FC2ブログ

〔試合評〕QS率100%の終焉。連敗トンネルは7に──2012年8月3日(金)●楽天イーグルス0-7日本ハム

スポンサーリンク

当ブログのfacebookページを作成しました。ブログの更新情報をメインにアップしていく予定です。余裕が出てきたら、ブログでは書かない・Twitterでつぶやかないこのページならではの話題や情報も盛り込んでいければと思います。もしよろしければ「いいね!」お願いします。




チケットぴあ
ビックカメラ.com

おかげさまで、ブログ村「楽天イーグルス」部門1位です。引き続き応援宜しくお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
-------------------------------------


●楽天イーグルス0-7北海道日本ハムファイターズ


■ハイライト映像


先攻・楽天のスタメン・・・1番・聖澤(中)、2番・銀次(ニ)、3番・松井稼(遊)、4番・枡田(一)、5番・ハーパー(指)、6番・岩村(三)、7番・鉄平(左)、8番・牧田(右)、9番・嶋(捕)、先発・辛島(左投)

後攻・日本ハムのスタメン・・・1番・田中賢(ニ)、2番・杉谷(左)、3番・糸井(右)、4番・中田(一)、5番・稲葉(指)、6番・陽(中)、7番・小谷野(三)、8番・大野(捕)、9番・金子誠(遊)、先発・ウルフ(右投)。

QS率100%の終焉...

楽天先発陣の中で最も安定感ある若手左腕が、チームの連敗を止めるはずだった。ここまでの6試合、辛島のクオリテスタート率は実に100%。3試合をゼロに抑え、2試合を1点のみ。2点取られたのは7回を投げた5/8西武戦のみという安定ぶりをみせていた。

しかし、2度目の対戦となるこの試合、辛島に試練が訪れる。序盤に試合の趨勢をあらかた決定づけてしまう重い4点を失ってしまったのだ。

3回、4番・中田、5番・稲葉の長短打による連打攻勢で無死3,2塁のピンチを招く。その後、陽のショートゴロの間に三走に生還され、今日も相手に先制点を与えてしまう(楽0-1日)。

4回は3点を失った。先頭の糸井には右翼席へ運ばれるソロ弾。外を狙う球が乱れてインコースに入った失投をさばかれた(楽0-2日)。その後、中田に安打出塁を許すと、自らのワイルドピッチで得点圏に進まれ、陽、小谷野による2者連続の右中間真っ二つツーベースを浴びて2失点(楽0-4日)。結局、辛島は5回4失点でマウンドを降りた。

二番手は加藤大。2イニングをしっかり抑える仕事をみせてくれたが、8回に登板した佐竹がいけない。糸井、中田に2者連続ソロホームランを被弾するなど3点を失い、ジ・エンド。

投手も元気がなければ、打線も元気がない。好投する相手先発ウルフに攻略の糸口すら見つけることができなかった。1カ月前、伸び伸びしたスイングをみせてくれた犬鷲戦士たちのバットから快音が聞かれない。特に今夜は満足なバッティングを許してもらえず、当てにいって凡打を築くシーンが目立つ結果となった。日本ハム投手陣の前に内野安打2本含む僅か3本のヒットで(嶋の投安、ハーパーの中安、聖澤の遊安)、無失点。得点圏に走者を送り込んだのは7回1死2,1塁の1イニングだけという苦しい結果となった。

投打が悪い方向に噛み合って、イーグルスの零封負けは今季これで9試合目。楽天の連敗トンネルは遂に「7」に広がった。明日もし負ければ、2009年6/30~7/8以来の8連敗ということになる。

■パリーグ チーム別 後半戦 勝敗数


これでチーム成績は88試合40勝44敗4分、借金は5/8以来の4。ゲーム差は1位・日本ハムと6.0、2位・ロッテと4.5、3位・西武と4.0、4位・ソフトバンクと0.5、6位・オリックスと2.5となっている。

上記表のとおり、後半戦に入って前半戦Bクラスにいたチームの快進撃が始まっている。オリックスが勝利したため、遂にイーグルスとの差は僅か2.5。上を目指して戦っていく楽天は、下から迫りつつある足音にも注意しなければならない苦しい状況が続いている。

なお、各種成績は下記のように推移している。

◎日本ハム戦・・・13試合6勝6敗1分
◎後半戦成績・・・7試合6敗1分
◎パリーグ内成績・・・64試合30勝30敗4分
◎8月月間成績・・・2試合2敗

◎直近10試合成績・・・・10試合1勝8敗1分
◎ビジターゲーム成績・・・45試合21勝23敗1分
◎ナイトゲーム成績・・・59試合26勝31敗2分
◎カードの初戦・・・34試合16勝15敗3分

20120803DATA2.jpg
HANREI.jpg

■楽天・辛島航 球種別投球詳細
St=ストレート、Sl=スライダー、Sh=シュート、Cur=カーブ、Ch=チェンジアップ
vs右打者49球=St21、Sl5、Sh7、Cur5、Ch11
vs左打者49球=St30、Sl12、Cur3、Ch4
20120803DATA4.jpg

要所で投げ切ることができなかったのか?!

5回、打者22人に98球(1イニング当たり19.60、1人当たり4.45)、被安打8(ニ塁打3本含む)、被本塁打1(糸井)、奪三振、与四死球0、失点4、自責点4。

打順が1まわりして2順目の2番・杉谷までの3回までは、まだ辛島らしい組み立てができていたように思う。4回5回と崩れてしまった、そんな印象を持つ。

初球ストライク率は3回までが66.7%(12人中8人)を記録していたのに対し、4回5回は45.5%(11人中5人)まで下落。3球目で2ストライク率は3回までが66.7%(9人中6人)、4回5回が37.5%(8人中3人)。4回以降は3球目でボール先行のバッティングカウントになるケースが増えていた。いつもならリズムの良さをみせる辛島の苦しみがこの数字に表れていると思う。

打たれたヒット8本のうち「高め~中段」で記録したのが5本。制球を乱して高めに抜けた半速球や速球を狙いうたれるかたちとなった。

4回の稲葉、5回の中田を見逃し三振に討ち取った外いっぱいの速球を始めとして、良い球も多かった。それだけに要所で投げ切ることができなかったのは、もったいないし、これもさらなる成長へ向けての試練の1つだなと感じる。

この試合、日本ハム打線に21打数8安打の.381の率を許した辛島だが、要所でコマンドが狂ってしまった点、カウント構築に失敗した点の他に、打たれた原因をもう1つ挙げてみると、チェンジアップといえると思う。

前回7/15の対戦で7回3安打0失点に抑えられた日本ハム・栗山監督は、試合前、「前回は完璧にやられたね。たぶん右打者のほうが苦しいんだと思うんだよ、外のチェンジアップが逃げていくから」と語り、辛島のチェンジアップをポイントの1つに上げていた。

この試合、辛島は15球のチェンジアップを投げたが、内訳は上記表のとおりだ。見逃しストライク1、ストライク寄与ファウル1、2ストライク以降ファウル1、ボールカウント8、単打2、ゴロアウト2となっていた。前回の11球が空振り5、見逃しストライク1、2ストライク以降ファウル5と上々の結果を出していたのと比べると、今日のチェンジアップの状態は明白だ。そういえば7/26オリックス戦でもほとんど機能していなかった。これで2試合連続で機能せずという状況となっている。また、この試合、緩急をつけたいカーブもボールになるケースが多かった。

1試合に被安打8本を許したのがこれで2回目。もう1つは2度目の対決となった5/8西武戦である。初顔合わせのアドバンテージがなくなり、相手の研究・対策が始まってくる2回目以降の対決が、辛島にとって踏ん張りどころといえそうだ。

■楽天・辛島航 配球図
※各コースの上段は速球、下段は変化球、速球はストレートとシュートの合計
20120803DATA3.jpg

■日本ハム・ウルフ 球種別投球詳細
St=ストレート、Sh=シュート、Cut=カットボール、Cur=カーブ
vs右打者20球=St1、Sh10、Cut8、Cur1
vs左打者=St1、Sh19、Cut36、Cur11
20120803DATA6.jpg

ウルフの内角攻めが楽天の左バッターを苦しめた...

6回1/3、打者23人に87球(1イニング当たり13.74、1人当たり3.78)、被安打2、奪三振5、与四球3、失点0、自責点0。

立ち上がりから楽天の左バッターのインコースを厳しく、果敢に攻めた。これが功を奏した。

特に内角のカットボール。28球を投げた。内訳は下記のとおり。獲得アウト19個のうち5個を左打者の内角カットボールで記録、ストライクカウントになっている球も非常に多かった。

◎空振り3 (空振り三振1含む)
◎見逃しストライク6
◎ストライク寄与ファウル4
◎2ストライク以降ファウル1
◎ボールカウント10
◎ゴロアウト3
◎外野フライアウト1

■日本ハム・ウルフ 配球図
※各コースの上段は速球、下段は変化球、速球はストレートとシュートの合計
20120803DATA5.jpg


◎◎◎関連記事◎◎◎
前回の日本ハム戦
〔試合評〕田中将大vs斎藤佑樹。第3ラウンドも田中の独擅場。データをひっくり返す打線の好戦果──2012年7月13日(金)○楽天イーグルス5-1日本ハム
〔試合評〕塩見vs吉川の同期対決による投手戦も・・・終わってみれば杉谷独擅場だったか?!──2012年7月14日(土)●楽天イーグルス1-2日本ハム
〔試合評〕前半戦のホーム最終戦、投打が噛み合いBURN!と快勝!──2012年7月15日(日)○楽天イーグルス5-0日本ハム


----------------------------------------------------------------------
〔読書感想文を書いてみました〕 赤坂英一『2番打者論』
----------------------------------------------------------------------
今年の4月に上梓された新刊の書評です。2番打者の奥深さ・重要さを伺い知ることができる1冊。
詳細は下記URLを御参照下さい。
http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-1123.html



---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、通りすがりなどハンドルネームがいい加減なものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI









関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
181位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
37位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}