FC2ブログ

〔試合評〕故郷で躍動。期待の若鷲、西田哲朗の好活躍──2012年9月14日(金)○楽天イーグルス7-2オリックス

スポンサーリンク

「いいね!」50人突破しました!
当ブログのfacebookページを作成しました。ブログの更新情報をメインにアップしていく予定です。余裕が出てきたら、ブログでは書かない・Twitterでつぶやかないこのページならではの話題や情報も盛り込んでいければと思います。もしよろしければ「いいね!」お願いします。





-------------------------------------


○楽天イーグルス7-2オリックスバファローズ


■ハイライト映像




先攻・楽天のスタメン・・・1番・聖澤(中)、2番・西田(ニ)、3番・松井(遊)、4番・ガルシア(指)、5番・銀次(三)、6番・フェルナンデス(一)、7番・牧田(右)、8番・嶋(捕)、9番・定岡(左) 先発・辛島(左投)。

後攻・オリックスのスタメン・・・1番・川端(右)、2番・縞田(遊)、3番・スケールズ(指)、4番・李大浩(一)、5番・T-岡田(左)、6番・バルディリス(三)、7番・後藤(ニ)、8番・中村(中)、9番・日高(捕)、先発・井川(左投)。

ブログ村への投票どうか宜しくお願いします。更新のエネルギー源です。おかげさまで、ブログ村「楽天イーグルス」部門1位です
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

期待の5ツールプレイヤー、西田哲朗、プロ初スタメン初安打!

9/7に今季初の1軍登録をつかみとった3年目の西田が、2番・セカンドでプロ初スタメン出場した。

期待の5ツールプレイヤー、次世代のニ遊間候補として嘱望されながらも、昨年は股関節の負傷等でファームでも80試合214打数47安打の打率.220に止まった。しかし、今季は下で92試合出場、場数も与えられ、規定打席にも到達。夏場に一気に成績を上げてアピールに成功。枡田の負傷も相まって、約1年ぶりの1軍召集となっていた。

その西田が走攻守で躍動する。

1回は四球、ニ盗でニ塁に進んだ聖澤をバントで3塁に進める仕事をこなした西田だが、2回2死でまわってきた第2打席、プロ初安打を二番手・佐藤達也から記録した。

捕手・日高が要求した外角へ、佐藤が狙い通りに投げ込んだ初球のスライダーだった。逆らわず、バットがスッっと出てくる逆方向のバッティングでしっかり捉え、打球を右前へ流し運んでみせた。

3打席目は5回、先頭打者でバッターボックスに入る。今度はボール先行2-0からの3球目、佐藤の高めに浮いた球を快音響かせて振り抜いた。伸びていく打球は右翼フェンスぎりぎり、ウォーニングゾーン内まで飛んでいく快飛球に。右翼手・川端の好捕に遭ったが、打球は芯で捉えていた良い当たりとなった。

7回1死での4打席目は、チーム4得点目の起点を作る、口火の安打となる。今度は1-2と追い込まれてからの中前安打となった。高めの球を力強く叩いた打球は三番手・中山を越えるピッチャー返しのシングルヒット。この後、松井のレフト右に運ぶフライヒットで、一気に三塁を陥れる好走塁をみせ、4番・ガルシアの左犠飛でチーム4点目、プロ初得点の踏んでいる。

プロ初打点は8回だ。1死満塁、四番手・西川のすっぽ抜けが直撃。手痛くも有難い、押し出しデッドボールとなっている。

守備も無難にこなした。8回からショートにまわったが、セカンドで5個のアウト、ショートで1個のアウト、2イニング分の貢献をみせ、試合後、敵地ながらも故郷の大阪でプロ初のヒーローインタビューに呼ばれている。

この日の打席では、センターから逆方向という意識が表れていた。2軍での今季の打球方向を確認すると、ヒットは左翼から中堅で多くを記録(88本の安打のうち、左翼から右中間までで73本を記録)。右翼は12本と少なかったのだが、プロ初安打はコンパクトな打撃もできることを宣言してみせる一撃となった。

とはいえ、西田の持ち味はひっぱりのバッティングだろう。タイミングを取る左足の上げ方が大きいのが特徴的だ。左打ちの若手は聖澤を筆頭に銀次、枡田と揃いつつある現在、右打ち好打者の育成が望まれている。西田はその期待に応えるだけの素材を有しているのは、皆さんも納得のはず。

守備では昨年イースタンで遊撃手最高の守備率(.972)を記録している。ポスト松井のニ遊間整備が喫緊の課題となるイーグルスにおいて、首脳陣がこれからどのように使っていくのか?注目していきたい。

◎関連エントリ>〔記録〕楽天イーグルス 西田哲朗 2012年 2軍打撃成績(左右投手別、月間成績、本塁打履歴、打球方向) 9/2データ

3番・松井、4番・ガルシア、合計5打点の好活躍

試合は楽天が先制した。1回表、立ち上がりに自らつまずいた井川を攻め、松井、ガルシアの3番4番の長短打で2点を先取。しかし3回裏、辛島が1死満塁のピンチを招いて2点を失い、同点とされてしまう。

同点に追い付かれたイーグルスだったが、5回、7回に1点ずつあげて勝ち越しに成功すると、8回にはダメ押しの3得点を入れた。

5回は1死1塁から相手遊撃手・縞田の悪送球でチャンスを作ると、銀次の犠飛で3点目を入れている。(楽3-2オ)
7回は前述どおり、1死から西田、松井の連打で3,1塁のかたちを作り、4番ガルシアの犠飛で1点。(楽4-2オ)

3点劇となった8回も、1死後、縞田のエラーから始まった。嶋の遊ゴを1塁へ悪送球、榎本四球、聖澤中安で満塁とすると、西田デッドボールで1得点。なおも1死満塁で松井のバットが火を噴き、右越えの2点二塁打で3得点。(楽7-2オ)

3番・松井は5打数4安打(1試合4安打は日本球界復帰後初)、4番・ガルシアは4打数1安打。3番4番合計で5打点の活躍ぶりをみせた。

今季のイーグルスの懸案事項の1つ、3番、4番が固定できないという悩みが、今夜は解消された好ゲームだった。

それにしても、9月に入ってからの松井、ガルシアの好調ぶりが目覚ましい。松井は49打数19安打の打率.388、ガルシアは43打数13安打の打率.302。開幕前、指揮官はこのかたちを思い描いていたはずなのだが、それがようやくここへきて、遅きに失した感はあるものの、「かたち」になりつつある。


8回に一気に突き離した楽天は、8回裏をラズナー、9回裏を青山でゼロで締めた。しかし、9回裏はヒヤヒヤものだった。5点差あるとはいえ、1死満塁のピンチを招いてしまったのだ。青山が先頭・後藤に死球。このとき後藤の恫喝(?!)に遭い、両軍ベンチから飛び出すという一時不穏な空気になる。これでピッチングが狂ったのか、その後、小島、川端のオリックスルーキーに2四球。自らの手で塁を埋めてしまう失態も、どうにか後続を討ち取ってゼロに抑えている。

これでチーム成績は、124試合56勝60敗8分の借金4。順位はロッテが敗れたため4位浮上。ゲーム差は1位・西武と8.0、2位・日本ハムと7.5、3位・ソフトバンクが敗れたため1.0縮まって4.0、5位・ロッテと0.5、6位・オリックスと6.5となった。なお、各種成績は下記のように推移している。

得失点差、再びプラスマイナスゼロに

なお、この試合で、今季再び得失点差が得点408点、失点408点のプラスマイナスゼロになっている。残り20試合、できればプラスで終えてほしいと強く願う次第。

◎オリックス戦・・・21試合11勝7敗3分 (京セラドーム)
◎後半戦成績・・・43試合16勝22敗5分、勝率.421
◎パリーグ内成績・・・100試合46勝46敗8分
◎9月月間成績・・・12試合6勝5敗1分
◎直近10試合成績・・・・10試合6勝4敗

◎ビジターゲーム成績・・・62試合25勝34敗3分
◎ナイター成績・・・88試合40勝45敗3分
◎カードの初戦・・・46試合21勝21敗4分
◎相手先発左投手試合・・・50試合17勝31敗2分
◎先制した試合・・・63試合42勝20敗1分
◎借金6からの巻き返し(8/22以降)・・・21試合11勝9敗1分、勝率.550

20120914DATA2.jpg
HANREI.jpg

φ(.. )メモシテオコウ 佐藤達也

それにしても、既に来季へ向けて再建モードに入っているオリックスの新人が不気味な存在だ。新人王を争う川端は前回対決時の勢いはなかったものの、9回の最終打席では青山相手にファウルで粘ってフォアボールを勝ち取ってみせたし、小島も同様。点に絡む3失策が痛かった縞田もバットでは辛島から2点タイムリーを放っていた。

そんなオリックスのルーキーの中で、この試合ひときわ輝いていたのが、ドラフト3位の佐藤達也だ。

先発・井川が1回で降板。二番手として2回アタマからマウンドに上がり、5回までの4イニングを投げ、被安打2、奪三振5、与四死球0で1失点にまとめる好投をみせた。終盤、楽天が突き放したものの、5回までは正直どちらに転ぶかわからない試合展開だったのは、ひとえに、この新人右腕の好投によるところが大きい。

逆のことを言えば、楽天打線はあっさり佐藤の前に凡退を重ねてしまった。3回は銀次、フェルナンデス、牧田が三者連続三振劇。4回もゴロ、三振、三振で嶋、定岡、聖澤が三者凡退。平均145キロ、最速150キロを計測した32球の速球に、楽天の打者たちは手を焼くことになった。

32球の速球に対し、14球でバットを振りいった楽天打線は、そのうち6球で空振りを喫して3三振。そのうち5球がファウルを打たされ、90度内のフィールドに飛んだのは僅か4球、それも全て凡打になっていた。

今季は最下位と希望が見えないオリックスだが、原因は主力選手の故障とはっきりしている。今季働けなかった面々が来季戦列復帰したなら、来季のオリックスは新戦力とベテラン・中堅戦力のケミストリーが起きるのでは?と、早くも戦々恐々である。

■楽天・辛島航 球種別投球詳細
St=ストレート、Sl=スライダー、Sh=シュート、Cur=カーブ、Ch=チェンジアップ
vs右打者64球=St23、Sl13、Sh7、Cur13、Ch8
vs左打者30球=St14、Sl8、Sh4、Cur1、Ch3
20120914DATA4.jpg

3連勝で7勝目の辛島

5回2/3、打者25人に94球(1イニング当たり16.59、1人当たり37.6)、被安打5(全て単打)、奪三振5、与四球1、与死球2、失点2、自責点2、対戦被打率.227(22-5)。

全体のストライク率61.7%(94球中58球)、初球ストライク率48.0%(25人中12人)、3球目で2ストライク率63.2%(19人中12人)。

7勝目を上げた辛島だが、本人は満足していないだろう。序盤1、2回は三者凡退で立ち上がったものの、3回に5安打を集められ、無死満塁のピンチから縞田にピッチャー返しの2点同点打を浴びてしまう。その後はゼロに抑えたものの、不調に陥っている李大浩の打ち損じのミスショットに助けられた部分も強かった。

後藤、中村、日高の下位打線3連打は、後藤の結果球こそローボールヒッターの巧打で上手く運ばれてしまったものの、中村、日高には追いこんでからのコマンドが甘くなった。いずれも嶋はアウトコースを要求していたものの、流れてインサイドに入ったり、真中に入る失投を快打されるかたちになった。

辛島が1イニングに5安打打たれたのはプロ初。

83球で迎えた6回は、スタミナ切れなのだろう、T-岡田、バルディリスにすっぽ抜けてニ者連続死球。1死2,1塁のピンチを招くと、後藤にもボール先行2-0。後藤をからくも三振に討ち取った後、94球で御役御免になった。

蓄積疲労は相当のものだな・・・と思わせるマウンドになったが、どうにかよく耐えたと評価した。苦しい時期だが、残すところ数登板。ここが正念場だと思って、残り試合も踏ん張るピッチングを期待したい。

■楽天・辛島航 配球図
※各コースの上段は速球、下段は変化球、速球はストレートとシュートの合計
20120914DATA3.jpg


■オリックス・井川慶 球種別投球詳細
St=ストレート、Sl=スライダー、Cur=カーブ、Ch=チェンジアップ
vs右打者17球=St12、Sl1、Cur1、Ch3
vs左打者9球=St7、Sl2
20120914DATA6.jpg

1回、打者8人に26球(1人当たり8.67)、被安打3、奪三振1、与四球1、失点2、自責点2。

全体のストライク率57.7%(26球中15球)。

■オリックス・井川慶 配球図
※各コースの上段は速球、下段は変化球、速球はストレートとシュートの合計
20120914DATA5.jpg



◎◎◎関連記事◎◎◎
前回のオリックス3連戦
〔試合評〕最下位のお得意様とはいえど・・・楽には勝たせてもらえない──2012年8月31日(金)○楽天イーグルス3-2オリックス
〔試合評〕岡島豪郎、拙守を取りかえすべく執念をみせた粘りの14球──2012年9月1日(土)●楽天イーグルス4-7オリックス
〔試合評〕楽天饅頭はファンを失望させる毒饅頭だ。書く気も失せる0-0のスコアレスドロー──2012年9月2日(日)△楽天イーグルス0-0オリックス


----------------------------------------------------------------------
〔読書感想文を書いてみました〕 赤坂英一『2番打者論』
----------------------------------------------------------------------
今年の4月に上梓された新刊の書評です。2番打者の奥深さ・重要さを伺い知ることができる1冊。
詳細は下記URLを御参照下さい。
http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-1123.html



---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、通りすがりなどハンドルネームがいい加減なものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI







関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
205位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
35位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}