FC2ブログ

〔試合評〕救援陣投壊で釜田の勝ちを消す・・・・・・2012年7月8日(日)●楽天イーグルス5-9西武ライオンズ

スポンサーリンク






チケットぴあ
ビックカメラ.com

おかげさまで、ブログ村「楽天イーグルス」部門1位です。引き続き応援宜しくお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


アンケート募集!(7/31まで)
「星野楽天2012年。CS出場へ後半戦カギを握る打者、投手は?」

打者⇒ http://baseball.blogmura.com/board/vot/voting15_55936_0.html
投手⇒ http://baseball.blogmura.com/board/vot/voting15_55937_0.html



●楽天イーグルス5-9埼玉西武ライオンズ
20120708DATA3.jpg

■ハイライト映像


先攻・楽天のスタメン・・・1番・聖澤(中)、2番・銀次(ニ)、3番・松井稼(遊)、4番・フェルナンデス(指)、5番・高須(三)、6番・枡田(一)、7番・牧田(右)、8番・鉄平(左)、9番・嶋(捕)、先発・釜田(右投)

後攻・西武のスタメン・・・1番・栗山(左)、2番・片岡(ニ)、3番・ヘルマン(三)、4番・中島(遊)、5番・カーター(指)、6番・浅村(一)、7番・大崎(右)、8番・炭谷(捕)、9番・星秀(中)、先発・菊池(左投)。


救援陣投壊で粘投・釜田の勝ちを消す・・・

楽天の先発はサンデー釜田。西武は菊池雄星。10回戦は両軍の未来を担う若き投手の、胸のすくような投げ合いとはならなかった。ボール率は釜田が40.0%、菊池が44.8%。ともに1番バッターに四球を与えて立ち上がるなど制球難。イニング先頭打者の出塁を許したのは、5回1/3の釜田が3度、4回1/3を投げた菊池が4度と、それぞれ本来の調子とはいえない苦しいピッチングになった。

そんな状況下、なんとか踏ん張ったのが釜田で、打ち崩されてしまったのが菊池といえそうだ。先手は西武が取った。1回裏2死3塁で中島が先制打。釜田自慢の速球を右中間に完璧に打ち返した。打球はフェンス直撃の二塁打となり、イーグルスは先制点を許す。(楽0-1西)

しかし、その直後の2回表、楽天が菊池を捕まえる。枡田、牧田の連打で作った無死2,1塁を足がかりに、1死3,2塁でショート・中島のタイムリーエラーで同点に追いつくと、その後2死3,1塁、。銀次が球足鋭いゴロで右中間フェンスまで達する三塁打を放って2得点、一気に合計3点を獲得し、勝ち越しに成功した。(楽3-1西)

3回、4回にもスコアリングポジションに走者を進め菊池を苦しませてきた楽天は5回、待望の追加点をあげる。高須を1塁に置き、バッターボックスは牧田。1-0からの2球目、ど真ん中に入ってきた菊池のスライダーを完璧なタイミングで捉え、打った瞬間の4号2ラン!(楽5-3西) 3回に中島の適時打、4回に炭谷の犠飛で同点に追い付かれていた展開だったため、釜田を助ける、チームを救う勝ち越しの一撃となった。

4回まで毎度得点圏に走者を背負いどうにか3失点でしのいできた釜田は、6回1死から炭谷に右中間フェンスを割る二塁打を打たれたところ、ちょうど100球で御役御免。楽天は継投策に入る。

しかし、前日の試合とは一転、今度は楽天救援陣が崩れてしまった。

火消しに出てきたハウザーが栗山、片岡に連続適時打を浴び2失点(楽5-5西)。同点でなお2死2塁で登板した橋本がヘルマン、中島に今度は連続死球。2死満塁で、5番・カーターの打席、まずは暴投で勝ち越しを許すと、カーターにも中前に痛烈に弾き返され、走者2人に生還される有様(楽5-8西)。3点を追う8回アタマから投げた加藤大は、中島にバックスクリーン右に運ばれるソロショットを被弾。

「高卒1年目での新人王」「高卒新人1年目二桁勝利」を目指す釜田の勝ち投手の権利を消してしまった楽天救援陣は6回に一挙5点を失い、三者三様の醜態をさらすこととなった。

打線は6回以降、西武救援陣の前に僅か2安打、得点圏チャンスを作ることができずに零封され、結局、スコア楽5-9西で大敗を喫している。

6回5失点が勝敗の分かれ目になった10回戦だったが、5失点は今シーズン楽天が1イニングに許した最多失点である。4/21ソフトバンク戦の8回、6/10DeNA戦の8回に続く、今季3度目の5失点劇になってしまった。

ちなみに、今季、6回に失点するケースが目立っている。下記にイニング別の失点表を作成してみたが、6回の44失点が最多。そのイニングで失点した回数を調べてみても6回の25試合が最多となっている。

これは調べて確認したわけではないが、ちょうど先発がマウンドを降りて救援陣の継投に入るタイミングが6回と言えそうで、その代わり目で失点がかさんでしまっているというイメージになりそうだ。

この試合でも、ハウザーが打たれて同点とされるも、2死2塁でアウトあと1個という状況で、三番手で小山ではなく橋本が出ていくという、疑問符のつきかねない継投策があったが、こういう綻びで失点を重ねてしまっているケースもあるのでは?と疑ってしまう。時間があるときに調べてみたいネタなのだが、いずれにせよ、今シーズンの楽天は6回が鬼門となっている。


■楽天イーグルスのイニング別失点
※2012年7/8終了時データ



これでチーム成績は73試合36勝34敗3分の貯金2。順位は3位変わらず。ゲーム差は1位・ロッテと5.5、2位・日本ハムも敗れたため0.5は変わらず、4位・西武とは2.5、5位・ソフトバンクとは3.0、6位・オリックスとは6.0となっている。各種成績は下記のように推移している。


◎西武戦・・・10試合6勝4敗
◎7月月間成績・・・6試合3勝3敗
◎直近10試合成績・・・10試合6勝4敗
◎デーゲーム成績・・・27試合13勝12敗2分

◎ビジターゲーム成績・・・39試合20勝18敗1分
◎相手先発左投手試合・・・32試合12勝19敗1分
◎先制された試合・・・35試合9勝24敗2分
◎楽天攻撃陣・二桁安打試合・・・23試合14勝8敗1分
◎楽天攻撃陣・ホームラン試合・・・22試合15勝7敗



20120708DATA4.jpg
HANREI.jpg


バットが振れている好調の楽天打線

救援陣が崩れてしまったため同一カード3連勝とはならず足踏みになってしまったが、攻撃陣のバットは相変わらず好調だ。この試合も二桁の12安打を記録、4番・フェルナンデスにこそヒットは出なかったものの、その他のスタメンメンバーは安打を記録、銀次、牧田が3安打の猛打賞となった。このライオンズ3連戦はいずれも二桁安打試合となり、放ったヒットも実に合計45本を数えた。

楽天の二桁安打試合はこれで23試合なったが、月別で確認すると、3月2試合、4月3試合、5月5試合、6月8試合、7月は5試合となっている。特に7月はまだ6試合を終えた時点での5試合だから、楽天の打者がいかに心地よくバットを振れているか?が確認できる。


■主な選手の直近10試合打撃成績
※7/8試合前データ。6/26日本ハム戦~7/7西武戦



上記にこの試合前での直近10試合の打者別の打撃成績をまとめてみたが、ほとんどの選手が打率3割を超えている。かんばしくない数字の銀次、牧田も、前述したようにこの試合では猛打賞を記録。率こそ低いが岡島もプロ初本塁打など記憶に残るバッティングをみせている。交流戦極度のスランプに苦しんだ聖澤も、まずまずの数字だ。ここ10試合出番が少なかった高須も、この試合で久々に結果が出ていない左投手から16打席ぶりに安打を放ってみせた。(しかし、左投手相手で直近39打席、僅か3安打という点が、心配の種なのだ)

ここへきて何より朗報なのが、昨年戦力にならなかった鉄平、岩村が本来の姿を取り戻してきている点だ。これは大きい。

楽天は火曜日7/10からオールスター前、屋外球場で戦う9連戦が待っている。気温も上昇、じめじめした梅雨から夏本番に向けて疲れが溜まるこの時期、これだけ各打者が好成績を収めている点は、明るい材料だ。ぜひこの勢いのまま、7/13から始まる日本ハム3連戦でしっかり2位に浮上していきたいところである。


聖澤諒 vs 炭谷銀仁朗

2点リードの3回裏、中島に適時打を浴びて1点差に迫られ、なお1死1塁、カーターには中堅斜め前方にフライヒット、再度得点圏にピンチを作ってしまう・・・となるところだった。それを許さないとばかりに好守備をみせたのが聖澤だった。球際ぎりぎりのランニングキャッチで打球をグラブに収めると、間髪いれず1塁送球。飛び出していた1塁走者・中島を刺す併殺を完成させ、釜田を救った。

好守備をみせた聖澤だったが、自慢の足で今季30個目の盗塁とはならなかった。1回、先頭打者として四球出塁、続く銀次の初球で仕掛けるも、完全アウトのタイミングで炭谷銀仁朗に刺されてしまった。

下記に炭谷銀仁朗が捕手のときの盗塁企図履歴をまとめてみた。企図14で成功が8。盗塁成功率57.1%は低すぎる。炭谷のせ強肩、正確なスローイングに阻まれている点も多いが、表をよく確認すると、左投手時に失敗するケースが目立つ。この試合でも聖澤にしては珍しい完全アウトのタイミングで、菊池が左腕のため、スタートが遅くなってしまったのでは?と考えられる。


■聖澤諒 vs 炭谷銀仁朗 通算盗塁企図履歴
※網掛け行は牽制死
20120708DATA2.jpg


■楽天・釜田佳直 球種別投球詳細
St=ストレート、Sl=スライダー、Sh=シュート、Fo=フォーク、Cur=カーブ
vs右打者60球=St35、Sl23、Fo2
vs左打者40球=St21、Sl8、Sh1、Fo7、Cur3
20120708DATA6.jpg


なんとか試合を作るものの、調子は良くなかった釜田

5回1/3、打者26人に100球(1人当たり18.75、1イニング当たり3.85)、被安打9、奪三振3、与四球2、失点4、自責点4。

ベンチリポートにもあったが、疲れが溜まっているのだろう。それがパフォーマンスに影響を与えている。この試合では前述のように制球難が目立った。ボール率は40.0%。ストレートは56球のうち約半分25球がボールカウントになっていた。

コントロールがままならないから、持ち味の初球ストライク率も低下した。ここまで59.4%を記録していたそれは、この試合では50.0%(26人中13人)。53.0%を記録している3球目での2ストライク率もこの試合では38.5%まで低下していた(13人中5人)

ストレートの球威が下がっているのも、気になる点だ。ここまで右打者ストレート被打率は.167だった(42打数7安打。全て単打)。しかし、この試合、西武の右打者にストレートを7打数4安打2ニ塁打された。確かに甘いゾーンの球が多かったが、ここまでは高めの甘いゾーンの速球でも抑えていた。

それにしても、釜田が投げる試合は、勝っても負けても、好投しても粘投してもKOされても、楽しみがある。この試合、中島との対戦は特に見ごたえがあった。始まったばかりの野球人生、未来に多くの伸びしろを想像できるからなのだ。


■楽天・釜田佳直 配球図
※各コースの上段は直球、下段は変化球
20120708DATA5.jpg


■西武・菊池雄星 球種別投球詳細
St=ストレート、Sl=スライダー、Cut=カット、Cur=カーブ
vs右打者47球=St31、Sl15、Cut1
vs左打者49球=St27、Sl18、Cut2、Cur2
20120708DATA8.jpg


■西武・菊池雄星 配球図
※各コースの上段は直球、下段は変化球
20120708DATA7.jpg


◎◎◎関連記事◎◎◎
前回の西武3連戦
〔試合評〕もし牧田にあと13球多く投げさせていたら・・・2012年5月8日(火)●楽天イーグルス1-2西武ライオンズ
〔試合評〕チームの連敗を3で止める牧田のビッグプレー。今季2度目の1-0勝利──2012年5月10日(水)○楽天イーグルス1-0西武ライオンズ
〔試合評〕楽天・牧田、西武・秋山。両軍右翼手、好守備の競演──2012年5月10日(木)○楽天イーグルス8-7西武ライオンズ


---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、通りすがりなどハンドルネームがいい加減なものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI









関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
172位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
30位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}