FC2ブログ

〔試合評〕塩見vs吉川の同期対決による投手戦も・・・終わってみれば杉谷独擅場だったか?!──2012年7月14日(土)●楽天イーグルス1-2日本ハム

スポンサーリンク






チケットぴあ
ビックカメラ.com

ブログ更新の原動力の1つになっています。おかげさまで、ブログ村「楽天イーグルス」部門1位です。引き続き応援宜しくお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


アンケート募集!(7/31まで)
「星野楽天2012年。CS出場へ後半戦カギを握る打者、投手は?」

怪我人続出のシーズンとなりましたが、若手の台頭などもあり、7/6現在、35勝33敗3分で3位と望みを持つことができる好位置につけるイーグルス。後半戦を制して2009年以来3年ぶりのプレーオフ進出を強く願っています。そのためには、後半戦、象徴的な好活躍をみせる、キーマンというべき投手、打者の出現は、不可欠だと思います。そこで、あなたが考える「後半戦カギを握る投手、打者」を教えて下さい。

打者:現在96票⇒ http://baseball.blogmura.com/board/vot/voting15_55936_0.html
投手:現在79票⇒ http://baseball.blogmura.com/board/vot/voting15_55937_0.html


--------------------------------------------------


●楽天イーグルス1-2北海道日本ハムファイターズ
20120714DATA1.jpg

■ハイライト映像


先攻・日本ハムのスタメン・・・1番・田中賢(ニ)、2番・杉谷(左)、3番・糸井(右)、4番・中田(一)、5番・小谷野(三)、6番・陽(中)、7番・ホフパワー(指)、8番・鶴岡(捕)、9番・金子誠(遊)、先発・吉川(左投)。

後攻・楽天のスタメン・・・1番・聖澤(中)、2番・銀次(ニ)、3番・松井稼(遊)、4番・枡田(一)、5番・フェルナンデス(指)、6番・鉄平(左)、7番・高須(三)、8番・牧田(右)、9番・嶋(捕)、先発・塩見(左投)


塩見貴洋vs吉川光夫

田中・斎藤88年世代の同期対決となったこの投げ合いは4/30の6回戦以来である。楽天の塩見は7回2/3を被安打6で1失点、日本ハムの吉川は8回を被安打4で1失点。終盤まで息詰まる投手戦になった。

先制点は楽天が獲得した。3回裏の攻撃だった。1死走者なしで聖澤。フルカウントからの7球目、アウトコース低めに誘われた際どいスライダーをしっかり見定めて四球出塁に成功する。銀次空振り三振後の2死1塁でバッターボックスは松井稼。この日正式に名称がBURN!に決定したエアハイタッチをチームに流行らせたキャプテンが、右中間を完璧に割っていく二塁打を放つ。これが先制打となり、聖澤が1塁から長駆ホームインして、楽1-0日。

先制点を獲得した楽天打線だったが、4回以降、なかなかチャンスを掴むことができない。松井稼の先制打の次にヒットが生まれたのは、実に7回2死走者なしでのことで、高須がサード右の三遊間をしぶとく抜いた左前安打がようやくチーム3本目の安打となった。

得点圏に走者を進めたのは同点に追い付かれた直後の8回裏。先頭の嶋の「らしさ」をみせた右前安打出塁を皮切りに1死2塁を演出する。しかし、銀次が外角スライダーに泳がされてファーストゴロ、これが進塁打となり2死3塁も、吉川から2本のニ塁打を打っていた松井稼は敬遠に遭い2死3,1塁、4番・枡田は9球目まで粘るものの、最後は甘い球を投げることがなかった吉川に軍配が上がり、イージーなセカンドゴロで得点ならず、という状況だった。

一方、塩見は1回、4回、6回にイニング先頭打者の出塁を許す。しかし、日本ハム打線の拙攻や、幸運をも味方につけていずれも難を切り抜けることに成功している。

1回は先頭の田中賢に安打出塁されるものの、2番・杉谷が送れず結局三振、続く糸井の打席で栗山監督はエンドランを仕掛けてくるが、これがミスショットのキャッチャーファウルフライに。走者を得点圏に進めさせずに2死1塁、中田もフライアウトに討ち取った。

4回は先頭の糸井を四球で3-2から歩かせてしまうものの、続く中田の当たりが止めたバットにボールが当たって塩見の前に転がったバウンドゴロとなり、1-4-3の併殺。6回も無死1塁で糸井に高めの速球を快音響かせて叩かれる打撃を許すも、強い当たりがセカンド・銀次の真正面となり、4-6-3のゲッツー。ここもゼロで抑えた。

やはり、悔やまれるのは、指揮官も思わず通路のドアを蹴飛ばして怒りをあらわにしたという8回表の本塁クロスプレー劇だったか。

1点リードで迎えた8回表・日本ハムの攻撃、2死から塩見が田中賢にストレートの四球を与えてしまう。さらにその直後、田中賢にニ盗を許し(握り損ねたか?嶋投げられず)、2死2塁、杉谷に追い込んでからの甘いフォークを中前に弾き返され、これが同点打に。前進守備を敷いていたセンター・聖澤からワンバウンドのバックホーム好返球がきたものの、嶋がこれを捕球することができずバックネット裏に逸らしてしまった。もし嶋が捕球できていれば、3塁を蹴って本塁突入してきた2塁走者・田中賢は完全アウトのタイミングと思われただけに、塩見の不可解な四球とともに、悔いが残るシーンとなってしまった。

右手骨折から戦列復帰後も、チームが好調のため、岡島にスタメンマスクを譲ることが多い最近の嶋。闘将の逆鱗に触れたあのプレーをきっかけに、今後より一層ベンチを温めることになってしまったとしたら・・・それはチームにとって明らかな戦力損失である。岡島が好調のようにみえるのは、チームが好調だからで、岡島のリードやバッティングが嶋と比較して抜群に優れているからではない。ビギナーズラックというやつだ。首脳陣は、そこを勘違いしないほうがいいと思う。

試合はスコア1-1のまま今季7度目の延長戦に突入。10回表だった。この回から青山がマウンドに上がるものの、先頭打者に安打出塁を許し、その後2死2塁、再び杉谷に今度は右前に弾き返され、これが日本ハム側の勝ち越し打に(楽1-2日)。

直後の裏、楽天打線も武田久を攻め立て2死2,1塁のチャンスで、バッターボックスは、良い当たりを連発していた松井稼。2-2からの5球目を左中間に打ち返す快飛球をみせるものの、あらかじめ深めに守っていた外野守備が日本ハム側に奏功したか、レフト・杉谷が余裕を残しながら追いついてゲームセット。

終わってみれば、3安打猛打賞、1打席目は送れずに三振に倒れたものの、同点打、決勝打の活躍に、最後は松井稼の当たりをキャッチしてピリオドを打ってみせた杉谷の独擅場ともいえる試合だったかもしれない。

楽天は今シーズン初の延長戦負けとなった。

これでチーム成績は77試合38勝36敗3分の貯金2。ゲーム差は1位・ロッテと3.5、2位・日本ハムとのゲーム差は再び広がって1.5、4位・西武と1.5、5位・ソフトバンクと2.5、6位・オリックスと6.5となっている。なお、各種成績は下記のように推移している。

◎日本ハム戦・・・11試合5勝5敗1分
◎交流戦明けリーグ戦・・・18試合11勝6敗1分
◎7月月間成績・・・10試合5勝5敗
◎直近10試合成績・・・・10試合5勝5敗
◎相手先発左投手試合・・・34試合12勝21敗1分

◎Kスタ成績・・・36試合17勝17敗2分 (←なかなか地の利を活かせていない)
◎デーゲーム成績・・・28試合13勝13敗2分
◎先制したゲーム・・・41試合28勝12敗1分
◎1点差試合・・・31試合18勝13敗
◎延長戦・・・7試合3勝1敗3分

20120714DATA2.jpg

※上記表をマイナーチェンジしてみました。新たに「得点圏」の項目を追加。網掛のイニングが得点圏です。これがあれば、例えば、楽天投手陣(=日本ハム攻撃)の1回、先頭打者の安打出塁を許したものの、その後、得点圏に走者を進めることを許さなかった、と判断できます。


時間がないため、ここから先は、ごくごく簡潔にいきたい。


左投手打率が悪い楽天のバッターたち

これで相手先発左投手試合は34試合12勝21敗1分となっている。左投手先発試合だけをみると開幕から分が悪かったのだが、特にきわまったのは5/24中日戦(雄太)から6/8中日戦(雄太)の5連敗。そこから6月下旬まで持ち直したかにみえたものの、ここへきて、7/4ロッテ戦(成瀬)、7/8西武戦(菊池)、7/11オリックス戦(井川)、この試合と再び4連敗を喫してしまっている。

下記に50打席以上ある楽天選手のシーズン通算打率と、右投手打率、左投手打率を表にまとめてみた。網掛けが左投手打率が好成績の選手である。


■楽天イーグルス 主要選手 2012年 左右投手別打率
※2012年7/14終了時データ



一目瞭然、左投手打率がかんばしくない選手が多いのだ。それもすこぶる悪い。打率1割台、2割前半で低迷する選手が多い。

特に左投手を打たなければならないとされている右バッターの成績が悪い。フェルナンデス.191、牧田.177、高須.190、ガルシア.208、テレーロ.150。右で好成績を残すのは松井稼の右打席.313、嶋の.370、左キラーの中島.321だけだ。

若鷲戦士の枡田は左打者だから、考慮すべき余地はあるものの、右には.375のハイアベレージを残しているが、左になると.213とシュンっと大人しい数字になってしまっている。


高須の得点圏打率が上がらない理由

今季打率.244と調子が上がらず、代名詞の得点圏打率も.156と低迷している高須だが、なぜこんな数字になっているか?というと、これもやっぱり、左投手が打てないからである。

高須の右投手成績だけをみれば打率は.289、右投手対戦時の得点圏打率も24打数7安打の.292で、それなりの数字を残しているのだ。ちなみに、左投手時の得点圏は21打数0安打の打率.000。左投手が打てないから、全体の数字も上がってこないのだ。


■日本ハム・吉川光夫 球種別投球詳細
St=ストレート、Sl=スライダー、Fo=フォーク、Cur=カーブ、Ch=チェンジアップ
vs右打者71球=St37、Sl21、Fo2、Cur4、Ch7
vs左打者60球=St24、Sl23、Fo3、Cur10
20120714DATA6.jpg

吉川のスライダーに手を焼いた楽天打線

8回、打者31人に131球(1人当たり4.23、1イニング当たり16.38)、被安打4(松井稼のニ塁打2)、奪三振6、与四球3、失点1、自責点1。

これで4/15の8回1失点(勝敗つかず)、4/30の7回2失点(敗戦投手)に続く今季イーグルス戦3試合全てクオリティスタートとなっている。

4/15の試合は吉川の右打者への内角スライダーが印象に残った。4/30には右打者の150キロを超えてくる速球に目を奪われた。今回は?というと、スライダーだ。

もちろん、あの球威あるスピードボールがあるからこそ、変化球であるスライダーも映えてくるのだと思う。しかし、デーブ大久保打撃コーチが言うように、変化球でストライクを取れるようになったことが、吉川を大きく覚醒させるきっかけになったのではないか。そう確認させられたピッチングだった。

楽天打線は、左打者も右打者も、吉川のコントロール良いスライダーに悩まされた。

吉川が獲得したアウト24個のうちスライダーで取ったのは、14個。内訳は空振り三振が4、ゴロアウトが8、内野フライアウトが1、犠打が1である。

下記スライダーの配球図をみてもらえれば判るように、右打者には低め・内角に丁寧に集められ、左打者にはアウトコース低めを中心に集められてしまっていた。スライダーに関していえば甘い球はなく、松井稼が左翼に放ったニ塁打も詰まり気味の打球で、高須の左安はあらかじめ狙っていた、そう言えそうなのだ。


■日本ハム・吉川光夫 配球図
※各コースの上段は直球、下段は変化球
20120714DATA5.jpg

■吉川光夫スライダー 配球図



■楽天・塩見貴洋 球種別投球詳細
St=ストレート、Sl=スライダー、Fo=フォーク、Cur=カーブ
vs右打者74球=St42、Sl7、Fo20、Cur5
vs左打者43球=St27、Sl13、Fo1、Cur2
20120714DATA4.jpg

7回2/3、打者30人に117球(1人当たり3.90、1イニング当たり15.26)、被安打6、奪三振3、与四球3、失点1、自責点1。

ボール率が41.9%と多く、球数がかさんでしまったが、尻上がりに調子をあげていたように思う。


■楽天・塩見貴洋 配球図
※各コースの上段は直球、下段は変化球
20120714DATA3.jpg








◎◎◎関連記事◎◎◎
塩見前回登板
〔試合評〕ベテラン右腕を打ち砕く怒涛の2回4点先制決勝劇。塩見の粘投に先発全員出塁で勝利を手繰り寄せた西武8回戦──2012年7月6日(金)○楽天イーグルス6-2西武ライオンズ
日本ハム・吉川対戦試合
〔試合評〕今季初のサヨナラ負け・・・楽天打線が手を焼いた吉川の「あの球種」とは?──2012年4月15日(日)●楽天イーグルス3-4X日本ハム
〔試合評〕強い打球を打つ! この姿勢が決勝点を生みだした。日本ハム左腕・吉川の武器とは?──2012年4月30日(月)○楽天イーグルス2-1日本ハム


---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、通りすがりなどハンドルネームがいい加減なものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI







関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
25位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}