FC2ブログ

ランニングホームランをくらった岩隈。ありえない味方の緩慢守備に泣く──2012年6月20日ARI戦〔記録で診る岩隈メジャー挑戦録〕

スポンサーリンク



チケットぴあ
ビックカメラ.com

楽天からメジャーに渡った岩隈投手を応援しています。ブログ継続運営のため、ブログ村への投票よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


あれは・・・ないだろう・・・

憤懣やるかたないとは、このことである。誰もがそう思うのではないか。

右中間深くを襲った飛球に対しての中堅手ソーンダースの緩慢守備のことだ。フライボールは背走で追いかけていくソーンダースを越えて左中間フェンスに直撃。ウォーニングゾーンの中まで追いかけすぎたソーンダースを嘲笑うかのように、跳ね返った打球がその足元を鋭く抜けていく。白球がソーンダースが元いた場所、中堅方向にテンテンと転がる。

この間、1塁走者は悠々本塁生還。打者走者のライアン・ロバーツも三塁を蹴って本塁突入を狙う。外野からの中継を挟んだ返球で本塁クロスプレーになるも、気魄のヘッドスライディングでセーフ。なんと!2打点のランニングホームランとなってしまった。


消えていたソーンダース

全くいただけない守備だった。あれがグティエレスならフェンス際で好捕していたかもしれない。あれが昨年まで在籍していた楽天の中堅手・聖澤なら、クッションボールを無難に処理していたはずだ。グティエレスのスーパーキャッチはつい妄想が入ってしまったが、それでも無難に処理し、ニ塁打止まりにしていたのではないか。

しかも、中堅方向へ転がっていった白球を、その後、追いかけて処理し、内野のカットマンに鋭く返球してみせたのは、なんと右翼のイチローだった。いったいソーンダースはどこへいった?!

敵地チェイスフィールドは左中間、右中間に本来あるはずの膨らみがなく直線的な形状になっている。普段対戦がない相手の本拠地球場で守り慣れていない、そういう事情はあったかもしれない。だが、2死1塁だったのだ。あとアウト1個で攻守交代という状況だったのだ。ここは無理をせずにウォーニングゾーンの手前でクッションボールを待ち構えて処理し、ニ塁打止まり、2死3,2塁止まりにすべきだった。確かに難しいクッションボールだったかもしれないが、ウォーニングゾーンの手前で余裕を持った位置取りをしていたら、少なくともランニングホームランという悪夢はなかったはずだ。

岩隈が味方守備の拙守に足をひっぱられたのは、私が確認する限りでは今季2度目である。1度目は5/30TEX戦の9回無死2,1塁で三遊間をゴロで左前へ抜けていったヒットを左翼手のマイク・カープが後逸、これをみて三塁で止まりかけていたニ塁走者が一気に本塁生還したあのシーンだ。しかしアウト・塁状況が、岩隈自らが許してしまった無死2,1塁だった。あの場面、マイク・カープが無難に処理していても、無死満塁とピンチは変わらずで、恐らくその後、かなり高い確率で失点は覚悟しなければならない場面だった。そのため、この試合のソーンダースの拙守が事実上の今季初といえる。


ダイヤモンドバックスとのインターリーグ3連戦を戦うマリナーズ。その最終戦が6/20(日本時間6/21午前中)に行われた。

打ちあいの大味な試合になった。放ったヒットは両軍合計30本。飛び出した一発はマリナーズが2本、敵軍が6本。そのうち5本を先発バルガスが被弾し、1本が件のロバーツが岩隈から記録したランニングホームランとなった。


■岩隈久志 登板日別 投手成績
20120621DATA4.jpg


岩隈は6点ビハインドの6回2死1塁の状況で、三番手としてマウンドに上がった。連投は2度目である。

その最初の打者が7番ロバーツだった。初球ストライクをとって0-1からの2球目だった。ストライクゾーンの真中近辺にシュート回転して外から入っていった約141キロの4シームだった。そこをフルスイングされてしまった、というわけだ。確かに岩隈の球も甘かった。

イニングまたぎで7回も続投となった。先頭打者パーラに内角球をひっぱられ右前に安打を許すものの、後続は討ち取った。1死1塁で2番・ヒルに粘られるものの、最後は名遊撃手ライアンが手ぐすねひいて待ち構えていたショート併殺網にかけて、この回を終わらせた。

試合は8回にマリナーズが4点を返すものの及ばず。スコアSEA10-14ARIで負けている。


■岩隈久志 球種別 投球詳細
20120621DATA2.jpg


1回1/3イニング、打者5人に18球を投げ、被安打2、被本塁打1、失点1、自責点1の内容。数字だけをみれば、2試合連続で被本塁打による失点・自責点がつくかたちとなったが、もしソーンダースが無難な守備をみせていたら、失点することなく6回を切り抜けていたかもしれず、そういう意味では、次の回をしっかりゼロに抑えているだけに、本当に釈然としないマウンドとなった。

この3連戦でマリナーズは30失点した。岩隈は合計2イニング投げ、被安打7、4失点したが、ケリーも2回、被安打4、2失点、ルートキーも1回1/3、被安打3、3失点した。先発陣は言わずもがなの大炎上。これがもし相手打線のバットが湿っていて、他の投手がことごとく好投を演じた中で岩隈の2回4失点だとすると、非常に目立ってしまい、本当にクマったことになってしまうのだが、みんなが打たれている中での2回4失点である。赤信号みんなで渡れば怖くないの格言?どおり、ひときわ目立つという結果ではない状況になったのが、岩隈にとって不幸中の幸いだったかもしれない。(もちろん、そういう状況下でピシャリと抑えればなお良かったのだけれども)


右打者から初の併殺打

収穫は併殺打だ。7回1死1塁で右打者のヒルをショート併殺ゴロに討ちとった。(映像は件のランニングホームランしか確認していないので、なんとも言えないところがあるが)このショートゴロが強い当たりで三遊間、あるいはニ遊間を抜けようかというヒット性のものだったら話は違ってくるが、イージーなゴロだった場合、このショート併殺ゴロは収穫だ。(追記:映像確認。ヒット性ではなく平凡なゴロでした)

というのも、岩隈はこの併殺ゴロを入れて今季5個の併殺打を獲得していきているが、ここまで4個はいずれも左打者から獲得したもので、今回初めて右打者から併殺打を取ることができたからだ。右も左も関係なくゴロを打たせたいときに打たせる、それが岩隈が理想としているピッチングなだけに、その意味で、右打者を併殺網にかけることができたのは、次につながっていくのでは?と考えている。


立ち上がりが悪い岩隈

さて、イニング途中でマウンドに上がって拙守に足をひっぱられて失点・自責点がついてしまった岩隈だが、あの球は甘かった。ランニングホームランとはいかなくても、立ち上がりに浴びた長打は必至だった。

下記にイニング別の投手成績を出してみた。これをみると一目瞭然。マウンドに上がった最初のイニングでの成績がきわめて悪いのだ。1イニング目の被打率は.360、被出塁率は.418、被OPSは1.038。これは・・・アウト!である。


■岩隈久志 イニング別 投手成績
20120621DATA5.jpg


立ち上がりが悪いのは先発投手の場合でもいただけないところだが、救援投手としては非常に致命的である。というのも、後続の投手にマウンドを譲る可能性もあるため、次のイニングは無いかもしれないからだ。長いイニングを打者と駆け引きしながら抑えていく先発とは違って、打者1人1人を全力で抑えていかなければならない救援投手にとって、特に今後も任されるであろう(かな?)重要所での登板では、最初からしっかり抑えていくことが非常に重要だ。

1イニング目の結果が悪いのは6/19ARI戦で2/3イニングで5安打を浴びたからでは?と考える方がいるかもしれない。確かにその影響が大きいのだが、6/19の記録を除外して計算しなおしても1イニング目の被打率は.302、3割を超える数字となっている。シーズン被打率が.270なだけに、1イニング目の被打率がかんばしくないことがお判りいただけるかと思う。

調整方法でコツを掴んだとか、前向きな発言をしている最近の岩隈だが、とはいっても、救援投手としてのプロ人生はまだ13試合26回2/3イニングの経験しかないのだ。プロ12年のうち11年は先発だった。

陸上に例えれば、長らくマラソンの名選手として活躍してきたランナーがいきなり短距離走に転向するようなものなのだ。長い距離を走る筋肉は短い距離を走るのに向いていないという。

技術的にも身体的にも精神的にも、もっともっと吸収すべき点、改善していく点は沢山あるだろうし、まだまだこれからという部分も多いだろうと思っている。実際のところは、当初よりも幾分改善されたものの、マウンドに上がった段階ではまだまだ肩が思うように出来あがっていないのかもしれない。1イニング目が悪い。これは本人も感じ取っているはずで、今後、どのように修正していくか?見守っていきたい。


■岩隈久志 配球図



■岩隈久志 6/20ARI戦 18球の詳細
20120621DATA3.jpg


◎◎◎関連記事◎◎◎
クマったことになりましたな(`・ω・´)──2012年6/19ARI戦〔記録で診る岩隈メジャー挑戦録〕
〔記録で診る岩隈メジャー挑戦録〕2回零封。岩隈、チームを救うメジャー初勝利25球の好投──2012年6月16日SF戦
マリナーズ 岩隈、僅か2球交代劇の真相とは?──2012年6月14日SD戦〔記録で診る岩隈メジャー挑戦録〕
〔記録〕マリナーズ 岩隈久志 スカウティングレポート~~ダルビッシュとの比較。各種カウント構築、ストライク率、被打率、空振り率
〔雑感〕岩隈久志がマリナーズ先発ローテに割って入ることができるその可能性

---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、通りすがりなどハンドルネームがいい加減なものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI





関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

球速どうのよりも、球が低めかそうでないかで大きく変わる。運も大いに関係ある。先発は揃って総崩れで大炎上?とはいえひどいことになっていますね…。
こんなはずじゃなかったというのは、これが現状とはいえ事実としてあるんじゃないでしょうか。先発のチャンスももらえない、もらえる兆しがあまりないことも含め。(もっとも、チャンスもらってすぐに、先発で大炎上したとしたら、もっと悲惨で嫌かもしれないけど…チャンスすらもらえないのもどうかと。)

Re: タイトルなし

ランナーさん

そうですね。ここが踏ん張りどころだと思います。2試合続けて失点してしまったことで、後ろを向くのはたやすいことです。 後ろを向いても前を向いても状況は変わらないのですからそれならば前を向こう、岩隈がこういう気持ち、勇気を持ち続けることができるか? その起用方法ともども見守っていきたいと思います。コメント、ありがとうございました。

> 球速どうのよりも、球が低めかそうでないかで大きく変わる。運も大いに関係ある。先発は揃って総崩れで大炎上?とはいえひどいことになっていますね…。
> こんなはずじゃなかったというのは、これが現状とはいえ事実としてあるんじゃないでしょうか。先発のチャンスももらえない、もらえる兆しがあまりないことも含め。(もっとも、チャンスもらってすぐに、先発で大炎上したとしたら、もっと悲惨で嫌かもしれないけど…チャンスすらもらえないのもどうかと。)

No title

いつも更新ありがとうございます
岩隈投手が打たれてしまった時は尚更ここで元気を頂いていますm(__)m

ここ数試合で、立ち上がりの悪さはだいぶ克服されたのかな?と思いましたが、そう一朝一夕にはいかないですね・・
岩隈投手も見てる方も(多分)先発に未練はあると思いますが、今の立場でいい結果を出すしかないでしょうね
使われない期間から一転してどんどん使われるようになると、怪我等も心配ではありますが、開き直って頑張って欲しいと思います

Re: No title

nico&nicoさん

コメントありがとうございます。

> 岩隈投手が打たれてしまった時は尚更ここで元気を頂いていますm(__)m

そう言っていただけると恐縮です。なるべく良い材料を探して前向きなエントリにしないと.... σ(^_^;)

> ここ数試合で、立ち上がりの悪さはだいぶ克服されたのかな?と思いましたが、そう一朝一夕にはいかないですね・・
> 岩隈投手も見てる方も(多分)先発に未練はあると思いますが、今の立場でいい結果を出すしかないでしょうね

そうなりますね。今が辛抱のとき、踏ん張って次回は好投を期待したいですよね。

> 使われない期間から一転してどんどん使われるようになると、怪我等も心配ではありますが、開き直って頑張って欲しいと思います

確かに、この点、気がかりではあります。昨年右肩痛の後、医者から球数制限を言い渡されていたという経緯もありますし、登板間隔が読める先発での疲労と、なかなな読めない救援での疲労は、また違ったものになるでしょうし。

No title

どうもこんばんは、今回も詳細なデータ等お疲れ様です。

ランニングホームラン、確かに誰もグラブに当てて弾いただとか、そういった事は
無かったので失策ではないものの、ちょっと勘弁してほしかったですよね。
確かにshibakawaさんも書かれているように甘いコースのうえに、前回の登板同様
またしても球が少し高かったので、残念ながら打たれた岩隈にも問題はあるものの、
だからといってランニングホームランを喫するような内容ではなかっただけに、
ファン以上に、今回ばかりは岩隈も少し精神的ダメージがあったのではないかなーと。
ソーンダースはバットの方では打席で期待の持てる選手ですが、守備はもう少し
頑張ってほしいというか、せめてクッションボールを追いかけてくれと…。

少し個人的に気がかりなのは球速でした。
元々岩隈はそこまで球速を叩きだす、というピッチングではないものの、
連投の疲れなのか、前回登板同様制球が甘い事も含めて少なからず調子を
落としてしまっているだけなのか、若干球速が落ちている気がするのが気がかりです。
shibakawaさんも書かれているように、岩隈は先発投手としての経験や実績はあれど、
リリーフとしてはまだまだ学ぶところも当然数多くあるものの、
少なくともここまでの経験で、2セーブ目を挙げた時のように、リリーフな以上
短いイニングを全力で、或いは岩隈の場合なら最長でも基本的には3イニングだろう、
という事を踏まえて全力で、というピッチングを心がけるべきだと思うんですが、
まだ内容的には、やはり先発の時と変わらず投げている印象を受けるかな、と。
勿論、流石にそうは言ってもそう簡単に先発投手がリリーフ仕様で全力投球を、
というのは実際問題難しいと思いますし、shibakawaさんも書かれているように、
マウンドで投げる時点ではまだ肩が出来上がっていないので球速も上がってこない、
というだけの事なのかもしれませんが…まだまだ試練は続くと思いますが、
何とか頑張ってもらいたいです。

ところで余談ながら、こちらの記事はご覧になられたでしょうか?
http://jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2012062100199
「反省の岩隈」という見出しで、ランニングホームランに関して、
「(悪い流れを)止められるピッチングをしなくてはいけない。
まっすぐを使い過ぎ。自分で配球を考えないといけない」と岩隈が
コメントをしたようなんですが、このランニングホームランの打者だけなのか、
或いは今までの試合もそうだったのか、までは分かりませんが、
最近は時折サインに首を振るようになったものの、やはり基本的に配球は
捕手に任せている、という感じでしょうか。
リリーフでのピッチングも含めて、この辺りも何とか頑張ってもらいたいです。

Re: No title

ざくろさん

コメント、ありがとうございます。

> またしても球が少し高かったので、残念ながら打たれた岩隈にも問題はあるものの、
> だからといってランニングホームランを喫するような内容ではなかっただけに、
> ファン以上に、今回ばかりは岩隈も少し精神的ダメージがあったのではないかなーと。
> ソーンダースはバットの方では打席で期待の持てる選手ですが、守備はもう少し
> 頑張ってほしいというか、せめてクッションボールを追いかけてくれと…。

これは調べていないのですが、おそらくプロ初の被ランニングホームランだったのかもしれません。中堅方向にテンテンとした白球を懸命に追いかけて素早く内野に返球したイチローの必死なプレー、おそらく投手が岩隈でなくてもイチローはああいうプレーを見せると思うのですが、投手がクマだっただけに、ひときわ印象に残るものになりました。イチローが打球に追いついた場面、ソーンダースの姿は中継映像の枠外に消えていましたから、ほんと、どこでなにをしていたのか?と疑問になってきます。

> まだ内容的には、やはり先発の時と変わらず投げている印象を受けるかな、と。
> 勿論、流石にそうは言ってもそう簡単に先発投手がリリーフ仕様で全力投球を、
> というのは実際問題難しいと思いますし、shibakawaさんも書かれているように、
> マウンドで投げる時点ではまだ肩が出来上がっていないので球速も上がってこない、
> というだけの事なのかもしれませんが…まだまだ試練は続くと思いますが、
> 何とか頑張ってもらいたいです。

なるほどねぇ。頷ける部分ですね。長年よくもわるくも染み付いてしまった先発投手としての思考回路、先発投手としてのフィジカル機能を、救援投手のそれに完全に切り替えるには、まだ時と場数が必要なのかもしれませんよね。

それに、ざくろさんも指摘しているように、6月に入って登板数が増えている点からくる疲労度(先発と救援のそれは質が違うといいますし)、敗戦処理の時(は大量ビハインドのときと読みやすかったですが)と違って起用法が流動的な点も調整を困難にしている点なのかな?と思っています。ともあれ、正念場ですので、踏ん張ってもらいたい、お願いしますと願うしかないわけなのが、もどかしいです。

下記の記事、見逃してましたので、御紹介いただき助かりました。岩隈が配球についてコメントしてそれが報道ベースにのるのは、珍しいことなのでは?という印象を持ちます。本人も改善点だと認めているということになりますので、岩隈が考えていることがが、こちら側が確認することができたという意味で、非常によかったと思います。今後、ビフォー&アフターでどのような傾向になるか?注目していきたいと思います。

おそらく球団や岩隈の手元には私がつけている以上の詳細なデータがあるはずですから、それを参考にして、改善していってほしいところです。

ところで、昨日の5-9で敗れたパドレス戦、先発ミルウッドが崩れビハインドとなった場面で、ブルペンで肩を作り始めたのはケリーでした。で、その後、実際に出てきたのはファーブッシュとペレスでした。2試合連続で拙い結果が出てしまったものの、岩隈の現在の立ち位置が敗戦処理ではなく、勝ちパターンの中にいるのかな?と伺わせるものになったかと思っています。

> ところで余談ながら、こちらの記事はご覧になられたでしょうか?
> http://jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2012062100199
> 「反省の岩隈」という見出しで、ランニングホームランに関して、
> 「(悪い流れを)止められるピッチングをしなくてはいけない。
> まっすぐを使い過ぎ。自分で配球を考えないといけない」と岩隈が
> コメントをしたようなんですが、このランニングホームランの打者だけなのか、
> 或いは今までの試合もそうだったのか、までは分かりませんが、
> 最近は時折サインに首を振るようになったものの、やはり基本的に配球は
> 捕手に任せている、という感じでしょうか。
> リリーフでのピッチングも含めて、この辺りも何とか頑張ってもらいたいです。

No title

強いてソーンダースの擁護をするとすれば、恐らくボールがフェンスから跳ね返った際、
当然イチローもソーンダースのカバーをするべく動いていたと思うので、
位置的にソーンダースがボールの元へ向かうより、既にイチローのほうが跳ね返った
打球に近い位置に居たので自分が追っても無駄だと思いその場に留まった、
といった感じでしょうか、そうでなければただ諦めただけという怠慢プレーに…。
こういったクッションボールの、打球が跳ね返ってきた際に思わぬ動きをしたので
取れなかったから別のポジションの選手がカバーする、という光景は日米を問わず
時折目にするものの、それでも、せめて自分も再度追う、
という姿勢を見せてほしかったですよね。

そういえば詳細なデータで思い出したのですが、少し岩隈から話は外れてしまものの、
今年の…いつだったかは忘れてしまいましたが、確か阪神広島戦だったでしょうか。
解説に野茂と矢野が来ていた試合があり、試合中矢野が「メジャーのほうがデータ等は
細かいのか?」といった旨の質問をすると、野茂が「僕がやっていた頃は」と
前置きして「前の試合でのデータというだけでなく、正に今投げている1球や
コースや球種、そういったものを全てPCに打ち込んでその場でデータを出している、
だからイメージと違ってメジャーはデータに関しては非常に細かい」
という言葉を返していた事を思い出しました。
岩隈も野村監督の下で数年間野球をしたわけなので、やはりデータの重要性や
配球が及ぼす結果というのも十分実感していると思うので、
ホントなんとか頑張ってもらいたいです、仮に結果が中々出なかったとしても、
今年の経験というのは必ず来年以降にも役立つと思いますし。

ところで、返して頂いたコメントへの返答が遅くなってしまったので、
かなり今更になってしまうんですが、この日ミルウッドが崩れた後、
ブルペンでの練習も、その後実際に試合で投げた選手の中にも岩隈は居なかった、
この件に関してはshibakawaさんも書かれているように、メジャー初勝利の後、
2試合続けて残念な結果の投球が続いてしまったものの、それでも現時点では
勝ち試合での登板、或いは僅差での登板、という起用を考えている、
という感じでしょうか。
今日、28日のような急遽ロングリリーフ、という試合は別にして、
基本的には、岩隈は勝ち継投という形で考えているのかな、と感じました。
まぁ、ファン心理としては、データからみてもあまり立ち上がりが良いとは
言えない岩隈に、基本的に1イニング限定の勝ち継投、というのは、
正直なところ少し見るのが怖いという気持ちもありますが(笑)

Re: No title

ざくろさん

コメント、有難うございます。

> 強いてソーンダースの擁護をするとすれば、恐らくボールがフェンスから跳ね返った際、
> 当然イチローもソーンダースのカバーをするべく動いていたと思うので、
> 位置的にソーンダースがボールの元へ向かうより、既にイチローのほうが跳ね返った
> 打球に近い位置に居たので自分が追っても無駄だと思いその場に留まった、
> といった感じでしょうか、そうでなければただ諦めただけという怠慢プレーに…。
> こういったクッションボールの、打球が跳ね返ってきた際に思わぬ動きをしたので
> 取れなかったから別のポジションの選手がカバーする、という光景は日米を問わず
> 時折目にするものの、それでも、せめて自分も再度追う、
> という姿勢を見せてほしかったですよね。

ざくろさんの御指摘のとおり、落ち着いて考えてみると、ああいう場合のその後のクッションボールの処理は右翼手のイチローがすると予め決めごとがあった可能性は否定できませんよね。逆に右翼に飛球が飛来してイチローが追いかけていって取りきれなかった場合は中堅手がカバーに入るなど、そういうルールはあるのかもしれません。

ただ、2死1塁でしたし、あそこまで追いかけていく必要はなかったのでは?と思います。ソーンダースも決して手を抜いていたわけではないと思うのですが、あの場面既にバルガスが5本のホームランを浴びていて、あのロバーツの飛球もどうせスタンドインするのだろうとソーンダースが思いながらボーっとフェンス際まで追いかけてしまったのでは?と、どうしても見えてしまい、その後のイチローの処理の図(あらかじめ決められたルールに従って処理をしたのだと思いますが)が同じ日本人で苦しんでいる岩隈のために懸命のプレーをしている構図にみえてしまったので、どうにもこうにも悪い印象になってしまったな・・・というイメージです。

岩隈にとっても、ソーンダースにとっても、チームにとっても、ファンにとっても、望まない場面になってしまったですね。もちろん、甘い球を投げてしまった岩隈が第一の責任はあるわけなのですが。


> そういえば詳細なデータで思い出したのですが、少し岩隈から話は外れてしまものの、
> 今年の…いつだったかは忘れてしまいましたが、確か阪神広島戦だったでしょうか。
> 解説に野茂と矢野が来ていた試合があり、試合中矢野が「メジャーのほうがデータ等は
> 細かいのか?」といった旨の質問をすると、野茂が「僕がやっていた頃は」と
> 前置きして「前の試合でのデータというだけでなく、正に今投げている1球や
> コースや球種、そういったものを全てPCに打ち込んでその場でデータを出している、
> だからイメージと違ってメジャーはデータに関しては非常に細かい」
> という言葉を返していた事を思い出しました。
> 岩隈も野村監督の下で数年間野球をしたわけなので、やはりデータの重要性や
> 配球が及ぼす結果というのも十分実感していると思うので、
> ホントなんとか頑張ってもらいたいです、仮に結果が中々出なかったとしても、
> 今年の経験というのは必ず来年以降にも役立つと思いますし。

やはり、メジャーはデータの活かし方・取り扱い方は進んでいますよね。以前だったか小宮山悟氏の話によれば、メジャーの球場にいくと、両軍選手のことこまかな成績が掲載されているフリーペーパーが配布されていたりするそうです。フィールドの外でもそれを肴に楽しむファンが多いとのエピソードを聞いたことがあります。

日本でも女子バレーはiPadを用いたリアルタイムでの情報収集とデータ解析、それを即フィードバックした戦術で好戦果をあげて話題になったりしていますが、現在の日本のプロ野球ではどうなんでしょうかね。個人的に最も興味引かれる部分です。

それにしても、野茂氏X矢野氏のW解説とは、セリーグにはそんな美味しい解説もあるんですね!(驚)


非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
32位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}