FC2ブログ

〔試合評〕150キロ超え連発の吉川相手に、島内孤軍奮闘も完敗──2012年8月24日(金)●楽天イーグルス1-5日本ハム

スポンサーリンク

当ブログのfacebookページを作成しました。ブログの更新情報をメインにアップしていく予定です。余裕が出てきたら、ブログでは書かない・Twitterでつぶやかないこのページならではの話題や情報も盛り込んでいければと思います。もしよろしければ「いいね!」お願いします。






-------------------------------------


●楽天イーグルス1-5北海道日本ハムファイターズ


■ハイライト映像




先攻・日本ハムのスタメン・・・1番・田中賢(ニ)、2番・小谷野(三)、3番・糸井(右)、4番・中田(左)、5番・稲葉(一)、6番・陽(中)、7番・ホフパワー(指)、8番・鶴岡(捕)、9番・金子誠(遊)、先発・吉川(左投)。

後攻・楽天のスタメン・・・1番・松井稼(遊)、2番・銀次(ニ)、3番・枡田(三)、4番・フェルナンデス(一)、5番・中島(指)、6番・牧田(右)、7番・鉄平(左)、8番・嶋(捕)、9番・島内(中)、先発・辛島(左投)。


おかげさまで、ブログ村「楽天イーグルス」部門1位です。引き続き応援宜しくお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

完敗。自力V消滅

「刀折れ矢尽きる」という表現は相応しくない。そもそも武器弾薬すらなかったのではないか。150キロ超の速球を装備した相手に、徒手空拳の戦いとなった。先日1軍に合流した若武者・島内ただ1人を除いては、だ。そんな印象の日本ハム19回戦となった。

相手先発・吉川は113球の完投で11勝目。楽天打線は僅か散発3安打(島内2安打、松井稼1安打)。赤子の手をひねるがごとく、あっさりねじ伏せられた。これで今季、楽天が1試合3安打以内に抑えこまれたのは9試合目となり、そのうち3試合が日本ハム戦で記録している。(そのうち相手先発左投手が7試合)

楽天の先発・辛島は立ち上がりの序盤、オリックス3連戦で38本のヒット合計28点を取った好調・日本ハム打線に怖気づいてしまったようだ。ばらつく制球で苦しんでいる所を、甘い球をしっかり打たれて、2点を失った。

1回表はリードオフの田中賢に流し打たれ出塁を許すと、その後、2死3塁から中田。辛島のインコースの球を狙われるかたちとなった。ひっぱりの打球がショート・松井稼の頭上を鋭く越えていき、先制打に。(楽0-1日)

先頭・陽に右中間ツーベースで得点圏に進まれた2回表は、その後、1死2塁から鶴岡の右打ちで、陽の生還を許した。(楽0-2日)

正直、序盤の2失点は重かった。吉川は立ち上がりから150キロ超の速球をバンバン連発、楽天のバッターを上から見下ろす圧倒のピッチングを展開していたからだ。

しかし、3回裏、楽天に一条の光が差し込む。この日も9番・中堅でスタメン出場した島内に、右翼席へのプロ初ホームランが飛び出したのだ。150キロ速球を完璧に捉えた。打った瞬間、体勢を泳がされているのでは?と感じたのは、リストの強さゆえ。ヘッドをしっかり返し、打球に力を伝えていくみごとなバッティングとなった。

1、2回、コマンドが悪く、思った所に投げることができずに苦しんだ辛島だが、3回から立ち直りをみせた。3番・糸井から始まる中軸を2つのゴロアウトと1つの奪三振で三者凡退に抑えると、4回、5回も3人で片づけて、3イニング連続の三者凡退劇。

だが、打線の援護がない。結局1点差に迫ったものの、あと1点が途方もなく遠く重いものになってしまった。

6回は中田にあわやホームランというニ塁打を打たれる。その後2死3塁、陽の打席時にワイルドピッチ。嶋が球を後ろに逸らす。その隙に三走・中田にホームを狙われるものの、ここは嶋からベースカバーに入った辛島に送球され、タッチアウト。なんとか追加点を許さない。我慢のピッチングが続く。

先頭打者出塁を許すものの7回を併殺で切り抜けた辛島は、スコア楽1-2日のまま、8回のマウンドにも登った。しかし、ここで再び日本ハム打線に捕まってしまったのだ。

先頭・金子誠に高めに浮いてしまったチェンジアップを運ばれた、1死2塁からワイルドピッチで走者3進。2死3塁、糸井の左前フライヒットがタイムリーとなった。さらに中田には左翼へ大飛球。今度はしっかりスタンドまで運ばれてしまうトドメの2ランを被弾。稲葉にもヒットを打たれて3連打。ここで降板となった。自己最多の121球も、自己最多の5失点。5敗目を喫している。

カードの初戦は西武戦、ロッテ戦に続き3連敗。

これでチーム成績は、106試合47勝52敗7分の借金5。順位は5位変わらず。ゲーム差は1位・日本ハムと7.5、2位・西武と6.5、3位・ソフトバンクと5.0、4位・ロッテと2.5、6位・オリックスと6.0、上記3チームが下位3球団をそれぞれ撃破したため、上位との差はそれぞれ広がるかたちになった。なお、各種成績は下記のように推移している。

◎日本ハム戦・・・19試合8勝9敗2分 (Kスタ10試合5勝4敗1分)
◎後半戦成績・・・25試合7勝14敗4分、勝率.333
◎パリーグ内成績・・・82試合37勝38敗7分
◎8月月間成績・・・20試合7勝10敗3分
◎直近10試合成績・・・・10試合4勝6敗

◎Kスタ成績・・・50試合24勝22敗4分
◎ナイトゲーム成績・・・73試合33勝37敗3分
◎カードの初戦・・・40試合18勝18敗4分
◎相手先発左投手試合・・・44試合14勝29敗1分
◎先制された試合・・・49試合11勝33敗5分
◎借金6からの巻き返し(8/22~)・・・3試合2勝1敗

20120824DATA2.jpg
HANREI.jpg

球が見えている島内

それにしても、見どころに乏しい試合だった。野球好きとしては吉川のピッチングに目を見開かされる部分はあったものの、楽天ファンとしては淡泊。唯一の楽しみといえば、ルーキーの島内の打席ぐらいだった。

3回には他打者がことごとく差し込まれていた吉川の速球を完璧に捉えてのプロ1号。6回には外角スライダーに素直にバットを出し、うまくタイミングを合わせての中前安打。喜んでいいのやら、情けないやら、複雑だが、チーム3本のヒットのうち2本が新人の手によるものとなった。

■島内宏明 打撃詳細


これで10打席、9打数6安打4打点、2ニ塁打、1本塁打である。プロ野球人生素晴らしいスタートとなっているが、僅か10打席だ。何をか言わんやだ。しかし、1つだけ指摘しておきたいことがある。

上記に10打席の打撃詳細を出してみた。この表をみて、パッと気付くことがある。島内は相手投手に合計29球投げさせているが、ここまで1度も空振りをしたことがないのだ。

犠打を除くと、相手投手が投げた29球のうち、13球で島内はバットを振りにいっている。そのうち、4球がファウルになり、残り9球が90度内のフィールドに飛んでいき、そのうち6球がヒットになった。

つまり、島内がバットを振れば、約半分でヒットになっているのだ。空振りは1つもない。試合前、羽村亜美さんによるインタビューで、1軍の球の速さに驚いているというようなコメントがあったが、しかしどうして、ここまでは球がしっかりみえているのでは?と思うのだ。

島内の好活躍のおかげで、体調不調の聖澤もしっかり休むことができている。今までは代替戦力がいなかったため、交流戦フラフラになりながらも強行出場していた部分がある。この点、非常にルーキーの活躍は大きいと感じる。


■楽天・辛島航 球種別投球詳細
St=ストレート、Sl=スライダー、Sh=シュート、Cur=カーブ、Ch=チェンジアップ
vs右打者72球=St30、Sl9、Sh2、Cur19、Ch12
vs左打者49球=St22、Sl19、Sh2、Cur5、Ch1
20120824DATA4.jpg

辛島、自己最多121球も5失点5敗目

7回2/3、打者32人に自己最多121球(1イニング当たり15.78、1人当たり3.78)、被安打11(ニ塁打2)、被本塁打(中田16号2ラン)、奪三振7、失点5、自責点5、対戦被打率.367(30-11)。

全体のストライク率65.3%(121球中79球)、初球ストライク率59.4%(32人中19人)、3球目で2ストライク率57.1%(21人中12人)。

3つの数字は本来の辛島の数字ではない。カウント構築には失敗したと言えそうだ。下記配球図が指し示すように、ストライクゾーンの高め~中段・真中の球を狙われるかたちとなった。制球が狂い、甘くなってしまったところを好調・日本ハム打線にミスショットなく、捉えられてしまったといえそうだ。


■楽天・辛島航 配球図
※各コースの上段は速球、下段は変化球、速球はストレートとシュートの合計
20120824DATA3.jpg

吉川113球の11勝目。参りました...

9回、打者30人に113球(1イニング当たり12.56、1人当たり3.77)、被安打3、被本塁打(島内1号ソロ)、奪三振9、失点1、自責点1、対戦被打率.100(30-3)。

全体のストライク率73.5%(113球中83球)、初球ストライク率66.7%(30人中20人)、3球目で2ストライク率87.0%(23人中20人)。

カウント構築に成功。辛島と比べれば雲泥の差である。特に3球目。しっかり追いこむことに成功している。

吉川最大の武器。サウスポーから投げ込まれる150キロ超の速球が、この試合、上々の出来だった。スピンが良くかかっていた。今シーズン、パリーグで最も質の良いストレートを投げるのがこの人なのでは?と思わせる内容だった。

吉川はストレートは58球投げたが、そのうち150キロを超えてきたのは約半数の28球。楽天の打者は14球でバットを振りにいくも、11球がファウルになった。残り3球のうちヒットは島内のソロホームランのみ。他は1回銀次の詰まらされた遊ゴ、3回鉄平の差し込まれた捕飛になっている。

ストレート全体でも、58球のうち20球がストライク寄与ファウルを記録している。楽天の打者は、吉川の思惑どおりに、差し込まれたり、詰まらされたり、芯をはずされたファウルを打たされ、成す術なくストライクを稼がれてしまったと言えそうだ。

下記のとおり、終盤でも150キロ超えは多く、平均でも147.1キロの球速を計測していた。最後までストレートの球威は落ちなかったといえる。

■序盤・中盤・終盤別 ストレート 平均球速
1回~3回・・・149.0キロ (23球中150キロ超え13球)
4回~6回・・・148.2キロ (12球中150キロ超え7球)
7回~9回・・・147.1キロ (23球中150キロ超え8球)

変化球、特にスライダーのキレも抜群だった。下記に13球の空振りの配球図を作成してみたが、右打者には膝元へくいこんでくるスライダー、左打者にはアウトローに逃げていくスライダーが楽天打線を苦しめていた。

■日本ハム・吉川光夫 球種別投球詳細
St=ストレート、Sl=スライダー、Cur=カーブ
vs右打者61球=St31、Sl21、Cur9
vs左打者52球=St27、Sl20、Cur5
20120824DATA6.jpg


■日本ハム・吉川光夫 配球図
※各コースの上段は速球、下段は変化球、速球はストレートとシュートの合計
20120824DATA5.jpg
20120824DATA7.jpg

◎◎◎関連記事◎◎◎
注目記事
星野監督が考える粛清人員整理リスト2012。来季戦力外候補の顔ぶれを予想してみた?!
前回の日本ハム3連戦
〔試合評〕ラズナー無双の大仕事。武田勝の失投を確実に仕留めたイヌワシ打線──2012年8月14日(日)○楽天イーグルス2-1日本ハム
〔試合評〕ハム7継投リレーの前に零封負け。星野楽天がリーグ制覇できないその理由──2012年8月15日(水)●楽天イーグルス0-2日本ハム
〔試合評〕釜田118球の熱投でプロ初完封勝利!楽天の高卒新人では2人目──2012年8月16日(木)○楽天イーグルス1-0日本ハム


----------------------------------------------------------------------
〔読書感想文を書いてみました〕 赤坂英一『2番打者論』
----------------------------------------------------------------------
今年の4月に上梓された新刊の書評です。2番打者の奥深さ・重要さを伺い知ることができる1冊。
詳細は下記URLを御参照下さい。
http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-1123.html



---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、通りすがりなどハンドルネームがいい加減なものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI






関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
186位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
31位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}