FC2ブログ

【捕手論】新連載「嶋基宏vs岡島豪郎:数字で診る両者の違い」をスタートさせます!!

スポンサーリンク



楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営 のモチベーションになります



当ブログのfacebookページを作成しました。 120人達成!!
ブログの更新情報をメインにアップしていく予定です。余裕が出てきたら、ブログでは書かない・Twitterでつぶやかな いこのページならではの話題や情報も盛り込んでいければと思います。もしよろしければ「いいね!」お願いします。


ブログ村「楽天イーグルス」部門1位から転落...只今2位(泣)
皆さんの1票がブログ更新のエネルギーです。
なにとぞ投票宜しくお願いします↓↓

にほ んブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
-------------------------------------


2013年の開幕まで2カ月と3週間ある。この間を利用して今月から「嶋基宏vs岡島豪郎」に迫ってみたい。

昨年、新人の岡島が1軍で大方の予想を上まわるほどの好活躍をしたのは紛れもない事実である。一方、右手骨折明けの嶋は(バットでは成績を残したものの)どことなく精彩を欠いた印象が強く、ファンの間でも「正捕手・岡島待望論」が日に日に増していったように、私には感じられた。

嶋基宏と岡島豪郎。「どちらが経験があるのか?」と問われれば、100人中100人のファンが嶋基宏と答えるに決まっている。(ここで岡島豪郎と答える人がいたら、吾輩はズッコケてしまう)

しかし「いったいどちらが捕手として優れているのか?」という問いなら、ファンの賛否は大きく分かれるはずだ。

これから当ブログでは幾つかのテーマ・切り口を設定し、その視点をもとに、2012年データを用いて両者の差異を眺めていきたいと思っている。

しかし、両者の優劣を完全に判断するのは難しい作業だとも思っている。両者の差異を数字で浮き彫りにしていく作業だが、捕手にまつわる数字の多くがノイズが入り混じっているように感じられるからだ。

例として捕手防御率を挙げてみよう。投手の指標である捕手版である。しかし、これには参考にはするけれども、同時に胡散臭さも感じてしまうのだ。

まず、比べる対象が100試合出場の正捕手と30試合出場の二番手捕手。この場合、両者の分母があまりにも違い過ぎてしまう。例えば、300打席バッターボックスに立った打者の打率.270と、100打席の打者が記録した打率.300。どちらが信頼性の高い数字か?と考えたときに、前者であることに異論を挟む人はいないだろう。これと同じである。極めて短期間で同一試合数、同一投手と組んだ場合は信頼性も高くなるとは思うが、分母があまりにも極端に違ってしまうと、参考程度にしかならなくなってしまう。

さらに、捕手というのは、投手が球を投げなければ始まらない受動的なポジションでもある。もちろん、投手が投球する前に捕手が投手へサインを出すわけだけど、テレビのインタビューで釜田佳直がこのような趣旨の発言をしていたのを思い出すのだ。

「サイドを要求されても、力いっぱい投げた球なら真中でも打たれないと思い、故意に真中へ投げることがあった」。

私の記憶の中なので言い回しは違うかもしれないが、ニュアンスとしてはこんな感じのことを釜田はしゃべっていた。このように投手は捕手のサインどおりに投げるとは限らない。捕手がコースの際どい所を要求していてもボールがはずれて四球になるのを嫌い、故意にストライクゾーンへ投げる投手は釜田でなくても多いだろう。

また、捕手のミットどおりのコースへドンピシャに投げたとしても、その球がたまたま投げ損じで球威がなかったかなどでヒットを打たれてしまうこともあるはずだ。いつもの球ならファウルになるコースが投手責任でヒットになる。こういうケースも多いはずだ。

つまり、私が言いたいのは、捕手にまつわる数字の多くは、投手の力量も大きく介在してきてしまうということなのだ。

捕手防御率で言えば、責任の度合いを100%とするなら、投手が半分以上、その次か次に捕手責任(配球やキャッチング、スローイングなど)がくるのだと考えている。丁寧に書くと、捕手のリードが投手成績にある一定の程度、影響を与えていることは間違いないものの、その割合は決して投手を超えるものではないと考える立場だ。

よく、5年連続最下位の横浜DeNAベイスターズの敗因に、投手力を差し置いて真っ先に正捕手が固定できていない点を挙げるファンが多い。私は上記の考え方から、大きな間違いだと思っている。たらればになるけれども、もし全盛期のノムさんや古田敦也氏が横浜でプレーしても、チームの成績は劇的に大きくは上向かないはずだ。確かに正捕手不在は低迷の要因ではある。しかし、正捕手問題は複数ある敗因のワン・オブ・ゼムに過ぎず、全てではないはずだ。最近特に拍車がかかっているように感じられる行き過ぎた・過剰な捕手賛美傾向には、私はクビをかしげてしまう1人である。

とはいうものの、よく言われている「絶対的な捕手がいるチームは10年間安泰」という点には同意だ。年末年始に『プロ野球「最強捕手」大全』を読み返して、捕手の役割の奥深さを今改めて感じ入ったのも事実なのだ。

このように、捕手にまつわる数字の大半は、どうしてもノイズが入り込んでしまう。

しかし、ノイズが入り混じった数字や指標でも、複数眺めてみることで、捕手像をおぼろげながらも浮かび上がらせることは可能なのではないか?と思う。

核心には達することはできないかもしれないが、周囲を何度もなぞっていくことでシルエットを浮き彫りにすることはできるはず、という趣旨で、これから「嶋基宏vs岡島豪郎:数字で診る両者の違い」を試みていきたい。

次回はスタメンマスク時のチーム勝敗、勝率をチェックしてみたい。

【終】


◎◎◎関連記事◎◎◎
【記録】楽天 嶋基宏 2012年 ゾーン・コース打率 球種打率(2012.12.18)
〔検証〕楽天・嶋の盗塁阻止率があまりにも酷すぎる件──ここまでの許盗塁企図を詳細に調べてみた(2012.4.16)
〔分析〕東北楽天、2009年二桁勝利&CS進出の原動力となった「永井─中谷」バッテリー、今季機能せず!(2011.6.14)

---------------------------------------------------------

『プロ野球「最強捕手」大全』読書感想文書きま した
A5判207頁に古今68名のキャッチャーを、インタビューやエピソード、記録を交えて紹介した1冊です。読書感想文をコチラに書きました。
---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気 に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類 、プロ野球、楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは御遠慮 申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応 援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほ んブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

 人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



 ブログパーツ
レンタルCGI




関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

岡島と嶋

個人的には岡島が先発マスクを被ってほしいんですよね。
肩がいいしリードもそこそこでオマケに俊足。
しかし嶋も今季は岡島に負けないと3割近くは打つと予想。右打ちも上手い。バントも出来る。
うーん(~_~;)難しい、、、
どう思いますか?やっぱり経験からして嶋ですかね~?

Re: 岡島と嶋


楽天楽さん

コメントありがとうございます。

> 個人的には岡島が先発マスクを被ってほしいんですよね。
> 肩がいいしリードもそこそこでオマケに俊足。

肩がいいのは多くのファンが認めるところだと思いますが、リードもそれなりによいという評価は、明確な根拠があるのか?という点をこの一連のエントリで考えていきたいところなのです。一般論でよく誰それはリードが良いと言いますが、配球は結果論の要素も強くあり、例え解説者であっても、目に見える根拠や数字をもとにコメントしているわけではありませんよね。この点を1度考えてみようという趣旨です。

> しかし嶋も今季は岡島に負けないと3割近くは打つと予想。右打ちも上手い。バントも出来る。
> うーん(~_~;)難しい、、、
> どう思いますか?やっぱり経験からして嶋ですかね~?

捕手は経験が重視されるポジションですから、一番手は嶋でしょうね。とはいえ、岡島のさらなる成長、これは絶対に欠かせません。今年から嶋は要職に就きましたから、両立させるのは難しいでしょうし、煮詰まるときが必ずやってきそうですから、岡島には昨年以上に頑張って欲しい思いでいます。
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
32位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}