FC2ブログ

〔記録で診る岩隈メジャー挑戦録〕ゴロックマの本領発揮で3イニング無失点! 31球の詳細──2012年6月5日LAA戦

スポンサーリンク



チケットぴあ
ビックカメラ.com

楽天からメジャーに渡った岩隈投手を応援しています。ブログ継続運営のため、ブログ村への投票よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村



5/28(月)から始まったマリナーズのロード日程も、敵地エンジェルスタジアムでのロサンゼルス・エンゼルス(LAA)との3連戦でようやく終わりとなる。

マリナーズにとってエンゼルスは目下の敵だ。アリーグ西地区3位を争う両者の5月月間成績はまさに明暗分かれた。マリナーズが12勝18敗と失速していったのに対し、エンゼルスは下旬に8連勝などもあって19勝11敗と日出ずる勢い。打撃不振を極めた主砲プーホールズも打ち始めており、手強い相手である。初戦は両軍二桁安打の点取り合戦となりマリナーズが8-6で勝利を収め、その2戦目が日本時間6/6昼(米6/5夜)におこなわれた。

マリナーズの先発は先発ローテ三番手のブレイク・ビーバン。ところが、このビーバンがLAA勢のホームラン攻勢のもと5回6失点で降板する。2回、5番・トランボ、6番・ハンターに2者連続本塁打を浴びるなど、4回には4連打などもあって2失点、5回には再びトランボに一発が飛び出し(2ラン)、バルガスは5回終了で御役御免となった。

SEA1-6LAA、5点ビハインドとなる6回表、この回から、中2日で岩隈が二番手として登板した。

残念無念なことに「岩隈の」映像は見ることができていない。前述の2者連続本塁打など序盤は見ることができたのだが、岩隈のところだけ不覚にも確認できていない。後でダイジェスト映像で見ることとして、この一連のエントリは「記録で診る岩隈久志投手のメジャー挑戦録」というタイトルのため、記録でみていきたい。


■岩隈久志 登板日別 投手成績



6回表のアタマからマウンドに上がった岩隈は合計3イニングを投げた。打者10人に31球(1人当たり3.1、1イニング当たり10.33)、被安打1(2本の本塁打を打ったトランボに左翼へのニ塁打)、奪三振1、与四球1、失点0、自責点0、という内容だった。

3イニングをゼロに抑えたことで、防御率は5.63から4.74へ、WHIPは1.38から1.26へ、それぞれ改善となっている。

カウント1-1から134キロから緩急をつける115キロのカーブを、トランボに二塁打されてしまったが、これは打ったバッターを褒めるべき性質のように感じる。前述のとおり本塁打をおかわりしたトランボは、現在打率.337。これはMLB打率ランキングでテキサスのハミルトンの下につける7位に当たる。OPSでは1割越えをしているバッターなのだ。

ということで、この日のピッチングは過去6登板の中で1,2を争うほどの好投になったのでは?と思う。複数イニングを投げた試合でゼロに抑えることができたのは、この登板が初となった。これこそ願っていた収穫で、この戦果は大きいと言える。


■岩隈久志 球種別 投球詳細
vs右打者15球=4Seam6、Curve2、Sinker1、Slider6
vs左打者16球=4Seam4、Curve4、Sinker7、Splitter1
20120606DATA3.jpg


2セーブ目をあげた前回、そのエントリでざくろさんに指摘いただいたように、シンカー(=シュート)が多かった。この試合、マスクは初めてバッテリーを組むジョン・ジェイソだったが、捕手がオリボからジェイソになっても、シンカーを活かした配球は変わらなかった。ここ2試合、岩隈は意識して、意図的にシンカーを投げ込んでいると言えそうなのだ。

前回6/2CWS戦終了時での球種割合は、4シームが36.4%と最多で、その次に三振を取る決め球のスプリッターが25.1%が多く、スライダーの15.9%が続き、そしてようやくシンカーが13.8%で出てくる。

しかし、この2試合ではシンカーの割合が30.6%と最多で、4シームは26.5%に、スプリッターは12.2%に下げた。4シーム、スプリッターの代わりにシンカーを多用し出しているのだ。

そして、そのシンカーで、今日は実に多くのゴロアウトを量産した。獲得アウト9個のうちシンカーで討ち取ったゴロアウトは併殺分を入れると6個を数える。特にエンゼルスの左打者に効力を発揮した。岩隈は左打者のべ6人を全て内野ゴロアウトに仕留めてみせたが、そのうち5人を外角~外角低めのシンカーでゴロを打たせることに成功している。上手くバットのスウィートスポットをはずし、打者の打ち損じを誘発できたといえる。

※追記:ダイジェスト映像をみてきたが、エンゼルス打線に満足なスイングをさせないで討ち取ることができていたように思う。良い当たりはトランボに打たれた左翼線フェンス到達の二塁打ぐらいだ。緩い内野ゴロが多かった印象を抱いた。


■開幕から6登板分の投球割合
※『月刊Slugger7月号』(特集=ダルビッシュ有解体全書)をお持ちの方がいましたら、18頁のダルビッシュのデータと比較してみてください。ここでは平均球速をkm/hにしました。また被WH率は私の調査です.
20120606DATA7.jpg


次に良かった点を挙げるとすると、早めのカウントで打たせてアウトを取ることができた、この点だ。

6/2CWS戦終了時のカウント別データを確認すると(下記参照)、0ストライク時に打ちこまれていることが確認できる。その次に1ストライク(しかし被打率.214は優秀だ)、2ストライクと追い込んでしまうと、対戦打者はまな板の鯉同然で、岩隈の独擅場といえる数字になっている。


■岩隈久志 カウント別 投手成績
※前回6/2CWS戦終了時データ
20120606DATA6.jpg


追い込んでしまえば、決め球のスプリッター(=フォーク)があるため、いかにMLBの強打者とはいえ、それほど怖さを感じない。しかし、どうやって追い込むか?どのようにして追い込む前段階でアウトを取るか?が課題となっていた。

この試合、凡打に討ち取った7人の打者(全てゴロアウト)は、0ストライク時が1人、1ストライク時が6人となっており、追い込む前の早いカウントで、NPBでそうしていたように打たせて取ることができることを、証明したのでは?と思う。

(2ストライクカウントにしたのが奪三振と四球の合計2打席のみだったことから、スプリッターを投げる場面そのものがなく、そのためこの試合では1球しか投じていないということになる。)

ということで、この試合の収穫は

◎初めて複数イニングをゼロで抑えることができた。
◎シンカーが効力を発揮、ゴロ量産の決め球に。
◎追い込む前のカウントで打者と勝負ができていた。


の3つといえそうだ。

(明日6/6(日本6/7)のLAA戦で先発の可能性もという現地の憶測記事があっただけに、期待していたのだが、その点は少々残念)

※ダイジェスト映像を確認して、追記があれば、後日追記します。


■岩隈久志 配球図
20120606DATA2.jpg


■岩隈久志 MLB7登板目 31球の詳細
20120606DATA5.jpg


◎◎◎関連記事◎◎◎
〔記録〕確かな前進。マリナーズ 岩隈久志メジャー2セーブ目の全18球──2012年6月2日CWS戦
〔記録〕マリナーズ 岩隈、3回3失点もメジャー初セーブ──5/30テキサスレンジャーズ戦に登板、その41球の詳細
〔分析〕シアトルマリナーズ岩隈久志投手、12イニングで3本塁打浴びているその理由とは?!

---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、通りすがりなどハンドルネームがいい加減なものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI





関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

No title

お久しぶりです、最近岩隈の調子が上がってきていますね。

sinker(日本で言うシュート、ツーシーム)が増えているということで,「三塁側のコーナーに斜めに沈むフォークの間違いでは?」と一瞬思いましたが、平均球速からしてシュートが増えているのは間違いないようですね(シュート回転の4シームの可能性もありますが)

岩隈のシュートは雑誌に載っていた握りの写真を見るに2シームに近い球種ですよね。これをモノにできれば投球はガラッと変わる気がします。この球をどんどんストライクゾーンに投げ込んでカウントを取る、あるいは打者が手を出さざるを得ない状況に持ち込む投球はMLBでも流行っているし、そうした投球で好成績を上げている投手が多いです。

追いこんでからのフォークとの相性は良いように思えます。あとは岩隈が日本でシュートを投げるときに持っていた「右打者のインコースに食い込むイメージ」をどれだけ「鋭く沈むイメージ」に変えられるか、でしょうか。MLBの審判はインコースに厳しい傾向があるので、右打者に使う場合インコースに食い込ませても打者が振ってこないんですよね~。シュートやツーシームはバットを振らせるか見逃がしのストライクカウントを取れないと始まりませんし。

ただ岩隈は「シュートを投げるときには捻ったりせずに握りだけ変えてストレートと同じように投げる」と語っているので、「鋭く落ちるsinker」へのマイナーチェンジはスムーズにいくような気がします。ぜひモノにしてほしいですね。

No title

どうもこんばんは、今回も詳細なデータ等お疲れ様です。

ヘルナンデスに代わり明日先発か?という記事も出ていただけに、ある意味では今日の
登板は残念だったものの、それでも、試合展開との兼ね合いもあるとはいえ、
出番が回ってきて、初めて複数イニングを投げての無失点を達成出来た、
というのは非常に喜ばしい結果ですよね、内野ゴロを量産する正に岩隈らしい内容。
余談ながら、明日はノエシが中3日、ヘルナンデスは日曜に変更、だそうです。

2セーブ目を挙げた前回の登板で「本来の自分の球が行きだした」という岩隈の
コメントにもあったように、投げている球の質、制球力、マウンドでの落ち着き、
そういった、従来の岩隈の力を発揮出来るようになってきた、という感じでしょうか。
打たせて取るピッチングの岩隈からすれば、シンカーは非常に相性の良い球種だと
思うので、上手くピッチングに取り入れて頑張ってもらいたいです。
少なからず前回と今回の好投は首脳陣に対する良いアピールになったと思うので、
内容の良い今こそ、先発かリリーフかを問わず、極力登板の機会を与えてもらえれば、
と願わずにはいられませんが…まぁ、こればかりは中々難しいでしょうか(笑)

今回勿体なかった…というよりも、見ていて歯がゆい思いを感じたのは、
7回裏先頭打者のトラウトへの四球でした。
微妙にコントロール出来なかったようでノースリーになり、
そこからフルカウントへ戻せたものの、投じた6球目がボールの判定で四球。
スコアによると記録された球種は4シームなものの、映像で見る限りだと、
一度外へ流れた球が鋭く内角へ戻りながら捕手のミットへ吸い込まれたので、
てっきりシンカーかと思っていましたが…。
それより、そのコースが、審判によってはストライクを取ってくれてもおかしくない、
という外角ギリギリのコースだっただけに、これが見ていて悔しかったです。
岩隈はあまり露骨なリアクションを取りませんが、少し苦笑いしていました。

他には岩隈自身が対戦したい打者として名前を挙げていたプホルスでしょうか。
ジェイソは外角に構えていたのに、完全な逆球で内角の良いコースに決まる、
というシーンは少し見ていて笑ってしまいましたが、
対戦したい打者として名前を挙げていたプホルスとの対戦を経験出来たので、
今日の試合も岩隈にとっては価値のある試合となったでしょうか。

トランボのツーベースはこの日唯一の失投と言っていいド真ん中だったので、
流石に猛打賞で当たりに当たっていたトランボ相手には絶好球だった、
という結果になってしまってました、球速的にも結構な緩急がついていたので、
NPBの打者だったら見逃す、或いは打ち損じるような気もしますが、
やはりというべきか、MLBの打者は違うなと思わされました。

前回と今回、2試合続けて良い結果が出たのは喜ばしい限りですし、
この調子であと数試合結果を残す事が出来れば、今度こそ先発のチャンスが
回ってきた時には投げさせてもらえるのではないか、と期待も出来るので、
何とか頑張ってもらいたいです。
今回も長々と失礼しました。

Re: No title

kさん

コメントありがとうございます。

> お久しぶりです、最近岩隈の調子が上がってきていますね。

ようやく、慣れ始めてきて、自身の投球を出せるようになってきたかな?というところでしょうかね。

> 岩隈のシュートは雑誌に載っていた握りの写真を見るに2シームに近い球種ですよね。これをモノにできれば投球はガラッと変わる気がします。この球をどんどんストライクゾーンに投げ込んでカウントを取る、あるいは打者が手を出さざるを得ない状況に持ち込む投球はMLBでも流行っているし、そうした投球で好成績を上げている投手が多いです。

kさんの見立てでも、今後のピッチングのカギはシュートですね。この試合のように変化する速球を上手く使うことができれば、投球の負担はグッと減らすことができそうですし、郷に入れば郷に従えで、向こうの野球の良い所をうまく摂取して、シュートを操ってほしいと思います。

(ただ、昨年NPBでのシュート被打率は決して良いものではなく.292でした)

> 追いこんでからのフォークとの相性は良いように思えます。あとは岩隈が日本でシュートを投げるときに持っていた「右打者のインコースに食い込むイメージ」をどれだけ「鋭く沈むイメージ」に変えられるか、でしょうか。MLBの審判はインコースに厳しい傾向があるので、右打者に使う場合インコースに食い込ませても打者が振ってこないんですよね~。シュートやツーシームはバットを振らせるか見逃がしのストライクカウントを取れないと始まりませんし。

ということで、パスをいただいたので、調べてみました。岩隈の全球数は270。そのうちシンカー(=シュート)は41球投げています。打者の左右を確認すると、左が27球(66%)、右が14球(34%)です。

■右打者へのシンカー14球の内訳
被打率=.250、4打数1安打
ストライク率=71.4%
コース=内角7、真中2、外角5
◎ゴロアウト・・・3個 (外中、真中、内中)
◎シングルヒット・・・1個 (外低)
◎空振り・・・1個 (内低)
◎見逃しストライク・・・2個 (外低、内低)
◎ストライク寄与ファウル・・・2個 (内中、内低)
◎2ストライク以降ファウル・・・1個 (内低)
◎ボールカウント・・・4個 (外低、内高、中低、外低)

ここまでシンカーを右打者に投げることが少ないのですが、右打者の内角に投じられたシンカー7球は、空振り1個、ストライク寄与ファウル2個、2ストライク以降ファウル1個、見逃しストライク1個、ボールカウント1個、ゴロアウト(ニゴ)1個と、7球のうち5球でバットを振らせ、岩隈にとって良い結果を生み出しています。

ただ、投げる数自体が少ないということは、「鋭く沈むイメージ」に至っていないから、捕手が積極的に使えないと判断、そのため使用回数が減っているのかもしれませんね。仰る通り、右打者の内角に鋭く沈んでいく軌道を描くことができれば、膝元は右打者の死角になりますから、かなりの有効球になるような気がします。


■左打者へのシンカー27球の内訳
被打率=.250、8打数2安打
ストライク率=66.7%
コース=内角8、真中0、外角19
◎ゴロアウト・・・5個 (内低、外低、外低、外中、外低)
◎外野ライナーアウト・・・1個 (外中)
◎ツーベース・・・1個 (外低)
◎シングルヒット・・・1個(外低)
◎空振り・・・3個 (外低、外中、外中)
◎見逃しストライク・・・6個 (外中、外低、内低、外中、内低、外低)
◎ストライク寄与ファウル・・・1個 (外低)
◎ボールカウント・・・9個 (内低、外中、内中、外低、内低、内低、外低、外低、内低)

左打者へのシンカーは7割を外角に投じています。ココで5/16に秋信守とカブレラにヒットされていますが、この試合ではココでゴロアウトを量産しています。

内角には8球投じていますが、ゴロアウト1個、見逃しストライク2個、ボールカウントが5個という内訳。信頼のおける球にはなっていないようです。おそらく、左打者の内角ボールゾーンから変化してストライクゾーンの内角いっぱいに入る軌道を思い描いているのでしょうが、発展途上の完成度といえそうです。(ちなみに、昨年NBPでは岩隈が投げた左打者の内角シュートは僅か2球だけでした)

いずれにせよ、打者の左右を問わず、シュートをコースの両サイド常時使うことができてくれば、今よりもっと楽になってくるはずといえそうで、今後も注目して見守っていきたいと思っています。

Re: No title

ざくろさん

> どうもこんばんは、今回も詳細なデータ等お疲れ様です。

コメントありがとうございます。毎回、参考にさせてもらっています。

データは、映像を観ることができなかった試合でも、とにかく記録は取り続けていく予定です。

> 初めて複数イニングを投げての無失点を達成出来た、
> というのは非常に喜ばしい結果ですよね、内野ゴロを量産する正に岩隈らしい内容。
> 余談ながら、明日はノエシが中3日、ヘルナンデスは日曜に変更、だそうです。

凡打でも良い当たりの凡打を許さなかったですから、岩隈の本領発揮といえそうで、にっこりです。
Happy Felix Dayは日曜日なんですね(その記事、遅ればせながら拝見しました)。

> 打たせて取るピッチングの岩隈からすれば、シンカーは非常に相性の良い球種だと
> 思うので、上手くピッチングに取り入れて頑張ってもらいたいです。

同意です。ここまでスプリッター(フォーク)はMLBでも通用することが証明されましたので、シンカー(シュート)がそこに加われば、ひきだしがもう1つ増えるわけで、今後に期待が持てます。スプリッターは打者の左右なく投げることができていて、どちらにも効果絶大ですから、シンカーも左右なく投げることができれば「強み」になっていくでしょうね。

> 少なからず前回と今回の好投は首脳陣に対する良いアピールになったと思うので、
> 内容の良い今こそ、先発かリリーフかを問わず、極力登板の機会を与えてもらえれば、
> と願わずにはいられませんが…まぁ、こればかりは中々難しいでしょうか(笑)

今日は中3日でそのノエシが燃えましたが、相手投手もぴりっとせずだったので、さすがに出番はありませんでしたね。弱いマリナーズもあまり見たくはないので、そこのところ、うまい匙加減でお願いしたいところです>野球の神様。

> スコアによると記録された球種は4シームなものの、映像で見る限りだと、
> 一度外へ流れた球が鋭く内角へ戻りながら捕手のミットへ吸い込まれたので、
> てっきりシンカーかと思っていましたが…。
> それより、そのコースが、審判によってはストライクを取ってくれてもおかしくない、
> という外角ギリギリのコースだっただけに、これが見ていて悔しかったです。
> 岩隈はあまり露骨なリアクションを取りませんが、少し苦笑いしていました。

確かにシュート回転しているのでは?と見えますよね。それにしても、外いっぱい、ぎりぎりの良い所でしたよね。際どく突いたように思ったのですが、球審の手も上がらなければ、トラウト(弱冠20歳で1年目?2年目だとか)も手を出さない.....その後、外のシンカーで後続打者を併殺ゴロに取っているところは、さすが岩隈でした。

> 他には岩隈自身が対戦したい打者として名前を挙げていたプホルスでしょうか。
> ジェイソは外角に構えていたのに、完全な逆球で内角の良いコースに決まる、
> というシーンは少し見ていて笑ってしまいましたが、
> 対戦したい打者として名前を挙げていたプホルスとの対戦を経験出来たので、
> 今日の試合も岩隈にとっては価値のある試合となったでしょうか。

あの球はヒヤッとさせられましたよ(笑)。不振だったプホルズもエンジンがかかり始め、ギアを入れてきていますから、あれがバッティングカウントだったら、どうだったか?と思いました。初球ストライク、ファウルを打たせて追い込んでカウントが投手有利の1-2からの球だった、というのも大きいかなと思いました。ともあれ、追い込むことができていたのは良かったと思います。

> 前回と今回、2試合続けて良い結果が出たのは喜ばしい限りですし、
> この調子であと数試合結果を残す事が出来れば、今度こそ先発のチャンスが
> 回ってきた時には投げさせてもらえるのではないか、と期待も出来るので、
> 何とか頑張ってもらいたいです。

そうですね。本人の状態も良好のようですから、1試合1試合、結果を積み重ねていってほしいですね。ノエシが怪しそうな雰囲気ですので、チャンスはあります。

この試合の好投で、岩隈の被打率がさらに改善され.229になっていますね。リーグ(.265)やウィルヘルムセン(.237)より良い数字になってきましたね。

> 今回も長々と失礼しました。

いえいえ、こちらこそ、今回もおつきあい頂き、ありがとうございました。m(_ _)m
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
32位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}