FC2ブログ

〔記録〕マリナーズ 岩隈、3回3失点もメジャー初セーブ──5/30テキサスレンジャーズ戦に登板、その41球の詳細

スポンサーリンク



チケットぴあ
ビックカメラ.com

当ブログは岩隈投手を応援しています。おかげさまで、ブログ村「楽天イーグルス」部門1位です。皆さまの1票、宜しくお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


クマ、メジャー初セーブ

今週の前半、シアトルマリナーズは敵地アーリントンに乗り込んでテキサスレンジャーズとの3ゲームシリーズを戦っている。その3戦目が5/30(日本時間5/31昼)おこなわれた。

試合はマリナーズの一方的なワンサイドゲームで進んだ。強力な相手打線のお株を奪うかのような一発攻勢。相手先発ホランドを1番アクリー(4号3ラン)、4番モンテロ(7号2ラン)の一発などで2回途中でマウンドからひきずりおろすと、5番スモークの8号3ランなど二番手・建山も攻略。2回に8点、3回に8点、4回にも1点を加え、スコアSEA17-0TEXという17点の大量リードとなった。スモークは8回にも上原から3ランを記録し、終わってみればマリナーズ打線は20安打21得点の大爆発となった。

マリナーズの先発はビーバン。5回まで強力打線を散発の安打2本に抑えスコアボードにゼロを並べる好投をみせるも、6回に捕まってしまう。長打絡めて6安打を集められ、このイニング5失点。6回を投げ終えて79球・5失点でマウンドを降り、7回アタマからは二番手として岩隈が5/16CLE戦以来2週間ぶりのメジャー5試合目のマウンドに登った。


■岩隈久志 登板日別 投手成績
20120531DATA3.jpg


岩隈は7回に長打含む3本の安打を浴びて2点を失うと、8回には代打・スナイダーにフルカウントから四球を与えてしまうも、ここは低めのスプリットで8番モアランドを併殺網にかけさせて、難を切り抜ける。しかし9回、無死2,1塁のピンチで2番・ヤングに左翼へタイムリーを運ばれて、1失点。3イニングで3点を失う内容となったが、味方打線の分厚い援護点もあったため、3イニング投げたことでメジャー初セーブを記録している。

なお、イチローは今季初の休養日。川崎は8回にブレンダン・ライアンの代打で出場(ニ飛)、9回にはそのまま遊撃守備に就いて、この試合最後の打者の飛球を処理した。(マーフィーの遊飛)


■岩隈久志 球種別投球詳細
20120531DATA4.jpg


3回、打者15人に41球(1人当たり2.73、1イニング当たり13.67)、被安打5(ニ塁打3本含む)、奪三振0、与四球1、与死球1、失点3、自責点3。これで防御率は試合前の5.25から6.00に、WHIPは1.25から1.40に悪化した。

この試合の映像はまだ見ていない。そのため、記録から診た印象を書き綴ることになるのだけれど、一言で言ってしまえば、制球が甘く、不安定だったということなのかもしれない。

特に右打者に対してだ。下記配球図のとおり、右打者の中段(甘めのゾーン)に4シームが集まっていて、そこで3本の被安打を記録している。(7回のAゴンザレス中安、キンズラー左ニ、9回ヤング左安)。

20打数1安打10三振の被打率.050とここまで圧倒的な強さを発揮してきた決め球のスプリッターも、要所でコントロールがばらついたのでは?と診る。9回無死1塁で2-2からキンズラーに投じたスプリッターが抜けてデッドボールになった。また7回にはハミルトンに対して初球スプリッターから入り、ニ塁打を打たれている。なお、スプリッターで打たれた初の長打となっている。この球は恐らくストライクゾーン内で変化したのではないだろうか?(映像を見ていないのでなんともいえないが) .368の打率はMLBで4位、21本のホームラン、57の打点はいずれも1位、今のハミルトンに対しては少しでも甘くなるとヤられてしまうということなのかもしれない。

なお、初球スプリッターから入る例はこれが初。9回のベルトレーにも初球スプリッターから入っていた。このチャレンジは決して間違いではなく、相手打者が手のつけられないハミルトンであったこと、制球が甘かったことが打たれた原因のように感じる。

ところで、現在、岩隈が任されているロングリリーフは心身共に調整するのが難しい持ち場であることは、皆さん御存じのとおりだ。メジャー初登板となった4/20CWS戦からニ登板目の4/28TOR戦は中7日、次の5/7DET戦は中8日、同様に5/16CLE戦では中9日、そして今回5/30TEX戦は中13日となった。登板を重ねるたびに、登板間隔が長くなってきているのだ。

マリナーズというと先日、抑えを任されていたリーグが不調のため抑えから外れる事態が起きた。では当面抑えの代役は誰が担うのか?という記者陣の問いに、ウェッジ監督は、岩隈はロングリリーフができるためはずすわけにいかないので、その他のブルペン投手で状況に応じてやりくりしていく、報道によると、こんな趣旨の発言をしたという。

指揮官のこの発言が、どうにもこうにもひっかかってしまうのだ。長いイニングを投げることができるのはクマの特徴だけれど、その特徴を表向きの理由とし、ウェッジ監督の本音は、岩隈=重要所で任せるには疑問符がつく投手、という認識なのではないか?


■5/30TEX終了時 岩隈久志 被打率 被出塁率 被OPS



試合後「久しぶりの登板で感じは良くなかった。(セーブは)考えてもいなかった。やっぱり勝ちゲームで投げるのはいいですね」と語ったという岩隈。やっぱり勝ちゲームで云々のコメントから垣間見えるように、緊迫した試合展開でこそ投げてみたいという渇望が相当溜まっているのだなと感じる。

だが、その願いは、指揮官の岩隈を無視した頑なな投手起用と自身のかんばしくない成績から、当分、かなえられそうもない。クマが防御率をそれなりの数字に整えてくるには、今後10イニング無失点で切り抜けることが要求される(10イニングをゼロで抑えると防御率は3.60に改善する)。当面、茨の道は続きそうだ。


ダイジェスト映像を見た後、追記することがあれば追記していきたい。


■岩隈久志 配球図
※各コースの上段が4Seam、下段が変化球



■MLB5登板目 岩隈久志 全41球の詳細
20120531DATA5.jpg



----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
4/20CWS4回1失点4/28TOR1回4失点5/7DET3回1失点5/16CLE4回1失点
〔コラム〕岩隈投手がホームランを浴びないために必要なこととは?

---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、通りすがりなどハンドルネームがいい加減なものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI






関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

No title

どうもこんばんは、今回も詳細なデータ等ご苦労様です。

毎日タイマーをセットして仕事へ行き、帰ってきてチェックするも投げておらず落胆して、
という日々を過ごして、やっと投げたと思えば今度は試合の放送が無かった、という…(笑)
何ともファン泣かせの現状ですが、それでもまずは久しぶりの登板を素直に喜びたいです。

shibakawaさん同様、まだ試合の映像を見ていないのでスコア等による印象だけでの感想に
なってしまうんですが、立場上岩隈は、完璧に抑えればソレに越した事はないものの、
そうはいっても、流石に約二週間ぶりの登板なわけなので、そう考えると、
多少打たれてしまうのも仕方ないのかな、という気はしました。
ファンとしてはどうしても擁護してしまうものの、あまりにも久しぶりの登板。
岩隈自身も「久しぶりの登板で感じは良くなかった」と口にしていますし、
渡米後だけで言えば初めてストライクよりもボールのほうが多かったようなので、
少なくとも最初の7回は結構苦労したんじゃないかな、と思います。

勿論、そうはいっても首脳陣からすれば「失点するかしないか」に重点を置いている
可能性は非常に高いと思うので、そういう意味では今日の登板も少し残念な結果に
なってしまったかもしれませんが、調子の善し悪しに関わらず、被ホームランを
回避する事が出来た、というのは前向きに考えてもいいのかなと思いました。
初球からのスプリッターだったり、今日の登板は少なからず収穫があったのかなと。
ただ、各種記事によると「9回に味方の拙い守備で1点を失ったものの」
と記されている記事もあるので、ファンとしては、せめて失策扱いで自責が
1点でも減ってくれれば…と思わずにはいられませんが(笑)

ところで、岩隈の場合まだ試合数も少なければ、登板間隔が毎回あきすぎているので、
調整という面でも非常に難しいでしょうから、あまり関係無いのかもしれませんが、
岩隈の失点の、1、4、1、1、3、気になって調べてみたところ、
1失点の試合は全て捕手がモンテロ、1失点以上の2試合の捕手はオリボ。
前述のように試合数や登板間隔を考えると相性というには早いかもしれませんが、
現時点での数字だけで見ると、モンテロのほうが合っているのかな、と思いました。

Re: No title

ざくろさん。

こんにちは。コメントありがとうございます。

> 毎日タイマーをセットして仕事へ行き、帰ってきてチェックするも投げておらず落胆して、
> という日々を過ごして、やっと投げたと思えば今度は試合の放送が無かった、という…(笑)
> 何ともファン泣かせの現状ですが、それでもまずは久しぶりの登板を素直に喜びたいです。

それにしても、本文にも書きましたが、徐々に登板間隔が長くなっているに悶々とさせられます。岩隈が先発ローテに定着してくれれば、ぼくらは登板日が読めて気を揉むこともなくなるでしょうし、クマにとっても理想的です。おそらくマリナーズにとっても良い結果が出るだろうと信じているのですが、なかなか・・・

> そうはいっても、流石に約二週間ぶりの登板なわけなので、そう考えると、
> 多少打たれてしまうのも仕方ないのかな、という気はしました。

そうですね。身体的にも精神的にも相当調整したり、モチベーションを切らさずに維持したりするのが大変でしょうしね。出番がなかなかない中で異なる環境下で、恐らく孤独感や疎外感も味わっているはず。報道によれば、イチローやムネが明るく接してくれるのが救いにもなっているといいます。

とはいっても、自らの夢です。(ぼくらファンの夢も背負ってます)

なんとかしてゼロに抑えて、目に見えた・わかりやすい実績を作って、ウェッジ監督の視線をこっちに向けさせたいところ。現在先発ローテに入っているノエシは防御率5.01で2勝6敗、ビーバンも防御率4.72で3勝4敗とイマイチですし、今後、割り込む余地はまだあるはずです。ブルペン陣ではデラバー(5.18)やウィルヘルムセン(4.26)あたりがいまひとつですし、彼らに取って変わる可能性も、まだまだあるはずです。

> 調子の善し悪しに関わらず、被ホームランを回避する事が出来た、というのは前向きに考えてもいいのかなと思いました。
> 初球からのスプリッターだったり、今日の登板は少なからず収穫があったのかなと。

1登板の中でも、良い所/今後に繋がる収穫と、悪かった点/改善点があるはずで、しっかりそれを整理してインプットすることができると思っています。今後の糧にしてほしいと願っています。

> ただ、各種記事によると「9回に味方の拙い守備で1点を失ったものの」
> と記されている記事もあるので、ファンとしては、せめて失策扱いで自責が
> 1点でも減ってくれれば…と思わずにはいられませんが(笑)

そうなんですよね。MLBのテキスト試合速報を確認してみると
Michael Young singles on a ground ball to left fielder Mike Carp. Alberto Gonzalez scores. Ian Kinsler to 2nd. Fielding error by left fielder Mike Carp.
と書かれており、エラーはしたことは確からしいのですが、どういうたぐいなのか?がわからない。残念ながら、自責点がついちゃっております(泣)

まだしばらく、希望と不安に揺さぶられながら一喜一憂しつつも、岩隈のメジャーでのピッチングを楽しむ日々が続くと思いますが、引き続き、我慢強く追いかけていきたいと思っています。コメントありがとうございました。(モンテロ、オリボの件はデータが溜まってきたら、なにかやってみたいとおもっています)

No title

初めまして
岩隈投手のファンの者ですが、いつも読ませて頂いています
ざくろさんもコメントで触れておられるエラーと自責点について、私もどうなのかな?と思っていたのですが
9回の失点場面をダイジェストで見る事ができましたが、ノーアウト1、2塁の場面で、レフト前に転がった打球を左翼手が取ったものの返球しなかったため、2塁走者が3塁を廻ってホームまで生還してしまったようです(左翼手にエラーがついています)
エラーが無くてもノーアウト満塁のピンチにはなったと思いますが・・
ファンと言いながら野球には全くド素人なのですが、この場合はやはり自責点になるのでしょうか?

最後になりましたが、岩隈投手の情報が殆ど無い中、毎回解説して下さるこのブログは大変有難いです
これからも楽しみにしております よろしくお願い致しますm(__)m

Re: No title

nico&nicoさん

ようこそ。こんにちは。御訪問&書き込み、ありがとうございます。

> ざくろさんもコメントで触れておられるエラーと自責点について、私もどうなのかな?と思っていたのですが
> 9回の失点場面をダイジェストで見る事ができましたが、ノーアウト1、2塁の場面で、レフト前に転がった打球を左翼手が取ったものの返球しなかったため、2塁走者が3塁を廻ってホームまで生還してしまったようです(左翼手にエラーがついています)

先ほどようやく私もダイジェスト映像で確認してきました。問題の場面、なかなか左翼手の動きが見ずらい映像ですが、三遊間へのゴロの当たり、川崎がダイビングキャッチしにいくもその先を左前に抜けていき、左翼手マイクカープが捕球体勢に入るも、グラブで弾いてしまったのかなんなのか、球を後逸させてしまっていますよね。画面の端に反転して後方へ追う映像がちらりと確認できます。そのあと、捕球して、3塁をまわったところで速度を落とした2塁走者が本塁を狙っているのを確認して、慌てて返球している、という状況のように思います。

おっしゃるとおり、もし左翼手が無難に捕球していれば無死満塁塁となっていただけに、自責点がついてしまっているのは、なんとも、納得できかねる部分です・・・

wikipediaを確認すると、
失策、捕逸、打撃妨害、走塁妨害によって進塁した走者が得点した場合は、これら守備側のミスがなくても得点ができたと記録員が判断したときに限って自責点となる。
とあります。納得がいかないのですが、一般に得点圏での左前安打は、2塁走者が本塁に帰ってくる可能性は大いにありますから、そのため、自責点になっているのかな?と思います。それでも、納得できかねるシーン。。。う~む・・・

> 最後になりましたが、岩隈投手の情報が殆ど無い中、毎回解説して下さるこのブログは大変有難いです
> これからも楽しみにしております よろしくお願い致しますm(__)m

有難うございます。一喜一憂しながらの観戦が続きそうですが、粘り強く追いかけていきますので、よろしくお願いします。

Re: No title

nico&nicoさん

追記です。Twitterのフォロワーさんによると、アメリカの場合、自責点はイニング終了時につくとのことです。そのため、左翼手がエラーせずしっかり補球して無視満塁になっても、その後、1死後、ベルトレーの中飛が犠牲フライになるだろうという判定の下、自責点がついているそうです。確かにあのセンターフライはウォーニングゾーン付近まで飛んでますから、犠牲フライには十分の飛距離でした。

No title

shibakawa 様

詳しい説明ありがとうございましたm(__)mよく分かりました
エラーがなかった場合も想定して打ち取り方を考えなければならないんですね・・そこまで拘る投手もいないかもしれないですが(^^;
昨日は僅差の場面で抑えられて良かったです!
これからもハラハラドキドキしながら見続けたいと思います


Re: No title

nico&nicoさん

> 詳しい説明ありがとうございましたm(__)mよく分かりました
> エラーがなかった場合も想定して打ち取り方を考えなければならないんですね・・そこまで拘る投手もいないかもしれないですが(^^;

いえいえ、私も勉強になりました。自責点の付け方に日米で「違い」があるとは、今回初めて知ることができましたし。

> 昨日は僅差の場面で抑えられて良かったです!
> これからもハラハラドキドキしながら見続けたいと思います

ナイスピッチングでしたね。こちらのMLB公式サイトに掲載された記事の翻訳によると、水曜日(日本では6/7)に、エースのヘルナンデスの代役として先発する可能性が出てきているとか。もしそうなれば、楽しみですね。
http://news.livedoor.com/article/detail/6624780/
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
178位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
30位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}