FC2ブログ

〔試合評〕明暗分けた長打力。青山のスライダー被打率・ストライク率・空振り率──2012年6月8日(金)●楽天イーグルス2-3X中日ドラゴンズ

スポンサーリンク




チケットぴあ
ビックカメラ.com

おかげさまで、ブログ村「楽天イーグルス」部門1位です。引き続き応援宜しくお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村



●楽天イーグルス2-3X中日ドラゴンズ
20120608DATA2.jpg

先攻・楽天のスタメン・・・1番・聖澤(中)、2番・銀次(ニ)、3番・鉄平(右)、4番・フェルナンデス(一)、5番・中島(左)、6番・高須(三)、7番・枡田(遊)、8番・小山桂(捕)、9番・ヒメネス(右投)

後攻・中日のスタメン・・・1番・荒木(ニ)、2番・大島(中)、3番・和田(左)、4番・ブランコ(一)、5番・井端(遊)、6番・森野(三)、7番・平田(右)、8番・谷繁(捕)、9番・雄太(左投)。


球審・良川と戦ってしまった両軍打撃陣

この試合、主に東海ラジオのガッツナイターでラジオ観戦していたため、ごく簡潔に振り返って終わりにしたい。

楽天・ヒメネス、中日・雄太の先発で始まった試合は、球審・良川の両サイドに広いストライクゾーンの効果もあいまって、打者がバッターボックスで悩み込んでしまう投手戦となった。両軍打者が何度もストライクの判定を再確認する光景がみられたという。

先制は中日。2回1死満塁で谷繁のセカンドゴロを銀次が判断誤り併殺を完成させる前に3塁走者の生還を許して1点を失う。4回、先頭の聖澤が安打出塁でチャンスメイクすると、その後2死3,1塁で中島が左対策の面目躍如の同点打で追いつくことに成功。7回終了までスコア楽1-1中の同点で試合は進んだ。

次なる1点はイーグルスがもぎとった。8回。1死3,2塁、聖澤のファーストゴロをブランコがバックホーム悪送球、これで楽天に2点目が入る。なおも1死3,1塁、楽天は代打にガルシアを(恐らく外野への犠牲フライで1点という采配だろう)、中日は新人右腕・田馬をそれぞれ送り込んでのベンチ対決。しかし、軍配は中日に上がり、ガルシアは田島の150キロを越えてくる速球の前に、3球連続の空振りで三振。3番スタメン起用された続く鉄平もフルカウントから空振り三振に倒れてしまう。

結果的に、8回表にあと1点もう1点取れず凡退してしまったのが響くかたちとなった。

8回裏はラズナーが久しぶりにマウンドに帰ってきて3人でしっかり片づけるも、9回表、抑えとして登板した青山が、誤算となった。1死後、大島に甘いスライダーを右翼フェンス到達のニ塁打を打たれると、3番・和田に3-1からの6球目、これまた甘いスライダーを左中間スタンドまで運ばれてしまう、まさかのサヨナラ弾....

楽天のサヨナラ負けは、片山が中田に一発を浴びて敗れた4/15日本ハム戦以来、今季2度目。

これでチーム成績は51試合25勝24敗2分、順位は3位のまま。ゲーム差は首位・ロッテと6.5、2位・日本ハムと3.5、4位・ソフトバンクと4.0、最下位・西武と4.5となっている。なお、各種成績は下記のとおり。


◎交流戦試合・・・16試合8勝8敗で7位 (パリーグ内5位)
◎直近10試合・・・10試合4勝6敗
◎ビジターゲーム・・・28試合15勝12敗1分
◎ナイトゲーム・・・30試合16勝13敗1分

◎1点差試合・・・20試合12勝8敗
◎先制された試合・・・25試合7勝17敗1分
◎2時間台試合・・・16試合6勝10敗
◎相手先発左投手試合・・・15試合3勝12敗




HANREI.jpg


長打が明暗を分けた

長打ある・なしという点で、象徴的な試合だったかと思う。僅か二振りの長打でアウトあと2個のところまでいきながら試合をひっくり返されてしまう。もちろん、青山の出来もかんばしくなかったのかな?という部分はあるのだけれど、一方で、長打が慢性的に少ないイーグルス打線の弱点を再び浮かび上がらせた結果にもなった。(8回の先頭・枡田の二塁打は2点目の足がかりを作った見事な一撃だったが、その1本だけだった)

楽天の長打率は試合前の段階で.314。これはリーグ最下位だ。昨年のシーズン長打率.323よりも悪化している。

1試合平均本数で昨年と今年を比較してみる。(※昨年の数字は本当なら同じ試合数消化時点が望ましいが、ここではシーズン記録を使う)


◎ニ塁打・・・《昨年》1.22、《今年》0.96
◎三塁打・・・《昨年》0.09、《今年》0.18
◎本塁打・・・《昨年》0.37、《今年》0.30



三塁打は倍増しているが、三塁打自体が二塁打や本塁打と比べると元々少ないため、長打率を大きく下支えするまでには至っていない。それよりも、二塁打、本塁打の減少、特に二塁打の減少が目立つのだ。ニ塁打48本もリーグ最少本数となっている。

長打率の改善。今日今季初めて1軍登録された岩村を始め、故障復帰した牧田や鉄平、まもなく戦列に戻る松井稼、フェルナンデス、ガルシア(とテレーロ)ら外国人勢たちに、どれだけ長打を打つことができるか?が、今後、今まで以上に問われていくのだと思う。もしこのままの状況が続くのであれば、残りシーズン、苦しい戦いが続きそうだ。


■中日・雄太 楽天戦通算投手成績
20120608DATA7.jpg


それにしても雄太を攻略できない。これで雄太の通算楽天戦投手成績は4試合3勝、防御率0.34、WHIP0.87という文句無しの数字になっている。同じ信州人の金子千尋(は新潟生まれだが、育ちは長野だ)の楽天戦成績と比べても遜色ない数字だ。

この表をみて、お気づきの方、いるかもしれない。そう、安打自体も打てないのだが、26回1/3イニングで楽天打線は長打を1本も打てていないのだ。この点からいっても、長打が明暗をわけた中日3回戦だったな...と思うのだ。

雄太には今夜も好投を許してしまった。獲得アウトのうちゴロで取ったアウトの割合を調べてみると(犠打、併殺も含む)、10年5/24は77.8%、11年5/23は63.2%、12年5/24は66.7%、そして今夜も66.7%と、楽天打線はゴロアウトを量産するハメとなっている。今季は(日本シリーズで対決が無い限り)今後の対戦はないので、この借りを返すのは来年へ持ち越しとなってしまった。


2登板連続で敗戦投手となった青山

ラズナーが久しぶりに1軍に戻ってきた途端に、ラズナー不在の間、抑えをしっかり務めてきた青山が、最後の最後、試合を締めることができなかった。「局面打開のスライダー」は楽天側ではなく中日側の局面をどうやら打開してしまったようである。せっかくそのまま抑えとして起用していこうと首脳陣が決めたのに、ここでの手痛い黒星は、ミソをつけるかたちとなってしまった。

これでやっぱりラズナーを抑えにもっていくのか?それともいましばらく青山でいってみるのか?今後の起用も興味深いところとなったが、一方で、やっぱり、青山は他投手以上に疲れているのでは?とも思ったりする。

四球祭りとなった6/5阪神戦では、制球が完全に乱れたというわけでなく、微妙なコントロールが決まりきらなかったという類のものだったが、今夜はどうだったのだろう? 記録を見るかぎりだと、二塁打、本塁打を打たれたスライダーはストライクゾーンの高め、甘めで、微妙な制球力もなかったのでは?と思うのだが。

その「局面打開のスライダー」の被打率、ストライク率、空振り率を調べてみた。5/9~5/16は6連投6連続セーブに当たる。


■青山浩二 スライダー 被打率 ストライク率 空振り率
◎2012年【132球】《被打率》.167、(30打数5安打11三振2四球)、《ストライク率》66.7%、《空振り率》15.9%
◎開幕~5/4【69球】《被打率》.000 (16打数0安打7三振0四球)、《ストライク率》68.1%、《空振り率》20.3%
◎5/9~5/16【26球】《被打率》.250 (8打数2安打2三振)、《ストライク率》84.1%、《空振り率》11.5%
◎5/19~6/8【37球】《被打率》.500 (6打数3安打2三振2四球)、《ストライク率》54.1%、《空振り率》10.8%


上記のとおり、全体では昨年とほぼ同値を示しているものの(昨年は被打率.160、空振り率18.5%だった)、6連続セーブの後、5/19~6/8の期間内で、被打率、ストライク率、空振り率、いずれも数字を悪化させてしまっている。特に顕著なのはストライク率だ。6連続試合セーブ期間では84.1%を誇っていた数字がちょうど30%も下落。これは目につく。さらに、空振り率も減少傾向だ。特に開幕~5/4の期間内と比べると約10%下げている。記録から診る限りでは、キレがなくなったこともあって、スライダーの軌道を打者が判別し易くなったともいえそうだ。それに、微妙な制球をつけることができずボールになるケースも増え、この数字悪化になっているのでは?と診る。

2試合連続で敗戦投手になったとはいえ、青山は1軍になくてはならない戦力だ。これは疑いようがない事実だ。その青山をどのようにうまく起用していくのか?(どのようにすれば立ち直ってくれるのか?良いアイデア、私も浮かばないのだけれど)、首脳陣、佐藤コーチの力量が今、問われている。【終】


■楽天・ヒメネス 球種別投球詳細
St=速球、Sl=スライダー、Ch=チェンジアップ
vs右打者61球=St48、Sl13
vs左打者30球=St25、Sl4、Ch1
20120608DATA4.jpg


■楽天・ヒメネス 配球図
※各コースの上段は速球、下段は変化球
20120608DATA3.jpg



■中日・雄太 球種別投球詳細
vs右打者30球=St26、Sl4
vs左打者44球=St30、Sl10、Cur4
不明球1球
20120608DATA6.jpg



■中日・雄太 配球図
※各コースの上段は直球、下段は変化球
20120608DATA5.jpg



◎◎◎関連記事◎◎◎
昨年の中日戦
〔試合評〕 2011年5月22日(日) ●楽天イーグルス1-9中日ドラゴンズ。観戦が時間のムダだった今季ワーストゲーム候補
〔試合評〕 2011年5月23日(月) ●楽天イーグルス1-6中日ドラゴンズ。やはり初回の先制点献上は...イケマセン!
〔試合評〕2011年6月11日(土)○楽天イーグルス5-4中日。どんな下手な筋書きでも良いから、とにかく白星が必要だった6.11
【試合評】2011年6月12日(日)●楽天イーグルス2-5中日。青山よ、独り相撲はいかんぜよ!



---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、通りすがりなどハンドルネームがいい加減なものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI








関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

青山は過労でしょうね

阪神戦のリベンジを期待してましたが、内容は同じかそれ以下でしたね。ボール先行でそのボールも明らかなボール。荒木の三振もバッター、ピッチャーどちらも苦笑いでしたし、見てても高かったですよ。ここまでストライクが入らない青山、弱虫じゃなくて、疲れ(神経、体力両方)だと思います。すこし、楽なイニングで投げさせるか、休ませたほうが、良いかと。

Re: 青山は過労でしょうね

みなたまさん

当ブログへの御訪問、お初のコメント、ありがとうございます。

> 阪神戦のリベンジを期待してましたが、内容は同じかそれ以下でしたね。ボール先行でそのボールも明らかなボール。荒木の三振もバッター、ピッチャーどちらも苦笑いでしたし、見てても高かったですよ。ここまでストライクが入らない青山、弱虫じゃなくて、疲れ(神経、体力両方)だと思います。すこし、楽なイニングで投げさせるか、休ませたほうが、良いかと。

青山の状況を詳しく教えて頂き、有難うございます。昨日はラジオ観戦だったもので、映像が見れなかった分、たいへんやきもきさせられました。

やはり、疲労ですか。5/9~5/13の「5日連続5連投」は(恐らく)プロでは未体験だったはずですし、月間MVPも受賞したこともあり、本人は意識していなくても、無意識のレベルで集中力が一度切れてしまったのかもしれない、そういうイメージになってしまいます。(そして、それは人間だから、ある程度は仕方が無いことかもしれません)

投手起用、特にブルペン陣の運用は本当に難しいものだと改めて確認させられました。心身ともに負担のかからない所でリフレッシュさせる選択肢も、大いにありえますよね。今後、どの場面で使われていくのか?見守っていきたいと思います。
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
25位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}