FC2ブログ

〔試合評〕約1万9千のKスタは、武田勝の独擅場。Kスタ今季最短2時間34分──2012年4月29日(日)●楽天イーグルス0-4日本ハム

スポンサーリンク


チケットぴあ
ビックカメラ.com

おかげさまで、ブログ村「楽天イーグルス」部門1位です。引き続き応援宜しくお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
-----------------------------------------------------


●楽天イーグルス0-4北海道日本ハムファイターズ
20120429DATA5.jpg

■ハイライト映像




先攻・日本ハムの先発メンバー・・・1番・田中賢(ニ)、2番・小谷野(三)、3番・糸井(右)、4番・中田(左)、5番・稲葉(一)、6番・陽(中)、7番・スレッジ(指)、8番・金子誠(遊)、9番・大野(捕)、先発・武田勝(左投)。

後攻・楽天のスタメン・・・1番・聖澤(中)、2番・高須(三)、3番・フェルナンデス(一)、4番・ガルシア(指)、5番・牧田(右)、6番・松井稼(遊)、7番・鉄平(左)、8番・嶋(捕)、9番・内村(ニ)、先発・戸村(右投)。


聖澤、孤軍奮闘も.... 武田勝96球の完封勝利

ゴールデンウィークの9連戦、杜の都のファンにとって本拠地での貴重な試合だったはずだ。その期待感を裏付けるかのように、3/30開幕戦に次ぐ19,151人の観客動員を記録した。しかし、試合内容は、その期待を裏切り、いたって淡泊、ファイターズ先発・武田勝96球完封劇の独擅場となり、2時間34分の試合時間は今季Kスタで最も短いゲームとなった。

楽天が武田勝から記録したヒットは僅かに2本。いずれも背番号23、レギュラーを取った2010年以降の対戦打率が33打数13安打の.394と相性が良い聖澤のバットから生まれた当たりだった。

与四死球が少ない武田勝はこの試合、珍しくも2個の四球、1個の死球を許した。それだからこそ、頂いたチャンスと数少ない安打出塁を活かしていかなければならない状況だった。しかし「拙攻」「拙走」で自ら好機を潰すかたちとなり、武田勝に好投のきっかけを与えてしまう。

最も印象的なイニングは2回裏だ。武田勝本人が「あれから自分のリズムで投げられた」と語るほどの“分岐点”が、楽天のチャンス時に発生した。先頭の牧田が死球で出塁、鉄平も3-1から四球で歩き1死2,1塁のチャンス。ここから先制点をどうやって取っていくか?という矢先だった。嶋の打席時に武田勝が牽制。ニ走の牧田は完全に逆を突かれるかっこうとなり、2塁牽制死となる。2010年のゴールデンウィーク、西武ドームでの5/5西武戦。2死満塁のチャンスに細川の1塁牽制球に刺されてしまったあの悪夢を思い起こさせるには十分の拙走となってしまった。

さらに3回1死である。聖澤が武田勝の変化球にタイミングを合わせ右中間へ運び出塁に成功すると、1死1塁、高須が初球打ち。これがガッデム! セカンド正面を突く4-6-3の併殺ゴロになってしまった。


4回クリーンアップ3球で退場・・・

1点を先制された直後の4回裏の攻撃は、淡泊な攻撃を象徴するイニングになる。3番フェルナンデスから始まるイヌワシ打線のクリーンアップが登場という回、ここで好機を作り追いついておきたいという場面だったが、ホセ、ガルシア、牧田の3、4、5番が武田勝の外角チェンジアップを初球打ち、いずれも凡打。僅か3球で三者凡退に一掃される事態となる。ホセは平凡な中飛に、ガルシアはほぼ定位置の左飛、牧田はボテボテの投ゴロ。1イニングが僅か3球で終わったことなんて、うーん、少なくとも私の記憶の中には、他に先例がない・・・

今季、セパ両リーグで球数100球未満の「省エネ」完封勝利は、この武田勝を入れて2例ある。1例目は4/8の楽天vsオリックス戦でオリックス木佐貫洋の95球完封勝利、いずれも楽天が献上したものである。

楽天が僅か2安打に抑え込まれて敗戦したのは、昨年10/4の日本ハム戦以来である。このときも奇しくも相手先発は武田勝であった。(6回2安打無失点で勝利投手)

これでチーム成績は22試合8勝12敗2分、日本ハム戦1勝3敗1分、Kスタ戦績11試合4勝6敗1分、デーゲーム戦績11試合4勝6敗1分、先制された試合の成績14試合4勝9敗1分、日曜日成績は5試合1勝4敗、となっている。


HANREI.jpg

■楽天・戸村健次 球種別投球詳細
vs右打者61球=St33、Sl26、Fo2
vs左打者61球=St42、Sl9、Fo10
20120429DATA7.jpg

成長痛の真っ只中か、戸村の粘投

8回、打者34人に122球(1人当たり3.59、1イニング当たり15.25)、被安打9(被二塁打2本)、被本塁打1(スレッジ2ラン)、4奪三振、2与四球、3失点、3自責点。

クオリティスタートの数字である。現在、先発台所事情が苦しい中、戸村にかかってくる期待や負担も、必然と大きなものになってくる。それを考慮すれば、物足りないピッチングだったかもしれない。確かに内容はかんばしくなかった。いつ崩れるか判らない危うさを秘めるものだったが、終わってみればQSを記録する内容にまとめてきた。なにはともあれ、この点は評価できるところなのでは?と思う。

ピッチングの「中身」と「数字」が伴っていないのは、先発ローテ投手として自立していく仮定で発生する「成長痛」と考えてみたい。悪いなりにも要所を締める術の経験値を積み上げているところで、次なるステップはこれから、という段階だ。

さて、前回登板の4/22試合評で、戸村の課題点を2つ挙げた。

1つは、フォークが機能していないこと。
もう1つは、左打者との対戦成績がかんばしくないこと。

この2点を挙げた。

今日はどうだったか?とみると、
その両方とも
── 一朝一夕でどうにかなるものではないものの──
修正できないまま今日を迎えてしまったといえそうだ。

本来なら要所で空振りを取っていきたいフォークだが、この試合、フォークで空振りを奪ったのは、2回スレッジの初球、その僅かに1球だけだった。

左打者との対戦も、下記の配球図が示すとおり、打たれたヒット9本のうち実に7本が左打者に浴びる結果。

これを受けて今季の打者左右別の成績は下記表のとおり、左(被OPS1.150)と右(同.371)で、さらに乖離が広がるかたちになった。

■2012年 戸村健次 打者の左右別対戦成績※4/29終了時データ
20120429DATA11.jpg

もうちょっと突っ込んでみたい。球種別の被打率を出してみた。

■vs左打者の球種別被打率
《ストレート》被打率.440 (25打数11安打)
《スライダー》被打率.500 (10打数5安打)
《フォーク》被打率.600 (5打数3安打)

■vs右打者の球種別被打率
《ストレート》被打率.179 (28打数5安打)
《スライダー》被打率.154 (13打数2安打)
《フォーク》被打率.000 (1打数0安打)


このように、球種別でみても、左打者のほうが全てにおいて数字が悪くなっている。

逆に言えば、左打者対策に成功すれば、もっともっと楽な、安定したピッチングが、勝ち星がついてくる投球ができると言えそうだ。この課題点、戸村がこれからどのように立ち向かっていくのか?引き続き注視したい。

【終】

■楽天・戸村健次 配球図
※各コースの上段は直球、下段は変化球
20120429DATA6.jpg


■日本ハム・武田勝 球種別投球詳細
St=ストレート、Sl=スライダー、Sh=シュート、Cur=カーブ、Ch=チェンジアップ
vs右打者68球=St29、Sl18、Sh7、Cur1、Ch13
vs左打者28球=St8、Sl11、Sh2、Cur6、Ch1


■日本ハム・武田勝 配球図
※各コースの上段は直球、下段は変化球
20120429DATA8.jpg


◎◎◎関連記事◎◎◎
戸村登板試合
〔試合評〕勝利の女神を振りむかせたプロ3年目の決意──2012年4月4日(水)○楽天イーグルス6-5ソフトバンク
〔試合評〕2勝を上げた戸村の課題点──2012年4月22日(日)○楽天イーグルス0-1ソフトバンク

---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
ご感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球、楽天と関係のないもの、通りすがりなどハンドルネームがいい加減なものは御遠慮申し上げております
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございました。各種ブログランキングに参加してます。皆様の応援の1票が更新の活力源です。宜しくお願いします。現在ブログ村「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ブログパーツ
レンタルCGI





関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

武田勝投手は本当にいいピッチャーだなぁ・・・

 開幕投手にはなれませんでしたが、それを苦にする様子もなく実に淡々と白星を積み重ねていく・・・この成績だと月間MVPもあるのかな。

 その影でまた牧田はやっちゃいましたが。彼の場合集中力を欠いたようなプレーが出てしまうのはもはや改善のしようがないのかもしれません。他の面で返してもらうしかないと。

 戸村にはまだまだ課題が多いとはいえ、この成績ならイーグルスの先発ローテは勤まるでしょう。あとは内容を良くしていってもらえれば万々歳ですが。なんせ彼もドラ1投手ですしね・・・。

Re: 武田勝投手は本当にいいピッチャーだなぁ・・・


hati8025さん

コメント有難うございます。

>  開幕投手にはなれませんでしたが、それを苦にする様子もなく実に淡々と白星を積み重ねていく・・・この成績だと月間MVPもあるのかな。

昨年も好投すれども援護に恵まれず苦しい時期がありましたけど、不満を漏らさず投げていましたよね。科目な職人投手という印象を受けます。

楽天打線は、狙い球やコースが絞り切れずに中途半端な対応を余儀なくされたと言えそうです。「甘いと思ったら曲がりすぎてボールになったり、死球だと思ったらストライクだったりするので、普通の考えとは逆で、甘い球ではなく、背中からくる球を打ちにいくのがポイント」と武田勝対策をコメントしていた聖澤のように、“割り切った考え方”で打席に臨んでほしいところです。

>  その影でまた牧田はやっちゃいましたが。彼の場合集中力を欠いたようなプレーが出てしまうのはもはや改善のしようがないのかもしれません。他の面で返してもらうしかないと。

ということになるのかもしれませんよね。良くも悪くも「空気を読まない(hati8025さん」ところが特徴の選手ですしね。

>  戸村にはまだまだ課題が多いとはいえ、この成績ならイーグルスの先発ローテは勤まるでしょう。あとは内容を良くしていってもらえれば万々歳ですが。なんせ彼もドラ1投手ですしね・・・。

試合を壊さない投球が高い確率でできるようになってきたかな?という印象を持っています。この調子で先発ローテを守ってくれれば、5勝~10勝の成績は残せるのでは?と思っています。
非公開コメント

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
21位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}