FC2ブログ

【嶋基宏vs岡島豪郎】数字で診る両者の違い(5)プレート周りの守備力

スポンサーリンク





開幕までいましばらく時間がある。この期間を利用して「嶋基宏vs岡島豪郎」両者の捕手像を2012年データを用いて数字で比較する作業を試みている。

ここまで勝率被本塁打盗塁阻止率暴投と捕逸の4つの視点で調査をおこなってきた。

調べる前は、圧倒的に岡島有利かな?という印象を抱いていた。嶋有利の部分はどこを探してもないのでは?という印象だった。それほどまでに私の中で昨年の岡島は光り輝いていたということになる。

ところが、実際数字を確認してみると、盗塁阻止率こそ岡島に完全に軍配が上がるものの、他は「亀の甲より年の功」、嶋も頑張っていたのだなということが判明してきた。

5回目となる今回は、キャッチャーフライやキャッチャーゴロなど捕手が処理した凡打の数を確認してみよう。



Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります








年始に当ブログで紹介した『プロ野球「最強捕手」大全』では近年メジャーで次々に開発されているキャッチャーデータが紹介されている。メジャーではプレート周辺の守備力も重要視されるのだという。捕手前に転がったバントやボテボテゴロを処理した数をアシストという数字で表しているのだが、今回このエントリーではキャッチャーフライも対象とした。

ボックススコアで「捕邪飛」「捕犠」「捕バゴ」「捕バ邪飛」「捕バ飛」として表記された、キャッチャーが処理した犠打含む凡打は合計64個を数えた。(※「バ」とつくものはバントしにいってゴロやフライになったりしてバント失敗に終わったものになる)

さっそく捕手別で確認してみよう。


■2012年 楽天イーグルス 捕手別 凡打処理内訳



最多42個の処理をみせたのが嶋基宏。以下、岡島豪郎の11、小山桂司の9、伊志嶺忠の2となった。

嶋の処理数が群を抜いているようにみえるが、各々守備イニングが異なる。
そのため、9イニング当たりの処理数を算出してみた。


■9イニング当たりの処理数
20130208DATA2.jpg

ブログ村投票のお願い。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

9イニング当たりの処理数でも、0.51を記録した嶋が最多。以下、小山桂の0.45、岡島は0.35で3位に沈んでいる。

プレートまわりの守備は嶋に軍配が上がったと判断できそうだ。

ホーム前方の(バント含む)ボテボテのゴロ。捕手がさばきにいかなければ、処理するのは主に投手になる。投手は9人目の野手とよく言われるものの、捕手心理としては「なるべくピッチングに専念させてあげたい」という思いだろう。嶋がマスクをかぶるとき、ホーム周辺の打球は嶋がさばいてくれるため、投手陣は必要以上に守備にまで気を配ることをしなくて済むと言えそうだ。

フライでも犠打でもホーム周辺のゴロでも、嶋の処理数が群を抜いて多い。

「捕犠」で言えば、昨年は素早く前に出て素手でボールを掴み1塁へ送球するシーンを多く見かけた。

チーム全体で33個を記録した「捕邪飛」。今、観戦メモを振り返ってみると、「バックネットぎりぎり」や「1塁側または3塁側ベンチ手前」という備考がついている打球が7個あった。そのうち伊志嶺が1個を記録しているが、残り6個は全て嶋になっている。

昨年「捕邪飛」コースで打球を追いかけていった捕手が取り切れずにファウルになった・・・というケースの記録はとっていないので、この観点からの確認はできないものの、それでも今回の結果は嶋の機敏な守備力がくっきり浮かび上がってくる数字になったのでは?と思う。

一方、岡島は少ないのかな?という印象だ。足で稼いだサヨナラ内野安打などがあったため俊足=動きも俊敏というイメージが私の中であったのだが、数字を確認してみると、プレート周りの守備はまだまだこれから、発展途上の段階にあると言えそうだ。だが、この数字を見て、少ないかな?というイメージは受けるものの、悪いな・・・とは思わない。昨年はルーキーイヤーだったのだから、織り込み済み。これから精進していってくれさえすればいいだけのことなのだ。

キャンプ4日目。恒例の声出しで岡島はこのように宣言したという。

「今年は昨年課題に残った守備を克服することと、1軍で100試合以上出場することを目標に頑張りたいです!」

昨年課題に残った守備の克服が具体的には何を指すのか?は分からないものの、岡島本人もプレート周りの守備の改善を自覚しているのかもしれない。早ければ今オフにも嶋が国内FA権を獲得する楽天の捕手事情。次世代正捕手として岡島の確かな成長は欠かせない。ぜひ怪我無く頑張ってもらいたいと強く期待している。

次、6回目はいよいよ配球について触れてみたいと考えている。

予定を変更して次回は「捕手防御率・被OPS・被打率」。【終】


■2012年 楽天イーグルス 捕手陣が処理した凡打履歴
20130208DATA3.jpg
20130208DATA4.jpg


◎◎◎関連記事◎◎◎
【嶋基宏vs岡島豪郎】数字で診る両者の違い(1)先発マスク時の勝敗と勝率(2013.1.8)
【嶋基宏vs岡島豪郎】数字で診る両者の違い(2)被本塁打(2013.1.11)
【嶋基宏vs岡島豪郎】数字で診る両者の違い(3)盗塁阻止率。2012年楽天捕手陣の許盗塁企図履歴を掲載(2013.1.20)
【嶋基宏vs岡島豪郎】数字で診る両者の違い(4)ワイルドピッチとパスボール(2013.1.30)

---------------------------------------------------------------
【アンケート募集!! 2/28(木)まで】「優勝」を取りにいく楽天
あなたが最も期待する野手、投手は?

---------------------------------------------------------------
◎投手⇒ http://baseball.blogmura.com/board/vot/voting15_57828_0.html
◎野手⇒ http://baseball.blogmura.com/board/vot/voting15_57827_0.html
---------------------------------------------------------
当ブログのfacebookページを作成しました。140人達成!!
http://www.facebook.com/eagleshibakawa
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

ブログパーツ
レンタルCGI





関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
205位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
35位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}