FC2ブログ

〔試合評〕鉄平を欺いた涌井の強心臓、炭谷のしたたかな配球術──2012年8月18日(土)●楽天イーグルス5-6西武ライオンズ

スポンサーリンク

当ブログのfacebookページを作成しました。ブログの更新情報をメインにアップしていく予定です。余裕が出てきたら、ブログでは書かない・Twitterでつぶやかないこのページならではの話題や情報も盛り込んでいければと思います。もしよろしければ「いいね!」お願いします。






ご訪問ありがとうございます。おかげさまで、ブログ村「楽天イーグルス」部門1位です。引き続き応援宜しくお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
-------------------------------------


●楽天イーグルス5-6埼玉西武ライオンズ
20120818DATA3.jpg

■ハイライト映像


先攻・楽天のスタメン・・・1番・松井稼(遊)、2番・銀次(ニ)、3番・枡田(三)、4番・フェルナンデス(一)、5番・中島(指)、6番・牧田(右)、7番・嶋(捕)、8番・定岡(左)、9番・鉄平(中)、先発・ヒメネス(右投)。

後攻・西武のスタメン・・・1番・栗山(左)、2番・秋山(中)、3番・中島(遊)、4番・中村(一)、5番・ヘルマン(三一)、6番・カーター(指)、7番・浅村(ニ)、8番・星秀(右)、9番・炭谷(捕)、先発・石井一(左投)。

※マリナーズ岩隈4勝目のレビューは次回エントリにアップします。

もつれる展開、最後の最後で追いつけず・・・(泣)

17回戦は終盤までもつれる展開となった。

楽天は初回に枡田の4号ソロが飛び出す。8月に入って念願のチーム初本塁打で1点を先制した。しかし、3回裏、浅村の2号ソロで同点に追い付かれてしまうと、中盤6回まで理想の攻撃を許し、合計6点を取られてしまう。

中村の18号ソロが発火点となった4回はその後ヒメネスが連打を浴び2死3,2塁、炭谷の右打ちは右翼線沿いに着弾する2点タイムリーとなり、この回3失点。6回は武藤、片山が2四球でピンチを招く等し、2死満塁から片山が秋山に2点適時の中前安打を打たれ、6点を失った。

スコア楽1-6西。イーグルスは7回表の攻撃を迎えていた。残り終盤3イニングでの5点ビハインド、正直、厳しいのではないか?と思われた。

開幕直後、救援陣の投壊で勝ちゲームを取りこぼしていたライオンズだったが、ここへきてブルペンが奮闘。西武の躍進を支えていた。

■西武の月別救援防御率
※2012年8/17終了時
◎3月4月・・・5.85、1勝5敗、12ホールド、3セーブ
◎5月・・・5.07、1勝4敗、6ホールド、2セーブ
◎6月・・・4.55、2勝3敗、17ホールド、9セーブ
◎7月・・・2.55、2勝1敗、23ホールド、8セーブ
◎8月・・・1.37、2勝0敗、17ホールド、4セーブ

2回嶋の左安以来、相手先発・石井に15打席連続アウトの好投を許していた。しかし、ようやく7回表、反撃を開始する。先頭・中島が左中間を割るニ塁打。続く牧田も中前に弾き返して。塁上は無死3,1塁、2度目のチャンスを迎えていた。ここで西武ベンチは石井を諦めて継投に出る。

イヌワシ打線は、火消しに出てきたこの二番手・岡本篤から4点を奪取することに成功、1点差まで肉薄する攻撃をみせた。

岡本篤の初球。嶋がすっぽ抜けの球を背中に貰って、無死満塁となる。2打席結果が出ていない定岡に代えてピンチヒッターで起用された河田は中飛。飛球が浅めだったこと、中堅手・秋山の強肩を恐れたことでスタートを切りかけた三走が慌てて戻る顛末もあった。1死満塁、続く鉄平はショート前方の緩いゴロ。2死になるも、この間1点を返していた。(楽2-6西)

2死3,2塁。ここで一打なければ、試合はかぎりなく黒に近い敗戦モードになろうか?という土俵際の場面だった。

バッターボックスには松井稼。前日、体調不良を訴えスタメンをはずれていた聖澤の代わりに、3試合ぶりのスタメンとなったキャプテンが1番で起用されていた。

1-1からの高めのボール、142キロ速球を捉えた。舞い上がった飛球は右翼スタンドに飛び込む3ラン! 6/22郡山以来久しぶりに飛び出した主将の一発は、1点差に迫るもの。終盤2イニングへ希望をつなぐホームランになった。

9回表、イーグルスは抑え・涌井から同点機を演出する。1死から代打・ハーパーが三塁線を破るニ塁打を放ち、代走・聖澤で1死2塁、鉄平、松井稼、銀次と打順がまわる一打同点のチャンスとなった。

土壇場の緊迫感を味わいながら、手に汗握りながらの観戦も、鉄平が空振り三振、松井は敬遠気味の四球で歩かされたが、銀次がファーストゴロ。あと一歩のところで追いつけなかった。楽天はスコア楽5-6西で敗戦。2連敗となっている。

これでチーム成績は、101試合45勝49敗7分の借金4。順位は5位変わらず。ゲーム差は1位・日本ハムと6.5、2位・西武と5.5、3位・ソフトバンクと3.0、4位・ロッテと2.5、6位・オリックスと5.0となった。なお、各種成績は下記のように推移している。

最後まで、みどころは作ったが惜敗した。ハラハラドキドキを堪能したが、結局負けてしまえば、意味がなくなってしまう。この3連戦を2敗とし、開幕ロッテ3連戦以来となる同一カード3連敗の可能性を残してしまった。明日はエースである。相手は格下の山本だ。投打が噛み合う未来予想図を描きたいところだが、一方で7/29の悪夢も脳裏をかすめてしまうのだ。

◎西武戦・・・15試合6勝8敗1分 (西武ドーム8試合4勝4敗)
◎後半戦成績・・・20試合5勝11敗4分
◎パリーグ内成績・・・77試合35勝35敗7分
◎8月月間成績・・・15試合5勝7敗3分
◎直近10試合成績・・・・10試合5勝4敗1分

◎ビジターゲーム成績・・・52試合22勝27敗3分
◎ナイトゲーム成績・・・68試合31勝34敗3分
◎相手先発左投手・・・43試合14勝28敗1分
◎先制した試合・・・52試合34勝17敗1分
◎1点差試合・・・38試合20勝18敗

20120818DATA4.jpg
HANREI.jpg

「片山の失点が致命傷だった」

この1戦、勝敗の分かれ目を1つ挙げろと言われれば、困ってしまうのだ。

指揮官は「片山の失点が致命傷だった」とのコメントを残した。6回、1死2塁から登板し、四球、安打で1死満塁のピンチを招くと、左の秋山に5点差に広がる2点適時打を中前へ打たれてしまう。22球投げた中で奪った空振りは1球もなく、一軍と二軍を行き来する今季、やっぱり、片山は輝きを失ってしまったのでは?と心配は続くのだ。昨年リーグ平均を上まわる10.1%を記録していた空振り率は今季その半分4.9%まで落ち込んでしまっている。

やっぱり片山が機能せずということになれば、ますますハウザーにかかる負担は増えてしまう。そのハウザーもラズナーの火消しに助けられ失点にこそつながらなかったが、8回に栗山、秋山に連打を許し、無死3,2塁のピンチを作ってしまった。ハウザーが左打者にヒットを許したのは、7/8西武戦の6回、栗山の中越ニ以来となったが、前回8/14日本ハム戦では左の田中賢、稲葉に連続死球を与えており、一抹の不安を抱いてしまう。

相手が1枚上手だった鉄平vs涌井の対決

ということで、片山の失点は、今後を象徴する意味でも大きかったと思うのだが、当ブログは片山ではなく9回の鉄平vs涌井の対決を挙げたい。

1死2塁でニ走・聖澤を三塁へ進ませる最低限の仕事もできず、空振り三振に倒れた。鉄平を討ち取って2死としたことが西武側にとっては非常に大きかったと感じる。

初球146キロ速球が外角の際どい所に投げ込まれ、ボールになる。2球目135キロスライダー、外角高めに入る変化球を空振りし、1-1。3球目はアウトローに110キロのカーブがはずれて2-1となっていた。

ボール先行の打者有利カウントとなった。しかし、ここから涌井─炭谷の西武バッテリーが、鉄平の意表をつく配球をしてのける。2球連続カーブ、合計すると3球連続カーブを投げたのだ。

4球目115キロのカーブ。ストライクゾーンの外角に放物線を描いた。鉄平がタイミングをはずされながらもバットに当ててファウル。カウントは並行の2-2。

結果球もカーブだった。105キロの緩急が再度外角に投げ込まれていく。先程のカーブよりさらに緩く遅い105キロのカーブに、鉄平のタイミングは完全に狂わされた。緩い球を追いかけてしまったスイングは空をきり、三振。

この状況で、カーブを3球続けて要求した炭谷の好配球にも舌を巻くことになったが、最後に一番遅いカーブを絶妙に投げ込んでみせた涌井のマウンド度胸、技量、投球術にも、十分、驚かされた。

と同時に、この裏をかかれた配球にバッティングをくずされてしまった鉄平は、やっぱり、3割打者のそれではないなと寂しい気持ちにもなった。これが2009年や2010年の鉄平だったら、なんとか粘って、逆に相手バッテリーを追い詰め配球を変えさせていたかもしれない。あるいは、身体が上手く反応し、巧みなバットコントロールで内野の頭を超えるヒットを放っていたかもしれない。完全復活の手前で長らく足踏みが続いている今のもどかしい状況を象徴的に表す1打席だったかと思う。

2死からしっかりタイムリーが飛び出すところといい、4回牧田の右中間長打コースをダイビングキャッチでフライウトにしてみせた連夜の西武外野陣の好守備(今夜は秋山)といい、のるか?そるか?の局面で鉄平を鮮やかに欺いてみせた投球術、配球の妙といい、やっぱり、ライオンズは強すぎる。

イーグルスもこの1年、随分、成長したのだが、悔しいが、強者のDNAを感じずにはいられない17回戦となった。


■楽天・ヒメネス 球種別投球詳細
St=ストレート、Sl=スライダー、Ch=チェンジアップ
vs右打者50球=St29、Sl16、Ch5
vs左打者44球=St22、Sl10、Ch12
20120818DATA6.jpg

4回0/3、打者21人に94球(1イニング当たり23.50、1人当たり4.48)、被安打7、被本塁打2(浅村ソロ、中村ソロ)、奪三振4、与四球2、与死球1、4失点、4自責点、対戦被打率.389(18-7)。

ストライク率63.8%(94球中60球)、初球ストライク66.7%(21人中14人)、3球目で2ストライク率75.0%(16人中12人)。

球数が異様に多くなってしまったが、途中までのカウント構築は上記のとおり、うまくいっていたことが確認できる。2ストライクと追い込んでからの対戦結果を確認してみると、11打数4安打2打点、2本塁打、4三振、2四球。対戦被打率.364と悪い数字となった。3球目で打者を追い込むことに成功、状況はヒメネス有利になるにも関わらず、その環境を活かすことができていなかったといえる。

とはいえ、打たれた球はそんなに悪いものではなかった。アマアマだったのは中村の右本、4回浅村の左安ぐらいのように感じる。

同点とされた浅村の左本の打席は上手いこと投げていたように思う。追い込んでから外角の際どい所に変化球で何度も誘いをかけたのだが、見逃された。2-2からのアウトローの絶妙スライダー、バットが出かかりハーフスイングでは?と思われたものの、一塁塁審の判定はボール。打たれた内角球も厳しい所を突いていたようにみえた。

炭谷に打たれた2本、3回の右安、4回の右安もアウトコースの決して簡単な球ではなかったように思う。こうも2本打たれてしまうと、あらかじめコースを絞られていたような気もするのだ。

1つ言えるのは、「カウントを悪くしての本塁打は珍しいことではない」という指揮官の言葉どおり、フルカウントにしてしまったということだ。

フルカウントは対戦21人中5人。結果は2本塁打、2四球、1凡打。その凡打も2回中村がひっぱった三遊間深くへの当たりを、遊撃・松井稼がスライディングキャッチで抑えてみせた、あわやヒット性の当たりだった。

試合前時点で、ヒメネスのフルカウント成績は、対戦439打席中12.1%に当たる53打席。34打数4安打10三振の被打率.118ながらも、四球19で被出塁率は.434を記録していた。

3-2というカウントは、0-2や1-2、2-2と違って、投手も開き直るが、打者も開き直るカウントなのだ。なんにせよ、良い結末は待っていないカウントといえるのだ。

■楽天・ヒメネス 配球図
※各コースの上段は速球、下段は変化球、速球はストレートとシュートの合計
20120818DATA5.jpg

■西武・石井一久 球種別投球詳細
St=ストレート、Sl=スライダー、Ch=チェンジアップ
vs右打者52球=St29、Sl12、Ch11
vs左打者26球=St16、Sl10
20120818DATA8.jpg

6回0/3、打者24人に78球(1イニング当たり13.00、1人当たり3.25)、被安打4、被本塁打1(枡田ソロ)、奪三振3、与四球1、失点3、自責点3、対戦被打率.174(23-4)。

ストライク率64.1%(78球中50球)、初球ストライク率70.8%(24人中17人)、3球目で2ストライク率61.1%(18人中11人)。

初回の松井稼、フェルナンデスへの配球が象徴したように、右打者への内角攻めが、楽天の右バッターを苦しめた。楽天の右打者は15打数3安打の.200の結果しか残せなかった。


■西武・石井一久 配球図
※各コースの上段は速球、下段は変化球、速球はストレートとシュートの合計
20120818DATA7.jpg


◎◎◎関連記事◎◎◎
前回の西武3連戦
〔試合評〕その時、あまりにも凄すぎて、パリーグTVの中継音声が乱れた──2012年7月27日(金)△楽天イーグルス7-7西武ライオンズ
〔試合評〕老いが激しい島村俊治アナに杉山賢人氏のお門違い選手批判──2012年7月28日(土)●楽天イーグルス4-5西武ライオンズ
〔試合評〕田中将大ワースト2位のKO劇。今季最多の13失点──2012年7月29日(日)●楽天イーグルス4-13西武ライオンズ

----------------------------------------------------------------------
〔読書感想文を書いてみました〕 赤坂英一『2番打者論』
----------------------------------------------------------------------
今年の4月に上梓された新刊の書評です。2番打者の奥深さ・重要さを伺い知ることができる1冊。
詳細は下記URLを御参照下さい。
http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-1123.html



---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、通りすがりなどハンドルネームがいい加減なものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI







関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
172位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
30位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}