちは私も同様です。

> また、先発の分担量が年々増えているのは、就任時に先発全員が完投できるチームにしたいとおっしゃっていた佐藤義則コーチの方針によるところも大きいでしょう。
> 星野監督は則本をリリーフで使いたかったようですが、佐藤コーチは先発に推していましたし。
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
172位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
30位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}