FC2ブログ

〔試合評〕開幕カードの借りを返す挑戦権獲得!──2012年6月23日(土)○楽天イーグルス2-1ロッテ

スポンサーリンク





チケットぴあ
ビックカメラ.com

おかげさまで、ブログ村「楽天イーグルス」部門1位です。引き続き応援宜しくお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村



○楽天イーグルス2-1千葉ロッテマリーンズ



■ハイライト映像


先攻・ロッテのスタメン・・・1番・岡田(中)、2番・根元(遊)、3番・井口(ニ)、4番・サブロー(指)、5番・角中(左)、6番・今江(三)、7番・大松(一)、8番・田中(捕)、9番・清田(右)、先発・藤岡(左)。

後攻・楽天のスタメン・・・1番・聖澤(中)、2番・銀次(ニ)、3番・松井稼(遊)、4番・フェルナンデス(一)、5番・中島(指)、6番・高須(三)、7番・鉄平(左)、8番・牧田(右)、9番・小山桂(捕)、先発・ヒメネス(右投)。


開幕カードの借りを返す季節がやってきた!

藤岡貴裕。開幕カードの3連敗は、実はこの男にしてやられたのだった。4/1ロッテ3回戦。楽天は藤岡の前に7回2/3で僅か4安打に抑えこまれスコア2-4で敗戦。昨秋ドラフトで1位抽選をはずした相手に気前の良い「プロ初登板・初先発・初勝利」をつけ届けていた。オープン戦でも対戦した。倉敷でおこなわれた3/10の試合だ。このときの藤岡は5回0失点。楽天打線は僅か聖澤のヒット1本しか打てずに、苦汁を飲むかたちとなっていた。

そんな因縁もあり、この7回戦はなんとしても一矢報いる試合にしなければならなかった。結果は楽天が初回、藤岡の立ち上がりを攻め、長短打3本集めての2点先制劇。一方、先発・ヒメネスは1、2回ともに無死2,1塁のピンチを背負うものの、綱渡りながらもなんとか切り抜け、5回1/3を1失点の粘投。6回途中から片山、小山、ハウザー、ラズナー、青山の継投リレー。イーグルスが虎の子の2得点を守って逃げ切り勝利を収めている。先発以降、出てきた5人の救援投手全員にホールド、またはセーブがついた試合は今季初となった。

これで、この3連戦、初戦勝利、2戦目もモノにした。開幕カードの借りを返すその“挑戦権”を獲得した。さあ3戦目はサンデー釜田の躍動だ。どんな内容でも良い。泥臭い試合でも、スマートな試合でも、すかっとした日本晴れのような試合でも良い。望むのは白星だ。ぜひスイープを期待したい!!

これでチーム成績は61試合29勝30敗2分。ソフトバンクも勝利しているため変わらず同率の3位タイとなっている。ゲーム差は1位・ロッテと6.0、2位・日本ハムと4.5、5位・西武と1.5、6位・オリックスと5.5。なお、各種成績は下記のように推移している。

◎ロッテ戦・・・7試合3勝4敗
◎6月月間成績・・・15試合6勝9敗
◎直近10試合成績・・・10試合4勝6敗
◎Kスタ試合成績・・・28試合12勝15敗1分

◎ナイトゲーム成績・・・39試合19勝19敗1分
◎1点差試合・・・25試合15勝10敗
◎先制した試合・・・31試合21勝9敗1分
◎相手先発左投手試合・・・25試合9勝16敗


20120623DATA2.jpg
HANREI.jpg

MVPは銀次でしょう!

背番号33番の好打が勝利に大きく貢献した。初回の2点先制劇は、1番の聖澤が凡退した1死走者なしから始まった。2番・銀次が2-1のバッティングカウントから真中高めに入る藤岡の速球を叩いて、右中間を割る悠々の二塁打。1死2塁の好機を演出する。銀次の迷いのないスイングに後続のバッターも心地よく乗せられた。そういう要素、充分にあっただろう。松井稼は快打性の飛球が左翼手の正面を突いたものの、4番・フェルナンデスが右中間に打球を運ぶ先制打を放って、楽1-0ロ。この時、レフトの清田のファンブルで一気に2進していたフェルナンデスを、“左キラー”の5番・中島がセンターへ弾き返して本塁へ迎えいれて、楽2-0ロ。

先頭打者として打席がまわってきた2回にも銀次は良いバッティングをみせてくれた。144キロ速球をファウルカットした直後の113キロのカーブ。31キロ差の緩急に動じず、しっかりタイミングを合わせて右前へ運ぶクリーンヒット。この後、松井稼にも連打が生まれ、無死2,1塁のチャンスを作った。(ただ、ここは後続が凡退している)

凡退に倒れた3打席目、4打席目も、いずれも良い当たりをみせた。3打席目は外角高め速球をうまくおっつけて快音残す左飛、4打席目はファーストゴロも力強くひっぱりにいった一撃だった。4打数2安打1得点で、これで打率は5/31以来の3割に再び乗せている。


面目躍如の左キラー、中島俊哉

銀次の次にはこの人を挙げたい。先日も触れたけど、もう1度取り上げる。今季、中島が元気なのだ。個人的だけど、私はこのベテランの槍働きに大変満足している。打率をみれば.237で確かに物足りないかもしれない。しかし、左投手打率は.257なのだ。え?これでも物足りないって??そう思う方はいらっしゃるかもしれない。


■中島俊哉 vs左投手 得点圏 打撃成績
20120623DATA7.jpg


上記表をみてほしい。左投手対戦時の得点圏での打撃成績だ。今季ここまで9打席9打数6安打の打率.667、6打点! 左投手相手に勝負強いバッティングをみせてくれている。打撃の基本、センターから逆方向を中心にヒットが記録されているのが確認できるのだ。


楽天のチーム左投手打撃成績

今季のイーグルスは左投手に弱い。相手先発が左投手の試合、この勝利込みでも上記のように25試合9勝16敗と大きく負け越しているのだ。その原因に1つは、楽天の左投手対戦時のチーム打率がパリーグ最低の.224しかない点が大きい。

この試合も、結局、終わってみれば左腕の藤岡相手に26打数5安打の対戦打率.192。良い当たりが相手の好守備に阻まれたケースが幾つかあったものの、それでも、完全攻略には程遠い内容となってしまっっている。


■6/22現在 パリーグ チーム別 vs左投手打率
※ここには投手の打撃成績は含まれていない
20120623DATA8.jpg


楽天のチームの左右投手別打撃成績を、投手の打撃成績込みで調べてみた。6/22現在、チーム打率は240を記録する楽天も、右投手からは.250を残すのに対し、左投手からは.222と明暗わかれるかたちとなった。OPS、出塁率でも同様のことがいえる。

どうしてこうなっているか?というと、特に、一般に左投手を打たなければいけないとされている右打者の、左投手打率がのきなみ悪いからだ。6/22現在で、フェルナンデス.183、高須.188、牧田.189、ガルシア.208、嶋.400、内村の右打席.154、テレーロ.150、松井稼の右打席.257、小山桂.083、中島.250、西村の右打席.143、定岡.333。右投手打率より左投手打率が良い打者は嶋、松井稼、中島の3人だけなのだ(定岡は右投手との対戦なし)。

こんな状況なら、左投手相手に苦戦するのも、頷けてしまう。そんな苦しい状況下で、左投手相手にチャンスで戦果をあげている中島の左キラーぶりは際立つ。貴重な存在なので、今後もこの成績を維持してほしいと強く願っている。


■楽天 チーム左右投手別打撃成績
※6/22現在。ここでは投手の打撃成績を含む。
20120623DATA9.jpg


■楽天・ヒメネス 球種別投球詳細
St=ストレート、Sl=スライダー、Ch=チェンジアップ
vs右打者44球=St27、Sl15、Ch2
vs左打者40球=St27、Sl8、Ch5
20120623DATA4.jpg


粘投ながらも目指すべきピッチングができたヒメネス

5回1/3、打者25人に84球、被安打8、奪三振2、与四球2、与死球1、失点1、自責点1。これで3勝目。白星は5/4ソフトバンク戦以来となった。

1回、2回に招いた無死2,1塁のピンチは、ロッテ打線の拙攻にも助けられるかたちとなった。1回いきなり岡田、根元に連打を浴びて無死2,1塁、コンディションを落としている3番・井口の当たりは、止めたバットに球が当たって投前に力なく転がったピッチャーゴロだった。これを1-4-3併殺網にかけて難を切り抜けた。2回は無死2,1塁から田中が送ることができない。バントゴロが捕手・小山桂の目前に転がり、これで3塁封殺できたことが大きかった。

この試合、ヒメネスはロッテ打線に22打数8安打され、被打率は.364にのぼった。これだけみるとよく1失点でしのぐことができたなというハラハラドキドキな印象しか抱かないのだが、一方で、安打の内訳をみると、8本中5本がゴロヒットであり、力強い動くストレートで打者を詰まらせてゴロを打たせ、ポップフライを打ち上げさせて討ち取っていくことを目指すヒメネスにとっては、獲得アウト16個のうちゴロアウトで10個、内野フライで2個を取っている点からも、それなりのピッチングはできていたのでは?という印象にもなってくる。


9番目の野手の重要性

もったいないなあ。そのように思わずにはいられないのが、8本中5本のゴロヒットだ。そのうちピッチャー返しのゴロが中前へ抜けていったのが3本あった。

象徴的だったのが2回無死1塁、大松だ。ピッチャー返しのバウンドゴロがヒメネスの左を抜け、中前へ転がったゴロヒットとなり、無死2,1塁のピンチを招いた場面である。ここで解説の西崎幸広氏、実況の島村俊治アナのやりとりは下記のような内容だった。


西崎「投げ終わった後、外国人投手は特にそうなんですけれども、ヒメネスは1塁側に体重を倒していくんですよね。だから今のは普通のピッチャーならダブルプレーとれているような感じなんですけれども、投げたら知らんぷりするところがあるんですよね。やっぱり、投げたら9番目の野手ということでしっかりボールを捕りにいかなければいけないんですけれどね」

島村「そのあたりが昨日の田中とは違うところですよね」



この点、私もかねがね感じていた部分である。守備力というとどうしても内野ならニ遊間、外野なら中堅がクローズアップされがちだが、守備の要=センターラインで打者と一番前で対峙する9番目の野手=ピッチャーの守備力の優劣は、私達が思っている以上に大きいのではないか?という疑問だ。

西崎氏、島村アナのやりとりでもでてきたように、もしヒメネスの守備力が田中と同程度のものだったとしたら、自身のピッチングがもっと楽になってくるはずだ。無死2,1塁と2死走者なしでは雲泥の差である。

一方、打者サイドからすればバッティングの基本であるピッチャー返し、センター返しは、外野へ抜ければHのランプが灯り、記録にも残り賞賛されるが、それがどれだけ良い打撃であってもひとたび投手のグラブに収まってしまえばピッチャーゴロとなり、どれだけ理想の打撃だったとしても人々の記憶からは忘れ去られてしまう。

投手の守備力の優劣で打者が損をする・あるいは得をするヒットは何本あるのか? この点、今季は調べてみたいとかねがね思っているのだが、只今、挫折中である。(データスタジアムさんでやってくれないかしら?)

ヒメネスのもう1つの悪癖は、昨年より制球に自信がでてきたのだろう、コースの際どい所を狙いすぎるという点だ。これが決まった時は素晴らしい絶好球になるのだが、決まらずにはずれてしまうと、御姫様のヒステリーにもつながってくる。解説の西崎氏の言葉を借りれば、あれだけの力強い球があるのだから「もっと大胆に投げてもいいと思うんですよね」と思えてくる。

ヒメネスの守備意識、ストライクゾーンに投げ込む勇気、この2つが改善されていけば、もっともっと楽にピッチングができるんじゃないか?、そんなことを思ったロッテ7回戦になった。


■楽天・ヒメネス 配球図
※各コースの上段は直球、下段は変化球
20120623DATA3.jpg


■ロッテ・藤岡貴裕 球種別投球詳細
St=ストレート、Sl=スライダー、Fo=フォーク、Cur=カーブ
vs右打者63球=St41、Sl15、Fo2、Cur5
vs左打者44球=St27、Sl11、Cur6
20120623DATA5.jpg



■ロッテ・藤岡貴裕 配球図
※各コースの上段は直球、下段は変化球
20120623DATA6.jpg



◎◎◎関連記事◎◎◎
ロッテ・藤岡との対戦試合
〔試合評〕2012年3月10日(土)○楽天イーグルス3-1千葉ロッテ。藤岡圧巻、ヒメネス好投。明暗分かれた楽天打撃陣
〔試合評〕“刺身のつま”となってしまった楽天打線──2012年4月1日(日)●楽天イーグルス2-4千葉ロッテ

---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、通りすがりなどハンドルネームがいい加減なものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI






関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

No title

24日の試合分析も終わらないのにこんなコメントするのはルール違反ですが…。

内村とDeNA藤田一也との交換トレードが24日の試合後に発表されました。

渡辺直人の時以来の楽天ファンの間で物議を醸すトレードではないでしょうか。どうせ出すなら岩村だろ!という声は大半でしょう。
右打ちができる内野手がまた一人減った…。

内村には狭い横浜スタジアムかフェンスが低い神宮と広島マツダで是非HRをかっ飛ばしてほしい。
藤田は守備力が高い評価だと聞く。二塁が本職だが、ショートとサードもこなせる点は内村より上か。

29日からのH戦、内村グッズが安く値引きしていたら帽子かTシャツか何か買おうかな…。

shibakawaさんの鋭い分析が、早く読みたいです!



外国人投手の守備

2002年発行の「イチローは「天才」ではない」という古い本を今読み返しているところなんですが、その中に外国人投手の守備についてわずかですが記述があり、興味深い内容だったので紹介しますね。

P22~P28で「日米でのイチローの内野安打の方向の割合」を分析したページがあり、それによると日本時代は一塁内野安打が19.5%、二塁内野安打が32.5&を占めている一方、2001年は一塁内野安打が3.3%、二塁内野安打が21.3%に減少したそうです。それは、イチローの打撃の方針が「無理して引っ張らない」に変わったことが大きいらしいのですが、イチローの指導をした河村健一郎氏が余談として、「大リーグの投手は、自分から見て左方向に打球が飛んだら、日本の投手よりも早く、一塁に向けてスタートをきる」為、一塁や二塁の内野安打減少はその影響もあるのではないかと話してます。
この部分を読むまでは、「外国人投手=フィールディングが悪い」というイメージがあったので、意外でした。

もしこれが事実だと、外国人投手が1塁側に体重を倒していく傾向にあるのは、ピッチングフォームだけでなく、一塁へのベースカバーに早く入るという意識も影響しているのかもしれません。

あと、数字だけで見るとヒメネスは現時点で刺殺数12、補殺数21で、刺殺数はパリーグ投手No1,補殺数はNo,3(1位攝津24個、2位武田勝23個)みたいですね。

センター返しの打球と併殺をより多く取れればヒメネスのピッチングも楽になると思いますが、河村氏の話と刺殺数・補殺数を踏まえると、ヒメネスのフィールディングはそれ程悪くはないのかなという印象です。

ヒメネスの場合、イライラして投球や守備が乱れるのが一番の問題点のような気がします(^^;)

Re: No title

ゴールドクラブさん

コメント有難うございます。いやはや・・・突然のことで・・・大変びっくりしております。
ただ、一晩明けて冷静になって考えてみると、意外にも落ち着いている自分が。

渡辺直人の時は、あまりにもバッドタイミングでした。契約更改の直後、岩隈残留の直後でしたから・・・

詳しくはエントリに書きましたが、開幕前からの懸案がここへきていよいよ露わになったかな?という印象です。ゴールドクラブさんも書かれているように、内村がセカンドだけでなく、ショートやサードもセカンド同様にそつなくこなすほどのレベルだったら、このトレードは成立しなかったのでは?とも思います。

ともあれ、ウッチーを出してしまった点についてはモヤッとしたものが残るのですが、藤田選手が加わったことに関しては、歓迎していきたいと思っています。

> 24日の試合分析も終わらないのにこんなコメントするのはルール違反ですが…。
>
> 内村とDeNA藤田一也との交換トレードが24日の試合後に発表されました。
>
> 渡辺直人の時以来の楽天ファンの間で物議を醸すトレードではないでしょうか。どうせ出すなら岩村だろ!という声は大半でしょう。
> 右打ちができる内野手がまた一人減った…。
>
> 内村には狭い横浜スタジアムかフェンスが低い神宮と広島マツダで是非HRをかっ飛ばしてほしい。
> 藤田は守備力が高い評価だと聞く。二塁が本職だが、ショートとサードもこなせる点は内村より上か。
>
> 29日からのH戦、内村グッズが安く値引きしていたら帽子かTシャツか何か買おうかな…。
>
> shibakawaさんの鋭い分析が、早く読みたいです!

Re: 外国人投手の守備

outfielder_shangさん

コメント、ありがとうございます。

> P22~P28で「日米でのイチローの内野安打の方向の割合」を分析したページがあり、それによると日本時代は一塁内野安打が19.5%、二塁内野安打が32.5&を占めている一方、2001年は一塁内野安打が3.3%、二塁内野安打が21.3%に減少したそうです。それは、イチローの打撃の方針が「無理して引っ張らない」に変わったことが大きいらしいのですが、イチローの指導をした河村健一郎氏が余談として、「大リーグの投手は、自分から見て左方向に打球が飛んだら、日本の投手よりも早く、一塁に向けてスタートをきる」為、一塁や二塁の内野安打減少はその影響もあるのではないかと話してます。
> この部分を読むまでは、「外国人投手=フィールディングが悪い」というイメージがあったので、意外でした。
>
> もしこれが事実だと、外国人投手が1塁側に体重を倒していく傾向にあるのは、ピッチングフォームだけでなく、一塁へのベースカバーに早く入るという意識も影響しているのかもしれません。

ψ(。。)なるほどねえ。私も今までそういう視点で見たことがなかったので、興味深い話です、ね。
私も、その多寡はあれど、外国人投手はクイックが下手で、フィールディングが悪く、投げたら投げっぱなし、そういうステレオタイプの呪縛にどうしてもとらわれてしまっているので、このエピソードは考えさせられますね。(クイックは計測できるからまだしも・・・)

> あと、数字だけで見るとヒメネスは現時点で刺殺数12、補殺数21で、刺殺数はパリーグ投手No1,補殺数はNo,3(1位攝津24個、2位武田勝23個)みたいですね。

ヒメネスについても、色眼鏡を外してみたら実際は・・・ということ、考えられますよね。

ヒメネスは奪三振も少なく、打たせてゴロでアウトをとっていくタイプのため、どうしても(田中のような奪三振が多かったり、フライアウト型の)他投手と比べると、投ゴや内野ゴロが多くなりますから、刺殺、補殺が増える傾向にはあると思うんですが(武田勝も三振少・ゴロ型、攝津もゴロ型ですしね)、投球回がヒメネスより約1試合分多い武田勝と攝津に対しての数字ですから、同じゴロ型投手の中ではヒメネスは刺殺・補殺を取れていると言えそうですよね。

なかなか、投手の守備力って難しいσ(^_^;) インスパイアいただきました。
今度から御指摘いただいたこの点、留意して観戦していきたいと思います。
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
21位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}