FC2ブログ

〔試合評〕指揮官1,000勝に花を添える聖澤の好活躍、データでみる戸村健次の成長点──2012年5月11日(金)○楽天イーグルス3-2オリックス

スポンサーリンク



チケットぴあ
ビックカメラ.com

おかげさまで、ブログ村「楽天イーグルス」部門1位です。引き続き応援宜しくお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村



○楽天イーグルス3-2オリックスバファローズ


■ハイライト映像



先攻・楽天のスタメン・・・1番・聖澤(中)、2番・高須(三)、3番・松井稼(遊)、4番・フェルナンデス(一)、5番・牧田(右)、6番・ガルシア(指)、7番・テレーロ(左)、8番・嶋(捕)、9番・内村(ニ)、先発・戸村(右投)。

後攻・オリックスの先発メンバー・・・1番・坂口(中)、2番・大引(遊)、3番・後藤(ニ)、4番・李大浩(一)、5番・バルディリス(三)、6番・北川(指)、7番・赤田(左)、8番・鈴木(捕)、9番・川端(右)、先発・寺原(右投)。


星野監督、通算1,000勝のメモリアル勝利に!

京セラドームに移動してのオリックス7回戦は、星野監督通算1,000勝ゲームとなった。通算1,000勝達成の監督はこれで史上12人目である。明日勝てば、1,001ナノダ(笑)

■監督勝利1,000勝以上
鶴岡一人 1,773
三原脩 1,683
藤本定義 1,657
水原茂 1,586
野村克也 1,565
西本幸雄 1,384
上田利治 1,322
王貞治 1,315
別当薫 1,237
川上哲治 1,066
長嶋茂雄 1,034
星野仙一 1,000

オリックスの先発は寺原。楽天相手に白星を挙げると史上2人目となる13球団からの白星達成という記録がかかった相手だった。その寺原相手に初回だ。楽天打線が猛然と襲いかかる。切込隊長の聖澤は安打出塁後、ニ塁を狙い盗塁死となるも、続く高須が三遊間を割り、3番・松井稼が右中間を襲い(フェンス直撃三塁打)、4番・ホセが中前に運んでいく、長短打の3連打で、2点を先制した。

楽天は5回にも1点を追加する。1死3,2塁で途中出場の阿部がスクイズを空振り。飛び出した3塁走者が挟死してしまい、2死3塁に。その直後のファーストへのゴロだった。懸命に全力疾走した阿部は、ファースト後方で打球を処理し、一塁を踏みにいく李大浩と競争となる。結末はスクイズの失敗を取り返すべく懸命に駆け抜けた阿部の間一髪の勝利。これがイーグルスに3点目をもたらすタイムリー内野安打となった。

楽天先発・戸村は粘り強いピッチングで7回途中まで1失点にまとめる内容。終盤8回にハウザーが李大浩に被弾し1点差まで迫られるも反撃を振りきり、9回は青山が3人で締め、指揮官に勝利を届けることに成功している。

これでチーム成績は今季3度目の3連勝、33試合15勝16敗2分の4位。3位・ソフトバンクとのゲーム差は2.5、5位・オリックスとは2.5で推移。オリックス戦は4勝2敗1分、5月月間成績は6勝4敗、ビジターゲーム戦績は8勝8敗1分、1点差試合は9勝6敗、先制ゲーム戦績は10勝6敗1分となっている。

20120511DATA2.jpg
HANREI.jpg


松井稼が負傷退場・・・

1回に右中間フェンス直撃の先制打となるスリーベースを放ってみせた松井稼だったが、3回裏の守備、鈴木のサードゴロ後に負傷退場となってしまった。その直前3回表の第2打席、2-2からの7球目をファウル。これが右ひざ直撃の自打球となり、しばし倒れ込むという場面があった。攻守交代で、応急処置を施して守備に就くも、先頭・赤田のショート右のゴロを取りきれずエラー出塁を許してしまった。その直後に阿部と交代となった。

報道によると、腫れがあるものの病院には行かずにアイシングで様子をみるという。腰痛から出遅れた今季、ようやく徐々に「らしさ」が出てきつつあるかな?という矢先のアクシデントなだけに、心配だ。大事に至らなければと思う。あのフェンス直撃弾を目撃したら、あのような打撃ができる松井稼の力は、絶対に必要だ。今季はキャプテンとして、投手がピンチに陥った時、日本人、外人問わず、頻繁に声をかけにいって鼓舞するシーンをよく見かける。

エラーでピンチを広げた高須、今度はファインプレーで危機を救う!

戸村が許した唯一の1失点は、松井稼のエラーから生まれたものだったが、ベテランの失策といえば、8回に高須の悪送球もあった。8回1死走者なし、川端のサードゴロを処理した高須がいつもどおりさばいて1塁へ投げるも、これが本塁方向に逸れ、ホセがジャンプしてとるハメに。しかし、この後に、みどころが待っていた。

1死1塁で左の坂口を迎えたところで、楽天は戸村から左のハウザーにスイッチ。しかしハウザーが坂口に3-1から四球を与えてしまう。1死2,1塁で大引。制球難のハウザーがストライクを取りにきた甘い球を痛打された。鋭い一撃がサード右を襲う。外野に抜けていれば、同点か?1死満塁か?という状況、ここで高須がダイビングキャッチ、すかさず起き上って2塁へ送球、飛び出していた2塁走者をみごと刺し、併殺で難を逃れることに成功した。

それにしても、殿下は殿下だ。エラーのときもファインプレーのときも表情1つ変わらない。併殺にしてみせたあと、ベンチに引きさがるときに、グラブを心なしかパンと叩いた(ようにみえた)ところに、ほんの僅かながらも殿下の静かな闘志を垣間見た気がした。

聖澤、4安打&3盗塁の好活躍!

「俺が絶対に1億円プレーヤーにするからな」。闘将からよくこう言葉をかけられるという背番号23は、指揮官の1,000勝つに花を添える4安打&3盗塁の好活躍をみせた。打撃内容は、ニ安、左安、一安、左安、空三振の5打数4安打。1試合4安打は今季2度目。猛打賞は今季6度目。特に左翼への流し打ちヒット2本は、心地よくバットが振れている印象を受け、今季の好調ぶりを象徴する打撃となった。

盗塁は1回に鈴木の好送球で刺されてしまうも、これが盗塁王を狙うリードオフマンの闘志に火をつけた。3回に1つ決めると、きわめつけは5回である。足でもぎとった内野安打で出塁すると、すかさずニ塁を陥れ、その後、1死2,1塁から1塁走者・高須とダブルスチールを悠々成功させている。

聖澤の三盗は今季はやくも4個目。52盗塁した昨年は僅かに2個だった。昨年52個走っても盗塁王に届かなかったことを踏まえて、三盗数が少なかったことを今季の課題の1つとしたのかもしれない。また、鈴木康友コーチの的確な指導もあるのかもしれない。

これで盗塁数ははやくも22に。11個で2位につけている明石にダブルスコアの差をつけて、独走体制に突入している。


■楽天・戸村健次 球種別投球詳細
St=ストレート、Sl=スライダー、Fo=フォーク、Ch=チェンジアップ
vs右打者70球=St39、Sl21、Fo10
vs左打者26球=St15、Sl6、Fo4、Ch1
20120511DATA4.jpg

戸村、走者を背負っても、粘ることができている

6回1/3、打者27人に96球(1人当たり3.56、1イニング当たり15.15)、被安打5(ニ塁打1本含む)、奪三振2、与四球2、失点1、自責点0。クオリティスタートを記録。これで今季5登板のうち3登板でQSとなっている。

頼もしくなってきたな。そんな印象を持つ。特に、田中、永井といった実績のある先発投手を欠くこの状況で、戸村が順調に白星を積み重ねているのは、光明だ。

しかし、決して抜群の好投だったわけではない。96球のうちボールカウントになったのが39球、40.6%という割合は、危険水域だ。北川、バルディリス、赤田、鈴木にはフルカウントまで球数がかさむなど、苦しい局面もあった。

長いイニングを投げる先発投手の基本は、いろいろあるけれど、イニング先頭打者の出塁を抑えていくことも最も大切だ。1つ例に出すと、2死満塁は実はチャンスではなく、実際は無死1塁のほうが得点確率は高い(2005年データで、2死満塁は32.8%、無死1塁は40.7%)。その意味でいえば、今日の戸村、7イニング中3イニングの先頭打者出塁を許してしまっていた。(本当は4イニングだが、うち1イニングは松井稼の失策によるもの)

しかし、よく踏ん張った。

特に4回裏だ。前の回に1点を返されリードが僅か1点となっていた。先頭の後藤に安打出塁、得点圏に進まれ1死2塁という状況、バルディリスを3-2から低め変化球で誘うもハーフスイングがボール判定。四球で1死2,1塁である。塁を賑わせて打席に北川、赤田という場面、楽天にとって嫌な印象しかない面々だ。だが、戸村はここで要所を締めていく。北川を外角で追い込むと、最後は腰がひけた状態でフォークを振らせ、空振り三振に。続く赤田には3-2から低めの変化球でショートフライに討ち取った。

走者の出塁を許し、得点圏に走者を背負いながらも、そこから走者をホームに帰さない。そんなピッチングができつつあるからこそ、3勝と白星がついてくるのだろう。大崩れせず、要所を締める投球ができつつある点は、戸村の成長で、評価できるところだ。

データは正直だ。確認してみよう (5/10終了時データ)

《無死走者なしの被出塁率》.333
《得点圏被打率》.237



■楽天・戸村健次 配球図
※各コースの上段は直球、下段は変化球
20120511DATA3.jpg

オリックスの右打者を苦しめた、戸村の速球

最後にもう1つ。この試合、オリックスの右打者は「ストライクゾーン高め~中段」に入る戸村の速球に、苦しめられていた。通常、このゾーンの速球は被打率が高くなる。戸村も例外ではなく試合前までの被打率は.320を記録していた。ところが、この試合では、相手の右打者の打ち損じを誘う好結果になった。

上記配球図を確認してほしい。「ストライクゾーン高め~中段」に記録された戸村の速球は全18球。この内訳を確認してみると、下記のようになった。

◎外野フライアウト・・・4 (いずれも平凡飛球)
◎内野ゴロアウト・・・2 (2個ともセカンドへのイージーゴロ)
◎ライナーアウト・・・1 (痛烈なサードライナーも高須無難処理)
◎見逃しストライク・・・3
◎ストライク寄与ファウル・・・5
◎2ストライク以降ファウル・・・2
◎ボールカウント・・・1

ご覧のとおり、戸村にとって有利にはたらいている。獲得19アウト(=6回1/3)のうち、右打者の「ストライクゾーン高め~中段」へ投じた速球で稼いだアウトは、7個にものぼった。この7個のアウトのうち、戸村が追いこんでいたのは、5回鈴木に3-2から打たせたニゴのみ。他6打席は全て0ストライク、1ストライクという早いカウントで相手打者が打ってきたものだった。バッターは狙い球という判断で積極的に打ちにきたものの、打たされていたというのが真相になる。もちろん、オリックス打線側の問題もあるが、うまく芯をはずし、タイミングをずらすことができたといえそうだ。

【終】

■オリックス・寺原隼人 球種別投球詳細
vs右打者74球=St35、Sl26、Sh4、Fo2、Cur7
vs左打者35球=St18、Sl7、Sh1、Fo1、Cur8
20120511DATA6.jpg


■オリックス・寺原隼人
※各コースの上段は直球、下段は変化球
20120511DATA5.jpg



◎◎◎関連記事◎◎◎
戸村の登板試合
〔試合評〕勝利の女神を振りむかせたプロ3年目の決意──2012年4月4日(水)○楽天イーグルス6-5ソフトバンク
〔試合評〕2勝を上げた戸村の課題点──2012年4月22日(日)○楽天イーグルス0-1ソフトバンク
〔試合評〕約1万9千のKスタは、武田勝の独擅場。Kスタ今季最短2時間34分──2012年4月29日(日)●楽天イーグルス0-4日本ハム
〔試合評〕“賞味期限”が垣間見えた6回1死3,2塁での星野采配──2012年5月5日(土)●楽天イーグルス3-4ソフトバンク

---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、通りすがりなどハンドルネームがいい加減なものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI








関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
25位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}