FC2ブログ

〔雑感〕楽天が横浜DeNAのオファーを承諾したその理由──楽天・内村賢介、横浜DeNA藤田一也の交換トレードについて

スポンサーリンク





チケットぴあ
ビックカメラ.com

おかげさまで、ブログ村「楽天イーグルス」部門1位です。引き続き応援宜しくお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村



今日はこのことについて、やっぱり、触れておかなければならない。

昨日の試合後に突如発表された楽天・内村賢介内野手と横浜DeNA・藤田一也内野手の交換トレードである。

初めて知った時は、皆さんと同様、言葉を失ってしまった。


https://twitter.com/eagleshibakawa/status/216879862097518594

20120625DATA2.jpg
https://twitter.com/eagleshibakawa/status/216881144065572864


内村は今、楽天で独自のストーリーを紡いでいるところだった。他の選手には決してマネできないワン&オンリーの物語。

BCリーグ初のプロ野球選手としての道
163cm・65kg、球界最小サイズでどこまでできるか?という道
聖澤との1、2番コンビで何盗塁できるのか?
という期待など、色々あった。

歴史が浅く、そのような物語を1つでも必要としているイーグルスにあって、内村はかけがえのないストーリーを紡いでいる最中だった。そんな好活躍に目を細めながら、昨年の春にはスポーツ雑誌『論スポ』の企画「12球団熱血ブロガーが選ぶ未来のヒーロー達」で内村のことについて書いた。その挑戦録がここで絶たれてしまうことに、なんと言ったらよいのか、ひじょうに残念でならない。

しかし──

一夜明けた今日、自分でも驚いているのだが、意外にも冷静に受け止めている自分がいる。

もちろん、気分が晴れるということはない。心のここら辺にくすぶり続けているもやもやっとした感情は今なお残っているし、これからも残るかもしれない。ただ、渡辺直人や山崎武司のときは、雷鳴が轟き、土砂降りの心模様だったことを考えると、不思議なほど穏やかなのだ。山崎退団で何があってもおかしくないという前例ができ(てしまった)たため(残念なことに)免疫がついたのかもしれない。


冷静に考えてみると、今回の件はチーム戦略上、一理あるトレードのように思えてくる。

以下でそれを記したい。

このことは何度か書いてきたけど、年明けから楽天のチーム編成で特に注目してきたのが、松井稼の起用方法である。

山崎の背番号7を継承し今季からキャプテンに就任した元メジャーリーガーは昨年暮れの契約更改記者会見で「数字的には申し訳なく悔しい気持ち」とし「144試合フルに出場出来るようにしたい」と抱負を語っていた。しかし、松井稼は2012年10/23で、なにがあってもおかしくない37歳を迎えるのだ。守備位置はそのままショートを任せるのだろうか?という点がずっと気になっていた。

というのも、37歳シーズンで遊撃手として100試合以上出場したプロ野球選手は?というと、歴史の長いNPBでも僅か2例しか前例がない。ヤクルトの宮本慎也と広島の石井琢朗、この両者がいずれも37歳シーズンで記録した2例のみなのだ。両者とも38歳以降は遊撃出場は少なくなっていき、コンバートされたサードでの出場が増えていっている。それだけベテランには心身ともに負担が大きい持ち場なのだ。松井稼は「37歳の壁」を乗り越えることができるのか?

結局、首脳陣は今季も松井稼を遊撃で起用する方針でスタートしたのだが、ここまで非常に厳しい結果になっている。深刻な腰痛で開幕を出遅れた松井稼は4/13日本ハム戦で今季初出場を果たすものの、今度は5月中旬に右手首を痛めて約1カ月間の戦線離脱。先日の6/14ヤクルト戦でようやく再出発をきったところで、62試合のうち31試合の出場に止まっているのだ。(31試合のうち29試合が遊撃スタメン、2試合がニ塁スタメン)

とはいえ、松井稼の打撃力は、やっぱり、魅力的である。残り80試合ある今シーズン、そのバットでの活躍に大きな期待がかかってくるのは、言うまでもないこと。昨年も長打力不足に悩んだチームにあって、日本復帰元年に震災、統一球など色んなファクターが重なった中、決して満足できる数字ではなかったものの、パリーグ最多の二塁打を記録するなど、全盛期の片鱗をみせる活躍はしてみせることができた。今季もまだまだ調子はこれからという状況の中で本塁打はチーム最多の4本をマーク、三塁打も2本記録するなど長打をみせている。純粋な意味での長打力を測るIsoP(Isolated Power)では.177とチームトップ級の数字を残しているのだ。

キャプテンのコンディションをどのように良好維持していくのか? 
背番号7が安定した働きができる、そのような環境をいかにして作っていくのか?

がチームに課せられた重要テーマの1つのように思うのだ。

その意味で、宮本や石井琢がそうであったように、守備負担が大きいショートを常に守らせるよりも、ゆくゆくは徐々にセカンド(またはサード)にコンバートしていく方向に舵を切るべきなのでは?と思う。

しかし、現在、そのセカンドには内村からポジションを奪った好調の銀次がいる。その銀次をベンチにひっこめるのは馬鹿げたことなので、サードにまわす。サードはレギュラー格の高須と岩村がいるものの、高須はどうやら右肘の状態が思わしくなく、その影響のためなのか打撃成績が上がってこないでいる。岩村は復活を目指して先日1軍合流したもののまだ結果が出ていない。

松井稼をセカンドで起用する際は、銀次をサードに入れ、ショートには「どろんこ三兄弟」の枡田や阿部を使いたい。だが、その枡田や阿部も幾つかの点で心もとないところがある。両人とも現在2軍である。守備だけを考えれば西村が最適なのだろうが、打撃は全く期待できない。

セカンド、サード、ショート、そういう内野陣が持つ「綻び」を補い、打撃でも好活躍が見込める即戦力ユーティリティ。松井を負担の少ないセカンドに安心してコンバートできるためには、力強いバックアップ要員は不可欠だ。今、楽天にとって必要な存在の1つがそれなのだ。

そんな存在になってもらいたいという意味で、昨年オフ、横浜DeNAを戦力外になった稲田を獲得した。しかし、その稲田はどうやらファームで状態がなかなか上がってこない模様で、現時点では1軍戦力として考えられない、こういう判断が働いた上での藤田の獲得になったのでは?と思うのだ。

内村がショートやサードもバックアップできるならいいが、内村はセカンドしか守れない。恐らくフロントや現場はそのような判断を下したはずだ。もちろん、あの魔法の足は魅力的だ。しかし、打撃の調子が上がってこない現在、その足を使う局面は終盤の代走と限られてしまっている。内村のことを考えても、出場機会が増える見込みのある横浜DeNAに泣く泣く出して、「綻び」を埋めてくれそうな藤田に来てもらいたいと考えたのかもしれない。

報道を見るかぎりでは、この交換トレードは横浜DeNA側から動いたもののようだ。「内野守備補強の必要性を感じた。藤田はそつなく守れ、打撃もしぶとい」という楽天の加藤康幸チーム統括本部長のコメントが河北新報に載っているが、横浜DeNA・高田繁GMの「藤田選手は正直出したくはない、非常にいい選手であることは間違いないが、それくらいの選手を出さないとこちらが欲しい選手はとれない。内村選手は、走攻守が高いレベルでそろった非常に良い選手。我々が掲げている機動力野球を体現できる選手として力を発揮してもらえることを期待している」が大きいだろう。

内村はその才能を高く評価され、請われて新球団に行く。シーズン途中のトレードであるから、切羽詰まった事情があり、すぐにでも1軍戦力として活躍してもらいたいという思いが込められているといえそうだ。

楽天の(クリムゾン)レッドスターを目指していた内村は、ハマのスターになれるか?どうか?

当ブログでは、横浜DeNAの内村賢介選手を、できるかぎり、追い続けていきたいと思う。


【7/5追記】日刊ゲンダイの続報でこのトレードは楽天側からのオファーだったとか。いずれにせよ、阿吽の呼吸だったのでは?と診ています。本当に藤田を出したくなかったら、断るはずでしょうしね。DeNA側とすれば、内村を獲得して将来へ向けた機動力を活かしたチーム作りをしていこうということなのでは?

Q藤田と内村のトレードは楽天側からのオファーだったんですよね​
「そうだよ。こちらとしても藤田はずっとスタメンで出ている選手​だったから出したくはなかったけど、内村に見合う選手は
なかなかいない。藤田くらいしかいなかった。

Qタイプは違えど、内野手同士。何でトレードしたのか。その意図​は?
「向こう(楽天)がどうしても(藤田が欲しい)ということだった​から仕方なかった。こちらも機動力を生かせる



【7/24追記】河北新報の星野監督のインタビュー「結果を残して被災地に報告 東北楽天の星野監督に聞く」によると下記のとおり。DeNA高田繁GMのコメントと意見が食い違うが、阿吽の呼吸ということなのだと思う。

-内村のトレードには正直、驚きました。
 「いま、(松井)稼頭央がいないから、藤田がいて本当によかったと思いませんか。遊撃が必要だったが、内村は二塁しかできない。銀次が伸びてきたから守備固めにしか使えなかった。DeNAからのオファーだったが、僕はマイナスのトレードは絶対にしない」


◎◎◎内村賢介 主な関連記事◎◎◎
〔記録〕球界きっての小兵、楽天・内村賢介選手の守備範囲はどれくらいか?──2011年ファインプレー&2011年パリーグニ塁手レンジファクター
〔記録〕2番・セカンドに定着! 楽天イーグルス・内村賢介、2011年最も印象に残った打撃ベスト10。vs全投手別の対戦成績表を掲載
〔記録〕楽天イーグルス・内村賢介選手、通算盗塁履歴 (2011年シーズン終了)
〔雑記企画寄稿〕『RONSPO』掲載記事全文公開!~未来のヒーロー・内村賢介選手~

---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、通りすがりなどハンドルネームがいい加減なものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI









関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

プロとして入った以上は…

|゚Д゚)))コソーリ!!!!巡回

トレード話に動揺しなかったといえば嘘になりますが、プロとして入った以上はトレードはありうる話と思うとねぇ
機動力野球を目指すDeNA側はうっちーの足が魅力、楽天側は守備も打撃も期待できる藤田選手が必要という思惑一致のトレードですからね

決して意味のないトレードじゃないと思いますよ

むしろ俊足のうっちーが欲しいって先方に言わしめたんだから、うっちーの俊足はトレードで欲しいと言わせた一流の証と

生え抜きの選手かわいさで感情的になっているファンの気持ちは分からなくもないけど、トレードで決まった以上は両選手が新天地で活躍できるよう願いたいと思いますわ

一部球団や首脳陣、トレードとは関係のない選手叩いてるのも見受けられますが、それは論外です

驚きと納得半々

トレードの一報を聞いたときは「残念」でした。私としては小坂の後継者として内村が華麗な守備でチームに貢献する姿を期待していたので。

ただ、藤田はいい選手ですし、冷静に考えるとshibakawaさんが仰るように一理あるトレードですよね。
むしろ、横浜時代の藤田の起用法を見ていてサブ中心の起用法はもったいないなーと感じていたので、心機一転、ケガ人の多いイーグルス打線を救う活躍を期待してます。

No title

鋭い分析、拝見しました。

私も一夜明けると、何故か冷静でした。両者にとってプラスになるトレードだな、と理解できたんですね。


実は昨夜、楽天野球団にメールをしました。(トレードの抗議とか、是非の類ではありません。)
トレードに伴い、内村グッズとプロデュースメニュー、8/26ボブルヘッドフィギュアはどうなるのか、と質問をしたんですね。

で、回答のメールが来たんですが…。中身を要約すると、
・内村グッズは7月中ごろまで取り扱う予定。値引きセールをやるかは未定。
・プロデュースメニューはH戦からは無くなる。
・フィギュアは別の選手のフィギュアに変更するが、誰になるかは不明。日程はチケットの都合上変更しない、とのこと。

そうなるだろうなぁ。まぁ変更されることもこちらは想定してますが。

それで気になり、球団HPをチェック。
配信されてるニュースの画像に微妙な変化を発見しました。
6/22配信のイベント「ファンクラブデー」を見ると、大熱狂プロ野球カードの画像には内村を含む6選手のカードが掲載されているが、6/25配信のファンクラブ「ファンクラブデー」にはプロ野球カードの画像全てが消えている。

カードの中から内村を選別しているのだろうか?

No title

なんだかよくわからないですね。

仙さんの就任1年ってたしか、うっちーを1番か2番に据えたがってたじゃないですか。直人さんもいなかったし、ひじりーはまだ決め手に欠けてた頃だったし。

2009年から楽天の事情は大きく変わっているんだなあ、きっと。
 


 
 

Re: プロとして入った以上は…

puppu0818さん

> |゚Д゚)))コソーリ!!!!巡回

(^-^)/ こんにちは。コメントありがとうございます。

> トレード話に動揺しなかったといえば嘘になりますが、プロとして入った以上はトレードはありうる話と思うとねぇ
> 機動力野球を目指すDeNA側はうっちーの足が魅力、楽天側は守備も打撃も期待できる藤田選手が必要という思惑一致のトレードですからね

一昔前までよくあった、いわゆる厄介者払いのようなトレードではないですしね。両者ともWin-Winを目指した補強劇だったかと思います。もちろん、楽天にとって、あの魔法の足と広大な守備範囲は今でも戦力になりますが、それ以上に、内野全ポジションをバックアップする人材の確保が急務だったのかな?という印象を受けます。

> むしろ俊足のうっちーが欲しいって先方に言わしめたんだから、うっちーの俊足はトレードで欲しいと言わせた一流の証と

そうですよねぇ。高田GMのコメント等をみても、横浜DeNAが相当前のめりで、うっちーに惚れていたことが伺えますし。確か清原の巨人入りって、ナベツネに来たいなら来ればいいという冷めた言い方をされてましたよね、あれと比べれば(比べちゃいけないか 苦笑)雲泥の差でしょう。

このトレードが良かったと思われるように、両人には新天地で頑張ってほしいですよね。

Re: 驚きと納得半々

outfielder_shangさん

コメント有難うございます。

> トレードの一報を聞いたときは「残念」でした。私としては小坂の後継者として内村が華麗な守備でチームに貢献する姿を期待していたので。

同感です。セカンドでみせたあの広大な守備範囲、ショートとして起用できたら大変心強かったのですが、チームが内村に遊撃に挑戦するまとまった時間を設けることができなかった・しなかった点は、残念でなりません。

> ただ、藤田はいい選手ですし、冷静に考えるとshibakawaさんが仰るように一理あるトレードですよね。
> むしろ、横浜時代の藤田の起用法を見ていてサブ中心の起用法はもったいないなーと感じていたので、心機一転、ケガ人の多いイーグルス打線を救う活躍を期待してます。

両人の新天地での活躍に期待しましょう。

Re: No title

ゴールドクラブさん

コメント有難うございました。やっぱり、内村グッズの行方を気にされているファンは少なからずいるようで、ゴールドクラブさんにコメントを頂いた後、「内村 グッズ」の検索で当ブログに来る方がちらほらと増えています。情報、ありがとうござます。


> 鋭い分析、拝見しました。
>
> 私も一夜明けると、何故か冷静でした。両者にとってプラスになるトレードだな、と理解できたんですね。
>
>
> 実は昨夜、楽天野球団にメールをしました。(トレードの抗議とか、是非の類ではありません。)
> トレードに伴い、内村グッズとプロデュースメニュー、8/26ボブルヘッドフィギュアはどうなるのか、と質問をしたんですね。
>
> で、回答のメールが来たんですが…。中身を要約すると、
> ・内村グッズは7月中ごろまで取り扱う予定。値引きセールをやるかは未定。
> ・プロデュースメニューはH戦からは無くなる。
> ・フィギュアは別の選手のフィギュアに変更するが、誰になるかは不明。日程はチケットの都合上変更しない、とのこと。
>
> そうなるだろうなぁ。まぁ変更されることもこちらは想定してますが。
>
> それで気になり、球団HPをチェック。
> 配信されてるニュースの画像に微妙な変化を発見しました。
> 6/22配信のイベント「ファンクラブデー」を見ると、大熱狂プロ野球カードの画像には内村を含む6選手のカードが掲載されているが、6/25配信のファンクラブ「ファンクラブデー」にはプロ野球カードの画像全てが消えている。
>
> カードの中から内村を選別しているのだろうか?

Re: No title

shin'さん

コメント、ありがとうございます。

仰るように、状況がかなり変わった、ということなんでしょうね。内村が今季もう少し打つことができていて、守備位置がセカンドだけでなくショート、サードもそつなくこなすことができていたら、恐らくこの話はなかったかもしれません。銀次、枡田、阿部の急成長もありましたし。

決断した球団も、泣く泣く・・・・・・といった所だと思います。リスクなしのトレードはありえないですから。


> なんだかよくわからないですね。
>
> 仙さんの就任1年ってたしか、うっちーを1番か2番に据えたがってたじゃないですか。直人さんもいなかったし、ひじりーはまだ決め手に欠けてた頃だったし。
>
> 2009年から楽天の事情は大きく変わっているんだなあ、きっと。
>  
>
>
>  
>  

No title

私はMのファンですが、他のパの選手では内村選手の大ファンでした。

あのすばらしいスピードと守備。
「よし抜けた!」と思った打球を何度も抑えられ悔しい思いもしましたが、内村ならしょうがない、と納得しました。

ライトスタンドにて変な目で見られても内村選手のプレーには拍手をしていました。

パリーグ好きとしては彼のプレーを見られる機会は減ってしまうのは残念ですが、新天地での活躍を心から願っています。

横浜側の積極的な動きの一環ということですかね

 最初に聞いたときは残念な話でしたけどね。あの足に惚れていたファンは多かったからなぁ。今年も当初はセカンドのレギュラーとして期待されていただけに、もう少し打てていれば例えトレードの申し出があっても断っていたでしょう。

 ただ横浜が藤田選手を出すというのは、生え抜き選手ですしきっと横浜ファンの反対もあったろうと思います。最近横浜はルイーズ選手の支配下登録・ハミルトン投手の解雇・大沼投手の任意引退と積極的に動いていますし最下位脱出に躍起なのかなとも見て取れます。今後の推移を見てみないとなんとも言えませんので両選手にはがんばってもらいたいなと。

Re: No title


Mファンさん
コメントありがとうございます。

> 私はMのファンですが、他のパの選手では内村選手の大ファンでした。
>
> あのすばらしいスピードと守備。
> 「よし抜けた!」と思った打球を何度も抑えられ悔しい思いもしましたが、内村ならしょうがない、と納得しました。

そうです!何度も助けられました。楽天歴代のニ塁手の中でも守備は指折りだったかと思います。一見デメリットに思えるあの小さな体躯を、逆にプラスに変えてフィールドで躍動していました。

> パリーグ好きとしては彼のプレーを見られる機会は減ってしまうのは残念ですが、新天地での活躍を心から願っています。

今季は銀次にポジションを奪われるかたちとなっており、また、チーム方針が変わりつつあったため、どうしてもベンチを温める機会が増えてしまいました。楽天でできなかった分を新天地の好活躍につなげてほしいです。コメントありがとうございました。

Re: 横浜側の積極的な動きの一環ということですかね

hati8025さん

>  最初に聞いたときは残念な話でしたけどね。あの足に惚れていたファンは多かったからなぁ。今年も当初はセカンドのレギュラーとして期待されていただけに、もう少し打てていれば例えトレードの申し出があっても断っていたでしょう。

デビュー年の2008年があまりにも衝撃的すぎましたしね。打った安打44本の半分22本が内野安打でしたから。hati8025さんの見立てどおり、もう少し打っていれば、セカンドだけでなく他も無難に守ることができていれば、トレードはなかったと私も思っています。

>  ただ横浜が藤田選手を出すというのは、生え抜き選手ですしきっと横浜ファンの反対もあったろうと思います。最近横浜はルイーズ選手の支配下登録・ハミルトン投手の解雇・大沼投手の任意引退と積極的に動いていますし最下位脱出に躍起なのかなとも見て取れます。今後の推移を見てみないとなんとも言えませんので両選手にはがんばってもらいたいなと。

高田繁GMのコメントにもあったとおり、泣く泣く良い選手を出さなければ、希望の選手(内村)は取れないということで、楽天もその逆であり、トレードの意図しているところは理解できたかなという感じ。後は両選手の活躍次第でしょうね。コメント、ありがとうございました。

生粋の楽天選手がまたいなくなった…

いつも楽しく拝見しています。

今回のトレードには本当に驚きました。24日には一軍でプレーしていたのに…翌日になんでトレードなの?
聖沢との足の共演が儚くも終わってしまいました。

内村の守備範囲の広さにはいつも驚かされていました。ピンチを救う守備で思わずガッツポーズしたことが幾度もありました。
私は内村にはヤクルトの宮本のイメージを重ねてしまっています。
新人の頃、打には期待しないが守備の上手さに野村監督に『自衛隊』と揶揄されながらもレギュラーとして活躍していた宮本。内村には数年後の楽天に宮本のような存在になってくれると期待していました。楽天の顔になってくれる選手だと思っていました。

今年の打率の悪さが原因だったのでしょうかねぇ。昨年、2割7分だったのでもう少し様子をみてあげてもよかったのでは… ?もし、楽天のクリーンナップがもっと打っていたらこのトレードはなかったのではないか… ?なんて思ってしまいます。

宮本は中西太氏に指導されてからバッティングが向上していったとのことですので、内村も横浜で良いコーチにめぐり合って奮起してもらいたいものです。

藤田はさっそくスタメンに起用されましたね。藤田も守備範囲が広いということなので、楽天でどのような守備をするのか早くテレビで見てみたいです。

結果的に二人にとって良いトレードであったことを祈っています。

Re: 生粋の楽天選手がまたいなくなった…


のりまきさん

> いつも楽しく拝見しています。

ありがとうございます^^

> 今回のトレードには本当に驚きました。24日には一軍でプレーしていたのに…翌日になんでトレードなの?
> 聖沢との足の共演が儚くも終わってしまいました。

私も・・・ショックを隠せない出来事でした。仰る通り、聖澤と内村の足の競演は、可能性を感じさせるものでしたよね。象徴的だったのが岩隈が右肩痛から復帰して初の先発となった2011年7/27ソフトバンク戦、1-0で迎えた6回裏、1番・川崎─2番・本多のバントヒット連打を皮切りに1点を失い同点に追い付かれたのですが、その直後、7回表でした。こちらもお返しとばかりに1番・聖澤─2番・内村がバントヒット連打。これで作った無死2,1塁から決勝点が生まれ2-1で勝利した、あの試合を良く思い出します。

> 内村の守備範囲の広さにはいつも驚かされていました。ピンチを救う守備で思わずガッツポーズしたことが幾度もありました。

パリーグ屈指のセカンドでの守備範囲を持っていたように思います。だからこそ、今季は打撃不振でスタメンで出場しても途中で代えられたりすることも多かったのですが、もう少しチームとして我慢できなかったのかな?と残念にも思います。

> 私は内村にはヤクルトの宮本のイメージを重ねてしまっています。
> 新人の頃、打には期待しないが守備の上手さに野村監督に『自衛隊』と揶揄されながらもレギュラーとして活躍していた宮本。内村には数年後の楽天に宮本のような存在になってくれると期待していました。楽天の顔になってくれる選手だと思っていました。

確かに宮本も内村も苦労人。BCリーグで盗塁王になってから育成でNPB入りでしたし、色んな物語や様々な夢を背負っていただけに、仙台でプレーをみることができないのは、残念ですよね。

> 今年の打率の悪さが原因だったのでしょうかねぇ。昨年、2割7分だったのでもう少し様子をみてあげてもよかったのでは… ?もし、楽天のクリーンナップがもっと打っていたらこのトレードはなかったのではないか… ?なんて思ってしまいます。

私もそう思います。期待されている3外国人などがもう少し打って、もう少し上位にいることができたら、この話はなかったと思います。借金プラスマイナスゼロ付近で推移して4位もすぐ後ろに迫っている3位という微妙な順位だからこそ、球団もプレーオフ進出をかけて、リスクを背負って勝負にでたのかな?とも思います。

> 結果的に二人にとって良いトレードであったことを祈っています。

内村も初安打が出たようで、そうですね、両人の好活躍を期待しましょう。
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
21位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}