FC2ブログ

〔惜別〕楽天戦力外2012─下柳剛。夢、成らず・・・ パリーグ最年長投手、楽天を退団

スポンサーリンク

目前に迫る、「いいね!」80人
当ブログのfacebookページを作成しました。ブログの更新情報をメインにアップしていく予定です。余裕が出てきたら、ブログでは書かない・Twitterでつぶやかないこのページならではの話題や情報も盛り込んでいければと思います。もしよろしければ「いいね!」お願いします。








ブログ村投票のお願いm(_ _)m
。゚(゚´Д`゚)゜。
「楽天イーグルス」部門、2位に陥落・・・
皆様の1票が継続更新の原動力になります。
どうか宜しくお願いします

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
-------------------------------------


8月19日。真夏の太陽が照りつける南三陸。

まっさらなグラウンドに登板したのは、下柳剛だった。

復興元年とは名ばかりの2012年。満足な再建も進まない被災地で、2軍のイーグルスはファイターズを迎え討っていた。

集まった2,525人の聴衆のお目当ては、下に落ちてきていた斎藤佑樹だったのかもしれない。しかし、試合終了後には、44歳3カ月のパリーグ最年長投手に変わっていたはずだ。

結果は、6回、打者24人に79球を投げて、被安打9、被本塁打1、奪三振0、与四死球0、失点3、自責点3。投打噛み合い、勝利投手となっている。

今、改めてボックススコアを眺めてみると、まさにベテランならではのピッチングだ。再三ピンチを招くものの、要所はしっかり締めた。老練な投球術で、試合を作っていた。

例えば、2回。先頭の鵜久森に右前に運ばれノーアウト1塁とされるものの、後続をサード併殺。ピンチの芽をもぎとった。3回は2本の安打を浴びるものの、加藤を遊飛に仕留めている。思惑通りのポップフライだったのでは?と思う。5回も2本のシングルヒットを打たれはしたが、ショート併殺打で難を切り抜けた。

失った3点は、スコア6-0の6点リードで迎えた6回、鵜久森に浴びた3ランだった。恐らく失投を運ばれたのではないか。しかし、その後、崩れることなく、流れをしっかり引き戻した点は、さすがだなぁと唸らされる。ホームランの後、ニ者をゴロアウト(三ゴ、一ゴ)で討ち取って3アウト。みごと6回まで投げ抜いた。

この時の模様を綴った下柳のブログ、胸つまされるものがあるので、引用したい。


昨日、南三陸町で投げました。
仙台から車で行ったのですが、1年以上経っても復興が進まず町が破壊されたままでした。
とてもつらい気持ちのまま球場に向かいました。
途中に仮設住宅もあり、町民の人達はそんな状況の中でも力強く、仮設に店を出したり、仮設の商店街を作ってました。
それを見て被災者の方を励ますどころか、自分が力をもらいました。
(後略)



下柳は「励ますどころか、自分が力をもらいました」と綴ったが、南三陸の野球好きも、下柳のピッチングから何かしら「感じるもの」を得たはずだ。今、ボックススコアを改めて確認しながら、そんなことに思いを馳せている。


昨オフ、阪神を戦力外になった下柳は、楽天の春季キャンプでテストを受けていた。星野監督、佐藤コーチは下柳が優勝に貢献した阪神時代の恩師だった。晴れて採用となりクリムゾンレッドに袖を通したあの当時、そのような過去の背景から、一部のファンから穿った見方をされた。

オープン戦、自身のナイスピッチングでそんな雑音をシャットアウトする。

合計3試合、11イニングを投げ、失点はホワイトセルに打たれたソロ弾による1点のみ。獲得アウト合計33個のうち半数を超える18個が併殺含むゴロアウトだった。防御率0.82、WHIP0.73、被打率.143の結果を残し、自らの力で開幕先発ローテの椅子を勝ち取った。

春先は調整の事情から、打者不利・投手有利と言われる。しかし、そういったことがあるにせよ、この結果は素晴らしいの一言に尽きると思う。自ら結果を出して、自らチャンスを掴んだ。この点は、強調しておきたいところだ。


■オープン戦 登板日別 投手成績
※3/3、3/21は先発。3/10は二番手。


パリーグ最年長先発投手勝利記録の更新、成らず

オープン戦ではファンを唸らせる好投をみせた下柳だったが、ペナントレースに入ると、巡り合わせの悪さ、打線の援護に恵まれず・・・といった事情もあり、4戦3敗。

4/26、美馬と入れ替わりで2軍落ち。以降、若手が先発ローテで結果を出したこと等もあり、1軍での登板機会に恵まれず、9/17利府のヤクルト戦で2イニング投げたのが、楽天での最後のマウンド姿となってしまった。

1軍での成績は、防御率5.29、WHIP1.65、被打率.375。数字だけみれば、見るも無残、と言えるかもしれない、しかし、前述のとおり「不運」にも足をひっぱられた。

初登板は開幕カードとなった4/1Kスタでのロッテ戦。チームは2連敗で迎えた3戦目だった。結果は4回2/3で3失点。しかし、3失点目は拙守に泣くかたちとなった。

初回に1点の先制を許した下柳は、3回、1死3,1塁から井口に適時打を浴び、さらに1点を失う。なおも1死3,1塁で4番・ホワイトセル。外の変化球をひっかけさせ、4-6-3の併殺コースのセカンドゴロを打たせることに成功した。ゲッツーで3アウト攻守交代となるはずだった。ところが、遊撃・枡田の1塁送球が逸れてしまい、1塁フェルナンデスの足が離れてしまい、セーフ。この間、三走に本塁を踏まれてしまったのだ。

確かに、この日の下柳は球が高めに浮きがちだった。コースも甘く、本人も「嶋がちゃんと意図を持ったリードをしてくれたが、自分のミスで打たれた」とコメント。しかし、試合後、指揮官の「3失点している中でも(本来であれば)ダブルプレーを取れていた後での失点ですからね。そこそこかなという感じす」のコメントのとおり、私もまずまずかなという印象でいた。また、相手先発・新人左腕の藤岡の前に、打線が沈黙。5回まで援護できなかったのも痛かった。

2戦目は4/8敵地でのオリックス戦。6回を投げ6安打2失点。「試合をつくってくれたし、持ち味は出してくれたと思う」。佐藤コーチもベテランに労いの言葉をかけるクオリティスタートでゲームメイクしたが、問題は打線だった。相手先発・木佐貫の前に散発4安打。僅か95球の完封勝利を許してしまい、またしても援護に泣いている。

3度目のマウンドは4/15日本ハム戦。球が高かった。原因は札幌ドームの堅いマウンド。アジャストできずに4回1/3で3失点。4/25Kスタでのオリックス戦では1回を三者凡退に抑えたものの、2回にヒット4本を集められ2失点。3回アタマからマウンドを加藤に譲り、これが1軍楽天での最後の姿となった。

相手先発が藤岡、木佐貫、吉川、中山。楽天にとっては嫌な面々だ。苦手とした左腕も多い。好投手とぶつかるケースが多かったのだ。打線の援護に恵まれなかったのも痛かった。せめて3登板の中で白星があったら、その後も変わっていたかもしれない。

佐藤コーチが現役時代42歳10カ月(97年8/3)で達成したパリーグ最年長先発投手勝利記録。記録好きとしては、その更新に夢見ていたわけだが、残念、叶わなかった。

下記に1軍、2軍での登板日別の成績を掲載する。


■1軍 登板日別 投手成績
20121020DATA3.jpg

■2軍 登板日別 投手成績
※全て先発
20121020DATA2.jpg


10/2、楽天の今オフ第1弾の戦力外通告がおこなわれた。下柳含む5投手が構想外となった。それに先立つ9月下旬、既に下柳退団記事が報道に載っていた。

スポニチの10/2記事によると「今後は国内だけでなく米国、南米などでの現役続行を模索する予定。オフの12球団合同トライアウトの受験も視野に入れているが、移籍先が見つからなければ引退を決断する可能性もある」という。

報道によると、あくまでも現役続行にこだわるという。

「自分の可能性を信じる」

私が44歳のジャーニーマンに教えられた最大のものは、このことのように感じる。自分で自分の可能性を信じ抜く。10代や20代の頃ならまだしも、20代後半から齢30を越えてくると、なかなかこれができないのが実際だ。程よいところで見切りをつけるほうが楽であるし、そのほうが大人の対応のようにもみえてくる。下柳の姿を見ながら感じた耳の痛い教訓だったが、ハッとさせられた。

最後に。1500万円で獲得した下柳は、果たして、楽天に「何か」を残したのだろうか?

私は「Yes」だと強く信じている。

ここに1本の記事がある。

◎「引退表明か現役続行か。40代選手、初秋の現在地。~プロ野球・ベテランの存在価値~」(Number Web)
http://number.bunshun.jp/articles/-/280099

記事の一部を引用する。

下柳は'03、'05年の阪神優勝の立役者で、今年テスト入団で楽天に来た。獲得した理由について、星野仙一監督は「若手の手本になるから」と語った。美馬学、辛島航は下柳の後ろ姿を見て成長した。

私も美馬、辛島の成長の背景には、下柳効果があったのでは?と信じているのだ。

最後の最後に・・・なにとぞブログ村への投票、よろしくお願いします。m(_ _)m【終】


◎◎◎関連記事◎◎◎
〔惜別〕楽天戦力外2012──草野大輔。夢を諦めない。天才バットマンが挑戦した三十路からのプロ野球人生
〔惜別〕楽天戦力外2012──本西厚博。イーグルスの外野守備を、より一段上へ引き上げた功労者
〔惜別〕楽天戦力外2012──山村宏樹。「燻し銀」というフレーズが似合うベテラン右腕でした
〔惜別〕楽天戦力外2012──川岸強。杜の都で輝きを放った「雑草魂」
〔惜別〕楽天戦力外2012──有銘兼久。私の中ではスーパーリリーフサウスポーでした
〔惜別〕楽天戦力外2012──岩村明憲。それでも私が岩村に淡い期待を寄せてしまうその理由

---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、通りすがりなどハンドルネームがいい加減なものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI







関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
21位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}