FC2ブログ

【2013年プロ野球選手名鑑購入の手引き(2)】『2013プロ野球オール写真選手名鑑』ほか大判5冊を徹底比較 ※※※読者プレゼントあり※※※

スポンサーリンク





※長くなりますが、最後までお読み下さい。読者プレゼントのお知らせがあります。

先週土曜日2月23日に開幕した「もう1つのプロ野球」、

2013年プロ野球選手名鑑の一斉発売であります。

数々の選手名鑑が書店で激しい攻防を繰り広げているわけですが、そんな中から10冊をまとめ買い!! (本当は全て購入する勢いで書店に駆けこんだものの、あまりの多さにクラクラで、10冊とさせていただきましたm(_ _)m )

前回はそのうちポケットサイズの5冊を徹底比較してみました。

今回は下記、残り大判5冊を徹底比較してまいります。


ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


■『週刊ベースボール誌2/20号』(ベースボール・マガジン社) 略称・週ベ
■『2013プロ野球全選手カラー写真名鑑&パーフェクトDATA BOOK』(ベースボール・マガジン社) 略称・DATABOOK
■『2013プロ野球選手カラー名鑑』(日刊スポーツ出版社) 略称・日刊
■『2013プロ野球オール写真選手名鑑』(日本スポーツ企画出版社) 略称・Slugger
■『プロ野球コンプリート選手名鑑2013』(三才ブックス) 略称・三才


なお、価格表記の本体は税抜価格、頁数は表1~4を除いたページです。文中表記で「○○はこの名鑑だけです」という表記を多用しますが、「今回取り上げている中で」という枕詞付きであることを御了承下さい。「世に発売されている全ての名鑑の中で」という意味ではございませんので、ご注意願います。文中、各々の名鑑は上記の略称表記とさせていただきます。選手ページのサンプルは前回同様、楽天・聖澤を掲載します。

では、さっそくいきましょう!


▼購入した選手名鑑。『週ベ』選手名鑑号を含めて10冊をまとめ買い!!



20130226DATA2.jpg

■『週刊ベースボール』誌2013年2月20号
「2013プロ野球全選手カラー写真名鑑」(ベースボール・マガジン社)
定価480円(本体457円) 128頁


趣味・特技、愛車、好きな女性タレントの欄も

『週刊ベースボール』誌の選手名鑑号です。今年は2月23日が各社一斉発売日でしたが、『週ベ』だけ一足先に発売されたので、既にお持ちの方も多いのでは? 『週ベ』はこの名鑑号が1年で最も多く売れるのだとか。楽天ファンには、田中将大の巻頭インタビュー(カラー4頁)も、嬉しいところです。

特徴は、監督・コーチ陣の紹介が充実している点。趣味・特技や乗り回している愛車、番記者の寸評も。例えば、楽天の鈴木康友1軍内野守備走塁コーチ。趣味は映画観賞と手品とあります。「え?久米島の居酒屋でほろ酔い気分でカラオケ熱唱していたのに、手品なんだ(笑)」と逆を突かれることも、しばしばです。

選手ページでも、家族、血液型、趣味・特技、愛車の明記が。妻帯者の場合は聖澤なら「妻と1男」と表記されますが、独身者の場合、ここは好きな女性タレントになります。例えば、楽天ドラ1イケメン森は広末涼子ですって。

楽天選手の趣味を眺めていたら、意外な発見をしましたので御報告差し上げます。

楽天でギターといえば、昨年から練習に励む鉄平が真っ先に思い浮かぶ訳ですが、その鉄平は趣味にゴルフと記載。逆にギターと答えたのが巨人から移籍してきた金刃でした。ぜひ秋のファン感謝祭では両人のギターバトル見てみたいなあ~なんて。趣味・特技や愛車、好きな女性タレントの記載があるのは、ベースボールマガジン社の『週ベ』と『DATABOOK』だけでしょう。


20130226DATA9.jpg


ただ、肝心の成績はポケットサイズ同様、前年と通算の2つだけでした。

◎投手=登板、勝利、敗戦、セーブ、ホールド、投球回、三振、自責点、防御率
◎野手=試合、打席、安打、本塁打、打点、盗塁、四球、三振、打率


統一球の前と後の数字を確認したいため、最低3シーズンの掲載は欲しいのですが、残念なかたちになっています。

両打ちの投手が1名いるんだけど???

選手データを集計した「2013名鑑をイジろう! 数字で見るイマドキのプロ野球選手白書」も、へええ!と読みどころの1つ。身長・体重・年齢などの平均、右投・左投・右打・左打・両打の集計(両打の投手が1名いるんだけど誰だろう?)や、年齢別・誕生日別の分布図。出身都道府県ランキングや好きなタレントランキング(北川景子がダントツ1位です)など、目を惹くものが多いです。

他には、写真付きの審判名簿も特徴でしょうね。公式記録員は名簿のみ掲載。育成枠の選手は12球団まとめて巻末についているのは、評価が分かれそうなところです。


20130226DATA10.jpg

■『2013プロ野球全選手カラー写真名鑑&パーフェクトDATA BOOK』(ベースボール・マガジン社)
定価890円(本体848円) 272頁


見どころは、対戦相手の左右別で変わる球種割合、ゾーン打率

ベースボールマガジン社の名鑑はポケットサイズのBBM、『週ベ』、そして、極めつけがこのDATABOOKです。大判サイズの中でも一回り大きく、まるで女性ファッション誌のよう。重量もずっしりしていて、球場にはとても持っていけそうもないサイズですが、その難点を上まわる力作と言えそうです。

各球団の最初は見開きページになっていて、球団基本情報やスタッフ名簿(裏方さん含む)、前年のチーム成績や各種スタッツ、IN&OUT一覧、携帯BBMではミニ球団史だったチームストーリー、過去8年間のリーグ順位変動、2013チームスローガン、2013年予想布陣、戦力評価グラフ、背番号&登録名変更が掲載されています。ミニコラムは3つ。今季展望記事、2013注目のキープレイヤー(楽天は田中)、2013注目のニューフェイス(楽天はジョーンズ)。大変見やすくまとまっているのが特徴的です。


▼各球団主力は別枠でクローズアップされる。対戦投手の左右別ゾーン打率が特徴的
20130226DATA5.jpg


選手ページは全選手の他に各球団の主力24人(投手12人・野手12人)は別枠でクローズアップされているのが、見どころ。投手、野手で下記のデータが掲載されています。

◎投手=12年&通算成績、走者なし・得点圏成績、左右打者別の数字(被打率・球種割合、球速帯)、カモ&苦手、寸評。
◎野手=12年&通算成績、走者なし・得点圏成績、左右投手別のゾーン打率、カモ&苦手、寸評


BTでも球種割合、ゾーン打率を、Sluggerでも球種割合を載せていますが、その2冊を決定的に異なる点は対戦相手の左右です。それぞれ別個に載っている点は、DATA BOOKの最大の売りで、凄いところでしょう。


20130226DATA6.jpg


主力24人の紹介の後に、写真付の全選手名簿が搭載される体裁。主力24人もここで再度取り上げられています(両方で紹介されている選手はページが離れてしまっているのは、どうなのかな?と思います)。既婚または好きな女性タレント、血液型、愛車、趣味・特技の他、成績は直近5シーズン、下記のスタッツを掲載。これは評価できますね。

◎投手=登板、勝利、敗戦、セーブ、ホールド、投球回、三振、自責点、防御率。
◎野手=試合、打席、安打、本塁打、打点、盗塁、四球、三振、打率。


ひとまわり大きい大判サイズのため、選手の写真も大きく、イケメンかどうかしっかり確認できる点もポイントです。これほどの大きさなら、面相占いもできるのでは?と思います。

選手だけでなく、監督、コーチにも寸評がついている点は嬉しいところ。寸評は『週ベ』の文章を加筆修正していますね。

その他には、2013年達成されそうな記録、写真付の審判名簿、全選手の誕生日カレンダー、1軍日程のみならずファームの日程表が掲載されている点が、好印象です。(ファーム日程は、大判5冊の中でSlugger、三才にも記載有)

大半の名鑑には巻末に歴代記録や年間記録といった類がついてますが、DATA BOOKはさすがパーフェクトと銘打つだけあって、一味違いました。2000安打200勝150セーブ達成者の写真名簿の他に、歴代の個人記録などには、「連続試合安打」(79年広島の高橋慶彦の33試合)や「連続試合本塁打」(72年巨人・王の7試合)、「連続打席無三振」(97年オリックス・イチローの216打席無三振)などといった、他ではお目にかかれない珍しい記録が、記録好きの心をくすぐります。

年俸ランキングが充実

選手の懐事情も充実しています。「2013年日本人選手年俸ランキング」が上位150位まで掲載。前年からの増減額、増減率が一目で確認できるのは、嬉しいところです。さらに1974年以降の「年度別日本人選手年俸ランキング」の掲載も。

各年度上位10人まで、上位10人が全て1億円プレーヤーになったのは1993年以降で、1993年は上位5人までが西武の選手だったことが改めて確認できるわけです。

他の名鑑ではお目にかかれない記録やデータが載っているDATA BOOK。残念なのは、セイバーメトリクスが全く掲載されていない点です。出塁率、長打率すらない。さすがにこれはいかがなものか?と思います。



Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります





20130226DATA4.jpg

■『2013プロ野球選手カラー名鑑』(日刊スポーツ出版社)
定価950円(本体905円) 240頁


セイバーメトリクスを紹介する数少ない名鑑

日刊スポーツはポケットサイズの他に、こちらの大判サイズも出しています。

年々確実に認知されつつあるセイバーメトリクスですが、大半の名鑑にはOPSの記載がないのが現実(全選手のOPSを載せているのは、この後に紹介するSluggerだけ)。ところが、日刊で出しているこちらの名鑑は、巻頭に7ページにわたってセイバーメトリクスについて紙幅を割いているのが特徴的です。

「セイバーメトリクスで見る注目選手」というタイトルで、RC、TA、IsoP、FIP、WHIP、RC27、QS、SecA、BABIP、BB%、wOBA、奪三振率、与四球率といった指標を用い、11人の選手をクローズアップ。「理論上、阿部は1アウトをとられるまで、常に1つの塁を奪っていたといえる」というテキストが、いかに巨人・阿部が凄かったか?改めて確認することができ、メジャー移籍した日本ハム・田中賢介の穴はどうなるの?と思ったら、セイバー各指標が高い西川遥輝で置き換えが効きそうであることもわかるのです。

スタジアムグルメの紹介はこの名鑑だけ

球団マスコット紹介、座席別の入場料金やおすすめグッズ、観戦に行ったら食べておきたいスタジアムグルメなど本拠地ガイドが、とっても充実しているが日刊の良いところ。スタジアムグルメが紹介されているのは、日刊だけです。でも、ハマスタだけ載っていないのは、崎陽軒のシウマイ弁当しか売っていないから(?)でしょうか。

セイバーメトリクス、マスコット、本拠地ガイド等が続いた後、各球団の選手名簿になります。

監督情報、球団情報、裏方まで網羅したスタッフ名簿、過去5年のチーム成績と順位、チームスローガン、予想される布陣、日程、コーチ名簿(写真入り。寸評付)がきたあと、選手名簿になります。


20130226DATA8.jpg


選手名簿は1ページ8選手を割り付けるデザイン。前年と今年の年俸、家族、血液型も。成績は下記スタッツ、過去3シーズンと通算が載っています。

◎投手=試合、勝、敗、セーブ、投球回、三振、四球、自責点、防御率
◎野手=試合、打数、安打、本塁打、打点、三振、四球、盗塁、打率


また、左端の欄外に2012年ベストプレーの紹介が。例えば、楽天・藤田には「9/18ロッテ戦で自身2度目の1試合5安打」とつけられているのも、親切です。

昨年の記録でいえば、交流戦成績が細かく載っている点も良い。個人打撃30傑、個人投手20傑の他に、各球団、対戦相手別のチーム成績(勝敗、得点、失点、安打、本塁打、盗塁、打率、防御率)が載っています。

あと、250打席以上規定打席未満の打者成績、100イニング以上規定投球回未満の投手成績が載っているのも、嬉しいところ。個人的に規定打席以上だと常々物足りなさを感じている人なので、この記録集はポイント高くなりました。


20130226DATA3.jpg

■『2013プロ野球オール写真選手名鑑』(日本スポーツ企画出版社)
定価950円(本体905円) 256頁


記録好きは必携!! 2年連続、当ブログ、イチオシの選手名鑑!!

大判サイズの名鑑で、当ブログが2年連続でイチオシするのが『2013プロ野球オール写真選手名鑑』。MLB専門誌『Slugger』等を発行する日本スポーツ企画出版社の編集です。

『Slugger』誌を出しているだけあって、他の名鑑とは一味も二味も三味も異なるのが、こちら。1冊選べと言われたら、当ブログは迷わずこの名鑑を推します!!

きた!きた!!きたーー!!!のUZR!!!

きた!きた!!きたーー!!!と感極まってしまったのが、各球団見開きの扉ページ。今季展望や予想される布陣、戦力分析グラフや首脳陣名簿(裏方はナシ)が載っている傍らに、2012年のポジション別貢献度を表す棒グラフが!!!

攻撃力をRCAA/RSAAで表し、守備力はUZRで表されています。そうです、2012年のUZRが遂に公開されているのです。もちろん、選手別ではなくチームのポジション別なのですが、それでも、当ブログが昨年秋に調べたRF等と照らし合わせていけば、誰がどのくらいか?はあらかた見当がつくので、これは朗報です。


▼2012年 楽天のポジション別貢献度



上記にサンプル例として楽天のグラフを掲載しましたが、これを見ると主に銀次が就いたセカンドの守備力はプラス評価。各球団のセカンドと確認すると、ソフトバンクに次ぐリーグ2位で、やはり銀次のセカンドRFの高い数字はホンモノと言えるのだな!と感動を覚えるのです。一方、聖澤の守備力は、他球団に優れた中堅手が出現している影響で、相対的に下がってしまているのだな!と、自分の推測が正しかったことが確認できるのです。

選手名簿に目を移していきましょう。

通常は1ページ8枠ですが、見ごたえは十分です。成績は下記のスタッツが、過去5シーズン分と通算を搭載しています。投手はWHIP、野手はOPSが標準装備。

さらに今年から、投手は左右打者別被打率、K/9、BB/9、K/BBの前年スタッツが、野手は左右投手別打率/OPS、得点圏打率の前年数値が新たに加わっています。これは嬉しい! 寸評もなるほどなと思わせる鋭いものが多く、大変参考になります。

◎投手=試合、先発、勝、敗、セーブ、投球回、安打、本塁打、三振、四球、防御率、WHIP、年俸
◎野手=試合、打数、安打、本塁打、打点、三振、四球、盗塁、打率、出塁率、長打率、OPS、年俸


通常の選手名簿でこれだけのボリュームですから、各球団24人の主力メンバーをクローズアップした1ページ4枠の見開きページは、さらに充実! 他ではお目にかかれない、選手の特徴を良く表した数々の貴重なデータが満載で、記録好きにとっては垂涎モノ。これだけで1週間ぐらい楽しめそうな内容なのです。

実は2012年は各球16人でしたから、8人増。全体では192人から96人増の288人の選手がクローズアップとなりました。万歳!!

上記スタッツの他に、下記が付け加えられています。

◎投手=球種別データ(球種割合、球速、三振%、空振り率、被打率、被本塁打。得意打者3人&苦手打者3人、左右打者別の成績(被打率・被OPS・被本塁打・K/BB)、ゴロ率、空振り率、初球ストライク率、BABIP。※ゴロ率~BABIPまではリーグ平均の数字も併記。

2012年の名鑑と比べると、初球ストライク率の数値が新たに加わりました。


▼様々なデータでクローズアップされている楽天・聖澤のページ
20130226DATA7.jpg


◎野手=打球方向、得意投手3人&苦手投手3人、初球スウィング率、ボール球スウィング率、空振り率、ゴロ率、内野安打割合、四球率、三振率、2ストライク打率 (初球スウィング率~2ストライク打率まではリーグ平均も併記) 左右投手別の成績(打率、本塁打、OPS、三振率、四球率)

2012年と比較してみると、コンタクト率の記載がなくなり、代わりに内野安打割合が入ってきました。内野安打割合を入れたことで、足の速さを浮かび上がらせる意図なのでしょう。盗塁も内野安打も多い場合は俊足で盗塁も上手い選手、盗塁は少ないが内野安打は多いケースは俊足だが盗塁技術に欠ける選手という判断ができるのです。

寸評の他に、データに基づく一口メモも下記についており、これがなかなか読ませるのです。

巻末でとりわけ目を惹くのは、本拠地ガイドと、珍しい記録集。

得点、本塁打、安打、二塁打、三塁打のパークファクターを公開

12球団本拠地ガイドは入場料金の案内はない代わりに、パークファクターの記載があります。得点、本塁打、安打、二塁打、三塁打の項目別にそれぞれ数字の記載があり、2012年最も本塁打が出にくかった球場は、ダントツの0.51を記録したKスタであることが、パークファクター上でも判明。少なくともここ3シーズンは1.00を下まわる数字で、Eウィング設置の今季、この数字がどう変化するのか?注目です。

珍しい記録ランキングでは、ホーム打率、アウェー打率、対右投手打率、対左投手打率、ストライクゾーン見逃し率、ストライクゾーンスウィング率、初球スウィング率上位・下位、P/PA上位・下位、球種別投球割合&被打率ランキングなどが。所々、用語解説を挟みながら、滅多にお目にかかれない珍しい記録の数々が拝めます。

値段は前年から50円増の950円になりましたが、もっと高くてもよいくらい。

最後に、楽天でクローズアップされている主力24人の名前を列挙しておきます。

塩見貴洋、ラズナー、田中将大、釜田佳直、片山博視、美馬学、青山浩二、ハウザー、加藤大輔、小山伸一郎、辛島航、ダックワース、岡島豪郎、嶋基宏、高須洋介、藤田一也、松井稼頭央、枡田慎太郎、銀次、牧田明久、中島俊哉、聖澤諒、島内宏明、鉄平




■『プロ野球コンプリート選手名鑑2013』(三才ブックス)
定価980円(本体933円) 272頁


プロ野球はもっぱらラジオ観戦。そんなあなたにオススメです

ようやく5冊目にたどりつきました。三才ブックスのムック本の名鑑になります。5冊の中ではサイズは一番小さく、単行本サイズをほんの少し大きくした判型です。なお、同社からは他にポケットサイズも出ていたと思います。

選手名簿はカラー、後半の記録や日程、本拠地ガイド、ラジオ番組紹介などは白黒です。

裏方さんなどのスタッフ名簿はなし。選手名簿は1ページ6枠の割付。選手の成績は過去4シーズンと通算成績が下記スタッツで表示されています。

◎投手=試合、勝利、敗北、セーブ、ホールド、投球回、三振、四球、自責点、防御率
◎野手=試合、打数、安打、本塁打、打点、盗塁、四球、死球、三振、打率


20130226DATA11.jpg

本書の最大の売りは、後半部分の「野球をもっと楽しみたいなら“ラジオ”がなきゃ、始まらない!」特集。タクシーやトラックの運転手さんなど、普段、プロ野球をラジオ中継で楽しんでいる方にとっては、打ってつけの名鑑になりました。

TBSラジオ・新夕悦男アナ、文化放送の斉藤一美アナへのインタビュー。各ラジオ局の野球中継の紹介(HBCラジオ、STVラジオ、東北放送、TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送、ラジオ日本、東海ラジオ、CBCラジオ、MBSラジオ、ABCラジオ、中国放送、RKBラジオ、KBCラジオ)。実況アナ&解説者の写真入り・寸評付き名簿で構成されています。


~~~


ということで、長くなってしまいましたが、大判5冊をざっと紹介してみました。皆さんの購入の手助けになれば、幸いです。

この5冊、先のポケットサイズ10冊の中から1冊を選ぶとしたら、

2年連続で、日本スポーツ企画出版社の『2013プロ野球オール写真選手名鑑』をお薦めします!!




最後までお読み頂きありがとうございました。当ブログ初の読者プレゼントのお知らせです。


【3/20まで:抽選1名様に選手名鑑を読者プレゼント!!】

前回紹介した日刊スポーツのポケットサイズ『2013プロ野球選手写真名鑑』を1名様にプレゼントします。

3月20日(水)までに、郵便番号・ご住所・お名前を下記URLの応募フォームから送って下さい。

◎応募フォーム
http://form1.fc2.com/form/?id=831917


※いただいた個人情報は本企画のみに使用します。
※本エントリーを書くため、めくったり開いたりしていますので、完全なる新品とは言えません。あらかじめ御了承下さい。
※3/20(水)に締め切らせて頂き、希望者が複数の場合、厳正なる審査の末、開幕前までに(たぶん冊子小包)郵送いたします。なお、当選は商品の発送をもってかえさせていただきます。


7名の方から応募がありました

3/21、厳正な抽選の結果、宮城県在住の男性に「郵メール」にて郵送させていただきました。郵メールで送ることができるのは、例えば雑誌なら雑誌だけになります。「このたびはご当選おめでとうございます」といった手紙を同封することは許されていませんので、名鑑だけ届くかたちになりますが、御了承下さい。(端が空いて中身が確認できる状態も、郵メールで定められています)

▼こんなかたちで郵送しました
20130321DATA1.jpg


◎◎◎関連記事◎◎◎
【書評】赤星憲広 著『頭で走る盗塁論 駆け引きという名の心理戦』(朝日新書) (2013.1.12)
【書評】プロ野球「最強捕手」大全 (洋泉社編集部 編)~インタビューと独自の視点で“捕手”の頭脳に迫る!~ (2013.1.5)
〔書評〕『プロ野球選手ホントの実力』(オークラ出版)~知ってるようで知らない野球の指標、教えます! (2012.11.26)
〔書評〕岡田友輔=編集・発行。道作、蛭川皓平、森嶋俊行・・・著『セイバーメトリクス・マガジン1』(デルタクリエイティブ) (2012.10.27)

---------------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------------
【2013年プロ野球選手名鑑 購入手引き】
ポケットサイズの5冊を徹底比較してみました。コチラをクリック
---------------------------------------------------------
当ブログのfacebookページを作成しました。150人達成!!
http://www.facebook.com/eagleshibakawa
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

ブログパーツ
レンタルCGI





関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
21位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}