FC2ブログ

〔試合評〕2つの連敗をストップ──2012年6月11日(月)○楽天イーグルス5-1横浜DeNA

スポンサーリンク




チケットぴあ
ビックカメラ.com

おかげさまで、ブログ村「楽天イーグルス」部門1位です。引き続き応援宜しくお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村



○楽天イーグルス5-1横浜DeNAベイスターズ


先攻・楽天のスタメン・・・1番・聖澤(中)、2番・銀次(ニ)、3番・高須(三)、4番・フェルナンデス(一)、5番・中島(三)、6番・牧田(右)、7番・枡田(遊)、8番・小山桂(捕)、9番・美馬(右投)

後攻・DeNAのスタメン・・・1番・荒波(中)、2番・石川(ニ)、3番・中村(一)、4番・ラミレス(左)、5番・筒香(三)、6番・金城(右)、7番・藤田(遊)、8番・黒羽根(捕)、9番・田中(左投)。


今季最大のビッグイニング

9回、先頭打者・筒香に狙っていたという低めカーブを右翼席に運ばれ、プロ初の完封勝利こそ逃したものの、美馬が良い働きをしてくれた。9回、被安打7、1失点。獲得アウト27個のうちゴロアウトで奪ったのが併殺を入れると18個の打たせて取るピッチングに徹し、今季4勝目。5勝を挙げている塩見に続く勝ち頭となった。

打線は1番から始まる3回に、今季最大のビッグイニングを作った。

腰と脚の張りで2試合連続スタメンをはずれていた聖澤が3試合ぶりに1番・中堅で先発出場。その聖澤が初球を左前へ流し打ち、リードオフに成功する。すると、続く銀次も外角低めの変化球を技ありのショートオーバーの中前安打でつなぎ、高須が犠打、4番・フェルナンデスが敬遠気味に歩いて1死満塁の場面となった。

5番は相手先発が左腕の田中健ニ朗ということで先発起用されていた中島。ミスターイーグルスの背番号を受け継ぐこのベテランが左キラーの面目躍如となる2点適時先制打を放つ。ひっぱった打撃はサード・筒香の頭上を越えていくバウンドに。守りに定評のあるショート・藤田も捕りきることができず、しぶとく左前へ抜けていった。

なおも1死2,1塁でバッターボックスは6番・牧田。初球135キロ速球がアウトローにはずれて1-0となってからの2球目だった。緩急をつけた110キロのカーブが外角に入ったところを、これぞ牧田と言える胸のすくような完璧なフルスイング。打球をレフトスタンド中段へ運ぶ3ランで、この回、楽天は5点を獲得した。この5点は、今シーズン、イーグルスが1イニングに獲得した最多得点となっている。(楽5-0DeNA)


2つの連敗をストップ

4回以降はDeNA救援陣に押さえられ、8回を除く合計5イニングで三者凡退と淡泊な攻撃になってしまったが、それでも、チームの連敗を3で止めるには相応しい快勝となった。

実はもう1つ、チームの連敗を止めるゲームとなった。それは相手先発投手が左投手の試合だ。能見が先発した5/19阪神戦で勝利して以来、下記表のとおり、5/24中日戦(雄太)、5/30巨人戦(杉内)、5/31巨人戦(内海)、6/5阪神戦(岩田)、6/8中日戦(雄太)と、相手が左腕の試合で5連敗中だったのだ。中島の先制打&牧田の3ランで、田中は3回でKO降板。これだけ早いイニングで左投手の先発をマウンドから引きずり下ろすことができたのは、5/10西武戦で1回2/3で小石を沈めて以来となった。


■相手先発投手が左腕の時の成績



これでチーム成績は54試合26勝26敗2分、順位は3位変わらず。ゲーム差は1位・ロッテと7.0、2位・日本ハムと4.5、4位・ソフトバンク、5位・西武と2.5、6位・オリックスと4.5となっている。なお、各種成績は下記の推移となっている。


◎交流戦成績・・・19試合9勝10敗の6位 (パリーグ内順位は4位)
◎6月月間成績・・・8試合3勝5敗
◎ビジターゲーム成績・・・31試合16勝14敗1分
◎ナイトゲーム成績・・・33試合17勝15敗1分
◎先制点奪取試合・・・28試合19勝8敗1分



20120611DATA7.jpg
HANREI.jpg

燻し銀というにはあまりにも鮮烈な中島の好活躍

攻撃陣でいえば、この試合、やっぱり、中島の先制打だろう。1回2死3,1塁では田中の前に差し込まれ気味の左飛に倒れた中島だったが、2回1死満塁でまわってきた第2打席では、2-0からの真中高めの球を叩き、走者2人を本塁に呼びこむ左前安打を放ってみせた。

下記表は中島の左投手対戦履歴である。5/30東京ドームで代打であの杉内の完全試合を阻止した四球で歩いて以来、左投手相手に9打数5安打の活躍ぶりとなっている。また、お気付きの方もいるかもしれないが、左投手相手での得点圏が凄い。今季7打席7打数5安打5打点の戦果で、輝きを取り戻した左殺しのベテランが今、元気だ。

このようなベテランの脇役が、期待されている仕事を、実にしっかりこなし、チームの戦力として嵌まってくれるという図は、ここ最近の楽天にはなかったもので、現在の状況は本当に理想的といえそうだ。


■中島俊哉 今季 vs左投手 対戦成績
※網掛け行は得点圏
20120611DATA13.jpg


価値大となった牧田の3ラン!

中島に続けとばかりに左翼席へ放物線を描いてみせた牧田の3ランも大きかった。まずは、あのフルスイング。久しぶりに牧田らしい迷いのない一撃を見た思いがする。故障などで戦列を離れたこともあって、今季、打撃ではまだ期待されている成績ではないと言えそうだが、あのようなバッティングをみせられると、バットだけをみてもスタメンから外すわけにはいかないよな、そう改めて思えてくる。

しかし、3ランは貴重だった。というのも、楽天のチーム本塁打は17本で6/12終了時セパ12球団で最少なのだが、あまり出ない楽天のホームランの中でも、3ランということになると、ますます発生頻度が低く希少価値なのだ。下記表のとおり、今季3ランは、5/28ヤクルト戦(神宮)で中村真人が左翼ポール直撃・ビデオ判定での3ラン以来、チーム2本目となったのだ。


■楽天の本塁打内訳
20120611DATA14.jpg


底は脱っしたか?聖澤

腰と脚の張りを訴えて2試合連続でスタメンをはずれていた聖澤が、この試合、3試合ぶりに1番・中堅で先発出場した。やはり、1番・中堅にこの人の名前が無いのは、違和感がある。打撃成績は5打数1安打1得点。一直、左安、一ゴ、左飛、遊直。3回5点ビッグイニング劇の口火を切った左前への流し打ちクリーンヒットは「らしい」バッティングだったといえそうだ。凡打に倒れてしまった中でも1回の一直は芯を食う痛烈なライナーだった。ここはファースト・中村紀のジャンピングキャッチに阻まれてしまったが、当たりは良かった。一時期の最悪な時期には当たりの良い凡打もなかっただけに、心配していたファンにとっては朗報といえそうだ。

守備でも魅せた。4回。お返しとばかりに中村紀のヒット性の当たりを中飛にしてみせた。美馬自慢のカーブをうまくおっつけてセンター左の左中間に運んでいったライナー性の飛球を、逆シングルでぎりぎり追いついてキャッチ。軽快な動きをみせてくれた。


■楽天・美馬学 球種別投球詳細
St=ストレート、Sl=スライダー、Sh=シュート、Fo=フォーク、Cut=カット、Cur=カーブ
vs右打者37球=St11、Sl16、Sh4、Cut1、Cur5
vs左打者75球=St35、Sl14、Sh8、Fo4、Cut1、Cur13
20120611DATA9.jpg

ゴロアウト量産の美馬、4登板連続クオリティスタート

8回1/3、打者33人に112球(1人当たり3.39、1イニング当たり13.44)、被安打7、被本塁打1(筒香)、奪三振2、与四球1、失点1、自責点1。

文句なしのナイスピッチング! これで5/13オリックス戦から先発4登板続けてクオリティスタートとなった。

美馬好投をデータから探ってみると、、、下記のようになる。


◎ゴロアウト量産

獲得アウト27個のうちゴロアウトは17個(63.0%)。下記のように先発転向後の美馬はカーブの球種割合を増やし、持ち味のテンポの良さに、さらに緩急を混ぜ込んでいくことによって、ゴロアウトを量産しているのだが、その中でもこの試合の63.0%は群を抜く数字となった。(※この数字は、犠打や併殺は含まれていない)

4/26オリックス戦・・・獲得アウト15個のうちゴロアウト6個(40.0%)
5/3西武戦・・・獲得アウト18個のうちゴロアウト9個(50.0%)
5/13オリックス戦・・・獲得アウト21個のうちゴロアウト9個(42.9%)
5/28ヤクルト戦・・・獲得アウト27個のうちゴロアウト11個(40.7%)
6/5阪神戦・・・獲得アウト22個のうちゴロアウト10個(45.5%)


◎ストライク先行の組み立てができた

(初球で打席結果が出た2人を除く)31人中21人で初球ストライク(67.7%)。相手打線の淡泊な早打ちにも助けられるかたちとなり、省エネ投法ができた。2球目を打って結果が出た9人の打者のカウントを確認すると0-1からが8人。2ストライク目を取られるのを嫌っての早打ちとなったが、これが美馬に有利に働いた。

他にも指摘できる要素はあると思うが、、、時間もなくなってきたので、このエントリはここで終わりにしたい。


■楽天・美馬学 配球図
※各コースの上段は直球、下段は変化球
20120611DATA8.jpg


■DeNA・田中健ニ朗 球種別投球詳細
St=ストレート、Sl=スライダー、Cur=カーブ、Ch=チェンジアップ
vs右打者34球=St20、Sl4、Cur4、Ch6
vs左打者31球=St16、Sl8、Cur6、Ch1
20120611DATA11.jpg


■DeNA・田中健ニ朗 配球図
※各コースの上段は直球、下段は変化球
20120611DATA10.jpg


◎◎◎関連記事◎◎◎
昨年の横浜DeNA戦
〔試合評〕2011年5 月25日(水) △楽天イーグルス6-6横浜ベイスターズ。楽天の1試合6得点は開幕戦以来も、ほぼ負けに等しい 内容。しかし好ゲームでした
〔試合評〕2011年5 月26日(木) ●楽天イーグルス1-2横浜ベイスターズ。レポート、コーチ入れ替え、iPad支給...その成果、 マダァ?(・ω・` )っ/凵
〔試合評〕2011年6 月8日(水) ○楽天イーグルス5-1横浜。ダルを抜く「高卒7年通算80勝越え」を目指して田中将大通算51勝目
〔試合評〕2011年6 月9日(木) △楽天イーグルス2-2横浜。塩見の待ちに待った2勝目が逃げていく...今季横浜との対戦成績は 実質1勝3敗です



---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、通りすがりなどハンドルネームがいい加減なものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI









関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
205位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
35位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}