FC2ブログ

〔試合評〕西武の激流に呑みこまれたエース・田中将大──2012年8月19日(日)●楽天イーグルス2-6西武ライオンズ

スポンサーリンク

当ブログのfacebookページを作成しました。ブログの更新情報をメインにアップしていく予定です。余裕が出てきたら、ブログでは書かない・Twitterでつぶやかないこのページならではの話題や情報も盛り込んでいければと思います。もしよろしければ「いいね!」お願いします。






おかげさまで、ブログ村「楽天イーグルス」部門1位です。引き続き応援宜しくお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
-------------------------------------


●楽天イーグルス2-6埼玉西武ライオンズ


■ハイライト映像


先攻・楽天のスタメン・・・1番・松井稼(遊)、2番・銀次(ニ)、3番・枡田(三)、4番・フェルナンデス(一)、5番・中島(指)、6番・牧田(右)、7番・嶋(捕)、8番・定岡(左)、9番・鉄平(中)、先発・田中(右投)。

後攻・西武のスタメン・・・1番・栗山(左)、2番・秋山(中)、3番・中島(遊)、4番・中村(一)、5番・ヘルマン(三)、6番・カーター(指)、7番・浅村(ニ)、8番・星秀(右)、9番・炭谷(捕)、先発・山本(右投)。


星野楽天、優勝戦線から脱落か?!


試合前にそんなことはないだろうと信じていたのだが、起こってはならないことが発生してしまった。

斎藤佑樹との対決となった7/13日本ハム戦以来、白星から約1カ月遠ざかっている自身のもどかしい現状に終止符を打つべく、またチームの連敗を止めるべく、田中はマウンドに向かったはずである。

しかし、終わってみれば、5回0/3で6失点。10安打の猛攻、さんざんな返り討ちに遭ってしまった。田中の通算西武戦防御率は4.12。この数字が示すように、苦手意識のないライオンズ打線が、ここへきての5連勝の勢いにも乗り、昨年の沢村賞投手を一呑みにしたと表現できそうだ。

今から思えば、1回表、先頭の栗山にファーストストライクを容易に振り抜かれ、中前へ運ばれた時からその予兆はあった。続く2番・秋山はショート6-4-3の併殺網にかけるものの、高めの球を打ち損じた秋山のミスショットに助けられた部分もあったのだ。内角球を痛烈にひっぱった3番・ヘルマンの三塁線強襲は、枡田の好守備で事なきをえたが、マウンド上の投手がエースということを考えれば、ゼロに抑えたとはいえ、暗雲立ち込める立ち上がりだった。

以降も苦しい投球が続く。3回裏こそ相手に思うような打撃を許さず三者凡退に退けてみせたものの、2回裏、4回裏、5回裏と出塁を許し、スコアリングポジションに走者を背負う厳しい状況だった。

ゼロには抑えたものの2回裏、5回裏は先頭打者にニ塁打を許した。同点に追いつかれた4回裏は1死からヘルマンに右中間フェンス直撃の二塁打を打たれ、その後2死2,1塁、浅村にもセンターオーバーのニ塁打を許し、これが同点打に(楽1-1西)。

同点で迎えた6回裏、遂に田中が決壊した。先頭打者、2番・秋山の右前安打を合図に、ヘルマンの右翼ニ、中村の右翼安、カーターの右越ニ、浅村の中安の5連打のつるべ打ち。もちろん、田中が5連打くらったのは今季初である。代わった二番手・ハウザーも打たれ、この回、5失点。

中島を腰痛で欠くラインアップの西武だったが、その影響を全く感じさせず、楽天投手陣は14安打を許して、スコア2-6で敗戦。ここへきて、開幕ロッテ戦以来となる同一カードの手痛い3連敗となった。一方、西武は今季初の首位に躍り出ている。

これでチーム成績は、102試合45勝50敗7分、借金は8/7以来の今季最多タイの5。順位は5位変わらず。ゲーム差は、1位・西武、2位・日本ハムと6.5、3位・ソフトバンクと4.0、4位・ロッテと3.5、6位・オリックスと5.0となった。

首位とゲーム差広がり6.5。残り42試合で6.5の差を縮めることができるのか。シーズン終了して、楽天の優勝がならなかったという時には、この3連戦は優勝を逃した決定的な3連敗、ということになるのかもしれない。

なお、各種成績は下記のように推移している。

◎西武戦・・・16試合6勝9敗1分 (西武ドーム9試合4勝5敗)
◎後半戦成績・・・21試合5勝12敗4分
◎パリーグ内成績・・・78試合35勝36敗7分
◎8月月間成績・・・16試合5勝8敗3分

◎直近10試合成績・・・・10試合4勝5敗1分
◎ビジターゲーム成績・・・53試合22勝28敗3分
◎ナイトゲーム成績・・・69試合31勝35敗3分
◎先制した試合・・・53試合34勝18敗1分

20120819DATA9.jpg
HANREI.jpg


■楽天・田中将大 球種別投球詳細
St=ストレート、Sl=スライダー、Sh=シュート、Fo=フォーク、Cur=カーブ、Ch=チェンジアップ
vs右打者39球=St21、Sl11、Sh1、Fo4、Cur2
vs左打者38球=St13、Sl11、Sh1、Fo9、Cur2、Ch2
20120819DATA11.jpg

1000奪三振のメモリアルも吹っ飛ぶほど、制球が甘かった・・・

5回0/3、打者24人に77球(1イニング当たり15.40、1人当たり3.21)、被安打10(ニ塁打6)、奪三振5、与四球1、失点6、自責点6。対戦被打率.455(22-10)

獲得アウト15個の内訳=奪三振5、ゴロアウト4(併殺含む)、内野フライアウト1、内野ライナーアウト1、外野フライアウト2、犠打1、相手走塁死1。

全体のストライク率68.8%、初球ストライク率は62.5%(24人中15人)も初球でヒットを3本打たれているため、事実上は50.0%(24人中12人)となる。3球目で2ストライク率は75.0%(16人中12人)だが、1ストライク時から被安打2を記録しているため、ここも事実上は62.5%(16人中10人)になっている。

田中は5回に栗山から高め151キロ速球で空振り三振を奪い、史上131人目となる1000奪三振を達成。報道によると、1042投球回での達成は史上6番目、23歳9カ月での樹立は史上7番目というスピード記録となった。

しかし、この試合、5つの三振を奪ったが、田中らしくなかった。

いつもなら縦のスライダー、高速で落ちるスプリットで空振り三振を量産していく田中だったが、この日は速球で3個、カーブで1個、スライダーで1個という珍しい球種内訳。77球投げて奪った空振りは6球、率にして7.8%は、今季最低の数字である。

制球力が甘かった。

配球図をみていただけたら一目瞭然なのだが、速球も変化球も、大半が高めに集まっている。スライダーのみの配球図も作成してみたが、特に左打者へのスライダーが真中高め~真中に集まってしまい、4本のヒットを打たれている。被安打10本のほとんどが、嶋の構えたミットとは、あらぬ方向に甘く入ってしまうものだった。

ストライクカウント別の対戦成績を確認してみよう。

◎0、1ストライク時・・・.727、11打数8安打、5ニ塁打、1四球、1犠打
◎2ストライク以降・・・.182、11打数2安打、1ニ塁打、5三振

追い込まれる前のカウント球が依然として甘く、継続課題になっていることが確認できるのだ。

田中のローテがこのままの推移でいくなら、今季は残り6登板か。現在6勝で長らく足踏みが続いている中、6登板で4勝挙げることができるのか? 悠々達成するだろうと見込まれていた二桁勝利も、ここへきて雲行きが怪しくなってきてしまっている。

解説の伊原春樹氏が、さかんに嶋のリードについても苦言を呈していたが、この日の田中はコマンドが甘く、嶋の構えたミットどおりに投げ切ることができていなかった。次回登板から嶋以外を起用してみるという選択肢はあるものの、田中の制球力が修正されない限り、誰がマスクをかぶろうと、結果は似たかよったかになるのでは?と思う。

とにかく、田中が立ち直らなければ、始まらないのだ。

Twitterでフォロワーさんが、沢村賞の後遺症というような趣旨のツイートをしていたが、このままだとまさにそういう印象になってしまう。

マー君、なんとかして修正してもらいたい。佐藤投手コーチ、よろしくお願いしますm(_ _)m


■楽天・田中将大 配球図
※各コースの上段は速球、下段は変化球、速球はストレートとシュートの合計
20120819DATA10.jpg

■スライダーの配球図


■西武・山本淳 球種別投球詳細
vs右打者25球=St13、Sl10、Sh2
vs左打者58球=St28、Sl26、Fo3、Cur1
20120819DATA13.jpg

イヌワシ打線、苦しい初先発・山本を、打ち崩せず・・・

5回、打者21人に83球(1イニング当たり16.60、1人当たり3.95)、被安打3、被本塁打1(枡田)、奪三振2、与四球3、失点1、自責点1、対戦被打率.176(17-3)。

ストライク率56.6%(83球中47球)、初球ストライク率47.6%(21人中10人)、3球目で2ストライク率37.5%(16人中6人)。いずれも低い数字に止まっている。

楽天は、立ち上がりから苦しんでいた山本を打ち崩すことができなかった。いつでも打てる。そのような慢心があったとは思っていないが、結果的にかんばしくないイメージになってしまう拙攻となった。

立ち上がりの1回、いきなり2四球。2死2,1塁の貰ったチャンスも活かすことができない。甘めの球にみえたもののハーパーがひっかけてセカンドゴロで凡退した。

先頭・嶋が安打出塁、榎本が四球で歩き1死2,1塁の好機となった2回は、松井稼がセカンドへの併殺打に倒れた。

最大のチャンスは3回だった。先頭・銀次が遊撃・永江のファンブルで出塁、打席は枡田。エンドランが成功。三遊間を割って、銀次が3塁へ。無死3,1塁のかたちを作ったが、後続が悉く凡退した。フェルナンデスは捕邪飛、ハーパーは見三振、牧田は左飛。いずれも速球で討ち取られてしまった。

ボール球が多く、カウントを不利にする機会が多かった山本だったが、どうにか5回1失点にまとめることができたのは、持ち味の速球に球威があったから、と言えそうだ。

楽天打線は、山本の高め~中段に甘く入ってくる速球を打ちにいくも、とらえきることができず、ことごとく凡打にされてしまっていた。(配球図参照)

獲得アウト15個のうち、ストレートで取ったアウトは、奪三振2、ゴロアウト3、内野フライアウト1、外野フライアウト4の合計10個にもおよんだ。

牧田の先制ソロを始め、楽天のヒットは全て山本の甘い縦スライダーを打ったものだった。

■西武・山本淳 配球図
※各コースの上段は速球、下段は変化球、速球はストレートとシュートの合計
20120819DATA12.jpg


◎◎◎関連記事◎◎◎
田中の直近3登板
〔試合評〕田中将大ワースト2位のKO劇。今季最多の13失点──2012年7月29日(日)●楽天イーグルス4-13西武ライオンズ
〔試合評〕球団創設2年目以来となる9連敗の可能性を残した、限りなく黒に近い引分け──2012年8月5日(日)△楽天イーグルス3-3日本ハム
〔試合評〕着々と進む将大対策、各球団のマー君包囲網──2012年8月12日(日)△楽天イーグルス3-3ソフトバンク


----------------------------------------------------------------------
〔読書感想文を書いてみました〕 赤坂英一『2番打者論』
----------------------------------------------------------------------
今年の4月に上梓された新刊の書評です。2番打者の奥深さ・重要さを伺い知ることができる1冊。
詳細は下記URLを御参照下さい。
http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-1123.html



---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、通りすがりなどハンドルネームがいい加減なものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI








関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
21位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}