FC2ブログ

〔分析〕シアトルマリナーズ岩隈久志投手、12イニングで3本塁打浴びているその理由とは?!

スポンサーリンク


チケットぴあ
ビックカメラ.com

ブログ継続運営の活力は皆さんの1票です。楽天から羽ばたいた岩隈投手を応援しています。ブログ村「楽天イーグルス」部門1位です。引き続き宜しくお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村



シアトルマリナーズの岩隈について、先日、Twitterでツイートしたことを叩き台に、ここまでの投球を振り返ってみたい。

なぜ岩隈は12イニングで3本の本塁打を浴びてしまったのか?ということだ。

メジャー初の被本塁打は、初登板となった4/20シカゴホワイトソックス戦で、3番打者アダム・ダンに右本を打たれた。2本目は4/28トロントブルージェイズ戦で5番打者エドウィン・エンカーナシオンに無死満塁からグランドスラムを右翼席に運ばれている。3本目は5/16クリーブランドインディアンス戦。4番のトラビス・ハフナーの右本を被弾した。

さて、ここまでの投球成績を確認してみよう。4試合に登板、合計12イニング、打者50人に180球を投げた(1イニング当たり15.00、1人当たり3.60)。打たれたヒットは10本、そのうち、二塁打が2本、本塁打が3本、奪三振13、与四球5(敬遠1含む)、7失点、7自責点で、防御率は5.25、WHIPは1.25という成績になっている。


■岩隈久志 登板日別 投手成績



次に、被打率、被OPSを確認してみたい。球種別被打率も4シーム(速球)とスプリッター(フォーク)でチェックしてみたい。


■岩隈久志 被打率 被OPS



被打率では.222と打者を抑え込んでいるものの、打たれた安打のうち半分が長打ということもあり、被OPSは決して良いという値ではない。球種別では、4シーム(=ストレート)、スプリッター(=フォーク)、明暗わかれる結果が出ている。

スプリッターは被打率.050、被OPS.100という素晴らしい成績、奪三振13個のうち10個をスプリッターで獲得、10本の凡打は全て内野ゴロとなっている。下記の明細表のとおり、低め低めに集めることができている制球の良さも確認できる。昨年右肩痛から復帰した後はスプリッターに本来の制球・キレがなく甘さが目立っていたが、どうやら輝きを取り戻したと言ってよさそうだ。(下記のスプリッター明細表を参照)

一方、4シームは、ちょっと信じがたい数字が並んでいる。被打率.500、被OPS1.905。浴びた3本のホームランは全て4シームで、打たれた5本の長打のうち4本は4シームなのだ。

確かに岩隈の失投が招いた一発だったという要素はかなりの部分である。ダン、エンカーナシオンに打たれた4シームはいずれも逆球だったからだ。ダンに対しては捕手モンテロがアウトコースに構えたものの中に抜けて入ってしまったところを狙われた。満塁弾になったエンカーナシオンは捕手のミットは内角を要求していたものの、アウトローに流れてしまう逆球で、見逃せばボールだったものの、いとも簡単に右翼席へ運ばれてしまった。

また、NPBで活躍していた昨年と比べると、MLBで速球が通用しにくくなっている事実もあるだろう。昨年、岩隈のストレート被打率は私の調べだと.207、被OPSは.556だった。統一球という極端なバイアスは考慮しなければならないものの、明暗わかれるかたちとなっている。

しかし、ここ最近になり、こんな心境になりつつあるのだ。


ホームランは防ぐことができたのでは?


というのは、明らかな傾向がデータ上から伺えるからだ。

この3本の一発、2つの共通項がある。


〔1〕相手の主軸打者であること

〔2〕初球を打たれてしまっていること



前述したとおり、ダンは3番、エンカーナシオンは5番、ハフナーは4番。打線の主軸にすわるバッターだった。さらに、いずれも初球の4シームを打たれているのだ。

最も警戒しなければならない主軸相手に、初球、ストレートから入るのは、あまりにも素直すぎると言えるのではないだろうか?

日本では、強打者や初球から積極的にバットを振りにいくバッターに対しては、初球をクサいゾーンへのボールから入って様子を探ったり、変化球で入っていくケースが普通の光景としてそこにある。

しかし、敬遠と球種不明の2打席を除く対戦打者48人の初球球種割合を確認すると、4シーム27、シンカー6、カーブ4、スライダー11となっている。シンカーは日本で言うシュートだから、4シーム+シンカーを「まっすぐ系」とすると、まっすぐ系の割合は実に68.8%となる。この割合、昨年は53.3%となっているのだ。

さらに、初球で未使用の球種が存在するのが気になってくる。そう、素晴らしい成績を残しているスプリッター(=フォーク)だ。MLBでは打者の初球にまだ1球も使っていないのだ。一方、昨年は対戦471打席のうち初球スプリッターの割合は11.7%に当たる55打席で記録している。

もう少し見てみよう。対戦50打者のうち、初球打ちに遭ったのは16打席ある。16打席で相手はバットをスイングして、空振りが4度、ファウルが6度、バットに球が当たってフィールドに飛んで打席結果が出たのが6度あった(6打数3安打3本塁打)。この球種を確認すると、球種不明1、まっすぐ系13、スライダー2という内訳になっている。初球から打ちにきているバッターは「まっすぐ系」に狙い球を絞っている雰囲気だ。

相手の主軸、一発もある強打者、初球から積極的にバットを振りまわしていくバッターに対する初球の入り方、カウントの取り方に、今後の好投へ向けての1つのカギが隠されているような気がしてならない。

この点は、捕手モンテロ、オリボのリードも問題も大きいと思う。また、岩隈がまだ対戦チームの打者の傾向を(当たり前なことだけども)抑えきれていない点もある。現在、配球の最終決定権を岩隈、捕手のどちらが握っているのか?はぼくには判らない。郷に入れば郷に従えとも言うけれども、ここはという譲れない要所では自己の考えを貫くことも必要になってくるはずだ。

初球の一発がなかったら、ここまでの4登板はほぼパーフェクトといえる素晴らしい内容になってくる。こういう傾向が出ていることは、おそらくクマも判っているはずだ。今後の修正に期待したい。


■岩隈久志 スプリッター 明細
20120520DATA4.jpg


◎◎◎関連記事◎◎◎
〔記録〕マリナーズ入りの楽天・岩隈久志、MLBでの活躍に不安を残す「あるデータ」とは?
〔試合評〕4回6失点、光が見えない岩隈久志。その53球全詳細 ──2012年3月26日(月)シアトルマリナーズvs巨人(2012.3.26)
〔速報〕シアトルマリナーズ・岩隈久志、ホワイトソックス戦でメジャー初登板!──その全45球の配球図など投球詳細
〔記録〕マリナーズ・岩隈久志、悔いが残るメジャー2登板目。その全22球、配球図、球種別詳細、打者別詳細
〔記録〕マリナーズ岩隈久志、緊急登板で3回1失点、サヨナラ勝利への下地を作る全48球
〔記録〕シアトルマリナーズ 岩隈久志 5/16 クリーブランドインディアンズ戦に登板、4回1失点。その全65球の詳細

---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、通りすがりなどハンドルネームがいい加減なものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI













関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

No title

Baseball Journalを通じて読ませていただきました。
ここではMLB系の数字中心のブログよりNPB系のものの方が日本人選手の分析が優れているのでいつも感心して読んでおります。
岩隈が初球ストレートが多いのは、ストライクを確実に取れることが理由だと思います。カウントを悪くすることを絶対に避けようとしているのでしょう。
ストレートでも低めのいいコースに投げられれば見逃されると思います。ダルビッシュうのように変化球でも確実にストライクゾーンに入れられる球であれば良いのですが、それができないのならストライクを投げるより他ないと思います。
スプリッターは決め球として使いたいので初球からは使いにくいのでしょう。

No title

こんばんは、今回も詳細な分析お疲れ様です。

NPBと違い、MLBの打者は打撃の技術も選球眼も遥かに優れていると思いますが、
それ以上にMLBの打者は速球に対して非常に強いので、この辺りも原因でしょうか。
ファンとしては残念なものの、ダルビッシュですら速球では中々結果と言えるだけの
結果が出ていないので、そう考えると、流石に岩隈の速球では厳しいのかなという気も。
そこへ至るまでの配球次第で抑える事も出来るとは思うんですが、
何せ打たれた3本のホームランは全て初球、配球も何も無いというのが…。

ただ、shibakawaさんが書かれているように配球面が少し気になりますよね。
岩隈のみならず、当然投手は打たれた状況やカウント、その時に投げた球種、コース、
特に被ホームランともなれば強く印象に残っていると思いますが、それでも初球に速球。
実際どうなのかは分かりませんが、個人的なイメージだと岩隈はあまりNPB時代から
捕手のサインに首を振る、というイメージが無いので、基本的に捕手任せなのかなーと。
過去の様々な記事やインタビュー等によると岩隈自身は配球を大事にしているようなので、
完全に捕手任せという事は無いと思うんですが、個人的なイメージとしてはほぼ捕手任せ、
というような印象があります、勝手な思い込みで恐縮ですが。
2009年最終登板で中谷と組んだ際には非常に投げづらそうにしていましたが、
現状モンテロやオリボと組んでいる際にはそういう印象が無いので、
相性面で問題がなさそう、というのは良い事ですが。

あとは、やはりMLBの場合フォーク(スプリッター)をそう多くは使わない、
或いは初球から使ったりはしない、という傾向のようなものもあるのではないでしょうか。
よくある「ここは1球外して」というNPB特有のモノが無いのと同様に、
MLBにも「ここで○○は普通しない」というような何かがあるのかなーと。

しかしまさか初球に一度もフォークを使っていないとは思いもしませんでした。
今後は初球に何を投げるか、という点にも注目して応援したいと思います。
長々と長文申し訳ありませんでした。

Re: No title

ドログバさん

Baseball Journalさんからの御訪問、ありがとうございます。

> 岩隈が初球ストレートが多いのは、ストライクを確実に取れることが理由だと思います。カウントを悪くすることを絶対に避けようとしているのでしょう。

そうですね。私もそのように推測しています。特にMLBでは球数のこともあり、ストライク先行、ボール球を使うことは良しとしない傾向がありますから、そういった考えの違いも、ここに反映されているのだと思っています。私も初球ストレートで入ることはいいと思うのですが、打者の傾向や状況に応じて、入り方に注意してくれればと思うのです。

> ストレートでも低めのいいコースに投げられれば見逃されると思います。ダルビッシュうのように変化球でも確実にストライクゾーンに入れられる球であれば良いのですが、それができないのならストライクを投げるより他ないと思います。
> スプリッターは決め球として使いたいので初球からは使いにくいのでしょう。

岩隈は180球のうちスライダーを34球投げていますが、

◎空振り4
◎見逃しストライク7
◎ストライク寄与ファウル5
◎2ストライク以降ファウル2
◎ボールカウント13 (2四球含む)
◎フィールドに打球が飛んで結果が出た3 (3打数1安打)

このように、それなりにストライクが取れているんです。空振り+見逃しストライク+ストライク寄与ファウルを34球で割った率は47.1%。4シームの50.8%と比べてもそれほど悪くはないので、状況に応じて、リスクを考えて、ストレート以外の入り方の選択肢もあると思うんですよねえ。

今季はダルビッシュの試合も観ること多いのですが、ダルが成績を残すようになってきているのは、向こうに譲歩せず、自分の考えを貫く所はしっかり貫いているという要素も大きいのでは?と思っていて、このようなエントリになりました。

Re: No title

こんばんは。コメントありがとうございます。

> ファンとしては残念なものの、ダルビッシュですら速球では中々結果と言えるだけの
> 結果が出ていないので、そう考えると、流石に岩隈の速球では厳しいのかなという気も。

...というイメージになってきますよね。あのダルですら・・・ですからねえ。なんだか、寂しい気持ちになっちゃいますが、これがMLBのレベル・力量なんでしょう。(実際、凄いですよね 汗)

> 実際どうなのかは分かりませんが、個人的なイメージだと岩隈はあまりNPB時代から
> 捕手のサインに首を振る、というイメージが無いので、基本的に捕手任せなのかなーと。
> 過去の様々な記事やインタビュー等によると岩隈自身は配球を大事にしているようなので、
> 完全に捕手任せという事は無いと思うんですが、個人的なイメージとしてはほぼ捕手任せ、
> というような印象があります、勝手な思い込みで恐縮ですが。

私も田中ほどは首を振っているイメージがないんですよね。試合前に捕手と綿密な打ち合わせをしているから任せているのかもしれませんし、リズムを大事にしているのかもしれませんけども。

このようなエントリになったのは、ダルが徐々に安定した成績を残すようになった背景には、配球を決して捕手任せにせず、文化の違いはあれど、自身の考えをしっかり捕手に伝えているからこそ、この要素も大きいのでは?と思うようになってきていたためです。クマもクレバーな投手、郷に入るところは入って、自己を主張してほしいと。

> あとは、やはりMLBの場合フォーク(スプリッター)をそう多くは使わない、
> 或いは初球から使ったりはしない、という傾向のようなものもあるのではないでしょうか。
> よくある「ここは1球外して」というNPB特有のモノが無いのと同様に、
> MLBにも「ここで○○は普通しない」というような何かがあるのかなーと。

御指摘のとおりだと思っています。ストライク先行させたいため、ボールになるのを嫌って、恐らくストレートの初球割合が多く、フォークは使わないのだということなんでしょうね。

それでいいと思うんですよ。下位打線や長打がない打者に対しては基本それでOKだと思うのです。ただ、強打者や主軸、塁状況・アウト状況など、重要局面では、フォークを決して封印せず、選択肢の1つとして使っていってほしいと思います。もちろん、まな板の上にフォークを並べて検討した結果、ストレートを採用したんだったら、良いと思っています。ハナから検討していないのでは?というのが1球も使っていないという事実から垣間見えるので、それはどうなのかな?と。

まあ、でも、課題があまりにも明確すぎるので、対策のしがいがあるのでは?と、このエントリを書きながら、前向きになってきました。現地では、クマを先発に!という声も出始めているとのことです。

「理解し難い岩隈の現状と見えてくる采配の混乱」(スポーツナビ)
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/mlb/2012/text/201205180001-spnavi_1.html
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
27位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}