FC2ブログ

【2013年プロ野球 パリーグ順位予想】 1位・ソフトバンク、2位・東北楽天、6位・オリックス

スポンサーリンク





---------------------------------------------------------------
【注目新刊情報──私、さっそく予約しました!】
3月31日発売予定
『プロ野球を統計学と客観分析で考えるセイバーメトリクス・リポート2』


現在メジャーで最も重要視されている指標「WAR」のNPB版が公開されている模様です。こりゃ、楽しみだ!
---------------------------------------------------------------


2013年プロ野球 パリーグ順位予想

昨年も2月下旬~3月上旬のタイミングで予想してみたプロ野球順位予想。

今年もパリーグから予想していきたいと思います。

セリーグはあのチームとあそこのチームを1位と6位に当てはめておけば大丈夫なんですが、パリーグは例年悩んでしまいます。ひとしきり逡巡した後、下記のように予想してみましたよ。


■当ブログによる2013年パリーグ順位予想
(2013年3/2予想)
1位:福岡ソフトバンクホークス
2位:東北楽天ゴールデンイーグルス
3位:北海道日本ハムファイターズ
4位:千葉ロッテマリーンズ
5位:埼玉西武ライオンズ
6位:オリックスバファローズ



1位:福岡ソフトバンクホークス

投手力は今季も健在。不安要素が最も少ないチーム

例年上位候補と目される3球団の中で最も不安要素が少ないのがホークスです。日本ハムは糸井が退団。西武は中島の退団、中村が左膝手術明けで大幅な出遅れが確定的です。この2球団と比べると、ホークスは恵まれていると言えそうです。

ここ数年、強みは投手陣にありました。投手本来の力量を示すDIPSは少なくとも2009年からリーグ1位を記録。ところが2011年オフ、杉内、和田、ホールトンが退団。投手陣の主力層がこぞって鷹のユニフォームを脱いだことで、どうなるのかな?と思われましたが、DIPS、防御率ともにリーグ1位。失点は前年の351から429へと増えましたが、それでもリーグ最少ですから、これは特筆すべきことです。

オフには馬原、岡島が退団したものの、馬原は昨年実働なし。代わりにオリックスから寺原がFA入団。五十嵐が日本球界復帰。ドラフトでは3球団競合の末、即戦力候補の東浜を引き当てました。また、2011年から三軍制を敷いていることもあり、投手陣は今季も盤石。誰かが思うような活躍ができなくても、その穴を誰かが埋めるという理想的な体勢が整っていると見ます。

優勝から一転、昨年3位に沈んだ原因は約100点減らした得点力の減少が大きかったのです。その得点力もメジャーからラヘアを獲得するなど手当を施しています。昨年は夏場に松田が怪我で離脱したことが響いてしまったかたちになりましたが、その松田がシーズン通して働くことができれば、得点力の改善は十分に見込めそうです。


2位:東北楽天ゴールデンイーグルス

AJ、マギー、Eウィング、さらなる得点力増、そして初の日本一へ

2012年は2度目の得失点差プラスで終了した東北楽天。オフにアンドリュー・ジョーンズとケーシー・マギーを獲得。外野にEウィングを設置するなど、さらなる得点力アップへ向けて補強を施し、「日本一」の三文字が決して絵空事ではなく、現実味を帯びてきたと言えそうです。

オフに退団した選手は陰りが見え始めた選手、衰えが隠せない選手が多く、流出戦力はないと言っていいでしょう。銀次、枡田の台頭を促したように、世代交代を推し進めるための環境整備をしたと言えそうです。久米島キャンプで藤田が開幕微妙の怪我を負ってしまいましたが、4年目の西田が只今猛烈アピール中。課題とされる二遊間の世代交代も、雨降って地固まるのでは?と少々楽観視しています。

ここ2年スランプに悩まされてきたかつての首位打者・鉄平も今季はプチ復活するのでは?と見ていますし、昨年花開いた銀次が絶好調。怪我さえなければ規定打席到達+打率3割を成し遂げるのでは?と思います。とはいえ、楽天の得点力は新外国人の2人にかかっているわけですが、まずまずな数字は残してくれそう。

ここへきて一気に雲行きが怪しくなってきたのが投手陣。それも昨年若手が台頭した先発陣です。今年はさらなるビルドアップが期待されていますが、現状、釜田はフォームを修正中。怪我からの完全復活を目指す永井もいまひとつ精彩を欠き、辛島もしっくりきていない様子。塩見に至っては左肩に違和感を覚えているとか...。 巨人・澤村も注目する則本が即戦力で好活躍をしてくれそうですが、先発ローテの顔ぶれが見えてこない状況に追い込まれてしまっているのです。先発陣が調子が悪く長いイニングが投げられないとなると、長いイニングを投げたことがない救援陣の負担が増し、パフォーマンスの悪化を招きかねません。この点が気がかりです。

昨年好活躍をした若手投手陣、若手野手陣のさらなる飛躍よりも、2年目のジンクスに悩まされることのほうが多いのかな?と考え、またEウィングは味方投手陣の被本塁打も等しく増やすだろうと判断し、1位予想ではなく2位予想にしました。(最後に、誤解のないよう丁寧に書きますが、心情としては1位を強く期待していますよ!)


3位:北海道日本ハムファイターズ

糸井の穴は埋められない・・・

糸井のトレードがなければ、恐らく1位か2位のどちらかで予想していたはず。大引や赤田を獲得したとはいえ、糸井と比べれば刺身のつま程度にしかならない。糸井の退団は大きすぎます。

『セイバーメトリクス・マガジン1』では「勝利の貢献を総合的に計る指標WARの概算ではリーグトップの値になる可能性が高い」と触れられており、出たばかりの『2013プロ野球オール写真選手名鑑』で主に糸井が守った右翼の得点貢献度をチェックしてみると、攻撃で約30点、守備で約10点、トータル約40点を稼ぎ出しているのです。

近年の日本ハムは2010年から3年連続で得失点差が+64、+64、+60で推移してきました。そのうち約40点が喪失すると単純に考えただけでも、糸井の穴は大きすぎるのです。もちろん、日本ハム側も糸井の穴を埋めることができるとは考えていないでしょう。あくまでも数年先を見据えた判断だったものと思われますから、今季は3位かな?という予想になります。


4位:千葉ロッテマリーンズ

なぎのように動かなかったロッテ

ロッテを4位に予想したのは、西武との兼ね合いによるところが大きいです。投手陣を比べた際、ロッテのほうが上なのかな?という判断をしました。オフになぎのようにほとんど動きを見せなかったのが、このチーム。最大の補強が伊東勤新監督ぐらいで、G.G.佐藤はいてもいなくても・・・という程度でしょう。

昨年ロッテの得点は楽天を僅かに上まわる499点でした。今年、正直、上積みはあまり期待できないのでは?と見ています。角中や根元の長打力が増すとは考えられませんし、ヤクルト時代打っても本塁打15本だったホワイトセルが20本以上打つほど覚醒するとも、なかなか予想できません。それよりも、井口(39歳)、福浦(38歳)、サブロー(37歳)、里崎(37歳)ら1軍主力層の加齢が気になるところです。

投手陣は、できれば楽天がドラ1で取りにいきたかった左腕の松永昴大が即戦力で好活躍しそう。在籍していた社会人チームの不祥事で昨年9月から投げていなかったという話だが、逆に言えば肩を休ませることができたとも言えそう。ドラ1位で松永、2位で則本と取っていれば「昴大ブラザーズ」結成のはこびとなったのになあ~

伊東監督が考えているように、成瀬と唐川が二枚看板でシーズンフル稼働できれば、投手力を西武と比べた際、ロッテに軍配があがるのかな?と考えています。得点は490点前後、失点は少し改善されて470点前後。ちょうど昨年の楽天と同じ数字になるのでは?と予想。


5位:埼玉西武ライオンズ

中島退団、中村出遅れ。チーム戦略の再編を余儀なくされそうな正念場のシーズン

渡辺監督6年目。就任1年目にチームを日本一に輝いたものの、その後は4位、2位、3位、2位で推移。今季の成績次第では進退問題も避けられないでしょう。近年の西武の強みは得点力にありました。投手陣はリーグ平均レベルもしくはそれ以下なものの、打線はリーグ平均を凌駕する高い得点力を維持。その差し引きでプラスの得失点差を創出し、ペナントレースを戦ってきました。

ところが、今季は強みが消失しかねない事態に直面しています。長年打線の軸を担ってきた中島がメジャーへ、頼みの中村も左膝手術で復帰時期未定。打線のテコ入れは新外国人で未知数のスピリーぐらいという状況で、少なくとも前半戦はかなり苦しい戦いを強いられそうです。4季ぶりのBクラス転落、十分に可能性あると考えます。

投手陣はサファテ、シコースキーを獲得。新人ではドラ1の増田達至が即戦力になりそうです。クオリティスタート率が最も低かった先発陣も、防御率が最も悪い救援陣もどちらも再整備が急務となっていますが、はたしてできるでしょうか。まずは涌井の完全復活が望まれるところですが、WBCに選ばれていることもあり、復活への道筋はまだ見えてきません。


6位:オリックスバファローズ

投手陣に「柱」となるべきピッチャーが見当たらない

オフに忙しく動いてみせたのが、オフに瀬戸山隆三氏が球団本部長補佐に就任したオリックスでした。主だったところでは、木佐貫、寺原、大引、赤田が抜け、糸井、八木、平野、馬原、東野がイン。

大引、赤田を出してまでも糸井を獲得したことに対しては、高い評価ができそうです。3番・糸井(左)、4番・李大浩(右)、5番・T-岡田(左)といったクリーンアップは12球団でもトップクラス。昨年は故障した坂口も充実したキャンプを送った模様で、リーディングヒッターとして今季は元気な姿を見ることができそうです。昨年は443点とリーグ最少の得点力に泣いたオリックスですが、今年は少なく見積もっても2011年の478点前後ぐらいには回復するのでは?と予想しています。

一方、問題なのは投手陣。金子を中心に、西、マエストリ、八木、東野、先発転向と報道されている岸田と一応頭数はいますが、信頼のおける大黒柱が見当たらない。

本来ならエースの金子が担わなければならないのですが、近年は毎年のように怪我に泣く姿を見ていると、期待しても計算はできない状況だと思います。(個人的には怪我の不安もなくシーズンフルで活躍できれば澤村賞も狙えると思いますので、頑張ってほしい!) ただ、金子が問題ないようなら、お得意様の楽天から白星を3~4個自動的に巻き上げていくでしょうから、この点はオリックスの強みと言えそうです。

このエントリーを書く前には、今年のオリックスは不気味だなぁ・・・と感じてはいたのですが、他球団と合わせて諸々予想してみると、この位置に落ち着いてしまいました。とはいえ、セリーグのように戦力に格差があるわけではないパリーグ。ペナントを面白くするためにも、オリックスにも頑張ってもらいたいと思います。


※近日中にセリーグも予想してみたいと思います。


ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村




Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります






◎◎◎関連記事◎◎◎
【2013年楽天開幕戦】 楽天キラー・攝津正にリベンジするには?! その攻略法を2012年対戦データから探る!! (2013.1.1)
【2013年楽天開幕戦・予習データ】ヒートマップから、左打者によるソフトバンク攝津正攻略法を探る!! (2013.1.2)
「優勝」を取りにいく星野体制3年目の楽天、当ブログが最も期待する投手は?! (2013.1.31)
「優勝」を取りにいく星野体制3年目の楽天、当ブログが最も期待する野手は?! (2013.2.17)

---------------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------------
【2013年プロ野球選手名鑑 購入手引き】
◎ポケットサイズの5冊を徹底比較してみました。コチラをクリック
◎大判サイズの5冊を徹底比較してみました。コチラをクリック
---------------------------------------------------------
当ブログのfacebookページを作成しました。150人達成!!
http://www.facebook.com/eagleshibakawa
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

ブログパーツ
レンタルCGI





関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
32位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}