FC2ブログ

【雑感】久々に心ざわついた衝撃のトレード、ハム糸井・八木、オリ木佐貫・大引・赤田、2対3トレード成立

スポンサーリンク



Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります





当ブログのfacebookページを作成しました。140人達成!!
http://www.facebook.com/eagleshibakawa


ブログ村「楽天イーグルス」部門、首位から転落・・・・・・

皆様のブログ村への一票がブログ運営の活力源になります。
どうかなにとぞ投票を宜しくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

---------------------------------------------------------------
【アンケート募集!! 2/28(木)まで】「優勝」を取りにいく楽天
あなたが最も期待する野手、投手は?

---------------------------------------------------------------
星野体制3年目。オフには田中投手がメジャー挑戦する可能性もあり、闘将イズムの真価・集大成が問われる非常に大切な1年になりそうです。長打力不足解消へ大型補強も施し、KスタにEウィングを設置して初優勝を本気で取りにいくペナントレースと言えます。そこで皆さんにお訊きします。「最も期待している野手、投手は?」。ぜひお気軽にご参加ください。下記アンケートフォームでお待ちしてます。
◎投手⇒ http://baseball.blogmura.com/board/vot/voting15_57828_0.html
◎野手⇒ http://baseball.blogmura.com/board/vot/voting15_57827_0.html
-------------------------------------


いやはや、息を飲んだ、目が釘付けになった、iPhoneの液晶画面に並んでいる文字列が一瞬理解できなかった、私もそんな事態に陥りました。

日本ハムとオリックスが2対3の大型トレードを発表しました。日本ハムからは糸井嘉男、八木智哉の2選手が、オリックスからは木佐貫洋、大引啓次、赤田将吾の3選手が、急遽新しいユニフォームを着ることになりました。糸井と大引は共に今季からチームの選手会長に就任することが決まった矢先だっただけに、両軍にとって突然のできごとだったことがうかがえます。

特に驚かされたのは糸井でした。昨日、球団に早ければ今オフ、ポスティングでのメジャー挑戦を伝えたと報道されたばかり。昨日の今日でしたし、糸井は球界を代表する外野手です。

昨年秋に出た『セイバーメトリクス・マガジン1』でも

「センターからライトにコンバートされた糸井だったが、これはまれに見る成功だと思われる。現在パ・リーグのライトは小粒な選手が多く、そこに糸井を充てることで大きな利得を稼いだ」

「勝利への貢献を総合的に計る指標WARの概算ではリーグトップの値になる可能性が高い」

「糸井は8月末にケガで登録抹消されたが、今季最大のチーム危機と言えた。結果的に10試合の欠場で済んだことが、競り合いを制することができた大きな要因」


と記述されており、日本ハムにパリーグのチャンピオンシップをもたらした中核的な活躍をした選手だったと言えます。


このトレードにはダルビッシュ投手もびっくり・・・




この1つ前のツイートが元日に発した「あけましておめでとうございます! 今年もよろしくお願いします!」という新年の挨拶でしたから、ダルビッシュ投手も思わず反応せずにはいられないトレード劇だったことが伺えます。

私はというと、混乱した頭を何度か振りながら、Twitterの荒れるTLを眺めつつ、まだ未読だったこの一冊をAmazonに買いに走ったほどです。



藤井純一『監督・選手が変わってもなぜ強い? 北海道日本ハムファイターズのチーム戦略』(光文社新書)


ポスティング希望を伝えた昨日の今日、いったいこのトレード劇は──こういったものは阿吽の呼吸と良く言われますが──どちらから持ちかけられたのでしょう?

私が真っ先に思ったのは、昨年11月にオリックスの執行役員球団本部長補佐に就任した瀬戸山隆三氏の影です。

球団本部長補佐という役職が戦力整備にどれだけ決定権のあるポジションなのかは不勉強ながら良くわからないのですが、ちょうど10日前のソフトバンク馬原孝浩の獲得など、今回のことなど、従来のオリ編成部ではありえなかった獲得劇をみるに、瀬戸山氏の辣腕が揮われたのでは?と見ることができそうです。

瀬戸山氏といえば、広く知られているのが球界再編劇で球団側の責任者として選手会と交渉した当事者だったこと。特に古田敦也選手会長に「握手はできません」と拒否されたシーンは今なお鮮明なのではないでしょうか。

この件で一般的には人気のない瀬戸山氏ですが、懐に余裕のない球団を切り盛りしていく経営者としての才覚は優れたものがあると評価しています。球界の寝技師の異名をとったあの根本陸夫氏のもとで研鑽を積んだ方ですし、瀬戸山氏なくして今回のトレード劇はなかったかなと思います。

昨年オリックスが最下位に沈んだ原因は、エース金子を始め「投壊」が激しかった点も挙げられますが、一方、坂口の離脱による「外壊」も大きく、生え抜きの大引、赤田を出してまでも、リーグトップの外野手である糸井を獲得するのは理に適った補強と言えそうです。十分お釣りがくると容易に予想できます。


■『セイバーメトリクスマガジン1』95頁より。昨年のオリックスは遊撃で好守共にマイナスを計上しているのがわかる。



遊撃は安達を始め若手や阪神からFAした平野による競争で補っていくのでしょう。『セイバー・メトリクスマガジン1』を確認したら、昨年のオリは遊撃でも大きなマイナスを計上しています。大引を出してゼロから作り直すという中長期的な戦略に舵を切ったのかもしれません。

オリックスが本当に再建に向けて本気を出し始めたと私の目には映ってきますが、過去優勝候補に何度か挙げられてもいつもズッコけてみせたのがこの球団の宿命でしたから、今季はどうなるかな?と注目しています。






楽天にとって今季のオリックスは手強い相手になるのは避けられないでしょうね。

エースの金子も今年は今のところ調子が良さそうに見えますし、このまま調子を維持するなら、楽天から4~5個の白星を巻き上げていくことでしょうし(汗)、早くも脅威だと声が上がっている「3番・糸井、4番・李大浩、5番・T-岡田」(個人的には1番・糸井でも面白いと思うものの)のクリーンアップは不気味ですし、昨年13勝8敗3分のオリックス対戦成績は五分または六分(あるいはそれ以上?)あたりまでオリ側に引き戻されそうな可能性も出てきました。

一方、日本ハムサイド。今後各方面の分析を検討してみないと判りませんが、糸井を出した日本ハム側もそれなりの計算があってのことでしょう。

過去には小笠原道大を、最近ではダルビッシュ有が退団しても、戦力を整備して有利に戦ってきたチームです。そのため、糸井が抜けたからといって、楽天の日本ハム戦での相性が良くなるとは、ズバリ断言することは、できませんよね。

はたして糸井を出したのがどのように転ぶか?は判らないものの、大引を獲得したのはベターだったかなと思います。

金子誠も今年は38歳シーズン。当ブログで何度も触れているように38歳シーズンで遊撃手として年間100試合以上出場した選手はかつていません。守備はともかく打撃では衰えも見え始めてきていますし、若手が育つまでの「つなぎ」で大引に白羽の矢が立ったと言えそうです。昨年は怪我で苦しんだ大引ですが、怪我が完治さえすれば、定評のある選球眼を中心に打では出塁率で貢献していくものと思われます。

今回の件で特に強く感じたのは、菅野や大谷のドラフト指名や糸井のトレードなど、他球団ではなかなかできそうもない決断を、日本ハムができるのも、北海道で地域に密着した球団経営に成功し、例年優勝争いに絡む好成績もしっかり上げている、その前提があってこそと言えそうです。(2011年から2012年ホームゲームの観客動員数が2000人近く目減りしているのが気がかりではありますが)

糸井の退団でファンの間にも一時的には大きな衝撃が走るでしょうが、やがては球団の意図を汲んでいくのだと思います。

私がファイターズファンなら、現時点ではまだ納得できかねるものの、大物を出した後も結果を出してきた過去を知っていますから、球団を信じ、その意図するところを拙いなりにも理解しようと努力し、前を向いて応援していこうと思うはずです。

旧態然とした風潮がいまだ多いプロ野球界で、メジャーのファンの在り方(が良いのかどうかの是非はあるものの)に一歩ずつ近づいているのが日本ハムファンで、過去にとらわれない新しいファン像、応援スタイルを球団と共に作り上げていく道半ばの挑戦をしているのがファイターズファンと言えそうで、そこには時には身を切るような過酷さも伴いますが、それに応じた果実も用意されているわけで、イーグルスファンの私からみれば、少々うらやましく思うことも、正直あるのです。

長くなってしまいました。衝撃走ったトレード劇の、とりあえずの雑感はここまで。【終】


◎◎◎関連記事◎◎◎
【時事】 東北楽天、久米島キャンプ参加選手発表。星野監督「本気でてっぺん取る」(2013.1.23)
メジャー434本アンドリュー・ジョーンズに寄せる楽天ファンの揺れる胸の内、高まる期待と募る不安。その悲喜こもごも30の声 (2013.1.7)

---------------------------------------------------------

『頭で走る盗塁論』『プロ野球「最強捕手」大全』読書感想文書きました
『頭で走る盗塁論』は1月11日に発売されたばかりの赤星憲広氏、初の盗塁本です。読書感想文をコチラに書きました。『プロ野球「最強捕手」大全』はA5判207頁に古今68名のキャッチャーを、インタビューやエピソード、記録を交えて紹介した1冊です。読書感想文をコチラに書きました。
---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI





関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

No title

今日携帯のニュースで知って驚き。

氏の指摘通り今季オリックスの打撃とライトの守備力(ポスティング挑戦なら今季だけだが)は強化されるとなるとイーグルスには手ごわい。
日本ハムは指摘どおりショートの補強が出来た。
またライトは競争となるため若手や控えには争いで活性化にもなるだろう。
糸井は大学から入団で投手を4年経て打者転向した。
かぶるのが大谷だ。二刀流、とは言うが私は4年くらいと見る。
4年やって結果が出なければ5年目から大谷をライト転向させる道筋を作る、という計画ではないか。

イーグルスの編成部に、こういう両者がプラスになる同一リーグの驚きのトレードを実行できる寝業師はいるだろうか…。
ファンとして色々考えさせられたトレードである。
鉄平、牧田、嶋とかをトレードされたら…?(苦笑)

Re: No title

ゴールドクラブさん

私も同じくイーグルスだったら・・・と考えてみました。今の鉄平や牧田ならトレードもぎりぎりありえるかな?と思うものの(さすがに嶋は・・・)、2009年2010年打率3割を打っていた時の鉄平がトレードになったら?と「IF」を考えてみましたが、まず許容できないなあと。

エントリーにも書きましたが、球団が真の意味で地域に根を張っており、かつ、毎年優勝争いに絡む戦いぶりをみせている、この2つが大前提になければ、ファンはとても許容できないでしょう。日本ハムファンは大物、中心選手が退団してもチームは良い成績を残すと身を持って体感していますから、球団が取った今回の決断にも理解を示すのだと思います。まず、楽天では無理かなーというのが、今の心境です。昨年の内村・藤田のようなトレードが1つずつ積み重なっていけば、楽天でもそういう土壌が生まれてくるのかもしれませんけどね。

> イーグルスの編成部に、こういう両者がプラスになる同一リーグの驚きのトレードを実行できる寝業師はいるだろうか…。
> ファンとして色々考えさせられたトレードである。
> 鉄平、牧田、嶋とかをトレードされたら…?(苦笑)

ある点が指摘されていないのが気になったので

 (交換相手として八木投手も獲得してるとはいえ)木佐貫抜けたらオリックスの先発はキツくなるであろうって部分が有りますよね。
 寺原(と新外人投手を2人取ったしどっちみち優先度はかなり低くなってたがフィガロ)、香月と合わせて約400イニング分流出しましたし。

 まあ金子は去年より前は150イニングは安定して投げてる事を考えると今年+100イニングくらいの計算にはなるんでしょうし、去年の楽天みたく若手の台頭だって起こり得ますが。

Re: ある点が指摘されていないのが気になったので



クーケッツさん

>  (交換相手として八木投手も獲得してるとはいえ)木佐貫抜けたらオリックスの先発はキツくなるであろうって部分が有りますよね。
>  寺原(と新外人投手を2人取ったしどっちみち優先度はかなり低くなってたがフィガロ)、香月と合わせて約400イニング分流出しましたし。

私も昨年5勝9敗と白星こそ伸びなかったとはいえ、QS率66.7%、防御率2.60、そして御指摘のとおり152.1回を担当した木佐貫の退団は、糸井を獲得するには仕方がなかったとはいえ、痛いのでは?と思っていましたが、どうやらオリックスにはオリなりの考えがあるようで。

>  まあ金子は去年より前は150イニングは安定して投げてる事を考えると今年+100イニングくらいの計算にはなるんでしょうし、去年の楽天みたく若手の台頭だって起こり得ますが。

まずはクーケッツさんも書いているように、エースの金子が今年は少なくともここまでは順調ということで、このままいくなら150イニングぐらいは投げそうです(楽天からの白星は3~4個ぐらいかな?汗)

木佐貫と入れ替わりで日本ハムから入ってくる八木もいますし、昨年11月に巨人から獲得した東野も先発要員です。また、報道されているように、ホークスから馬原を取ったことから、後ろにまわっていた岸田が再び先発転向するとか。

とすると、金子、西、東野、八木、岸田、井川、マエストリ・・・と、一応、アタマ数は揃うことになりそうです。
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
29位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}