FC2ブログ

〔雑感〕懸案の長打力不足解消なるか?!──楽天のブラゼル獲得報道に思うこと

スポンサーリンク


---------------------------------------------------------------
2012年成績で選手をセイバーメトリクス診断する気になる一冊が発売に!
---------------------------------------------------------------
打率、出塁率、長打率、防御率、OPS、WHIP、QS etc…知ってるようで知らない野球の指標、教えます!
野球の見方が180度変わる! セイバーメトリクスで見るプロ野球。安打は投手の責任じゃない?
“打たせて取る投手"なんて存在しない? 打率の高さは重要じゃない? ホームラン以外の安打は全て運?
“守備率が高い=守備が巧い"はウソ? 球界で一番チームに得点をもたらす打者=阿部慎之助。球界で一番三振しない打者=内川聖一。球界で一番運が悪かった投手=田中将大。球界で一番パワーのある打者=中村剛也。球界で一番打たれない投手=吉川光夫。 とのこと。



楽天市場


御訪問有難うございます m(_ _)m
オフですが、現在、定期的に更新できております。
原動力は皆様の1票です。
どうか、ブログ村への投票、よろしくお願いします。
おかげさまで、ブログ村「楽天イーグルス」部門1位。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
-------------------------------------


楽天、ブラゼル獲得へ

本日、スポーツ新聞各紙が楽天のブラゼル獲得を報じている。一方、獲得レースに参戦していたシカゴカブスのブライアン・ラヘアーはソフトバンクに持っていかれてしまった。

各紙が報じているように、今季あと一歩でCSを逃した楽天の主な敗因は、フェルナンデス、ガルシア、テレーロ、ハーパーら外国人打者の不振にあった。4人合わせて僅か11本塁打。長打供給を期待されていた助っ人の誤算がチームの構想を大きく狂わせた。

結論から言えば、ブラゼルの獲得は、ベターな選択肢だ。

他球団外国人の使いまわしでお茶を濁すかたちになったのはイーグルスのお家芸であり、その点で後ろ向きなイメージになってしまうものの、トータルとしてみれば「まずまず良い選択肢」なのかな?という印象なのだ。


■ブラゼル NPB 年度別 打撃成績


OPS、IsoP、5シーズン連続リーグ平均超え

まず、球団も長打力不足をブラゼル1人に担わせるつもりは、毛頭ないはずと私は考えている。NPBで複数年プレーしてきたブラゼルを手堅い成績が計算できる保険として獲得。しかし、裏を返せばこれ以上の伸びしろは期待できないということであり、そのため、海の向こうからポテンシャルを秘めた「まっさらな新戦力」を連れてくるはずだ。その筆頭候補がラヘアーだったのだが、まあ、これは仕方がない。

格安で契約できる点も身の丈経営を掲げるイーグルスにとっては魅力的だ。打撃不振を理由に阪神を事実上の解雇となったため、年俸は今季の1億5600万より下がるはずで、上手く交渉を進めれば、出来高は別にしても1億円以内で収まるかもしれない。

報道されているように、左打者のためKスタの左翼から右翼に吹く風を味方につけることができる点も、戦略上、大きい。

とはいえ、やっぱり最大のアピールポイントはNPBで5シーズンに渡って助っ人らしいプレーを続けてきた、この点だろう。下記に掲げたように、OPS、純粋な長打力を診るIsoPは共に全ての年度においてリーグ平均値を上まわっている。不振と言われた今季もOPSは下降線を描いたもののリーグ平均を超えており、IsoPに至っては若干上向きの折れ線を描いていた。


■OPS年度別推移、リーグ平均との比較
※08年はパリーグ
20121122DATA2.jpg


■IsoP年度別推移、リーグ平均との比較
※08年はパリーグ
20121122DATA3.jpg


パリーグとの相性も、どうやら良さそうだ

パリーグ相手に安定した数字を残している点も、セールスポイントの1つだ。阪神に移った2009年以降の交流戦、パリーグとの打撃成績を確認してみると、下記表のとおりで、対パリーグ通算OPSは.844を記録している。不振だったという今季もパ相手では打率.325、OPS.835の好成績を残しているのだ。


■2009年~2012年 交流戦 打撃成績



続いて、Kスタでの通算打撃成績も出してみた。ホームランが出にくい投手有利のKスタで通算OPSは.727。決して良い数字ではないものの、極端に悪い数字でもなく、環境に順応さえすれば、改善も見込めるのでは?と思われる。

■Kスタ 通算打撃成績
20121122DATA6.jpg

田中将大に10球投げさせた粘りの6/6最終回の打席

これまでの成績をみてみると、三振が多く、長距離打者の割には四球が少ない。どうやら初球から積極的に手を出していくタイプのため、早い段階で追い込まれることも多くなるので三振が多いのだろう。そのため、四球が少ないのだと感じる。

しかし、バットコントロールはそれなりのものを持っている。

それを証明したのが、今季の6/6Kスタでの1戦(○E8-3T)だ。

楽天の先発は田中将大。腰痛明け2登板目のマウンドだった。先取点はタイガースに奪われるものの、楽天が序盤、中盤、小刻みに得点を重ねてスコア8-2の6点リードで迎えた9回表だった。試合前、無駄球は極力使わず省エネ投法でいくと報道されていた。8回を投げ終えて球数も上々の101球の田中が、9回のマウンドにも登った。

この続投自体クビをかしげる采配になったものの、普通に終えていれば115球前後の完投勝利劇になるはずだった。

ところが、1死後、田中は大いに苦しむことになる。病み上がりのエースを悩ませたバッターの1人が、ブラゼルだった。

結局最後はインローの縦スライダーにバットが空を切ったものの、なんと!なんと!田中に10球投げさせる粘りっぷりをみせた。初球空振り、2球目をファウル。2球で追い込んだものの、そこから5度ファウルで粘られ、外角いっぱいの際どい変化球の誘いにも乗らず、10球投げさせた。

115球前後で終えるはずが、その後もなんだかんだで1点を失い、病み上がりの本調子とは言えない中、132球も投げるハメになった。田中にとっては誤算だったはずだ。

今シーズン、田中に10球以上投げさせたのは、のべ696人の対戦打者のうち僅か4人、その1人がブラゼルだった。

そういえば、ブラゼルvs田中といえば、2008年4/20Kスタでの1戦、初回、田中の甘く入った初球をセンター右に運ぶ2ランを放ってみせたことも思い出される。


■2012年6/6Kスタ、9回1死走者なしの打席 vs田中将大



ホームラン15本前後で合格点なのでは?


長打力を期待しての獲得調査だとは思うが、逆説的だが、過剰な期待は禁物のように感じる。

どうだろう? 最低二桁が及第点で、15本前後で合格ラインというところではないだろうか。風を味方につけることができるとはいえ、Kスタで統一球だ。統一球でシーズン20本以上打った外国人打者は僅か7人(のべ8人)で、その大半が本塁打が出やすい球場を本拠地にしているチームのバッターであることを考えると(昨年と今年のバレンティン、昨年のラミレス、昨年のスレッジ、今年のミレッジ)、そのくらいが目安なのでは?と思う。20本超えたら、御の字なのだ。

最悪なシナリオは、二桁届かなかった時である。上記年度別の成績をご覧のとおり、鈍足のブラゼルであるから長距離打者の割にはニ塁打が少ない。ホームランが一桁で終わり、二塁打も20本未達という事態も、考えられる。



◎◎◎関連記事◎◎◎
〔雑感〕Win-Winになってほしい、楽天横川史学・井野卓──巨人金刃憲人・仲澤広基の2対2トレード(2012.11.12)
〔雑感〕星野楽天、シカゴカブスのブライアン・ラヘアー獲得調査報道について思うこと(2012.11.3)

---------------------------------------------------------



読書感想文を書きました>『セイバーメトリクス・マガジン1』
“考える野球好き”は今オフ必読の1冊です。コチラで読書感想文を紹介しております
---------------------------------------------------------
当ブログのfacebookページを作成しました
ブログの更新情報をメインにアップしていく予定です。余裕が出てきたら、ブログでは書かない・Twitterでつぶやかないこのページならではの話題や情報も盛り込んでいければと思います。もしよろしければ「いいね!」お願いします。

---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、通りすがりなどハンドルネームがいい加減だと私が判断したものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI


関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

もし獲得出来るのなら期待したい

正直なところラヘアー選手調査の記事は年俸が高すぎて眉唾物でしたが、ブラゼル選手ならまだあり得るのかなと。

最大の懸案は西武時代確執が噂された大久保コーチの存在ですが、二軍監督に配置転換されたため一軍に居続ければ接点は少なくなるのでプラスに働くかなと。まだ調査の段階ではなんとも言えませんので続報を待ちたいと思います。

当たれば儲けもの、ぐらいで考えるが吉。

日本球界経験者を使いまわす今の潮流なので特に異議はない。
オーティズやグライシンガー、フェルナンデス…。
私は上記に挙げた選手たちのように彼らがメキシカンリーグでプレー、来年5.6月頃に緊急獲得する、と思ってましたので来春からの正式契約というのは少し意外でした。マークはし続けると思いましたが。

shibakawaさんもご指摘どおり、HRは15~20で御の字。DH起用でどれだけ打率、打点を稼げるかでしょうね。率.270~.280、打点60~75は欲しいところ。
左右投手別の対戦成績も気になる。
地元ファンとして心配なのは、開幕~5月中旬、9月下旬~10月の仙台の寒い時期にどれだけ適応できるかがカギ。東京や大阪と違い移動が楽ではない点も重視である。
年俸は基本3~5000万+出来高払いで1年契約が妥当か。

hatiさんと同じで続報待ちとしたい。

Re: もし獲得出来るのなら期待したい

hati8025さん

コメントありがとうございます。複数メディアが一斉に報じたため、楽天とブラゼルの間で下交渉は進んでいるのでしょうね。うまくまとまってくれれば・・・と思います。

> 正直なところラヘアー選手調査の記事は年俸が高すぎて眉唾物でしたが、ブラゼル選手ならまだあり得るのかなと。
>
> 最大の懸案は西武時代確執が噂された大久保コーチの存在ですが、二軍監督に配置転換されたため一軍に居続ければ接点は少なくなるのでプラスに働くかなと。まだ調査の段階ではなんとも言えませんので続報を待ちたいと思います。

Re: 当たれば儲けもの、ぐらいで考えるが吉。

ゴールドクラブさん

コメントありがとうございます。

> 日本球界経験者を使いまわす今の潮流なので特に異議はない。
> オーティズやグライシンガー、フェルナンデス…。
> 私は上記に挙げた選手たちのように彼らがメキシカンリーグでプレー、来年5.6月頃に緊急獲得する、と思ってましたので来春からの正式契約というのは少し意外でした。マークはし続けると思いましたが。

・・・という御意見、「野球の記録で話したい」さんの「ブラゼル、実質的な解雇|2012MLBペナントレース」エントリでコメントされていたのを、拝見しております(笑)

安全牌としてキープしたいため、シーズン途中での獲得ではなく、この時期に動いているということなのでしょう。

ちょっと話はズレますが、NPB未経験でメキシカンリーグからNPB入りする外国人打者って、最近、目立った活躍をしていない印象を受けます。「野球の記録で話したい」さんで今年、各国リーグの力量を指標で診るエントリがあったかと思いますが、圧倒的な打高投低でしたから。この件、時間があったら調べてみたいところなんですが・・・

> shibakawaさんもご指摘どおり、HRは15~20で御の字。DH起用でどれだけ打率、打点を稼げるかでしょうね。率.270~.280、打点60~75は欲しいところ。
> 左右投手別の対戦成績も気になる。

通算の左右投手別打率はvs右投手が.281、vs左投手が.246ですね。左投手に苦しんだことを考えれば、できれば左に強い打者の補強も別個に必要になってくるのでは?と思います。

ゴールドクラブさんの「当たれば儲けもの、ぐらいで考えるが吉」は、近年アタリがない外国人打者補強をみさせられると、正直、外国人はコリゴリで、そのように考えたくなるのですが、一方、NPB経験者ですから、少なくとも「手堅い成績」は残してもらわないと困るなぁというのが私の本音です。とりあえず、OPS、IsoPでリーグ平均を超えてほしい。
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
25位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}