FC2ブログ

〔記録〕マリナーズ岩隈久志、緊急登板で3回1失点、サヨナラ勝利への下地を作る全48球。

スポンサーリンク



チケットぴあ
ビックカメラ.com

ブログ継続運営の原動力です。ブログ村「楽天イーグルス」部門1位です。引き続き応援宜しくお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


クマ、強打線を誇るタイガース相手にMLB3登板目のマウンドへ

5/7(日本時間5/8昼)、本拠地セーフコフィールドでおこなわれたデトロイトタイガース戦に、岩隈がメジャー3登板目のマウンドを踏んだ。

映像はこちらです。
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00994/v00037/v0000000000000001341/

先発ビーバンが右肩痛のため3回を投げ終えたところで降板(打球を腰に受けて降板という報道もあり)、スコアSEA0-1DETと1点を追う4回表のアタマから、二番手として登板した。緊急登板だったようだ。

4回から7回までの3イニング、打者12人に48球を投げ(1人当たり4.00、1イニング当たり16)、被安打3、5奪三振、無四球、1失点、1自責点という内容。

代わりばなの4回、先頭打者、4番フィルダーに左翼フライヒットを許すと、続く5番ヤング、6番アビラを2者連続三振に討ち取る。2死まで辿り着いたが、7番ペラルタに右前安打でつながれ2死3,1塁で、8番ボーシュに適時打となるセンターへのフライヒットを打たれてしまった。捕手モンテロのミットが要求した外角よりも中に入ってきた変化量の小さなスライダーだった。

しかし、その後の2イニングはいずれも三者凡退に抑えるピッチングをみせて、8回アタマから登板した三番手ケリーにつないだ。

試合はスコアSEA0-2DET、2点を追いかける展開で迎えた9回裏、マリナーズが3点をもぎとり逆転サヨナラ勝利を収めた。(2番ライアン、3番イチローが四球で歩くと、4番モンテロの打席時に相手バッテリーエラー、さらにモンテロのセンターフェンス直撃の二塁打が飛び出し同点に。その後、走者を3塁に進ませて、6番DHジェイソンのサヨナラ犠飛が生まれた)


■岩隈久志 登板日別 投手成績

※表中のWTBIPはWHIPの改良版。被安打の代わりに被塁打を用いた指標です。詳しくはコチラを御参照下さい。ちなみに、2.00は悪い評価です。

《全体》被OPS.748、被打率.233、30打数7安打(1ニ、2本)9三振、2四球(1敬遠含む)
《vs右打者》被打率.167、18打数3安打(1ニ、1本)5三振1四球
《vs左打者》被打率.333、12打数4安打(1本)4三振1四球



サヨナラ勝利の下地を作る3回1失点の投球

初登板となった4/20CWS戦でも、2登板目の4/28TOR戦でも、いずれも失点をしてしまっている。先発ローテ入りへのアピールをしていきたい岩隈にとっては、とにかく1登板ゼロで抑えて実績を残したい場面だった。しかし、長打は許さなかったものの、4回に3安打を集められ、2死までこぎつけたところからの2連打で1点を失うかたちになった。気まずさの残る内容だったに違いない。

それでも、緊急登板で3イニングを1失点でまとめ、試合を壊すことなく僅差の状態で終盤に望みを託すことができた、という評価もできるかもしれない。三振も5個奪うことに成功している。合格点といえないかもしれないが、チームのサヨナラ勝利もあいまって、及第点といえそうなピッチングだったのではないだろうか。


■岩隈久志 球種別投球詳細
Splitterはフォーク、Sinkerはシュートと脳内変換して下さい。
20120508DATA7.jpg


今後の課題点

ボーシュに打たれたヒットは甘いコースに入ったスライダーだったが、残りの2本、ペラルタ、ボーシュに浴びた単打はいずれも4シームだった。

3登板を終えて、球種別被打率を確認すると、


《4Seam》.625、8打数5安打、1ニ塁打、2本塁打、1三振、1四球
《その他の球種》.095、21打数2安打、8三振
《球種不明》.000、1打数0安打
※その他、敬遠1個有。



となっており、変化球では打者を圧倒しているものの、速球は散々狙い撃たれている印象を受ける。4Seamは月間最優秀新人を獲得したダルビッシュですら制球に苦しんでいる状況なので、おそらくクマも相当苦労を重ねているのかもしれない。

一方、前にコメントを頂いたように、明らかに通用していないフシもある。綺麗なまっすぐだけでは打者を牛耳ることはできないので、みせ球として使うのか?速球の球威を上げていく取り組みをするのか?あるいは速球を動かしていくのか?なんらかの対応が必要と思われる。

カウント別被打率を確認してみると、


《0、1ストライク》.385、13打数5安打、1ニ塁打、2本塁打、1敬遠
《2ストライク以降》.118、17打数2安打、9三振、1四球



早いカウントの時に痛打を浴びていることが確認できる。

左打者被打率.333、ストレート被打率.625、0~1ストライク被打率.385

この辺りが、次回以降の課題といえそうだ。


■岩隈久志 配球図
各コースの上段は直球(4Seam)、下段は変化球
20120508DATA6.jpg


■メジャー3登板目 岩隈久志 全48球の詳細
20120508DATA8.jpg
20120508DATA9.jpg


◎◎◎関連記事◎◎◎
〔記録〕マリナーズ入りの楽天・岩隈久志、MLBでの活躍に不安を残す「あるデータ」とは?
〔試合評〕4回6失点、光が見えない岩隈久志。その53球全詳細 ──2012年3月26日(月)シアトルマリナーズvs巨人(2012.3.26)
〔速報〕シアトルマリナーズ・岩隈久志、ホワイトソックス戦でメジャー初登板!──その全45球の配球図など投球詳細
〔記録〕マリナーズ・岩隈久志、悔いが残るメジャー2登板目。その全22球、配球図、球種別詳細、打者別詳細

---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、通りすがりなどハンドルネームがいい加減なものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI










関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

No title

初めてコメントさせて頂きます、いつも楽しく拝見させて頂いております。

無失点に抑えるに越した事はないものの、今日の内容は良かったのではないでしょうか。
常に準備をしておくべきとはいえ、緊急登板だったのに結果的に最初の4回に1失点しただけだったので、
内容としては良かったのではないかなと思っています。

個人的に岩隈と言えば追い込んでからの見逃し三振、というイメージが結構強いんですが、
やはりメジャーの打者は選球眼と打撃の技術が凄まじく、中々そうもいかないものの、
今日は見逃しの三振も奪えていたので、投げている球自体も良かったのではないかなーと。
3試合目にして被本塁打も回避出来ましたし、この調子で気持を切らさずに頑張ってもらいたいです。

Re: No title

ざくろさん

こんにちは。御訪問、コメントありがとうございます。

> 無失点に抑えるに越した事はないものの、今日の内容は良かったのではないでしょうか。
> 常に準備をしておくべきとはいえ、緊急登板だったのに結果的に最初の4回に1失点しただけだったので、
> 内容としては良かったのではないかなと思っています。

4回こそ安打3本を集められ失点はしましたが、5回、6回は落ち着いて投げていた印象を受けるますね。そうですね。登板が急であったことを考慮すれば、3イニングを1失点にまとめてみせたのは、好投といえるでしょうね。ウェッジ監督も高い評価をしているようで、先発ビーバンの状態次第では岩隈に先発の可能性もありえる、とか。

仰るとおり、長打を浴びなかったのもこの日の収穫ですし、ここまで追いこんでしまえば、打者を圧倒できてますから、あとはいかにバッティングカウントで、打者の打ち気をそらしていくか?芯をはずしていくか?でしょうか。

しっかり次へつなげるピッチングだったかと思います。


> 個人的に岩隈と言えば追い込んでからの見逃し三振、というイメージが結構強いんですが、
> やはりメジャーの打者は選球眼と打撃の技術が凄まじく、中々そうもいかないものの、
> 今日は見逃しの三振も奪えていたので、投げている球自体も良かったのではないかなーと。
> 3試合目にして被本塁打も回避出来ましたし、この調子で気持を切らさずに頑張ってもらいたいです。

No title

更新お疲れ様です。私も今日はBSNHKで四回、五回の投球は見ていました(六回は見れませんでした)。

やはりshibakawaさんの仰るように速球には課題が多いですね。球速自体は145~150kmほど出ていましたが、メジャーリーガーは動体視力が素晴らしくフォーシームに強い。
日本と同じような球速を見せているダルビッシュですが、日本であれほど威力を見せていた速球の奪空振り率が大幅に低下しているようです。もちろん球速に表れない球の質とかもあるんでしょうが、ダルビッシュクラスの速球でもメジャーではメインウエポンにはならないようです(彼は変化球が凄いですが)。
最近のメジャーで動体視力対策としてカットボールやツーシームのような高速で小さく変化する球が流行っていますので、shibakawaさんの挙げた「球を動かす」というのが一番良いように思います。ただ、近鉄時代から岩隈の球は球質が軽い綺麗な球が多かったので、球を動かすことがすんなりできるかどうかがわからないですね。


一方で今日は三振を多く取れたのは収穫だと思います。岩隈は三振はいらないと言っていますが、マダックスやハラデーのように「本物の」打たせて取る投手というのは奪三振能力も素晴らしいので。
やはり三振を取る能力自体は必要です。どうも岩隈は奪三振能力があって初めて打たせて取るスタイルがあるという考えをしていないように見えましたが、今日は奪三振能力自体はまずまずあるところを見せてくれて良かったです。

あと、投手の球数と次の登板のパフォーマンスの関係についての記事も読ませていただきました。非常に興味深い内容でした。というのも、昨年14完投した我らの将大が早くも故障してしまったので。
もちろん完投数=球数ではありませんが、気になるところです。

No title

 ツイートをいただくまで岩隈投手が登板していたとはつゆとも知らず、何とかハイライトで投球を確認することが出来ました。

 それにしても海の向こうのタイガースは怖い打線ですね。内容はともかくとして試合を壊さなかったのですから役割は果たせたのかなと。

 岩隈投手が投げてイチロー選手が同点のホームを踏み、サヨナラのランナーとなったのは代走の川崎選手。ある意味今年初めて日本人選手そろい踏みという試合だったのかなと。

Re: No title

kさん

> 日本と同じような球速を見せているダルビッシュですが、日本であれほど威力を見せていた速球の奪空振り率が大幅に低下しているようです。もちろん球速に表れない球の質とかもあるんでしょうが、ダルビッシュクラスの速球でもメジャーではメインウエポンにはならないようです(彼は変化球が凄いですが)。

速球がメインウエポンにはならないとの御意見、納得できますね。改めて彼我の違いを痛感させられる所です。下記URL、よく閲覧する「日本ハムが行く」さんによると、昨年ダルビッシュの速球の空振り率は11.12%だったようです。海を渡って今年、最初の2試合6.25%、4/20が7.27%、4/25が2.27%という推移、いずれも落ち込んでいるのですよね。

http://ameblo.jp/baseboll0607/theme-10036168043.html

とはいえ、MLBでも投手の基本は“まっすぐ系”の球種であることは変わりがないと思いますので、

> 最近のメジャーで動体視力対策としてカットボールやツーシームのような高速で小さく変化する球が流行っていますので、shibakawaさんの挙げた「球を動かす」というのが一番良いように思います。

ということになってくるんでしょうね。岩隈は自身の著書「投球革命」で、持ち球を、ストレート、スライダー、フォーク、シュート、カーブとし、これ以上の球種を使うつもりはないという趣旨のことを書いてましたが、やはり、郷に入っては郷に従え、で、動かすことを検討するべき時期にきていると思います。あくまでも先発を目指す岩隈ですから、長いイニングを投げるには、変化球だけでしのぐのは無理がありますし。

> 一方で今日は三振を多く取れたのは収穫だと思います。岩隈は三振はいらないと言っていますが、マダックスやハラデーのように「本物の」打たせて取る投手というのは奪三振能力も素晴らしいので。 やはり三振を取る能力自体は必要です。

これも同感です。私も、一流の打たせて取る投手は、奪三振能力がある上に、打たせて取る技術がビルドアップされている投手、という認識でいます。よく実況アナなどが言う打たせて取る投手は、(三振が取れず)(苦し紛れに)打たせて取ることしかできない投手だと思っています。

その意味でいえば、沢村賞を受賞した2008年や2010年は、200イニング投げて約150個の三振を取っていますから、決して三振を取れない投手ではないんですよね。(昨年は4/26皇子山で9回完封。27個のアウトのうち13個は三振でした)。取れる投手だと思うので、その所をアピールできたのは、朗報、ですね。

> あと、投手の球数と次の登板のパフォーマンスの関係についての記事も読ませていただきました。非常に興味深い内容でした。というのも、昨年14完投した我らの将大が早くも故障してしまったので。
> もちろん完投数=球数ではありませんが、気になるところです。

ありがとうございます。復帰は6月下旬か?という報道もみかけました。肩や肘ではなく、腰痛とのことですけど、全く影響がないと言い切ることはできそうもないですしね。完投や完封は、一部の投手だけに許された「特権」で、それだからこそ、私もつい期待してしまうところがあるんですが、一方、長いスパンで見た場合、投手に与える悪影響、どのくらいあるのか?にも目を向けないと・・・と思っています。

Re: No title


hati8025さん

>ツイートをいただくまで岩隈投手が登板していたとはつゆとも知らず、何とかハイライトで投球を確認することが出来ました。

先発が崩れた時のロングリリーフですから、出番は突然です。逐次チェックするこちら側も、追いかけるのが大変。先発ローテに入ってくれれば、読めるんですけどね。

>  それにしても海の向こうのタイガースは怖い打線ですね。内容はともかくとして試合を壊さなかったのですから役割は果たせたのかなと。

フィルダー、カブレラといったホームラン打者を揃える中で、おっつけ刀で出ていって3回1失点、長打は浴びなかったは、手応えあったと言えるでしょうね。フィルダーに打たれたフライヒットも、良い当たりではなかったですし。

>  岩隈投手が投げてイチロー選手が同点のホームを踏み、サヨナラのランナーとなったのは代走の川崎選手。ある意味今年初めて日本人選手そろい踏みという試合だったのかなと。

これが日本だったら、お立ち台に3人揃い踏み、となるところでしょうね。
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
205位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
35位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}