FC2ブログ

〔試合評〕意味がない今季初のスコアレスドロー。唯一の光は永井の復活のみ!──2012年8月7日(火)△楽天イーグルス0-0オリックス

スポンサーリンク

当ブログのfacebookページを作成しました。ブログの更新情報をメインにアップしていく予定です。余裕が出てきたら、ブログでは書かない・Twitterでつぶやかないこのページならではの話題や情報も盛り込んでいければと思います。もしよろしければ「いいね!」お願いします。




チケットぴあ
ビックカメラ.com

-------------------------------------


△楽天イーグルス0-0オリックスバファローズ


■ハイライト映像




先攻・オリックスのスタメン・・・1番・川端(中)、2番・スケールズ(右)、3番・後藤(ニ)、4番・李大浩(一)、5番・T-岡田(左)、6番・バルディリス(三)、7番・竹原(指)、8番・伊藤(捕)、9番・大引(遊)、先発・木佐貫(右投)。

後攻・楽天のスタメン・・・1番・聖澤(中)、2番・銀次(三)、3番・枡田(三)、4番・ハーパー(指)、5番・フェルナンデス(一)、6番・松井稼(遊)、7番・定岡(左)、8番・嶋(捕)、9番・鉄平(右)、先発・永井(右投)

後半戦いまだ勝ち星なし、9連敗の危険性依然残す「意味のない」引分け

この日、観客にはBurn!うちわが配布された。球団公式サイトによると「左うちわで試合観戦しながら、みんなでBurn!で盛り上がろう!」という趣旨だったが、現実はまるで真逆である。

Kスタに最下位オリックスを迎えての5位・6位決戦3ゲームシリーズの初戦、楽天は相手先発・木佐貫の前に9回散発の5安打に抑えこまれた。楽天も先発・永井を始め、小山、ハウザー、青山が仕事をした。恐怖の4番・李大浩を4の0に抑え、オリックスに生還を許さない。結局、両軍決め手を欠いたまま延長10回、今季初のスコアレスドローに終わった。

左うちわで観戦することもかなわず、Burn!で盛り上がることもないまま、もどかしさばかりが募る3時間39分になった。

ブログ更新の活力源は、皆様の1票です。おかげさまで、ブログ村「楽天イーグルス」部門1位です。引き続き応援宜しくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


意味のない引分けと書いたが、唯一の光明は永井だ。

盛岡が雨で流れ、仕切り直しで迎えた約1年ぶりの復活登板。看板球カーブで緩急をつけバッターを手玉にとる持ち味のピッチングは健在だ。得点圏に走者を背負うこと合計4イニングあったものの、決め球フォークが要所で冴えた。得点圏11打席で落ちる球などで奪った三振は5個。

自らの暴投でピンチを招いた5回1死3塁では川端の痛烈な当たりを前進守備の松井稼がスライディングキャッチ、7回2死2,1塁では左前に抜けた当たりで本塁突入してきた2塁走者を、左翼・定岡がバックホームで刺す。味方好守備のアシストもあり、7回をゼロに抑える好投をみせた。

一方、打線は今季楽天から完投で2勝を挙げている木佐貫を、またしても打ち崩すことができない。4イニングでスコアリングポジションに走者を送り込むことには成功した。しかし、淡泊な攻めに相手好守備で、ホームが遠い。

先頭・嶋の安打出塁で掴んだ3回1死2塁では後続が木佐貫のフォークの前に凡退した。聖澤が一塁に(進塁打にはなったが)ひっかけたイージーゴロ、銀次もワンバウンドに手を出して空振り三振。

定岡の快音響く右打ちニ塁打で無死2塁とした5回は、嶋の送りバントを捕手・伊藤が好反応。あえなく走者3塁タッチアウトとなった。

7回は1死2塁で定岡、嶋が快音を連発。しかし、相手の守備範囲。良い当たりが飛び出すもいずれも凡打に終わった4回とあわせて(この日1軍再登録されたフェルナンデスの当たりはセンターフェンスぎりぎりの大飛球)、楽天打線には「運」にも恵まれなかった。

8回は2死から出塁するものの、代走・西村が木佐貫の1塁牽制球に誘い出されて2塁盗塁死。

四球、敬遠で1死2塁となった9回は、松井のサードへの当たりをバルディリスの堅守に阻まれ、定岡はフォークの餌食で空振り三振に倒れた。

これでチーム成績は91試合40勝45敗6分の借金5。5位は変わらず。ゲーム差は1位・日本ハムと6.5、2位・ロッテと4.5、3位・西武と4.0、4位・ソフトバンクと2.5、6位・オリックスと2.0となっている。なお、各種成績は下記のように推移している。

◎オリックス戦・・・14試合7勝5敗2分
◎後半戦成績・・・10試合7敗3分
◎パリーグ内成績・・・67試合30勝31敗6分
◎8月月間成績・・・5試合3敗2分

◎直近10試合成績・・・・10試合7敗3分
◎Kスタ成績・・・41試合18勝19敗4分
◎ナイトゲーム成績・・・60試合26勝31敗3分
◎カードの初戦・・・31試合15勝13敗3分

20120807DATA8.jpg
HANREI.jpg

ハウザーvs左打者被打率.076

永井の後を受け継いだ救援陣の中で、個人的にひときわ印象に残ったのが左のハウザーだ。

8回、小山が1死から後藤にニ塁打され、その後、2死2塁でT-岡田をバッターボックスに迎えた場面、星野監督はマウンドに左殺しのハウザーを送り込んだ。

勝負はフルカウントまでもつれるものの、最後はアウトローの球でT-岡田を泳がせての空振り三振。嶋のミットがアウトコースを要求するものの逆球となって内角に入るケースが幾度かあった。しかし、この荒れ球もこの人の魅力の1つ。結果的にT-岡田のインコースを厳しく攻めることとなっていた。

これで左打者対戦成績は、66打数5安打、13三振、5四球、1死球、被打率.076。ハウザーは左打者21人に連続してヒットを許さない、左キラーぶりを更新中だ。

■ハウザーのvs左打者対戦履歴

20120807DATA14.jpg

■楽天・永井怜 球種別投球詳細
St=ストレート、Sl=スライダー、Sh=シュート、Fo=フォーク、Cur=カーブ
vs右打者75球=St23、Sl2、Sh2、Fo32、Cur16
vs左打者42球=St17、Sh2、Fo11、Cur12
20120807DATA10.jpg

永井怜、復活!

7回、打者28人に117球(1イニング当たり16.71、1人当たり4.18)、被安打6(ニ塁打2)、奪三振6、与四球1、与死球1、失点0、自責点0。

いやはや、みごとなピッチングだった。残りシーズンの好活躍を期待させてくれる内容だった。

適時、釣り球を織り交ぜ、ストライクゾーンの高低をうまく利用した。看板球のカーブで緩急を演出、ストライクを取ることができ、凡打も築くこともできた。決め球フォークは43球12球がゾーンの上段~中段に入るなどバラツキもみられたものの、総じて低めに制球することに成功、奪三振7は全てフォークで獲得した。特に前述したように要所で冴えた。死球、安打でピンチを招いた3回1死2,1塁では3番・後藤、4番・李大浩に落ちる球を振らせての空振り三振でゼロで切り抜けている。

球数過多となったのは1回川端に10球、4回T-岡田に8球、7回伊藤に13球粘られるなどしたためだが、ストライク先行、カウント構築には成功していた。

全体のストライク率70.9%(117球中83球)
初球ストライク率71.4%(28人中20人)
3球目で2ストライク率75.0%(20人中15人)

■楽天・永井怜 配球図
※各コースの上段は速球、下段は変化球、速球はストレートとシュートの合計
20120807DATA9.jpg

■オリックス・木佐貫洋 球種別投球詳細
St=ストレート、Sl=スライダー、Sh=シュート、Fo=フォーク、Cur=カーブ
vs右打者43球=St20、Sl4、Sh1、Fo18
vs左打者85球=St40、Sl1、Sh2、Fo36、Cur6
20120807DATA12.jpg

木佐貫洋 vs楽天戦防御率1.32、被打率.202

9回、打者34人に128球(1イニング当たり14.22、1人当たり3.76)、被安打5(ニ塁打1)、奪三振7(フォーク4、ストレート3)、与四球3、失点0、自責点0。

永井のフォークが要所で冴えたように、木佐貫のフォークも得点圏に走者を背負ってさらに威力を増していた。木佐貫はフォークで11個の空振りを獲得したが、スコアリングポジションでの獲得は7個におよんでいる。

2回裏に大久保コーチの木佐貫の見立てはこうだった。

「(木佐貫投手)ストレートとフォークで組み立ててくるピッチャー。今日は低め低めを意識して投げてきているので、低めに手を出さずに少々強引でも高めをしっかり打ちにいく」。

しかし、序盤、木佐貫は低めに球をよく集めていた。43球中58.2%に当たる25球が低めを記録している。高め速球をしっかり捉えて右前に運んでみせたのはチーム初安打となった3回の嶋だった。(下記配球図参照)

これで木佐貫の楽天戦防御率は1.32。被打率は.202となっている。

木佐貫との試合は4試合目かな?同じようにやられているな」。試合後、記者陣にそうこぼしたという星野監督だが、本当に憂慮すべき事態だ。

幸いにも超天敵の金子千尋が今季絶望か?と言われているが、来季を見据えると、オリックスに楽天キラーが2枚揃ってしまうのは、かなり不利である。次戦は楽天戦に15イニングなげて自責点0、対戦防御率0.00の井川が立ちはだかる。かりに井川にも三度好投を許すかたちになると、これは、厄介なことになる。

なんとかして、次戦こそ、打線の奮起を信じたい!

■オリックス・木佐貫洋 配球図
※各コースの上段は速球、下段は変化球、速球はストレートとシュートの合計
20120807DATA11.jpg
〔1回~3回〕



◎◎◎関連記事◎◎◎
木佐貫洋との対戦
〔試合評〕好投・木佐貫の前にリードオフマンのバットが、空を切る...──2012年4月8日(日)●楽天イーグルス0-2オリックス
〔試合評〕星野楽天、貯金をもって交流戦へ。青山の初体験、不幸中の幸い──2012年5月13日(日)○楽天イーグルス4-1オリックス
〔試合評〕今季、楽天相手に2度の完投勝利を演じているのはオリックス・木佐貫ただ1人だけ──2012年7月25日(水)●楽天イーグルス1-5オリックス

----------------------------------------------------------------------
〔読書感想文を書いてみました〕 赤坂英一『2番打者論』
----------------------------------------------------------------------
今年の4月に上梓された新刊の書評です。2番打者の奥深さ・重要さを伺い知ることができる1冊。
詳細は下記URLを御参照下さい。
http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-1123.html



---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、通りすがりなどハンドルネームがいい加減なものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI







関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
21位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}