FC2ブログ

ゴロックマの本領発揮、強打のエンジェルス打線からメジャー3勝目!──2012年8/11LAA戦〔記録で診る岩隈メジャー挑戦録〕

スポンサーリンク

当ブログのfacebookページを作成しました。ブログの更新情報をメインにアップしていく予定です。余裕が出てきたら、ブログでは書かない・Twitterでつぶやかないこのページならではの話題や情報も盛り込んでいければと思います。もしよろしければ「いいね!」お願いします。






ブログ継続更新のためには皆様の1票が欠かせません。何卒よろしくお願いします。おかげさまで、ブログ村「楽天イーグルス」部門1位です。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
-------------------------------------


○シアトルマリナーズ7-4ロサンゼルスエンジェルス
20120813DATA2.jpg

個人的にエンジェルスというと打線が手強いというイメージを持っている。同じ西地区ではレンジャーズ(TEX)に匹敵するほどの恐さを感じてしまう。

売り出し中の1番・トラウトはもとより、開幕直後の不振はどこへやらで最近調子を一気に上げているプホルスを始め、他にも好打者が揃っている。

強打のTEX、NYYと対峙した際の岩隈は球数が異様に多くなる傾向があった。1イニング当たりでも1人当たりでも、多くなっていた。

この試合終了時で先発登板での1イニング当たり平均球数は15.61、1人当たりは3.72となっているが、7/15TEX戦では17.00、3.70、7/25NYY戦では19.00、4.32、8/5NYY戦では20.20、3.88。いずれも多いことが確認できる。

クオリティスタートを目指すには球数が多すぎる傾向があり、これが課題の1つになっていた。好打のLAA打線に対し、TEX戦やNYY戦の二の舞にならず、いかに球数少なくゲームメイクできるか? この1戦、私の関心・心配の多くはこの1点にあった。

しかし、フタを開けてみれば、7回3失点、球数86の好投だ。

追い込む前の浅めのカウントから、打者を打たせてとることできる理想のピッチングを展開。序盤から味方打線による強力援護にも恵まれ、投打がガッチリ噛み合ってのメジャー3勝目を挙げている。

■岩隈久志 登板日別 投手成績


先発を任された試合では1回に失点するケースが最多の岩隈だが、この試合の立ち上がりは上々だった。速球中心でLAA打線の上位3人を僅か10球であっさり料理。早いカウントから打たせたゴロ2つと外野フライ。プホルスには追い込まれてから中堅にライナー性の良い当たりを飛ばされるものの、ソーンダースの正面を突いた。

2回も三者凡退に退けている。一転、3人ともしっかり追いこんでから料理した。内訳はスプリッターでの空振り三振2個にひっかけたファーストゴロだ。

序盤の2イニング、パーフェクトに抑えると、それに呼応するかのように味方打線が強力援護した。2回に3点、3回に1点、4回にも3点を上げ、相手先発ハレンを4回途中で早々にマウンドに沈める猛攻。とにかく、序盤の7得点、岩隈にとってあまりにも大きい7得点となった。

2回は1死からスモークがフルカウントからよく歩いた。その後、女房役オリボの右翼線沿いポテンヒットでつなぎ2死3,1塁、続くロビンソンが右前に先制打。マリナーズが1点を先制した。なおも攻撃は続く。ライアンがクサい球をみきわめて四球で歩くと、2死満塁、1番・アクリーがセカンド左を破る右前安打。これで走者2人がホームに帰って、2回の先制パンチは3点先制劇としている。

3回にはジェイソに7号ソロが飛び出す。4回は悪送球や暴投など相手のミスもからみ、3本の安打を集めての3点追加劇。

7点の援護を受けて3回裏のイニングに登板した岩隈は、1死から8番・ウェルズにピッチャー返しの初安打を浴びるものの、後続を4-6-3の併殺ゴロに討ち取り、ゼロに。

初の得点圏ピンチは4回だった。1死から安打出塁されると、プホルスとの対決。ファウルで粘られるものの、再三内角を攻めて最後は低めスプリッターをひっかけさせてのサードゴロ。これが進塁打となり、2死2塁が初のスコアリングポジションに走者を背負う場面となった。しかし、後続のモラレスを4シームでファウルを打たせ、4シームで膝元いっぱいに決めて追い込むと、カーブで緩急を挟み、最後は落差ある低めスプリッターで空振りを誘い、三振。この回もゼロに抑えた。

イニング先頭打者の出塁を初めて許してしまったのが、5回である。先頭を四球で歩かせると、その後2死2塁でウェルズにセカンドオーバーの中前安打を浴び、これがタイムリーに。1点を失ったが、失点を1点だけに抑えることに成功した。無死1塁から、安打、四死球でつながれることを許さず、2者連続でゴロアウトを獲得できた点が大きい。

6回も先頭打者に安打され出塁を許した。しかし、後続の2番・ハンターは6-4-3の併殺網。2-1とボール先行となった4球目。オリボのサインに首を1度振って投げ込んだ4シームは真中気味に入るものの、網をはって手ぐすねひく遊撃ライアンのほぼ正面に転がり、6-4-3と転送されてのゲッツー。岩隈らしさを象徴する場面だったかと思う。

7回、この試合3度目の三者凡退とすると、8回のマウンドにも登板した。7回を終えて球数は僅か82球。このままいけば完投も考えられうる良いペースだったのだが、無死1塁で8番・ウェルズ、最後の最後に「恒例行事」が待っていた。1-0からアウトコースを狙った速球が不用意にインハイに抜けていった所を完璧の一打。左翼席に吸い込まれていく2ランを浴び、ここで岩隈はマウンドを降りることとなった。

8回はプライヤーが片づけてくれ、9回は抑えのウィリヘルムセンがソロ弾をくらうも試合にピリオドを打つ。岩隈は7/30TOR戦に続く先発2勝目、メジャー3勝目となった。


■岩隈久志 球種別 投球詳細
vs右打者56球=4Seam26、Sinker6、Slider12、Splitter12
vs左打者30球=4Seam8、Siner9、Curveball3、Slider1、Splitter9
20120813DATA4.jpg

7回0/3、打者26人に86球(1イニング当たり12.29、1人当たり3.31)、被安打7、被本塁打1、奪三振4、与四球1、失点3、自責点3。

クオリティスタートを記録し3勝目。岩隈にとって最低でも白星かQSのどちらかが欲しい切実なこの時期に、両方とも手中にすることができたことは、なにより大きい。

これでQS率は7試合のうち3試合で42.9%。一般に60%以上が合格ラインとされる中でこの数字は低い印象を受けてしまうが、記録できていない試合でもそれに準じた成績になっているのだ。岩隈の特徴の1つに、先発を任されたここまでの7試合、チームの勝利の可能性が無くなるほど大崩れをしたことが、まだ1試合もない点が挙げられる。これは特筆すべきことのように感じる。

獲得アウト21個の内訳は下記のとおりである。

◎奪三振4 (全て空振り三振、いずれもSplitter)
◎ゴロアウト12 (2併殺含む)
◎内野フライアウト1
◎内野ライナーアウト1
◎外野フライアウト3

獲得アウトの大半が、奪三振、ゴロになっているのは、岩隈の本領だ。試合後、本人も「これが自分のスタイル」とコメントしたように、目指すべきピッチングを実現できていた。持ち球ではどの球種も状態は上々、中でも軸となる4シーム、対を成すスプリッターがしっかり機能していたように感じる。

対峙した打者26人のストライクカウント別は

◎0、1ストライク・・・18人、17打数5安打1本塁打、1四球
◎2ストライク・・・8人、8打数1安打4三振

0、1ストライク時の対戦被打率は.294になっているものの、そのうち2本は8回に入って打たれたヒット。7回終了時まででは15打数3安打の被打率.200と、浅いカウントで打たせてとることがしっかりできていたのだ。

一方、カウント構築には失敗した。岩隈本人は「しっかり下半身を使って投げることができた。ストライク先行で打たせて取る、僕の投球ができた」と語っているが、初球ストライク率、3球目で2ストライク率は、あの7/30TOR戦のそれと比べると、低すぎた。

◎全体のストライク率・・・《この試合》67.4%、《7/30TOR戦》70.6%
◎初球ストライク率・・・《この試合》50.0%、《7/30TOR戦》77.4%
◎3球目で2ストライク率・・・《この試合》46.7%、《7/30TOR戦》81.8%

個人的に最も重要視しているのが3球目で追い込んでいるか?どうか?である。この試合のそれは46.7%と低すぎたが、対戦26人中、2球目以内で打席結果が出たのが11人(11打数2安打)だったのが、つまり、2球目以内で10個のアウトを獲得できたのが、低すぎた3球目で2ストライク率が問題にならなかった1つの要因かもしれない。

ともあれ、強打のLAA打線相手に、実りある3勝目となった。楽天の試合では左団扇の観戦ができない近頃、クマの試合で心穏やかに観戦することができ、個人的にも満足のいく1戦だった。

■岩隈久志 配球図
20120813DATA3.jpg


■岩隈久志 8/11LAA戦 86球の詳細
20120813DATA5.jpg
20120813DATA6.jpg


◎◎◎関連記事◎◎◎
岩隈、ヤンキース戦5回4失点で3敗目。味方勝利の希望をつなぐ我慢の101球──2012年8/5NYY戦〔記録で診る岩隈メジャー挑戦録〕
マリナーズ岩隈、ダルビッシュ超えの13K、メジャー先発初勝利!──2012年7/30TOR戦〔記録で診る岩隈メジャー挑戦録〕
眠気も吹っ飛ぶ5回1失点。マリナーズ岩隈、ヤンキース相手に好結果!〔記録で診る岩隈メジャー挑戦録〕
岩隈、イチロー、川崎。三者揃い踏みの試合は何試合あったか? 〔記録で診る岩隈メジャー挑戦録〕

----------------------------------------------------------------------
〔読書感想文を書いてみました〕 赤坂英一『2番打者論』
----------------------------------------------------------------------
今年の4月に上梓された新刊の書評です。2番打者の奥深さ・重要さを伺い知ることができる1冊。
詳細は下記URLを御参照下さい。
http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-1123.html



---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、通りすがりなどハンドルネームがいい加減なものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI








関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

No title

どうもこんばんは、今回も詳細なデータ等、お疲れ様です。

エンジェルスのイメージと言えば、個人的にはプホルスと、新人王間違い無しと言われる
トラウト、この二人の印象しか無かったんですが、試合前にエンジェルスのスタメンを見て
非常に驚かされました、shibakawaさんも書かれているように、レンジャーズにも
全く見劣りしない凄い打線だなと、正直嫌な予感しかしないレベルの成績でした(笑)
特に1番トラウトの、とてもメジャー1年目とは思えない素晴らしい成績。
これは岩隈も相当苦労させられるだろうな、と思っていたんですが、確かにトラウトは
打撃センスも選球眼も優れていましたが、序盤で大量援護を貰えた事もあってか、
予想以上にサクサクとアウトを獲得していく事が出来たな、と思いました。

今回に関しては、この大量援護も岩隈を精神的に楽にした要因でしょうか。
shibakawaさんがデータとして記されているストライク率、こちらにもあるように、
この日の岩隈は、単純にストライクとボールの内訳という点ではストライクを優先的に
投げ込めていたものの、初球がボールになる、というケースも結構見受けられたので、
そういう意味では0-0の同点、或いは1点の援護、そういう精神的にも疲れる点差だと、
余計慎重になって、レンジャーズ戦やヤンキース戦のように、或いは5回100球前後、
というピッチングになってしまっていた可能性もあるかな、と思いました。
この日は全体的にコントロールも良かったので、余計な心配かもしれませんが。

しかしこの試合は良い意味で、非常に岩隈らしい内容でしたよね。
打たせて取るピッチングを披露して、三振の数自体は多くないもののしっかり三振も、
という正に岩隈ならではのピッチングを展開出来ていたなーと。
この試合に関しては、タイムリーで1点、2ランで2点、合計3点こそ奪われたものの、
見ていても「今日の岩隈なら大丈夫」と安心して見ていられるだけの安定感が。
勿論、欲を言えば球数的にも余裕があり、点差的にも余裕があったので、
可能であれば完投する姿を見てみたかったですが、もはやお約束となってしまった
被ホームランに関しては…まぁ、これはホントもう仕方ないでしょうか(笑)
この試合に関して言えば、完全にホームランの事は忘れて見ていたので、
打たれた瞬間「うわ!」と叫んでしまいました(笑)
ただ、ウェルズには最初の対戦から妙に投げにくそうにしていましたし、
ボールが先行したうえに打たれているわけなので、相性の問題もあるでしょうか。
成績的な事を言えば、文字通り無駄に防御率を悪くしてしまっただけなので、
勿体無いというか、余計な一発を浴びてしまった形にはなりましたが、
QSも達成出来ましたし、強打のエンジェルス打線を相手に勝利、
というのは価値のある1勝だったなと思います。
復調してきたプホルスを無安打、トラウトを3打1安打、能力の高い打者を相手に
この結果というのも良かったですし、岩隈としても自信に繋がっただろうなと。

ところでこの試合、ファンとして最も安心したのは投球内容でしょうか。
やはり数字上は決して相性が良いとは言えなかったオリボとのバッテリー、
正直なところ、試合前はまた微妙な結果になってしまうのでは…と心配したものの、
終わってみれば何も問題ない投球内容だったので、何よりもコレが安心しました。

あとオリボ繋がりで、この試合はトラウトの凄いプレーがありましたよね。
実際捕球出来たので、確かに取れない打球ではなかったんでしょうけども、
8回表、ランナーを一人置いてオリボが打った打球。
これはどう見ても2ランで更に援護点が入ったな、と楽観視していると、
センターのトラウトが、正にホームランをもぎ取ったという形でフェンスを
若干超えていったボールを捕球してファーストへ送球し併殺。
これは素晴らしいプレーでしたよね、漫画的なカッコ良さというか。
トラウトは最初の打席からエンジェルスのファンが大歓声で声援を送っていたり、
今後が楽しみな打者というか、21才でこの成績で、尚且つ守備もイイという、
メジャーはホント凄い選手がどんどん出てくるなと思わされました。

そういえば、前回のコメントで返して下さっていたラミレスが昇格した際に
岩隈かビーバンのどちらかが外されるのでは、という件。
この試合の好投で、少なからず岩隈が外される可能性はまた少し下がった、
という風に考えても大丈夫でしょうか。
単純にオールスター以降の、後半戦の成績に限定して考えれば、
岩隈よりもビーバンのほうが防御率が悪く、ミルウッドはそれ以上に悪いので、
なんとなく、ラミレスが昇格する事になっても大丈夫かな、と楽観視しています。
ただ、そうは言っても実際にどうなるかは分からないので、次回のツインズ戦も
QSを達成して4勝目、といきたいところですよね。

Re: No title

ざくろさん。
こんにちは。コメントありがとうございます。

> これは岩隈も相当苦労させられるだろうな、と思っていたんですが、確かにトラウトは
> 打撃センスも選球眼も優れていましたが、序盤で大量援護を貰えた事もあってか、
> 予想以上にサクサクとアウトを獲得していく事が出来たな、と思いました。

仰る通り、序盤の理想以上の大量援護がデカかったですよね~。私、これで3勝目はいただきっ!と早くも信じ込みましたし。加えて、1、2回をゼロに抑えて立ち上がることができた点、大きいですよね。特に2回は4番から始まる中軸に2球で0-2とストライク先行、この2イニングでリズムを作ったような気がします。相手打線がいやがおうでも戦意喪失せざるをえなくなる試合運びになりましたし。

> そういう意味では0-0の同点、或いは1点の援護、そういう精神的にも疲れる点差だと、
> 余計慎重になって、レンジャーズ戦やヤンキース戦のように、或いは5回100球前後、
> というピッチングになってしまっていた可能性もあるかな、と思いました。

だと思います。1イニング当たりの球数、先発した中ではブルージェイズ戦より少ない、12.29でした。今後も1イニング15球以内を目指してほしいところです。

◎7/2BAL・・・14.20
◎7/15TEX・・・17.00
◎7/20TB・・・15.50
◎7/25NYY・・・19.00
◎7/30TOR・・・13.63
◎8/5NYY・・・20.20
◎8/11LAA・・・12.29

> 被ホームランに関しては…まぁ、これはホントもう仕方ないでしょうか(笑)
> この試合に関して言えば、完全にホームランの事は忘れて見ていたので、
> 打たれた瞬間「うわ!」と叫んでしまいました(笑)

私も、ここまで来たら、まさか今日はないよね、と信じていたのですが(笑)

> ただ、ウェルズには最初の対戦から妙に投げにくそうにしていましたし、
> ボールが先行したうえに打たれているわけなので、相性の問題もあるでしょうか。

2安打されていましたしね。慎重にいきすぎるあまり裏目に出て抜けてしまったのか、他打者以上に腕を振ろうという意識が力みにつながって抜けたのか、大変もったいない一発でした。ただ、白星もついてきたし、QSもマークできましたし、よしとしています。(苦笑)

> ところでこの試合、ファンとして最も安心したのは投球内容でしょうか。
> やはり数字上は決して相性が良いとは言えなかったオリボとのバッテリー、
> 正直なところ、試合前はまた微妙な結果になってしまうのでは…と心配したものの、


そうそう、私も試合前、先発メンバーを確認、女房役がオリボだったと知ったときは、一抹の不安を覚えましたよ。

> 終わってみれば何も問題ない投球内容だったので、何よりもコレが安心しました。

まさしく。最高といってよい結果でしたよね。黒田は多くの捕手と組むことで投球術が広がっていったそうです。岩隈も、組む相手が誰であろうとそれに振りまわされてパフォーマンスを悪化させることなく、逆にそれをプラスに変えて自身のピッチングの幅が広がっていければ、と期待しています。

> あとオリボ繋がりで、この試合はトラウトの凄いプレーがありましたよね。
> 実際捕球出来たので、確かに取れない打球ではなかったんでしょうけども、
> 8回表、ランナーを一人置いてオリボが打った打球。
> これはどう見ても2ランで更に援護点が入ったな、と楽観視していると、
> センターのトラウトが、正にホームランをもぎ取ったという形でフェンスを
> 若干超えていったボールを捕球してファーストへ送球し併殺。
> これは素晴らしいプレーでしたよね、漫画的なカッコ良さというか。

これには、目を見開かされましたよね。と同時に、私はメジャーの球場って──その是非には私はあまり興味がないのですが──(日本と比べて)フェンスが低いところ多いよね、という感想を持って見ていました。もちろん、BOSのフェンウェイパークのような特殊な例はありますが、NPBと比べると総じて低いのかな?と。岩隈の記録をみても、ホームランは多いけど、フェンス直撃の長打って、あのランニングホームランだけなんですよね。いろんな特徴ある球場が多いのは、MLBの魅力の1つでもあります。

> 単純にオールスター以降の、後半戦の成績に限定して考えれば、
> 岩隈よりもビーバンのほうが防御率が悪く、ミルウッドはそれ以上に悪いので、
> なんとなく、ラミレスが昇格する事になっても大丈夫かな、と楽観視しています。

ざくろさんの力強い予想を聞いて、安心しております。このまま先発ローテを堅持してシーズン終了までいってほしいと願っています。さすがに今からでは二桁勝利は現実的ではないですから、試合を壊さず、QSを記録していく投球を続けてほしいと思っています。

ツインズはマリナーズ同様、既に再建ムードですから、岩隈には好投を記録してもらいたいもの。要注意はマウアー、ウィリンハムの2人ぐらいでしょうか。本拠地という地の利に加えて、初顔合わせのアドバンテージも味方につけてのピッチング、期待しています。
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
21位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}